私は、22才のフリーターです。私はよくメールフレンドとかチャットで知り合った人と会って、Hしたりして楽しんでいます。ほとんどが援助交際になることが多いのですが・・・・今も援助交際相手は3人います。その人たちとは、メールで連絡をとって月に1~2回くらいずつ会っています。相手の人たちは、私のことを彼女だと思っているようですが・・・・(他に援助交際相手がいることは内緒にしているので・・・)その3人の援助交際相手のうちの一人で、25才の男性がいます。-----
この人は、BBSでメール交換相手として知り合い、数回のHなしデートのあとマジな告白(交際申し込み)されて、はじめてHしたので、私のことをホントの恋人だと思い込んでいるようです。そんな彼とは、月に2回ほど会って、ホテルでHして、そのあと車で1時間くらいのところにある自然公園に行くのがお決まりのパターンでした。そこの自然公園は、山の中にあり、いつも夜中に行くので星空がとても奇麗で、近くに民家がないので、人が来る心配はまったくなく、時には、車からでて、芝生の上で素っ裸でHしたこともあるくらい、静かな場所です。しかし、その場所は彼と彼の友達の集いの場になっているらしく、週末の夜中には、彼女も同伴でみんなで集まって、ドンチャン騒ぎをしたりして、遊んでいるようです。時には、ちょっとヤバイこともしているようですが・・・・そう、私は、そのちょっとヤバイことをしている場に居合わせてしまったことが1度だけあります。それは7月の初め頃の土曜の夜のことでした。いつものように彼とは夕方からホテルでHして、そこの自然公園に夜中の11時前につきました。私たちが到着した時はまだ彼の友達は誰も来ていなくて、私たちは、そこで車停めて第二回戦をはじめました。といっても彼の1BOXの後部座席で、お互いに下だけ脱いで69を1回しただけですが・・・・・30分くらい69して、終わった頃に、車が数台、近くに停まって、「プップーッ」ってクラクションがなりました。彼の仲間が集まってきたようでした。私たちは、下着とズボンを履いて、車から出ると、1BOXやRVが5台停まっていて10人ほどの男の人が車から降りてきました。そして、そのうちの一人が彼のところに近づいてきて、私にかるく挨拶したあとに、彼に小声で「先輩、コギャル2人、拉致って来たんですよ・・・・・これから俺と○○(もう一人の後輩)でホテルでも行こうかってことになってるから・・・・今日は、これで・・・・・とりあえず挨拶だけってことで・・・・」って、言って頭下げて車に乗ろうとしたので、彼が「ちょっとどんなのか、見せろよ」って言って、拉致って来た女の子達を車から降ろすように言いました。その後輩達は、気軽に「いいっすよ・・・・」ってことで、その人の1BOXからちょっとヤマンバっぽい、キャミソールのワンピース来た女の子を二人降ろして連れてきました。彼女達は、クチャクチャとガム噛みながら、「くっさー!男ばっかでこんな夜中に、暇だね~・・・・・寂しーって感じ・・・」とか生意気なこと言いながら二人で顔見合わせて笑っていました。それを見ていた、他の仲間の人たちが、「おい、そいつら、なに?」って言って彼が「今から、○○達とヤリにいくんだって」と答えると、「おいおい、俺達にもまわせよ~」とかヤジがとんで・・・・・そしたら、その女の子二人が「なに?あんたら私達とヤリたいの?イヤだ~キモイ顔して、なに色気づいてんのよ~・・・・あんたら男同士でやってればいいじゃん・・・・こんなたくさんいるから、乱交パーティーできるって!」って言って大爆笑したもんだから、「おいおい、マジか!?こいつら・・・・・○○(後輩)、こんな奴等は、みんなで思い知らせてやらんと!ここでやっちゃうけど文句ないよな?」後輩の二人も「またですか?・・・・・いいですけど・・・」ってことで、渋々OK。そんな状況になって、はじめてその二人の女の子達は、「ヤバイ!」って気付いたみたいで、顔が緊張して、「なに言ってんのよ~・・・・・早く行こうよ、Hしにいこうよ」って後輩の人の車に乗り込もうとしました。でも、もう時すでに遅しって感じで、3~4人の人たちに手とか髪の毛をつかまれて、みんなの真ん中に連れてこられて、一人の人が「ジャンケンでグループ分けしよ」って言って、5人ずつに分かれました。