数年前に私が経験した実話です。
当時29歳の私には5歳になる息子がいました。
夫の急な転勤で、見知らぬ土地への初めての引っ越しでした。

郊外の住宅地の中に違和感を感じる程の立派なマンション(20階建て)が建っていて、その15階に会社で用意してくれた部屋があったんです。
「ここなの?凄く素敵な所ね!」「だろう!急な話だったから会社も気を使ってくれたんだろう』」「マンションの直ぐ横に大きな公園、それに近くにも買い物が出来る大型スーパーもあって便利な所ね」「通う幼稚園もここから歩いて直ぐらしいよ」「そうなんだ・・・最高ね」普通に借りれば、月に数十万はすると思われましたが、私達は会社が負担してくれるので、数万円で住む事が出来たんです。

数日後、部屋の方付けも落ち着き夫も会社に出掛けたので、息子と近くの公園に散歩をしに行ったんです。

すると砂場で遊ぶ子供達の直ぐ近くのベンチにお母さんと思われる人達が数名、話をしていました。
公園デビューか・・・ちょっと気が引けるなぁ~でも初めが肝心って言うそう思っていると息子が「ママちょっと僕も遊んで来ていい?」と言われ、「ん~」と返事をしました。
数人のママ達が私に気づきチラチラ見て来たので、私は意を決し話しかける事にしたんです。

「こんにちは」「あら・・・初めて見るけど・・・」「先週引っ越してきたばかりなんです」「そうなの!お子さん?」「え~」「1人?何才なの?」「5才なんです」「あら!家と一緒ね・・・幼稚園は?」「え~近くの○○幼稚園に来週から行く予定なんです」「本当!じゃ私達と一緒ね」話をすれば、みんな感じの良いママさん達で、ちょっとホッとしました。
6人居たママさん達は32歳から37歳と皆さん年上で、その中でも一番上と思われるママさんが仕切っている感じで、元ヤンキーと言った雰囲気が漂っていました。
翌日も公園にはママさん達が集まっていて、私も仲間に入れて貰らい地元の情報や幼稚園の事を色々教えて貰ったんです。

ママ友は重要で、仲が悪くなると子供にまで影響を及ぼす事も知っていましたし、何より見知らぬ土地で話す人が居ないのは心細かったんです。
少なくとも、ママさん達と話をしていると地元に馴染んで行くような気がして安心感がありました。
そんなある日、リーダー各のママさん(佳美さん)が家でお茶でもしながらお話しましょうと誘われ、私は彼女の家にお邪魔する事になったんです。

彼女が向かった先は、私と同じマンションで13階だったんです。
「いつ来ても眺めが良くて良いわね」「毎日見ると飽きるもんよ」「贅沢なんだから・・・私なんか5階でしょ、眺めって行っても家の屋根ばかりで」「マンションは眺めが良いから良いわよ。持家は2階よ」「持家こそ贅沢よね」「持家と言っても猫の額程の庭だけど」「ねぇ、持田さんは何処に住んでいるの?」「え・・・このマンションです」「あら・・・そうなの?何階?」「・・15階です」「そうなの・・・15階は高かったでしょ」「はぁ・・・会社で負担してくれてるので」「あら、良いわね」何となくですが、この時から佳美さんの態度が変わった様に思うんです。

翌日から、私が公園にいるママさん達の所に向かうと、素っ気ない態度で、やがて彼女達が帰ってしまい1人淋しくベンチに座る日々。
息子も砂場で友達と遊び始めると「帰るわよ」とママさん達が子供達を連れ帰ってしまいます。
他のママさん達も何かを察したのか?私とは関わろうとしません。

イジメられてるの私そう思い夫に相談しようと思いましたが、夫も仕事が忙しいらしく毎日帰りは深夜、休日も会社に出る事も多く、とても相談なんて出来ません。
そんな時でした。
公園の奥にある池のベンチに座っていると、1人のママさんが近寄って来て話しかけてくれたんです。

彼女も辺りを気にしながら、「佳美さんとは上手く付き合った方がいいわよ」と言うんです。
少しですが彼女と話をすると、やはり佳美さんがこの辺のママ友のリーダーで、今までも彼女に逆らって虐められた結果、ここを出て行った人が居ると言うんです。
彼女の話ではマンションの15階以上は金額も高く、佳美さん達も見栄から無理して13階の部屋を購入したと言います。

