中年とだけ言っておきたい。強姦ってのは家に忍び込むとか、一人歩きを襲うとかじゃ、そうは簡単には出来ない しかも叫ばれたり凶器を使ってじゃ間違えて大変なことにもなる 何回も強姦しないうちに警察に捕まってしまいはいそれまでよだ 俺の強姦成功率はほぼ100%失敗したことがないその手口を教えてやるよ まあ聞いてくれ
 昼中の人気のない幹線道路から少し脇に入った草深い場所に止まってる車がいたら そっと近づいてみなまず不倫中だ 俺は車がもう一台どこかに駐車してないか周りを必ず調べる 少し離れた場所に置いてある車を窓ガラス越しに覗いて 女性の車か男性の車かを調べて女性の車をチェックしておき 不倫現場に戻りできるだけ車に近づきじっくり眺めることにしている 問い詰める時の中身が大事である

 俺は若い女性は狙ったことがない 40歳代中年の家庭があって世間体も気になりだけど セックスの味もよくわかっていて男が欲しいってのがベスト 今回の内容は俺が覗いてみると助手席の方で何やら男が女の股ぐらに顔を押しやって 盛んにおマンコ舐めてたまだ始まったばかりで男は服を着たまま 女が少し下半身裸といった感じでしきりに両手で男の頭を抑えていたな 

 少しして運転席に戻った男のズボンを女が脱がすとチンポを加えてしゃぶりだした

 俺は今まで老若男女全ての車内セックスを覗き見してきたが、若いカップルは時間をかけすぎていつまでもダラダラしていていらつくが熟年、中年カップルは実に手早くて短い時間に女は快感を男からもらい、男は射精をするだけに集中して行為が早い。

 話を戻そう 車内では再び助手席に戻った女を男がオマンコに指をいれて舐めまわし 二分もしたら女がダッシュボード両足を載せる格好で倒された、シートのヘッドレストにしがみつき昇天しだす様子が、俺の目にしっかり入ってきた 女が逝ったのを確認すると素早く男が覆いかぶさって腰を動かすと、女が男の体にしがみつき足を絡めてまた一回ほど昇天する顔を見せると、男も射精しだしたのか小刻みにを揺らしながら女の口を吸っていた。


 その間15分~20分位かかっただろうか、運転席に戻った男のコンドームを女が念入り外し拭きあげると、下半身裸の女が車外に出て周りを見渡ししゃがみこんで放尿を・・早く済ませて社外で下着の着作ろいをする 年齢は40歳後半だろうか腹がたるんでデブっとしていて崩れていた

 前付が長かったようだがこれからだ中身は 俺はまだ車の中に二人がいるあいだに女の車のあるところに素早く移動して 女が来るのを待っていた すぐに男の車できた男は女を下ろすと 先に帰っていったが自分の車に戻った女は鏡を見ながら乱れた髪を整え、口紅をつけ、携帯を眺めながらまだ動こうとはしなかった

 俺は、ここがチャンスと素早く車に近寄って声をかけた 間髪いれず(おい、こんな場所でいい年齢をして浮気なんかするな)と 撮ったつもりもないミニカメラをポケットから取り出すと 見たことをカメラに置き換えて説明すると 女は顔面蒼白言葉が震えだし何を言ってるのかわからないくらい取り乱した

 エンジンをかけて逃げようとしたとき 俺はキーを取り上げてこう言ってやった(旦那にバレてもいいのか 子供に分かってしまってもいいのか どうするおばさんよ)これでもう充分でほとんどおとなしくなってしまう 子供を出されると弱いようだな性本能だ 女は泣き出しそうな声で手を合わせ(お金ならあげる いくら?)定番の文句だな 俺は金目当てでは中年のおばさんの身体が目的なんだ  

 取り上げたキーを持って助手席に乗り込むと 女の股に指を入れてみる 足をギュッと閉じて触れさせないようにしようとしたが一度ビンタを張ってやり(バレず済むから 辛抱しろ 我慢していればすぐ終わる さっさと足を開け ばばあーー)と一括 その言葉で泣き出しそうになりながら足を開いてくれた パンツの脇から指を突き入れると先ほど男とのオマンコが良かったのか かなりヌルヌルしてティッシュがあてがってあった


 俺は女に後部座席に移るよう強い口調で怒鳴ってやると もう観念したのかいうことを聞き移動した 軽のワンボックスの座席を倒してパンツを剥ぎ取るとファスナーを下げて 自分のチンボを女に見せつけ足を開かせ一気に挿入させようとしたとき (やらせてあげるけど 必ずこれっきりにして 私を助けて 変なことしないで 中に出さないで欲しい


 必ず外に お願い約束守って)と懇願してきた俺は建前上 (解っているって 変なことはしないし 今回一回ポッキリでおばさんのことは何もしないから それに射精する時には外に出すから ゴム持ってるか?)と早口に喋って俺自身が強姦のスリルに焦っていた 女は観念して足を開き俺を受け入れやすい体制をとった

 車内は狭いから女の両足を自分の肩に載せ いきり立ってるチンボを素早くぶち込んでやったスルッと送まで簡単に入ってくれた 突然襲う強姦はヘタをすると自分自身も怪我をしたりするが こう言う場合の強姦は 相手が恐怖心をもっていながら抵抗されないことが一番の魅了である

 俺は相手が一応逃げられないように挿入してるあいだに素っ裸にさせて 腰を動かせていたバストはたれて腹は三段腹、オマンコは子供を産んでるからこの女に関してはゆるかった 相手は泣き顔状態で突き上げる痛さの声こそ発するが いい声はもれなかったし俺は望んでいないそれが強姦出し相手が苦痛で俺は幸せになれる 

 だからはなから射精を外にしようと思ってなんかいなく 俺のdnaを受け継ぐべきオマンコの中に射精を常としている 今まで七回の強姦すべて中出しだ そりゃそうだろ強姦にコンドームつけてやる馬鹿いるか この女も外に出してくれると信じているが俺には関係ないことだ 気分が高まって往きそうになってきた(外に 外に出してーーーよ)と 俺の顔を見ながらしきりに言葉を出していた

(おい 生理まだあるのか 子供埋めるのか?)と小さい声で聞いてやると うん うん だから外に出してと目が訴えていたその時(んんーーんんーー出るーー)と一声唸ると 俺は肩に抱えていた足をしっかり押さえ込んで子宮の入り口奥深く射精をしてやった

 女は不意打ちをくらって自分の中に出されたものだから ありったけの力を出して俺は二~三回出したと思うが相手に体を突き放され 残りの射精は車のシートに出さざる負えなかった 女は体を起しカバンから手拭きのようなものを取り出すと 足を開いて<ブブブーーぶぶっぶーー)と変な音を出しながら射精された俺のdnaを取り出そうと必死になっていた


(このバカが 何するの この畜生 鬼)と泣きながら言葉を発していたが俺は構わず女の肌着で自分の汚れた部分を吹き取ると そのパンツを車から少し離れた場所に放り捨て足早に無言で逃げてきた 目撃的言いがかり強姦は相手の家を確認したり何度も恐喝ゆすりをしてはいけない 

 現場を抑えて無理矢理強姦する暴力はダメ 相手の弱みにつけ込むのだ 一度だけなら相手も事故だと諦める 若い子はやめておけ中年のおばさんが一番成功率が高いし楽しめると解った?