私は21歳になる女子大生です。
最近、下腹が痛むので婦人科に診察に行きました。
何か?陰気な婦人科でしたが、受付をし、診察室に入りました。

40才ほどの男の先生が、
「どうされましたか?」と聞いた。
症状を話した後、脇のベッドにスカートを脱がされ、寝かされました。
お腹を押さえながら「痛みは?」などと診察が進んでいきました。

パンティーを膝まで下ろされ、性器を広げられ、診られましたが、婦人科だ
から仕方がないか、と思いました。
そして、「筋腫が疑われますので、内診をしますから 」と先生に言われ、
中年の看護婦さんに内診
室に案内されました。

古い旧式の診察台の様で、少し気味が悪かったのですが、看護婦さんの指示
に従いました。
下半身の下着を脱ぐと、
看護婦は「上半身も脱いでください 診察がありますから」と言う。

仕方が無く、全部脱ぎました。
診察台に乗せられ、金属パイプで出来た台に足を乗せ、ベルトで縛られま
した。

手も脇のスチールの様なものに縛られました。
そして、両を大きく広げられ、固定するのです。
カーテンもせず、本当にドキリとしました。
恥ずかしくて、何も言えません。

そこへ、先生が入って来ました。
もう、恥ずかしくて、顔がガァーン!としました。
先生が「痛くないので心配しないでね 」と言う。
少しは安心し、「はい 」と言いました。

電気のスイッチは入り、診察台のおの部分が持ち上がりだした。
私の腰は、仰け反り、股間が大きく広がって行く。
性器が、あの看護婦先生の前にさらされていると思うと、恥ずかしさで、
目の前が朦朧となりました。
「少し、我慢をしてね 」と言って、
先生が、私の性器を広げだした。

陰唇を左右に広げ、覗き込み、息がかかるのが分かる。
恥ずかしさで、息が苦しい。
看護婦に「クスコ 」と指示をした。
「少し我慢ね 」と声をかけられ、
クスコが膣に挿入され強く広げられた。

何か分からないが、金属音がする。
「外陰部と膣に炎症が診られますね 」とつぶやく。
クスコを外してから、
「触診をしますからね 」と言って、
また、クリトリスの包皮を押し下げ、
膣に指を挿入してきた。

膣壁の前後左右を、ゆっくりと指で触診をする。
私も、全裸を左右に大きく広げ固定され、
膣を長く擦られるので、変な気になってくるのが分かりました。

先生の指がクリトリスに触れる度に、膣が反応してしまいます。
先生の指先に、Gスポットを擦られると、もうダメ!
ひとりでに、股間が動きます。

「子宮後屈もあるのかな?」と言いながら、
ゲル様のものを肛門の周りに塗り、指を肛門に挿入してきました。
肛門に指を入れ擦られ、他の指は外性器に強く当たるので、股間が萌えあが
ります。

声を出さないように、歯をかみ締めているのですが、
我慢が出来ず、つい漏れます。
看護婦が「治療ですから、少し我慢をしてね 」と声をかける。
先生は、肛門に指を入れ触診しながら、もう片方の手の指をクリトリスに触
れながら、膣を触診をした。

思わず、頭の真に電気が走り「あぁ~ 」と大きな悶え声を上げ、股間を上
下に激しく振ってしまった。
採尿と言うことで、管を尿道に入れられました。
先生の前で、オシッコが容器に落ちる音がします。
恥ずかしくて、恥ずかしくて・・・

若い女の子が全裸にされ、両縛り股間を広げ、尿道に管を入れられる。
これは、屈辱と言うか、セクハラでしかありません。
この先生を許せません!
絶対に訴えたいと思います。