家庭教師生徒母親

小6の頃から教えてる生徒とその母親との親子丼は最高だった…
何年も家庭教師を続けていれば、それなりの出来事がある。
大学入学時から社会人になってからも、家庭教師を続けている家があり、おかげで事欠かない暮らしをしていると言える。
その家の娘、浩美は小学校6年の頃から、俺が勉強を見てきている。
すでに今年の春で高校3年生になった。
浩美は幼児体型だが、顔のつくりがハーフかと思うくらいで、人形みたいな感じがする。
浩美が中学に上がった夏休みにレディコミを部屋に隠していた。
それを俺が見つけてしまったのが良い機会になり、思春期ならではの好奇心に花が咲いた。




浩美は真面目に宿題をこなしていたおかげで、学校での成績も特別良い方ではなかったが、中の上くらいを維持してい
たので、親にはばれなかった。

時間も経つと下ネタは話だけでは終わらず、服の上からではあったが、スキンシップを図るようになっていた。
夏休みが終わる頃には、服の中に手を入れるくらいだったら、お互いに何も言わなくなっていた。

2学期にはいると、また学校で仕入れてきた悪い情報によって、浩美の好奇心は加速していった。
そして、2学期が始まって1ヶ月くらいした日に母親には「友達の家で中間試験の勉強」と言って、
一人暮らしをしている俺の部屋に来た。

浩美との幼い駆け引きをして、浩美を全裸にした後、俺は自分のモノを浩美に見せた。
始めはお互いに立って、観察していたのだが、ベッドに連れ込み、浩美の全身を愛撫してやった。

初体験はしばらくは取っておこうと思い、浩美を焦らしたが、
浩美はそれにはまった。
それから浩美との勉強の時間は浩美に対する愛撫の時間になった。

「この問題が出来たら、ここ触ってあげる」
「その問題が出来たら、パンツ脱いでいいよ」
「じゃあ、次この問題が出来たら、そこ舐めてあげる」など
くだらないと思うだろうが、浩美はそれに対して一生懸命に問題を解いた。

そして、俺に愛撫されるのだ。
冬休みに入ると、すぐにフェラを教えた。
ぎこちないフェラもクリスマス前になんとか様になり、クリスマスに俺の部屋に来た浩美はそのまま俺のベッドで初体験を終えた。

午前中から夕方まで浩美がほとんど意識がないまま、抜かずに続けた。
飯も食べずにやってしまった為、浩美は終わった後、もうぐったりしてしまい、
体に力が入らず、ベッドの上でうなだれていた。

それでも浩美を家に帰さなくてはならない為、少し寝かせた後、無理やり起こして、
シャワーを浴びせて、家まで送っていった。

浩美はまだ放心状態のままで家の中に消えていった。
「やりすぎたかな?」と言うのが、正直な感想だった。

その日と翌日はさすがに浩美から連絡がなく、「もったいないことをした」と言うのが、本音だった。
しかし、年末最後の勉強の時に先に求めてきたのは浩美だった。
普段から焦らしていた俺への宛てつけとして、俺が来た時にはすでにパンツは履いていなかった。

浩美の部屋に入って2,3分後には浩美は俺の股間に膝間付き、モノを口に含んでいた。
それから数分後には俺の上に浩美を乗せて、そのまま浩美をゴムを付けずに辱めていた。
初体験でやりすぎた成果か、ちょっとすると浩美は少しずつ感じ始めていた。

浩美を机に上げて、挿入しているところを見せてやると、浩美は恥かしながらも興奮しているのが、分かった。
それから勉強時間の2回に1回はこんな感じでやるようになった。
証拠は残せないという事で、最後の発射は浩美の口に放出することになり、浩美が自然とそれを飲み干すようになるにも、時間が掛からなかった。

それから数ヶ月経ると経験済みの女性の成長は早いもので、大人びた雰囲気をかもし出すようになり、またその状態になってからも、精神的にはあまり変わっていないギャップを楽しんでいた。

そんな折に、母親の美奈子から相談があると言われて、浩美との勉強(?)が終わった後に飲みに連れて行かれた。
俺はばれたかな?と思った。

しかし、美奈子の装いは完全に余所行きのヒラヒラの長くも無く、短くも無いスカートにちょっと小奇麗なニットだった。
それに大人な感じの落ち着いた色の上着を着ていた。

店に着いて正面に座って分かったのだが、上着を脱いだ美奈子のニットからは薄っすらとブラが透けていた。
ちょっと暗い店内で気付いたのだから、明るい店に行ったら、余程透けていたのだろうと、少し後悔した。

始めはビールで乾杯をし、2,3杯お互いが飲んだところで、焼酎のボトルを入れた。
いくら美奈子がお金をもつと言っても、その方が安上がりだと思った。
美奈子の飲み方はほとんど一気飲みに近い状態で、すぐにグラスの中は空になった。

