昨年11月9日に、現愛車の契約に家にやって来たセールスレディーの新詩織に強制中出しを決めてから1ヶ月がたった。

俺は人妻を犯る時は必ず危険日で、そいつを妊娠させる事を常としてきた。

が、諸々の事情で詩織はそうではなかったのだ。

そのときの事をこれから書こう。

レイパーの俺にとって、自分の下で快楽に溺れて啼く女は嫌いではないが物足りない。

やはり抵抗し、拒絶の言葉を吐き、挙句の果てに意志とは裏腹に無理矢理絶頂を迎えさせられ、羞恥と被虐と絶望に涙を流す様子を鑑賞しながらでないと今一盛り上がらない。

まっ、レイパーの本能というやつかね(笑)で、狙いを付けたのは車のセールスレディーの詩織。


28歳で細身の美人だ。

人妻フリークの俺としては手出しするつもりは無かったのだが、実は新だという事が判明したためにターゲットになってしまったのだ(笑)何時もなら、じっくり新の事を下調べするのではあるが、交渉も詰めに入ってきてもうハンコってとこまで来ていた為、危険日の件は後日キチンと聞き出してする事にし、取敢えず犯る事にした。

で昨日、契約の最後の交渉を俺の家でする事を彼女に伝え、獲物を呼び込んだ。

昼過ぎに、契約書を持って詩織はやって来た。

早速俺は彼女にお茶を勧めた。

睡眠薬と媚薬たっぷりの特製茶だ。

しばらくすると彼女の顔が薄く紅色にそまり、目がトロンとしたした。

必死になって眠気を抑えようとしていたが、ソファーに倒れこんだ。

俺は詩織を寝室に抱え込み、紺色のスーツを脱がし全裸にした。

そして、何時ものように3台のビデオをベッドの周りにセットし、彼女のワギナ・クリトリスに強力媚薬入りローションをたっぷりと愛撫するように塗り、俺のペニスを膝を立てて広げた両の中心に突き立てた。