それが私の様な幼が、もっと上の階で、しかも安く借りている事に嫉妬しているんだと言うんです。
彼女から持田さんとは関わらない様にと言われているとも言っていました。
私は彼女の部屋に行き、部屋の件に関して謝ろうと思ったんです。

リビングに案内され話をすると「そんな事気にしてないわよ」「そうなんですか?」「当たり前でしょ」以前の佳美さんの口調に安心していると「ねぇ!これ着ない?私もうこんなの着る年じゃないし・・・良かったら貰って?」「良いんですか?」「サイズ合うかしら・・・着て見せて」彼女に言われ、着てみると首元が大きく開き谷間が大きく露出するし、ミニスカートで太腿が半分位出てしまいます。
「ちょっと肌の露出が多い様な・・」「何言ってるの、まだ若いんだからこれ位大丈夫だって」「そうですか?」それから、彼女に貰った服を着ないと“あら!今日は着てくれないのね“と言われ無視されるので、彼女から貰った服を着る様になったんです。
そうする事で、公園でも仲間に入れて貰え子供も仲間外れになる事が無くなりました。

しかし、佳美さんから貰った服装で公園のベンチに座っていると、男性の視線を感じるんです。
膝上20cmのスカートですから座ると更に太腿が露出し、前から見れば太腿の間からパンティが見えていると思われます。
しかも胸元が大きく開いたシャツは、肩や袖は大丈夫だったんですが、胸が大きめな私はボタンがはち切れんばかりに引き伸ばされているんです。

生地も薄く、ブラも透けています。
正直恥ずかしくて逃げ出したい気持ちでしたが、帰れば佳美さん達に相手にされなくなってしまいます。
そう思うと、ただ我慢するしかなかったんです。

そんなある日、佳美さんの家で数人のママ友とお茶をしていると“そうだ!持田さんスタイルいいから“と言いだし、佳美さんが奥から袋を持って来て“これ着て見て“と手渡されたんです。
中を見るとビキニが入っていました。
『持田さん若いしスタイル良いから・・・着て見て』『はぁ・・・』脱衣場で着替えると、凄く生地が小さく胸は半分も隠れません。

陰部の布も小さいし後ろはTバックです。
『ちょっとこれは着れないわ・・・』『そうかしら・・・大丈夫よね』そう言うと他のママさんも来て『わ~、凄いエッチなビキニね・・・でも、お似合いよ!男達がワンサカ寄って来るわね』『以前、夫が貰った物なんだけど、30過ぎてこれは着れないでしょ・・・持田さん若いからいいわねぇ』『20代だなんて羨ましいわ・・・』『折角だし、今度プールにでも行きましょうよ』そう言って、佳美さんが私の手を取ると“お茶の続きしましょう“と言い出したんです。
ビキニ姿のまま私はソファーに座らせられ、みんなにジロジロ見られていました。

『本当にスタイル良いのね!羨ましいわ』『胸幾つ?Eカップはあるでしょ・・・良いなぁ』『ちょっと毛が食み出してるから・・・剃ったら・・・』『そうね!これじゃダラしない感じね』彼女達に押さえつけられ、私は強制的に陰部の毛を処理されたんです。
そして数日後の土曜日に、ママさん達と子供でプールに出掛ける計画になりました。
もちろん私は、このビキニを着用する事を命じられました。

その日も夫は会社に出掛け、私は子供と共にママ友に連れられ近くのプールに向かいました。
更衣室着替えをしていると、チラチラ確認する様に佳美さん達が見ているのが分かりました。
恥ずかしくて顔から火が出そうでしたが、例のビキニを付けタオルで隠す様にしていました。

小さなプールだった事と、近くに大きなプール施設が出来たと言う事で、客の姿は少なくて済みましたが、子供連れのお父さんや暇つぶしで来た学生が数名居て、明らかに私をジロジロ見ています。
タオルで前を隠しているので、全容を見られた訳ではありませんが、お尻はTバックは隠せません。
プールサイドでしゃがみ込んで子供達が遊んでいるのを見ていると『ねぇ持田さんも泳ぎましょうよ・・・折角来たんだし』『え・・・私は・・・ここで』『何言ってるのよ・・・折角素敵なビキニ着て来たんでしょ』『やっぱり恥ずかしいわ・・・』彼女達の目的はきっと男達の目の前で、エッチな姿を曝け出させ恥ずかしい思いをさせたかったんだと思います。

