思わず「いやぁ?誰かぁ?」と叫ぶと同時に容赦なく頬を叩かれました「騒ぐなよ!ヤラれたくて俺たちを呼んだんだろが!」「暴れると制服が破れて親にバレるぜ!」と脅されながら押さえつけられガムテープで暴れる私の手を3人がかりで後ろ手縛り口にもタオルを詰められた後ガムテープで巻かれたんです逃げようとどんなに暴れても外れないことを確認すると男たちに制服の上から遠慮なく胸を揉まれたりスカートの中に手を入れられたりされていました何度も泣き叫び暴れましたがどうすることもできずやがてクルマは郊外のラブホテルに入ったんです経験がない私でも郊外の妖しいネオンがどんな場所かわかりますここが私の初体験の場所なんだ…こんな場所でもし逆らって殺されたら親は悲しむだろうな…ぼんやりと考えていると一軒家みたいな部屋に連れ込まれそのままベットに縛られたまま押し倒されました。
男の人からの視線を隠すように足を閉じ逃げるように反対側の隅に身体を丸めていると1人の男が持ち込んだ大きなカバンから固定する台とビデオをセットはじめたんです!え!撮影されるの!それじゃずっと脅されたり、知らない人に見られてしまう!もう私は生きていけない…さらに別の男はニヤニヤ笑いながら黒光りする男の人の形をした異様なモノまで私に見せつけ、さらにロープやロウソク&注射器まで目の前に並べられると自分のバカさ加減に本当に後悔しましたこれからはじまることは私がオナニーで想像していた何人にもゆっくり犯され感じるような甘美なことではないことを…あまりの後悔と恐怖に声が出せず涙を流して顔を左右に振って(もう帰して)(本当は私が書き込んだんじゃない)と無言の言い訳をしましたがどうすることもできませんやがて台の上にビデオがセットされ3人ぐらいの男の人が全裸になると1人の男の人が私に近づき「いいか!優衣の希望でここまでやってきたんだぞ!」「いまさらヤメテほしいとか帰してくださいはナシだからな!」「約束どおり高校卒業まで俺たちの奴隷にならないと優衣が淫乱でネットでレイプしてくれる人を募集したことを家族や学校にバラすからな!」「わかったよな!少しでも逆らったら可愛い顔を容赦なく殴るぜ!」髪を掴まれたまま男の人に目の前で脅され思わずガクガクと頷くと「よしよしいい子だ!死にたくなかったら大声を上げるなよ!」と言いながら手を縛っていたガムテープと口に巻かれたガムテープとタオルを外されたんです。
自由になった手で顔を覆って「帰してください!」「本当は違うんです!」と言いながらワンワン泣きましたが許してくれません「顔をこっちに向けてよくビデオに見せろ!」「ベットの上に正座して手を膝に置くんだよ!」と怒鳴られ力任せに足で蹴られると男の恐怖が伝わりもう言うとおりにするしかありません制服姿のままベット上で正座をしビデオに向かって男からの質問に答えます「名前は!」「……。」「てめぇ殺すぞ!」「優衣です…太田優衣です」「年は!学校名を言いな!」「★★高校…2年です」「生まれた年だ!生年月日!」「1991年2月12日です…」「よし!お前の家の住所だ!」「○○県…□□市美しが丘北1-8-10です…」「優衣は本当に処女なんだよな!」「……。」まるで拷問です結局ビデオを何度も撮り直し頭を殴られたりお腹や足を蹴られたりしながら私がネットでレイプしてくれる人を募集した事実…今日は私の意志で犯してもらうことどんな条件でも高校卒業までは奴隷となって逆らわないことそして犯されるところを撮影してかまいません。
と言わされました男の人の「よし、いいだろう」の声で私は一気に大声で泣き出しました「お願いもう許して!帰らないと怒られるよぅ」「もうこのまま帰して!マジでもうイヤです!」「本当は私じゃないんです!だから私じゃないの!」私は叫びながらベットから逃げるように起き上がると男たちの横をすり抜け玄関のドアを開けようとしましたが、間に合わず、2人の男に「おらおら!諦めな!」と身体を抱えられ、再びベットに放り投げられるとそれが全裸の男たちへの合図みたいに一斉にベットに上がり私の制服を脱がしはじめたんです嫌がる私に無理矢理キスをしましたキスも初めてです必死に抵抗する私ですが3人の男の人にはかなうはずもなく撮影されながら次々に脱がされるように襲いかかってきました。