の膣が俺のペニスに内壁のヒダが絡み付く、・・・コイツはスゴイ名器だ!睡眠薬で肉体が弛緩しているのにこの感触、起きたら楽しみだ。

俺は何時も以上に深く埋め込んでゆっくりと腰を擦り付けて新の生膣の感触を楽んだ。

媚薬が効いてきたのか、潤滑油がペニスを包み込み始める。

同時に、詩織の口から甘いため息が漏れ始める。

睡眠薬から目覚めてきたのだ。

俺は少しづつ腰の動きを強くしていった。

詩織の反応が大きくなる。

夢うつつのまま俺の首に手を回し積極的に腰を俺のリズムに合わせはじめた。

計算通り!、セックスの良さを覚えた新は睡眠薬で朦朧とした肉体に媚薬が追い討ちをかけて、旦那に抱かれているつもりになっているのだ。

「あぁ~あなたぁ~!いいのぉ!もっときて~~~もっとついてぇ~~~」

などと好い声を聞かせてくれるので、俺も調子に乗って「今日の詩織はいつもよりも情熱的だね。

素敵だよ、詩織」

などとホザく。

ビデオには睦まじく交歓する(笑)二人の姿が記録されていることだろう。

やがてひときわ大きな声で「あぁ~あなたぁ~」

と啼くと俺の腰に綺麗を絡ませ俺を抱きしめ、首を仰け反らせ白い顎を上に向かせながら絶頂を極めた。

俺も不覚ながら、新詩織のあまりの良さに中に大量の子種を噴出した。

しばらく詩織の中にまだ硬度を失っていないペニスを挿入したままぐったりと体を預けていた。

やがて詩織が覚醒しだした。

最初は状況が読めないようだったが、気がつくと直ぐに暴れだした。

しかし、耳元でビデオを撮っていたことを告げ、詩織を俺の体の下に抱いたままリモコンを操作し、先ほどの詩織の抱かれている様子を記録したビデオを見せてやった。

ビデオには自然に愛し合っているようにしか見えない俺と詩織のセックスシーンが映っている。

どこをどうとっても、合意の元に抱かれているとしか見えないな、と耳打ちすると詩織は泣き出した。

俺はそんな詩織の反応を楽しみながら、再び硬いままのペニスを動かし始めた。

拒絶の言葉を吐き逃れようとする詩織!しかし媚薬の虜になった肉体は俺に完全に支配されてしまっている。

腰を突き上げるたびに甘い声を出す新

媚薬は新の体をどんどん敏感で感じやすい肉体にしてしまい、直ぐに2度目の絶頂を迎えさせた。

耳元で辱めの言葉を囁くと顔をそむけ涙を流したが、ひくひくっと膣がしまり非常に良い快感を俺のペニスに与えた。

詩織のあまりの良さにまた終わってしまいそうになったが、媚薬が効いているうちが勝負である、我慢で彼女を責めあげた。

詩織も必死に快楽と戦っていたが、媚薬で敏感になった肉体で俺に対抗できるわけがない。

それに新はセックスがお仕事なのだ、肉体がそうなっているのだ。

夫以外でも、子種を与えてくれる男なら誰でもいいのだ、女とはそういう生き物である。

5度目の絶頂を迎えさせた時、「もうどうなってもいい・・・」

と漏らし、一段と激しく達した。

そのときの絶叫こそ本能の叫びだ(笑)その後は、もう新では無く一匹の♀だった。

俺は肉体を責め、彼女の秘密を喋らせた、当然危険日の事だ!それを聞き出した後、「それなら納車は××月××日にしろ」

というと一瞬何故?という顔をしたが、俺の意図を理解して拒絶の言葉をはいた。

しかし、快楽に負けてはいるものの新としては同意はできない。

が、納車の日を危険日にすることを同意するまでイカしてはやらない。

俺は腰を激しく突き上げ詩織を責めつづけたが、イキそうになると止める。

詩織はそのたび恨むような目つきで俺を睨むがそんなことはお構いなし。

詩織の拒絶の言葉は次第に弱くなり、かぶりを振る勢いも弱くなっていった。

とうとう3度それを繰り返すと詩織は墜ちた。

同意した褒美に俺は腰を更に激しく突き上げ詩織を責めつづけてやると、詩織もそれに合わせて腰を振り続ける。

もう快感がとまらないのだ。

そして俺の名を呼びながら大きく仰け反り、を俺の腰にぎゅっと絡ませて6度目の絶頂に達した。

俺も2発目を彼女の最奥部に注ぎ込んだ。

その後、仲良く(?)2人でシャワーを浴び、全裸のままで詩織に契約書を用意させ、契約の説明から一連の流れを行わせ最後にハンコを押してやった。

ハンコをもらうと詩織は反射的に「ご契約ありがとうございました」

と礼を述べお辞儀までした。

この一連の様子もビデオに撮ったため、これで詩織が告発する事はまず無い。

あのビデオを見られたら、どう言い訳しても契約欲しさに体を武器に営業をし、契約書にハンコを押してもらうため自分からすすんで抱かれたって思われるだけだからね。

実際契約もしたしね。

まぁあれだけ乱れた手前、言える訳も無いのだが。

帰り際、詩織を抱き寄せると一瞬こわばったが俺のキスを受け入れた。

「わかってるね。

今度は納車の時に」

と言うと泣きそうな顔になりながらも、「・・・はい」

と答えた。

納車が楽しみだ。

そろそろ詩織に強制中出しを決めて妊娠させたときの事を書こう。

納車の時に種付けを試みたが残念ながらその時は妊娠しなかった。

その後もたびたび呼び出しては詩織を抱いてはいたが、来週、旦那が本社の会議に出るため家を空けることになったのだ。

月曜から水曜までの3日間!特に最も危険な火曜は詩織もお休みなのだ!昨夜、詩織の携帯に月~水の3日間かけて強制中出し種付けを行うと宣言してやった。

もうすっかり俺の当初の目的を忘れていた新詩織は、涙声で許してといっていたが無視、月曜の夜行くぞ!といって切った。

さあ新詩織に強制中出し!幸せな結婚生活に刺激を与えてやるぜ!そしてとうとう、詩織にとっては人妻として最も許されない行為を受け入れなくてはならない月曜日がやって来た。

20時、俺は詩織の家のチャイムを鳴らす。

今まで何かと時間を作らせ詩織を抱いてはいたが、それは殆ど昼間。

しかもラブホテルか俺の家だった。

だから、いままで詩織の家に入った事は無かった。

無茶苦茶興奮したね、夜、旦那の留守を新だけが一人守っている家、そこに種付けするために来てるんだからな!ドアを開けた詩織は直前まで泣いていたのだろう、目が赤く充血していた。