タオルを剥ぎ取られ、彼女達と共にプールの中へ入って行ったんです。
男性達が一瞬にして驚きの表情を浮かべ、私の体をジロジロと見て来ます。
学生達は何度も私の近くに来て、チラチラと見て行きながら友人と凄いエッチな女だなぁ・・・溜まんね~よ胸はデカイし・・・後ろから揉んでみたいよ下の方も見たいなぁ・・・ちょっと潜ってみるか?ゴーグルあったよな俺持って来るよそんな会話が聞こえ内心ドキドキしました。

学生はゴーグルを付けると水の中に消え、私の周辺をウロウロしているのが見えます。
ハァ・・・ヤベ~起って来たよアソコの布も小さいしお尻食い込んでいるよ本当だよ!今にも匂って来そうな感じだよなぁ俺!触れちゃいそうだったのを我慢したよ監視員いるしなぁ・・・ちょっと位触れても大丈夫だよなぁエロそうなおばさんだし、きっと痴漢されるの待ってるかもしれないし・・小声で話す彼らの会話に恐怖心が湧き上がりました。
そんな時です。

『持田さんモテモテね!学生まであなたに夢中なのよ!羨ましいわ』『変な目で見られてるんですよ・・・嫌だわ』『若い内よ!30過ぎると誰も見てくれなくなるわ』『そんな事ありませんよ。佳美さんだって綺麗だし、スタイルだって良いじゃないですか?』『私なんか全然!若い子にあんな事言われた事無いわ・・・』『佳美さん近くに居て下さいね・・・』『若い彼らに触られるなんて羨ましいわ・・・少し遊ばせてあげたら・・・』そう言うと佳美さんが私に身を寄せるとアソコに手を触れて来たんです。
『あら!嫌だとか言って置きながらここヌルヌルしてるわよ・・・期待してるんじゃない』『違うます・・・そうじゃないんです』『そうかしら・・・でも身体は正直ね・・・ホラ・・・』『佳美さん駄目・・・』彼女に一瞬指を入れられているのを潜った学生に見られていたんだと思います。

“凄いの見ちゃったよ・・・女に指入れられてヒィヒィ言ってたぞ““ヒィヒィは言ってないけど・・・濡らしているとか言ってたなぁ““やっぱりエッチな女だよ“佳美さんが離れて直ぐ、彼らの手が私の体に触れて来たんです。
初めは体の接触から始まり、やがて足やお腹に手が・・・そして胸に触れ始めると同時に、お尻に触れて来たんです。
“ちょっと・・・“そう言いかけると離れた所で佳美さんが強張った表情で私を見てきます。

彼女に逆らう事が出来ないまま、私は何度も学生に触れられ続けたんです。
子供達も飽きたのか?“もう帰ろうよ“と言い始めたので、私達はプールから出て着替えを始めました。
『持田さん、随分モテモテだったわね』『そんな事無いですよ』『持田さん!感じちゃった?』『そ・・・それは・・・』その後も何度かプールに誘われ、私は彼女達の目の前で痴漢の標的となったんです。

そうする事で、子供が嫌な思いをしなくて済むなら・・・そう感じながら彼女達の毒牙に染まって行きました。
ある日、子供達を幼稚園まで送迎した帰り道、いつもの公園で数人のママ友さんと話をしていました。
少しすると私はオシッコがしたくなり“ちょっとトイレ行って来るね“と立ちあがったんです。

『持田さん!そこですれば・・・』信じられない言葉に、一瞬頭が真っ白になりました。
綺麗な女性がどんなオシッコするのか見せて』『そ・そんな事出来ないわ・・・』『あら!そうなの・・・じゃ、帰って良いわよ・・・さようなら』彼女の言事が何を意味しているのか?身を持って知っていました。
“ここで帰れば・・・もう二度とママ友には入れて貰えない・・・子供もきっと“そう感じたんです。

辺りを見渡し、他の人が居ない事を確認した私は、ベンチ裏の植木の陰にパンティを下ろししゃがみ込んだんです。
『もう直ぐ出るのかしら・・・』『あまり見ないで下さい・・・恥ずかしいわ』『あ~出て来た・・・凄い勢いね、我慢してたのかしら』『黄色くて厭らしいわね』『公園でオシッコするなんて・・・持田さんやっぱり痴女ね』『そんな・・・』一度彼女達の前でこんな事をすると、二度・三度と同じ事を求めて来る様になりました。
それ以降、子供の送迎時はノーブラノーパンを指示される様になったんです。

