愛美13才④既にCと少女が裸でベッドに横になっている。
カメラが移動し、二人の顔のアップになる。
Cが少女に顔を近づけていくと、少女は目をつむり、抵抗することなく、Cとキスを交わす。
Cが一度唇を離し、少女の目を見て、髪を撫でる。
Cが舌を出すと、少女も舌を出し、舌を絡めての濃厚なキス
『んふ、んあ、んっ』クチュクチュと音をたてての長いキス
それからCは少女の首筋から胸を優しく愛撫。
少女は目をつむり、ため息を漏らす。
『気持ちいいかい?愛美ちゃん』Cの問い掛けには返事はない。
Cは少女の性器を愛撫し始めると、少女は身をよじり、逃げようとする。
Cが敏感な部分を愛撫したとき、『あっ!くぅ…』たまらず少女は控えめだが声をだした。
C『愛美ちゃん?声だしたいんだろ?いいんだよ、出して。もっと気持ちよくなる』Cはさらに愛撫を続ける。
『はあぁっ!』C『愛美ちゃん濡れてきたよ……』『むふぅ!』少女の溢れる愛液をじゅるじゅると啜るC。
『んくぅ!だめっ……』少女は必死に声を出すのを堪えているようだ。
しかし、求めるようにを自ら開いていく。
Cは指で既に敏感なクリトリスをいじる。
『ひっ!』C『愛美ちゃん、声出していいんだよ…カワイイ声を出してごらん!さあ!愛美ちゃん!』撮影しているAの声。
A『もうすぐ堕ちるかな?』『くっくっ……うぅ』Cは性器への愛撫をやめた。
AがCにバイブを投げてよこした。
A『実は今までのより太いバイブ。たまらんたまらん』バイブのスイッチを入れた。
うぃんうぃん。
Cはそのバイブ少女に見せる。
『いやっ…やめて…』少女バイブから目を背けた。
C『愛美ちゃん、気持ちいい時は声をだすんだよ!いいね?』Cはバイブを性器に宛がう。
『あっ……いや…』C『さあ、愛美ちゃん……いくよ』バイブ少女の中に埋まっていく。
『あ!くくくくっ』カメラが少女の顔を映す。
目をきつく閉じて出そうになる声を必死に堪えている。
『んぐっうぅ』クネクネ動くバイブをゆっくり出し入れするC。
『やめて……うっうっうっ』C『さあ、愛美ちゃん!気持ちよくなるから!思いきり声を出すんだ!』Cはバイブの強さを最大にした。
『あ…あっ…いや…いや…』頭を左右に振り、必死に堪える少女
カメラが再び少女をアップにする。
『ううう…ああ…』少女の口が半開きになる。
C『愛美ちゃん!大人になれるんだよ!さあ!』Cはバイブを激しく抽挿した。
『ヒィィィ!あああっ!いやあ』ついに堪えられず、声をだしてしまう少女
『あーーーーっあーーーーーっああっ』C『そう!気持ちいいだろ?愛美ちゃん!もっと声をだすんだ!それが大人の快感なんだ!』『あぅっあっあっあっ!』A『さすがヒデやな』『はあぅ!ああああっ』 泣きながら、頭を振り、体をくねらせ喘ぐ少女
『あああっ!あぅっ』A『ヒデちゃん、イカすんはタツさんにやらす約束や』C『わかってますよ。でもまだイクのは早いと思うよ』Cは少女からバイブを抜いた。
『はあはあ…うぅ……』泣き出す少女
C『泣かないでもいいから。気持ちいい時は、声をだすんだよ?』『うっうう』泣きながら小さく頷いた少女
Cが少女を開いて中に入ってゆく。
『あぅっ!』『愛美ちゃん、気持ちいい時は気持ちイイーーっていうんだ。いいね』『あっあっあっ!』少女はせきをきったように喘ぎはじめた。
Cは様々に体位を変え、少女を責めた。
『あっあっあっ!』『愛美ちゃん!気持ちイイか!』『はい…気持ちイイです!ああっ!』C『これが大人の快感なんだよ、愛美ちゃん』『キモチいいっ!ああっ……気持ちいいーーーっ!』少女は思いきり叫んだ。
A『ヒデの勝ちや』?④完?