電車でどえらい痴女熟女に逆痴漢された相手の痴女は、巨乳だが腰がくびれていて、も大きいが締まっている。
多分87-57-91くらい。
身長は160cmくらいで、決まって黒のスーツと黒い膝丈くらいのタイトスカートだった。

顔はまあまあ美人で恐らくはOL
年齢は三十路ぐらいの若熟女のオフィスレディ1回目は、乗り込む時にすっとそのOLが自分の前に入り込んできた。
車内はぎゅうぎゅう詰めだったので、自分とその三十路OLが密着する状態に。

そして、とペニスが密着した。
プリプリとした弾力のあるに包まれて、当然ながら勃起。
気持ちいいと思っていると、OLは思わぬ行動に出た。

なんと、を後ろに突き出して左右に動かしてペニスに擦りつけて尻コキの逆痴漢してきたのだ。

最初は「何なんだ?この人は?」と思ったが、余りにも気持ちよくなってきて勃起。
そして電車に乗っている約30分の間、ずっとペニスをで刺激され続けた。

手を出そうかと思ったが、何もできずにただただペニスを柔らかいで弄くられて終了。
終点まで何とか堪え、降りてすぐにトイレの個室に駆け込んで抜いた。
そしてその3日後、再び彼女は現れた。

また同じ路線で同じ駅から乗った時、その三十路淫乱マジキチOLは朝のラッシュで混雑するホームで並んでいる自分の隣に立ったのだ。
その時は、「見た顔だな、もしや」と思ったが確信は持てなかった。
やがてまた急行電車に乗り込むと、OLは素早く自分のすぐ前に滑りこんできた。

後ろから乗ってくる人に押されて、自分とOLは密着状態に。
ちょうどの割れ目にペニスの辺りがフィットするような状況になった。
その柔らかな感触にあっという間に勃起してしまった。

やがて電車が走りだすとOLは腰を後ろに引いて、最初は左右に電車の揺れに合わせてをペニスに擦りつけてきた。
こっちが何もしないでいると、今度は強めにを股間に押し当てて左右に振って尻コキしてくる。
しかも、今度はだけでなく、頭を軽く後ろに引いて、髪を自分の顔にくっつけてきたのだ。

バレないようにそっと匂いを嗅ぐと、とても甘く、いい匂いがする。
頭の中に「痴女」の二文字が浮かんだ。
しかし、確信はできない。

そこで、試してみることにした。
右手の側面をそっと前に出し、ペニスに擦りつけ続ける彼女に触れてみた。
すると、先程までペニスを刺激していたが右にやや大きく動いて手にホーミングしてきた。

こっちが手を引っ込めると、再びを元の位置に戻してペニスを刺激してきた。
そして、こっちが驚くほど大胆な動きでペニスに押し付けたを左右に動かしたのだ。
多分、この動きに音を付けるとしたらまさしく"プリン、プリン"が最適であろう。

そこで確信した。
「この人は触られたがっている」まずは右手の甲で軽く触れた。
すると、をグイグイ押し付けてくる。

「触られたいんだ」そう考えて手のひらで触ってみた。
柔らかなの感触が手一杯に広がる。
「これなら大丈夫だ」と周りにバレないように右手でたぶを撫で回したり揉んだりした。

しかし、それ以上の事をする勇気は無かった。
彼女の胸を肩越しにそっと見下ろすと、ジャケットとブラウスに包まれた形がよく、大きな乳が見えるのだが、それを触るところまではできないであろう。
しかし、OLは自分が胸を見ていることに気づいたのか、ジャケットのボタンを外して、その巨乳がよく見えるようにした。

でも手よりペニスの方がこっちとしては気持ちがいいので、触るのを一旦やめてペニスをに押し付けた。
すると、OLの方もそれを感じ取り、腰を後ろに引いて尻コキしてきた。
やがて終点に辿り着いて終了。

降りてすぐに抜くためにトイレに向かうと、彼女の方も隣の女子トイレに入っていった。
その2日後も同じ痴女に遭遇した。
やることはほぼ暗黙の了解になっていたのか決まっていた。

まずはOLが自分を追い越すように乗り、前に滑りこむ。
もちろん自分も間に他人が入らないようにしっかりと彼女の背後をキープする。
そして尻コキが始まり、しばらくしてから自分がを触る。

OLたぶは大きく、片手だけでは完全に包み込むことは出来なかったが、触らせてくれるのをいいことに、ちょっと大胆なこともしてみた。
今回はの割れ目を指で撫でてみた。
すると、OLは「もっとして」と言わんばかりにを突き出してきた。

そこで、右手でを撫でつつ、小指で割れ目を刺激する。
OLの方は気持ちいいらしく、下を見下ろすと太ももを不自然に擦り合わせているのが見えた。
更に大胆なことを考えついたので、やってみることにした。

まずは握りこぶしを作り、一番出っ張っている部分をOLの割れ目に押し当てる。
案の定、OLを激しくそこに押し付けてきた。
そこで、グリグリと拳を動かすとOLはそれに合わせてを後ろに突き出してくる。

しかし、それだと触った感触が自分にはあまりしないのでペニスを押し付けたり、を撫でたりすることに切り替えた。
そして右手でを撫でつつ、小指で割れ目を撫で、浣腸攻撃もしてみた。
かなり刺激が強かったのか、腰を左右に振る。