何かあったのか?と聞いてみると、焼酎が苦手らしく、美奈子には感じる独特の臭みがあり、それを意識しない為に一気に近い状態で飲んでいるということだった。
先に言ってくれと・・・と心の中で突っ込んだが、それが高じて美奈子は悪酔いし始めた。
最悪だと思った。

正面に座っていた美奈子は俺の隣に座り、肩に手を回してきて、愚痴が始まった。
家庭の愚痴が殆どだった。
ほとんどが旦那への悪口だった。夜の相手は数年されておらず、旦那は浮気していると断言していた。

実際に職業柄何だか知らないが、美奈子の旦那、浩美の父親は出張が多く、またそれも長期に渡る事が多々あり、俺も殆ど面識が無かった。

愚痴ばかり聞いていても、仕方がないので、何か面白い事はないかな?と探していると、
まず目に付いてのは、ニットから透けているブラだった。
わざと肘を当てて、ブラと胸の間に隙間を作っていたりした。
それでも美奈子は肘をどけずに、むしろこちらにさらに近寄ってきて、隙間がさらに広がった。

次にちょっと遊んでみたのが、たまに美奈子が体勢を崩して、俺の顔の前に横顔を寄せるような感じになったときに、耳に軽く息を吹きかけてみた。
それには手でくすぐったそうに反応していた。

満更でも無さそうな顔を一度俺に向けて、また愚痴が始まった。
そのうち俺の手も自然と美奈子の背中に回していた。
そこで手に触ったのが、少し背もたれに持ち上がった美奈子のスカートだった。
それを更に持ってこようとしたが、難しかった。

そんな格闘をしているうちにトイレに行きたくなり、美奈子を押しのけるようにしてトイレに立った。
トイレから帰ってくると、美奈子は朦朧としながらも自分で作ったらしき焼酎を口にしていた。

ストレート・・・。
そんな美奈子を壁側に押しやって、俺はまた隣に座った。
その時、美奈子が椅子に少し倒れたような格好になったから、ちょっと立たせて、ちゃんと座らせようとした。

しかし、美奈子は一人で立つ事が出来ずに俺の肩に手を付いて立った。
必然的に俺の片手は美奈子の死角に入り、俺は美奈子のスカートの後ろ側の裾を持ち上げていた。
横からパンツがちょっと見えている状態で座った美奈子はそれに気付いていなかった。
パンストさえなければ、太ももの地肌が俺のズボンに直接触っていた。

俺の手がスカートの中を弄ろうが、美奈子は愚痴をもう回らなくなった状態で俺に寄りかかって続けていた。
抱き寄せる振りをしている手はスカートの中に入り、もう一方の手は美奈子の胸を触っていた。

美奈子はうっとりとした表情を見せながら、目を瞑って俺に寄りかかり、口ではまだ何かを言い続けていた。

パンストの上からではあったが、すでに手は内ももを触っており、時折手が股間部分のパンストのツッパリに引っかかっていた。

胸のほうの手はニットの中にすでに突っ込んであり、乳首を指で突いていた。
それ以上は店内では出来ないと判断して、美奈子のカバンから財布を取り、会計を先に済ませて、美奈子をまた席まで迎えに来て、店を出た。

店の外に出てから、すぐにニットの中に手を突っ込みブラのホックを外した。
そして、いきなり俺の部屋に連れて行くのもどうかと迷っていたが、住宅街の為、ホテルなど車じゃなければ、行けるわけも無く、途方に暮れていたら、美奈子が「おしっこがしたい」と言い出した。

周りは特に家しかなく、トイレがある公園も少し遠かった。
そこで俺は駐車場に連れて行き、止まっている車の影で用を足させた。
美奈子は遠慮なく俺の目の前で用を足していた。
時間が長く感じたが、そこで俺は一層の事パンストパンツを脱がせてしまおうと思った。
なんならそこで済ませてしまおうと思ってもいた。

そして、美奈子の小用の流れを避けて目の前に座り、膝の辺りにあったパンストパンツに手を掛けた。
「あ? 汚れちゃってるから、ここで脱いじゃったほうが良いですよ」と言うと、
美奈子も意図が分かっているらしく、少し場所をずれて、双方を脱いだ。
そして、俺に寄りかかってきた。

俺は遠慮なく美奈子の服を捲りあげて、美奈子への愛撫を開始した。
ニットは完全に肩の辺りまで上げられて、胸も露出して、スカートも裾を自分で持ち上げているから、下半身も露出していた。

胸を露出したまま俺の前にしゃがみこみ、数時間前まで娘の中に入っていたものを自ら咥えだし、
しばらくしてから「先生ください」と自分からせがんだ。
地面に四つんばいになった熟女に入れたのは興奮した。
自分よりも年上の女がメス犬のように地面に這い蹲り、腰を振っている姿は良かった。

思っていたよりも美奈子の声が大きく、途中でパンストパンツの絡んだものを咥えさせた時には更に興奮してしまった。

その後、場所を転々としながら、事あるごとに絡み、美奈子の家に着くまでに2回の行為を行った。
それがある意味で美奈子と浩美の関係の始まりだった。