その間も、女の子達は、ガム噛みながら、「なによ~、マジ~!!放せよ!!触るなよ~」って叫んでいて、一人が男の人達の手を振りきって逃げ出したのですが、3mも行かないうちに、捕まって、顔面パンチされて・・・・・それで二人とも黙り込んでしまいました。殴られた子は、鼻血が垂れていました。「お前ら、今からなにされるか解ってるだろ?バカでも解るわなぁ~!?許して欲しかったら、土下座して謝れよ」って言われたのに、女の子二人ともまだクチャクチャとガム噛んでふてくされた態度とって無視しているから、2人ずつに顔面パンチとか、おや太股を蹴られて、髪の毛をつかまれて地面に押し付けられていました。もうそこまでされると、さすがに二人とも肩震わせて、泣き始めて・・・・・小声で「ごめんなさい。許してください。」って言って土下座していました。それで一人の人が「よしわかった。じゃあ、始めよっか!・・・・みんな優しくしてあげて下さい。あまり乱暴にはしちゃだめだよ」ってふざけながら言いました。それを合図に、5人ずつが一斉にとびかかって・・・・・・女の子達は、「なんで~許してくれるって言ったじゃん!・・・・・イヤだーっ!!!!」って・・・・・その時には、もう二人ともキャミソールは脱がされてて、ブラもパンティーも5人がかりで脱がされている最中でした。で、さっきの人が「そうだよ、許してやるよ・・・・・最初はお前ら二人とも殺しちゃおうかって思ってたけど、謝ったから殺すのはやめて、みんなでレイプ大会することにしたんだよ!!・・・・・・大丈夫、生殺しにはしないから・・・・・」って言って、みんな「お前、悪魔だな!」とか言いながら、大爆笑していました。それからは、あっという間に、二人とも素っ裸にされて、一人は芝の上に大の字に押さえつけられて、もう一人は四つん這いでおを高く上げた形(後背位のポーズ)に押さえつけられていました。で、またさっきの人が「いきなり突っ込むと痛いらしいから、愛撫してヌレヌレにしてから入れてやれよ」って・・・・・・5人ずつが、押さえつけられている女の子達の腋の下や足の裏、おの割れ目アソコをいっせいにくすぐりはじめて・・・・・もちろんオッパイもすごく乱暴に揉んでいました。女の子二人とも、まさに悶絶状態で・・・・・そんなことされてても暴れたり、大声でさけんだりすると、また殴られたり蹴られたり、おやオッパイや顔に煙草の火を押し付けられたりするので、必死に耐えていました。それは、2~3分間つづけられて・・・・・四つん這いの子が失禁してしまいました。そのオシッコが一人の人の足にかかったので、ほぼ失神状態の女の子の鼻の穴に指を入れて、上を向かせて、口元に顔面パンチしていました。もう二人とも鼻血まみれになっていました。それから、一人ずつ交替しながら、挿入して・・・・・・もちろん中に全員出していました。女の子二人は、ずっと泣いていました。白目むきながら・・・・で、一通り5人ずつが挿入して、中出ししている間も、他の手足を押さえている人達が、オッパイもんだり腋の下くすぐったり・・・・・おの穴に指入れたり5人ずつが終わるまでに、約2時間・・・・・女の子二人は、ずっと泣きながら無反応を装っていましたが、2~3回、足を突っ張って武者震いのようにしてたからたぶんイッちゃったんだと思います。そして、一通り5人が終わった後、最初にした人が、「今度は俺、ケツでする」って言って四つん這いの女の子のおの穴に唾を垂らして、一気に挿入しました。その子、たぶんおは経験ないようで、一気に根元まで挿入されて、背中を反らせて「グァーッ」って悲鳴あげていました。そして、ずっと苦しそうに顔をしかめて唸っていました。それを見た他の人も、もう一人の女の子に同じようなポーズをとらせ、一気にお挿入しました。その子も初体験らしく「痛い~!!!ヤメテー!!!」って叫んだもんだから、また殴られたり、眉のあたりに煙草の火を押し付けられていました。その後また2時間以上かけて、6人くらいが、女の子達のおの穴に入れていました。おの穴に入れているときに、女の子の体勢を変えて、別の人が前にも入れたりして・・・・結局男の人達10人がそれぞれ2~3発ずつ、どちらかの女の子の中に出していました。