しかし、いくら攻撃しても彼女はこちらを振り返ることは無かった。
今度は両手をの側面に添えてペニスを割れ目に押し付ける。
再びあの尻コキが始まった。

すでにギンギンになったアソコを更にで刺激されて、我ながらよく途中で発射しなかったものだ。
最後はを大胆に撫で回した後、腰の両側に手を添えてヒップに勃起を押し付ける。
彼女の方も上下左右にを動かして尻コキする。

やがて終点が近づき終了。
だが、40分もの間あんなことをしたのは始めてだった。
翌日、また彼女痴漢プレイをした。

今度は後ろに大胆にスリットの入った黒のミニタイトを履いていた。
お互い顔だけがわかるだけの関係で、こんなプレイを続けるだなんて正直驚いていた。
尻コキ揉みを経て今度はOLが微妙にスカートを上にあげて、足を広げてきた。

やがて、OLは自分の手首を掴んでスカートの中に入れていった。
「そこまで許すのか」スカート越しでは無く、生のは格別で体温が直に手に伝わった。
股間も触ってみると、すでに濡れていてパンティのクロッチも湿っていた。

そこで、浣腸攻撃をしてみた。
生のアナルを中指で刺激する。
もちろん彼女は嫌がるはずもなく、むしろされやすいようにを後ろに引いてきた。

ヴァギナまで触ることまではしなかったが、美女OLの生と生肛門をたっぷりと堪能できた。
最後はを撫でまわし、腰を掴んで思いっきり尻コキした。
電車を降りたら、すぐにトイレに駆け込む。

すると、彼女の方もトイレに早歩きで向かっていったのが見えた。
■続き久々にH駅からS駅までODQに乗り込もうとした時、相変わらず混雑するホームで列の後ろの方に並んでいると、隣に30代初めから半ば黒いスカートタイプのスーツ姿のOLが。
スーツは体にピッタリのサイズなのか、大きな胸とくびれた腰、プリンプリンとした大きなといったグラマラスな体型が目立つ。

目が大きく、整った顔立ちのまあまあの美人
スカートの長さは、膝が半分見えるくらいで、後ろにやや深いスリットが入っていた。
最初は「何だか見たことがある人だなぁ」と思っていたが、そこまで気にしなかった。

しかし、少し視線を感じ、そのOLの方を見てみたが、彼女は真っ直ぐ前を見ていた。
「気のせいだったか」と、再び前を見た。
やがて急行電車がやってきて、降りてくる乗客がいなくなったところで乗り込み始める。

当然大勢の人が乗り込むため、後ろ向きになりながら何とか乗り込んだ。
すると、隣にいたOLが自分と向き合うような状態で乗り込んできた。
最初が少しぎょっとなったが、すぐにOLは自分に背を向けた。

やがて、後から乗ってくる人に押されて自分とOLは密着状態に。
股間がプリプリとした柔らかなお尻に押し付けられた。
不可抗力とは言え、その柔らかい感触に下半身は反応し、勃起していった。

やがて電車が発車すると、少しずつOLを左右に振り、硬くなった股間に擦り付け始めた。
これで、以前の記憶が蘇ってきた。
そうか、この人は一時期自分をターゲットに尻コキをしてきた痴女だと。

しかし、最初はあまり確信はできていなかったため、いきなり触るような事はせず、次の駅に停車するための電車の減速を利用してに股間を押し当ててみた。
すると、OLを後ろに突き出して左右に動かし、激しく尻コキをしてきた。
駅で人が乗ってきたので、更にOLと自分は密着状態に。

これで間違いない、と確信し、今度は股間をに押し付けながら、右手の側面を慎重にに当てる。
思った通りOLは腰を右に捻って、少しを開いてからを手に押し付けてきた。
右手の手首を周りに気付かれぬよう、これまた慎重に捻って、手のひらでを触ってみた。

OLは何も言わずに、更にお尻を押し付けてくる。
少し年を取っているとは言え、お尻の感触はプリンプリンで手触りが良い。
次は左手でも触り、やがて両手でを揉み始めた。

その間、彼女はずっと目を閉じて下を向き、を後ろに付き出し、時折、腰を振る。
周りにバレぬよう、お互いあまり激しくはしなかった。
手でを揉み、時折太ももをの間を擦り、やがて尾てい骨との割れ目、アナルの辺りを指でなぞってみた。

その間、OLは時折を少し動かす仕草をする以上の事はせず、目を閉じて眠っている振りをしていたが、頬と耳は少し赤くなっていた。
次はの割れ目に握り拳の指の根本の出っ張りを当ててみた。
そうすると、をそこに強く押し付けて、やや円を描くように腰を動かしてきた。

そこで、拳をグリン、グリンと数回回転させてみた。
そうしている間に、OLを広げてを突き出してくる。
しかし、今回はスカートの後ろのスリットがそれほど長く無かったため、中まで触るのは断念し、終点までその代わりに両手でスカートの上からを揉み、尻コキをしてもらい、指での割れ目をなぞった。

両手を腰に添えて、に股間を押し付ける。
その間、OLは後頭部を自分の顔に、を勃起したイチモツに擦り付ける。
手を上に上げていって胸も触りたかったが、そこまでする勇気は無かった。

しかし、それをやっても恐らくはOKだっただろう。
最後は思いっきり両手でを揉んで、二人共、終点で下車した。
自分は抜きそうになるまでは至らなかったが、OLはかなり我慢していたのか、早足で女子トイレへと向かっていった。