男たちは、弄ぶようにビデオの前で私の紺の制服やチェックのスカート、リボン、シャツを一枚ずつビデオに向かって脱がすんです「お願いです!もうヤメテ!」と泣き叫んだら「うるさい!静かにしろ!」と本気で殴られましたお腹や頭を殴られあまりの痛さで抵抗が弱まるとまた一気に脱がすんですそんな無駄と思える抵抗のなかとうとうブラもパンツ、靴下まで脱がされ私は明るい部屋の中で全裸を6人の男の前とビデオに晒していたんですとても現実とは思えませんさらに背後から足を広げられビデオに一番恥ずかしい部分を大きく写され男は「★★高校の山本優衣で?す」「毛はまだ薄いで?す」と笑いながらビデオに叫んでいます…大きく抱き上げると別の男の人が恥ずかしさで下を向いて顔を隠している私の髪を掴みビデオにはっきり顔がわかるように撮影されましたもうダメ…大変なことになった…泣き叫んでばかりの私は息ができなくなるほど呼吸が苦しくなりヒクッ!ヒクッ…と言いながらも容赦なく目の前に汚い肉棒が近づきます経験ない私でもその意味はわかりますアゴを掴まれ強引に押し込まれましたが息苦しさとあまりの気持ち悪さに吐き出してしまったんですそれでも叩かれ髪を掴まれたまま何度も何度も咥えさせられました「おらっ!もっと舌を使え!」「ほろほろ吸うんだ!」「おい!噛むんじゃない!」脅されながら懸命に咥えていると違う男の舌が私の下半身にも這ってきます気持ち悪いけどどうすることもできませんやがてベットに寝かされるといよいよ犯される覚悟をしましたもうダメ…犯される…だけど殺されたくないよ…ガタガタ震えながらジッと唇を噛んだまま目を閉じていると男たちは私の両手を頭の上に両足を大きく広げその間にさっき質問をしていた男が割り込んできました同時にその横でビデオを片手に私の顔を撮影していますあぁ…この人が初体験の人か…諦めと恥ずかしさで顔を背けますがそれさえも許してもらえずキスをされながら乳房を捻られました痛さと口惜しさで泣きましたがそれでも他の男の手が容赦なくあちこちから伸ばされ私の身体を触るんですそしていよいよ熱い男の人のモノがアソコに押しあてられました男の荒い息を耳元で感じ恐怖で腰を動かして何とか逃れようと抵抗しましたが腰を掴まれグッと押し込まれ瞬間ものすごい痛みを感じ思わず「やだぁ?痛いよぅ!」と叫んだんです「お、お願い動かないで…」そんな私の言葉を無視し全体重をぶつけるように突かれました一人の男が泣いて痛みを訴えている私の口を塞ぐようにキスをしたり頬やうなじをビチャビチャと音を立て舐めます気持ち悪さしかありません男の人の熱いモノが奥に奥に入ってくる感覚にどうしてこんなことになったのかなぁと後悔しましたマジでありえない…どうして逃げなかったの…痛さよりも、自分のバカさ加減に悔しくて涙が止まりません乱暴に腰を動かす横でいろいろな角度から犯されている決定的なビデオを撮られてしまいもうこの人たちの言いなりになるしかないんですやがて男の動きが早くなると耳元で「ガキができたら費用出してやるから中に出すぜ!」と怖ろしいことを言いながら腰を激しく振りだしました「や、やだっ!中はだめ!」「お願い…そんな非道いことしないでよ!」妊娠させられる恐怖にもう死に物狂いで不自由な身体を揺すって猛烈に暴れると男は「じゃぁ中に出すのは許してやるぜ!」「そのかわりに家に電話して今日友達の家に泊まると言え!」と条件を出して私の返事を聞かないままいきなり違う男が携帯を持ったまま耳元で電話をさせられました何度も「ここでの電話は許してください!」と言いましたが勝手に電話をされお母さんが出るとどうすることもできずに必死に平静を装って話をしました犯されながらです!男は私の腰を持ち上げ今までにないほど乱暴に突きあげるんですだけど電話は男が持っているので切ることもできず必死にお母さんと話すしかありません…「あ!アッ…き、今日ね…りなの家に泊まるね!アッ…」「うん…わかったってば!…ん…」「アッ…じゃ…ぁ 切るね…」お母さんとはいえ女同士…どんな状態で電話したのか気づかれなかったか不安でしたがそんな気持ちも関係なく男たちは私との会話を全員で笑いしかも電話している所までビデオにも撮られていたんですお母さんにウソをついたこと、バレたかもしれない不安の中男は「よし、ご褒美だ!誰かのガキでも金は出してやるぞ!」と言いながら男が腰を動かしたんです「や、やだっ…やだっ!約束が違うよ!」必死に抵抗しましたが無駄でした…やがて「うぉぉ?」と男の叫び声と同時に一気に身体の中で熱いモノを感じ完全に身体を汚された感覚でヒドイ…ヒドイよ…と私の上に乗って倒れ込んでいる男をなんとか退かそうと暴れていました