泣くほど嬉しいのかとワザと聞くと表情をこわばらせ顔を背ける。

キッチンには夕食の支度がしてある。

俺と詩織の儀式の前の祝い膳だ、精のつくものを中心にしてある。

「すごい献立だな。

それじゃ奥さんの期待に応えて、俺の子種をたっぷり子宮に注いでやるからな!」

と言ってやる。

もっともメニューは俺が命令したんだけどな。

涙目で俯く詩織を促し食事に入る。

おっと忘れるところだった!席に着いた詩織の目の前であらかじめ宣言してあったとおり、詩織のスープに媚薬(睡眠薬抜き長時間タイプ)を見せつけるようにしてたっぷりと入れてやる。

同時にスプーンでかき混ぜながらその効能を詳しく解説してやる。

俺が親切だから、というのは冗談で、知識を与えることにより抵抗しても無駄だ、ということを暗に伝えるためだ。

絶望的な表情で固まる詩織!ビデオをタテに脅してやると、ブルブル震えながらスープを飲んだよ(笑)この媚薬を飲めば自分がどうなるかは初回に身を持って知ってるからね。

何時もの様に人妻への種付けはビデオで記録!今回は詩織自らが望んで俺の子を宿そうとする様に見えなくてはならないので、こんな事をしてやったのだ。

1時間くらい掛けてゆっくりと食事を済ませる。

詩織は徐々に媚薬が効いてきたようだ、長時間タイプは効きもゆっくりだ。

詩織は顔が上気し息も荒い。

しかし直ぐには責めない、詩織に後片付けをさせ俺は寝室にビデオのセットしに行く。

いつものように3台をベッドの左右後ろに配置し、責め具をサイドテーブルに並べて置く。

今回はさらにもう3台セットする。

これはある趣向のためだ。

その趣向のために用意してきたモノも部屋にセットする。

準備が済んで戻ると詩織は洗い物が終わっていた。

ソファーに肉体を投げ出し目を閉じて何かに耐えているようだった。

時折、荒い息で時々肉体をピクピクッとさせながらをモジモジさせていた。

待ちきれないみたいだねとからかってやると、すがるような目で俺を見る。

しかし無視。

リビングでしばし寛ぐ。

何せ時間はたっぷりあるし、食後の直ぐの運動は体に良くないからな(笑)詩織を隣に呼び、肩に手を回しビデオの鑑賞会をする。

勿論今まで撮り溜めた詩織のHビデオ。

旦那自慢のAV機器にこれまた自慢の新詩織が嬉々として不倫する(笑)映像が流れる。

いたたまれずにその場から逃げようとする詩織にビデオを観るように強要。

その横で服の上からではあるが、体中に悪戯をする。

媚薬と愛撫で肉体を、視覚と聴覚で脳をセックスモードに変えてやる。

ユルユルと嬲るだけなので、嵩ぶりはするもののイクにイケない・・・イカさない。

俺に肉体を預け目を閉じ、襲ってくる快楽に身を任せていた。

もう抵抗はほとんどない。

頃合だろう、俺は詩織を促し風呂に入る。

俺の体を隅々まで詩織に流させる。

当然ペニスや袋、アナルも丁寧に洗わせる。

「今日、コイツがお前の子宮に子種を注いで念願の子宝を授けてくれるのだから、宜しくお願いしとけ」

と言うと、涙目で俺を見るが、今日までの仕込みでもう何を言われているのか解るので無言で仁王立ちになっている俺の前で素直に跪き、俺のペニスに向って”お願い”をした。

が旦那が留守にしている自宅の風呂場で、自ら招きいれた夫以外の男のペニスにキスの雨を降らせ、自ら”私に子宝を授けてください。

あなたの赤ちゃんを産ませてください”とお願いの言葉を口にしたのだから堪らない。

防水仕様のビデオカメラがないのが残念だ。

是非今度手に入れておこう。

詩織にも自身の身を清めさせ、綺麗な肉体で子供を作ろうなと最後通告をする。

小一時間後、風呂を出る。

いよいよだ、詩織に下の和室でこの日のために用意した衣装を身につけさせる。

タグ :
人妻
ハメ撮り
手マン
痙攣
寸止め
名器
レイプ
中出し
ソープ