ol" target="_blank">OLspan="2" bgcol" target="_blank">OLor="#ffffff"> が従さんを犯してしまいました

さんが、高校の友達の結婚式に出るために僕の家に泊った時の話です。結婚式に出るために大阪に来ることは知っていたけど、予定では友達と一緒にホテルに泊ることになっていたので、会えないと思っていました。

結婚式があった夜、外にいたら家からケータイが入りました。父とは夜遅くまで外出で、家はだけのはずなので「久美から何の用事かな・・」と思って出ると、「カズちゃん?」と従さんの声が聞こえました。「ホテルに泊る予定じゃなかったの?」と言うと、「のどがかわいたから来ちゃったの」と返ってきました。従さんは、従弟のケータイに「精液が欲しいから早く帰ってきなさい」と言ったのを隣で聞き耳を立ててた従弟の友達に聞かれてから「のどが乾いた」というようになったそうです。「1時間ぐらいで帰れる」というと、従さんは「その間、久美ちゃんの汁でガマンするわ」と言いました。



僕が急いで家に向かっている間、従さんとはずっとレズっていたそうです。従さんはのオ○コを舐めるのが好きで、舐めまくっていたそうです。カズちゃんやおじさんののピンク色のきれいなオ○コを広げて、「久美ちゃんのはいつ見てもキレイね。たくさんのチ○ポを咥えたようには絶対見えないわ。やりすぎると色が変わるって嘘よね。」と言ったそうです。僕が思うには、オ○コの色が変わるのは年齢だと思います。

家に入ったらキッチンから声がしたので行って見ると、ペニスバンドをつけたが流し台に手をついた従さんをバックから突いている所でした。「帰ったよ」と言うと、は「お帰り」と言ってくれたけど従さんは感じまくっていたので薄目を開けただけでした。を犯しているの姿は時々見るけど、従さんとはあまり見れないので観察しました。は僕にいつもやっているような事をやっていました。従さんのオッパイを揉んだり、クリトリスを指でいじったりしながら突いていました。そして動きを止めると「自分で動いて」と命令していました。従さんは、自分で腰を動かしておの腰にぶつけていました。

はいったん抜くと、従さんをテーブルの上に寝かせました。従さんはテーブルの上でオ○コを見せるように足を広げていました。が玄関の方に行ったと思うと、厚底サンダルを履いて戻ってきました。汚れるので「きたないだろ」と言うと、「父さんが買ってくれた上履きなの」といいました。は従さんのを高くて肩で支えるようにすると、ペニスバンドを従さんのオ○コにズブズブと入れていきました。ここで始めてが厚底を履いた理由がわかりました。僕や父がテーブルの上でを突くのは簡単ですが、の身長ではたいへんなのでした。だから厚底で調整したのです。従さんはテーブルの上でにイカされてしまいました。

さんとは「新婚さんごっこ」をやっていたそうです。最初にがダンナ役をやっていた時に僕が家についたのでした。僕はすぐにでも従さんとやりたかったけど、従さんが「ちょっとまってね。カズちゃんが帰ってくるまでの遊びのつもりだったのに、本気でイカセた悪い久美ちゃんをお仕置きしてからね」といいました。でもが「お腹すいた」と言うので、ピザを頼むことにしました。

ピザと一緒にフライドチキンとアイスクリームを頼んだのですが、アイスクリームを食べていると、従さんがアイスクリームを電子レンジでチンして、ドロドロに溶けたやつを乳首に塗って舐めました。も真似して従さんの乳首にアイスクリームを塗って舐めました。こんどは僕にチ○ポを出させると従さんはチ○ポをスプーンのかわりにして、アイスクリームを先っぽにつけて、舐めさせました。もチ○ポをつかんでアイスクリームをつけて従さんに舐めさせていました。従さんがにテーブルの上で横にならせると、オ○コにアイスクリームを付けて僕と従さんで交互に舐めました。

のオ○コのアイスクリームを舐めているうちにが感じだしたので、従さんが「おしおき」を始めました。「ちょっと舐めてて」というので僕がのオ○コを舐めている間に従さんはペニスバンドを付けました。そしてをテーブルに手をついてバックの姿勢をとらせるとペニスバンドのオ○コに入れて行きました。バックで突いている間、僕は下から覗いていました。しばらくすると従さんが「駅弁したいから手伝って」と言うので、手伝いました。従さんとが向かい合って立って、は右足を従さんの肩まで上げました。そして従さんがペニスバンドを押し込むとは右足を従さんのからだに巻き付けました。そして僕がのおを支えると、は左足を従さんに巻き付けました。僕がの腰を上下させて駅弁をやりましたが、が没頭できないのでやめました。

披露宴の疲れとにイカされたことと、駅弁の疲れで従さんが「もうやめる。カズちゃんとは明日ね」といいました。従さんがシャワーを浴びに行ったけど、僕もも中途ハンパな気持ちだったのでやることにしました。さっき僕がのオ○コをたっぷり舐めていたのでフェラチオしてくれました。音が鳴るぐらいに吸ってくれたのですぐにビンビンになりました。僕が椅子に座るとはチ○ポを自分から入れて、上に乗って入れていました。

場所をキッチンからソファに移して背面座位の体勢でを下から突き上げていると従さんがシャワーから上がってきました。「おちゃん気持ちいい!!」と叫ぶの姿を見た従さんが、「イキそうなの?」と聞いていました。は「うん」とうなずきました。すると従さんが「カズちゃん、おいで」と声をかけました。は「まだイッテないよ!!」と言ったら従さんは「さっきのおしおきよ」と言いました。僕はをソファに残して従さんについて自分の部屋に行きました。

部屋に入ると、従さんは「シャワー浴びて、のどがかわいたから先に飲ませてね」と言って、フェラチオをはじめました。従さんはフェラチオをするときは、僕の目をずっと見ながらやります。その目がすごくエッチなのとテクニックが凄いので、すぐにいかされそうになります。が部屋を覗いたのに気づいた従さんは「欲しがってもダメよ」と言いながら、口から出した僕のチ○ポを振って見せてすぐに咥えました。は半泣きの表情で「おちゃん・・」と言うので、「父さんが帰ってくるまでガマンしろ」と言いました。

が部屋から出ていったあと、すぐに僕は従さんの口に精液を出しました。従さんは舌の上で味わうように転がしたあと、精液を飲みました。「カズちゃんの精液が一番おいしいわ」と言ってくれました。そのあと、いろんな体位で従さんを激しく突いて楽しみました。チ○ポを入れながら叔父さんに電話して従さんがホテルじゃなくて僕の部屋に泊って行くことを報告しました。従さんは叔父さんに聞こえるように「気持ちいい!!」と声を上げていました。

は、夜遅く帰ってきた父にいきなりフェラチオして、自分から上に乗ってやったそうです。でも疲れていたので一度しか相手してもらえなかったので不満だったは、ペニスバンドにつけさせて入れてもらったそうです。父とが次の日に僕に愚痴をこぼしていました。

ol" target="_blank">OLspan="2">