途中で、順番待ちしている人が我慢できずに・・・・というか、ウケ狙いで自分でしごいて、イク時に女の子の耳の穴の中に射精して・・・・・みんな爆笑していました。そして、男の人達が満足して終わったのが、明け方の4時前・・・・・その間中私達はそれを見ながらビール飲んだり、車の中で1回セックスしたりそして、みんながそれぞれ満足した頃には、女の子達のおとアソコからは血がにじんでいて眉やオッパイ、背中、おには無数の煙草の火を押し付けられてできた火傷の跡があり、乳首やアソコの毛は、ライターで焼かれていて、乳首は、二人とも乳首の形が解らなくなるくらい、水脹れになっていて、アソコの毛も焼かれて、ほとんどなくなっていて、皮膚がヌルヌルになって血がにじんでいました。そして空が明るくなってきて、みんな満足したらしく、誰かが「そろそろ帰ろうか?」って言い出して、「じゃあ、このへんにしとこっか?」「お前ら、たくさんイカしてもらって気持ち良かっただろ?みんなに土下座してお礼言えよ」って言われて女の子達は「とても気持ち良かったです。ありがとうございました。あなたたちの誰かの子供を産んでしっかりといい子に育てます。」(確かこんな内容だった)って言わされていました。その時に、調子に乗った一人の人が、土下座している女の子の頭にオシッコをかけて・・・・・みんなも調子に乗って5人くらいの人がオシッコかけてた。女の子達は、ジッと我慢して耐えてた・・・・・・放心状態だったけど・・・・・で、その後、みんなが車に乗り込んでいるときに、2~3人で、女の子の荷物を調べてお金とか学生証、免許証をとりあげて、あとは携帯だけ残して、服も下着もカバンも靴も、全部火を付けて燃やしてしまいました。そして、みんな解散となって、帰りました。私達と彼の友達二人は、女の子達のことが気になって、少し走ったところに車停めて歩いて戻ってみました。そしたら、二人は、焼け残った服とかカバンを持って、公園の中にある公衆トイレに入っていくところでした。私達4人は、足音を忍ばせて、公衆トイレに近づいていくと、トイレの中から「バカヤローッ!!クソーッッッ!!!あいつら殺してやるーッ!!!」って叫びながら、トイレの壁やドアを叩いたり蹴ったりして「グォー、グォー」って感じの泣き声あげて二人とも大声で泣いていました。10分くらいして、泣き声も収まり、シクシク泣きながら誰かに電話している声が聞こえてきたので、耳をそばだてて聞いてみると・・・・・どうも彼氏か男友達に電話しているようでした。彼の友達は、二人でコソコソはなしてたかと思うと、いきなりトイレの中に入って行きました。私達もついていくと、トイレの中では、ほとんど焼けてしまったキャミソールを着た二人の女の子が、それぞれ彼氏か男友達に泣きながら電話していて・・・・・下着は完全に燃えてたので、ほとんど焼けたキャミだけで、裸同然でした。・・・・・・私達に気付くと、顔面蒼白となって、電話の相手に「また来た~・・・・・助けて~」って言って、腰を抜かした感じで後ずさりしていきました。そして、二人の男の人が携帯を取り上げて、その相手に「今からもう一発だけさせてもらうから・・・・・いただきま~す」って言って、電話つないだまま二人の女の子を2~3発殴り付けて、その場でセックスしはじめました。一人は、おに入れていましたが・・・・・・で、している最中も、顔殴ったり、オッパイつねったりして、AV女優のような悶え声を強制的に出させたり・・・・・二人に歌を歌わせて、電話の相手に聴かせていました。悶え声が小さかったり、歌が途切れたりするたびに、顔殴ったりオッパイつねったりしてたので、女の子達も必死に要求に応じていました。歌はプッチモニのちょこっとラブとかを歌わされてて、なぜか最後に、あみんの「待つわ」を二人で歌わされていました。ずっと・・・・約20分くらいの間、二つの電話からすごい怒号の声が聞こえていました。で、二人ともが女の子の中にイッたあとに、電話に向かって「ご馳走様」って言って、私たちは帰りました。あのあと、あの二人はどうしたのかな?彼氏が迎えに来たんだろうけど・・・・・という、すっごい目撃談でした。見ている私も、ちょっと恐くなってきたし、その子達のこともちょっと可哀相に思えました。それ以来、いつ私の身に同じようなことをされるかわからないので、その彼とは会っていません。携帯も換えました。



-----