毎日公園のベンチでミニスカ―トを捲られ確認すると、彼女達の目の前で放尿です。
そして数日が過ぎた日、私は彼女達に連れられ、公園の奥にある大きな池の畔のベンチに案内されたんです。
いつもの様にノーパン姿を確認されると、彼女達はニヤニヤしながら私に林の方で放尿する事を指示して来ました。

辺りを見渡ししゃがんでオシッコを始めると、目の前に数人の若い男達が立っていたんです。
一瞬の出来事に何が起きたかパニック状態でした。
男に押さえつけられ、アソコに顔を埋められると舐められていました。

男達はズボンを脱ぎ、大きな肉棒を私に咥えさせてきたんです。
20代と思われる身体付きの良い男3人に掴まれたら女性には敵いません。
ノーブラノーパン姿で、彼らには犯しやすかったでしょう!彼らは私を抱えると、M字に足を開かせ1人の大きな肉棒が私の膣内へ入り込んで来たんです。

夫の物とは比べようも無い大きさに痛みも感じましたが、それはやがて快感へと変わり、私は見知らぬ男達に逝かされたんです。
パンパン音が鳴り響き、涙ながらに“あぁぁ~ダメぇ~イク~“と声を上げていた私は、3人の巨根を次々と刺し込まれ絶頂を何度も味わったんです。
数十分なのか?数時間なのか?意識が薄れ分かりませんが、気づけば私の周りにはママ友が居て『持田さん大丈夫?』と声を掛けていました。

『知らない男達が来て、私達逃げちゃったの・・・ごめんなさい』『まさかこんな事になるなんて・・・』きっとこれも彼女達の・・・そう感じると同時に何故か彼女達から逃げらない気がしていました。
夫に申し訳ないと言う気持ちもありましたが、それ以上に子供を守らなければ・・・そう感じていたんです。
息子を迎えに歩いていると、私を犯した男達がニヤニヤしながらこっちを見ていました。

子供の手を強く握りながら、目を合わせない様にしていると、佳美さんが“ちょっとトイレに寄って行くわ“と言い公園の方へ向かって行きました。
ママ友も私達も公園で待ってましょう!と言うので皆でいつものベンチに座り待つ事にしたんです。
子供達も遊具で遊び始め、佳美さんがトイレから出ると私を手招きして来て、私は彼女の元へ向かったんです。

彼女の後ろには先ほどの男達が立っていて、私はトイレの中へ連れ込まれました。
洋式トイレに座らされ、スカートを捲られると、男の肉棒を差し込まれたんです。
声を出そうとすると“この写真ばら撒いても良いんだぞ“とスマホの画面を見せられると、抵抗を止めたんです。

子供達が遊ぶ声が聞える距離で、私は見知らぬ男達に犯され、朝と同じように逝かされていました。
3人分の精液を中に出され、ただただ指で掻き出す私を横目に“彼らチンピラだから泣き寝入りするしか・・“と佳美さんがティッシュを手渡して来たんです。
それから私は佳美さん達からのイジメは無くなりました。

その代り、子供を送った帰りに公園で待つ彼らに連れられ、公園の池の畔やホテルに連れられ3人の性処理を繰り返されたんです。
そんな生活も3ヶ月が過ぎた時、私は全てから解放されました。
夫の転勤が決まったんです。

引っ越しの日、佳美さんの姿もありました。
そして最後に発したのが“ごめんなさい“だったんです。
その後、彼女から手紙が届きました。

マンションの階の事で嫉妬した彼女が私に嫌がらせを繰り返した事や、後輩の男達を使って犯させた事全てが書かれ、そして謝りの手紙だったんです。
怒りが無いと言えば嘘になりますが、私にも落度があったのも確かです。
露出させられたり、恥ずかしい事を繰り返され、終いには見知らぬ男達に犯される毎日・・・。

でも忘れる事にしました。
今では佳美さんとライン友達です。
何か困った事があったら言って・・・直ぐにでも助けに行くからね・・・と言ってくれています。

追伸:あれから私は夫だけでは満足出来ず、オナニーをする様になりました。
3本の肉棒に3か月間も調教され、アソコが火照って仕方ありません