2年前に、会えば毎回OKだったお嬢様学校中学生カナコちゃん。
高校に入ってからは、乗る時間も場所もわからなくなっていた。
ある秋の朝、2年生になりちょっと髪が伸びて、少し大人びたカナコちゃんが、前と同じ場所にいた。
引き寄せられるように電車の中へ。
消える直前は時々抵抗し始めていたので挨拶代わりに手を伸ばす。
特に変化なく昔と同じ雰囲気。
徐々に混みだし、密着度もUPする。
いよいよ一番混む駅に着く。
昔どおりのパターンで動けないカナコちゃん。
スカートの中に手を入れていく。
フトモモからおの境目で手を当てると、ピクンと肩が動くが、そのままで変わらない。
やっぱり昔のまま。
徐々に手を上げ、黒いパンストのゴムまで届くと、腰から一気に引きおろす。
すごくいい手触りの高級品。
の下で留めて、次はパンツに。
左の脇のファスナーを探し引きおろす。
このパターンが最初の生マンタッチの時のやり方だった。
手を入れるとそこに硬い結び目が!紐パンだ!昔はシルク系のさらさらタイプだったが、やっぱりHな子に生まれ変わっていた。
まず左を解くと、何もない肌の感触。
多分スカートから紐が見えてたはず。
しばらく生マンを味わうと、昔はなかったグショ濡れ状態。
クリもすぐわかるくらい大きくなっていた。
あと一駅で大勢降りる駅。
まず右のほうの紐を解きパンツを抜き取った。
パンストはこれも昔のようにフトモモのところに止めてNP状態で駅に到着。
カナコちゃんは、あと2駅先なので、いったん体を離し、停車中にメモを作り、「P返して欲しれば」と夜の待ち合わせ時間と場所をスカートのポッケに差し込んだ。
降りていく彼女はなんとなく満足そう。
そしてその夜へと続く‥呼び出した場所は大きなターミナル駅に隣接するバスセンター。
カナコちゃんの学校から直通で来る事ができる。
待ち合わせたベンチに向かうともう待っていた。
今カレと喧嘩別れしたこと、友達が通学バスですごい痴漢にあった話を聞かされたことが重なり、なんとなくまた前の時間にHな格好で乗ってみようと思ったのが、今回の登場の理由でした。
2年前の時は、最初嫌で逃げていたげどいつも見つけられ触られるたび恥ずかしくて何も抵抗てきなかったことや、最後の時に感じはじめた自分に気がつき、しばらく親に送ってもらい、卒業後新しい友達とまったく違う時間に乗るようになったそう。
早いので、電車空いてて全然痴漢には会わないらしい。
ちょっと気持ちが緩んできた時に、今パンツ穿いているか聞いたら、一日NPで過ごして刺激あったと言いました。
授業中ポケットに手を入れメモに気づき、思い出してそのままポッケからパンスト越しに触っていたら、トロッと濡れ気味になっちゃって、今夜行こうと決めたそうです。
夜9時を過ぎ、人も少なくなってそろそろ帰らないと…と言い始めました。
条件として、あと30分だけ付き合ってくれたらP返してあげるよって言うと、小っちゃく頷きました。
彼女を連れ、予定していた地下街の一番外れのトイレに行き、男子の個室に入りました。
店は30分以上前に閉店し、2本ある地下街の通路で不便な方なので全く人は通りません。
洋式の便器に座り、カナコちゃんを膝の上に座らせ後ろからオッパイを制服の上から揉んでいくと目を閉じじっとしています。
スカートに手を入れると、パンストだけのおがありました。
その上からクリを探っていくと、「あんっ」と声が出ます。
「声出すと罰として帰りが10分づつ遅くなるよ」と言いガマンさせます。
セーラーの下に手を差し込み、キャミをスカートから引っ張り出しブラ上から乳首を探し当て挟んで引っ張ると、背中がピクッとしますが、声を出さないよう耐えています。
十分楽しんだあとパンスト上からマン上を探るとくちゅくちゅと音が出てぬるっとしています。
ここでポジションを替えカナコだけ座らせると、前に立ち、目の前にち○ぽを出し唇にくっつけます。
ちょっと困ったような皺が眉間に寄りそのまま待っているとゆっくりと口を開けてくれ、咥えてくれました。
あまり上手な使い方ではない舌を絡めてくれます。
「じゃあP返してあげるから立って後ろを向いて」カナコちゃんは素直におを向けて立っています。
P穿かせてくれると思っていたのかも知れません。
紐Pを取り出してカナコの両手を後ろに重ねて紐Pで縛りつけました。
これには本当にビックリしたようで、「いや、困る」と抵抗の声。
「10分追加だよ!」と言うと下を向いています。
セーラーの黒スカーフを抜き取って目隠ししてこちらに向かせ便器をまたいで立たせると、膝丈スカートの中にしゃがみこんで、パンストを下げおを抱き寄せると、クリを口に含みます。
大きくなっていたのがよくわかる状態だったので、腰が砕けるような感触でした。
5分くらいクンニしたあと、もう一度後ろ向きにしてア★ル舐め
もうほとんどダメ状態で体が前に倒れ、頭がトイレの壁にくっついて、やっと体支えている状態で感じまくり気分でした。
フトモモをダラッっとつたって流れるマ○コ汁。
本気の白いヤツでした。
さあ、いよいよ…    を引き寄せると、くの字に体が折れて倒れそうなので縛った腕の間に体を入れ、支えるつもりが、生マンとチ○ポが大密着。
背後からオッパイを抱きかかえ、上半身を引き上げる。
160cm位なので少しヒザを曲げた先っちょが入り口をツンツンし始め、耳元で「いくよっ」と言いながら返事を待たずに奥まで一気に突っ込んでいく。
ヌメッとした暖かい感じが最高のマ★コかジュルジュルと音が聞こえだす。
パンストのお部分以外は制服のままというエロさ。
マニアの中では有名な、日本で一番最初のセーラー服なんで、上はただまくっていく以外脱がせられないタイプ。
キャミごと一気に頭近くまでまくって、推定Bの微乳をコリコリしながら、ピストンせず繋がった感触を味わえる。
息があがり、ハァハァという声が聞こえ始めた。
いよいよスケベな子に変身しつつある。
耳もとで「初めて?」と聞くと首を振り、数を順に聞くと3人目らしい。
少しずつ引きぬくと腰が追っかけてくるこの繰り返しか楽しい。
いよいよラストの時は突き上げると首が後ろに引っ張られるように動き最高のエッチ娘が出来上がり。
ヌルヌルを手ですくってア○ルに塗りはじめるとすごい抵抗。
いつもの電車の中みたいになった。
それがかわいくて、まず指入れ、意外と一本するっと入り、中でカギ状に曲げて動かすとマ●コがキューンと締まり始める。
次に親指を入れ、入り口でぐりぐり廻して括約筋を緩めていく。
少しずつ力が抜け始めたので、口にハンカチ噛ませで、予告なくア★ル挿入
両腰をしっかり抑え、マン汁がローション代わりで先半分入った。
ウーウーとうなり声と真っ赤な首筋が見えた。
最後にズンと体ごと押し込んで貫通!めちゃめちゃキツキツ。
10回くらい抜き差ししたとこで絶頂感。
「この中出すよ!」と言いながら発射。
第二波は念願だった制服のスカートの裏側に発射。
第三波は生おに飛んで垂れながらフトモモ経由で黒パンストの上で止まり、パンストに染み込んでいった。
すべての欲望を達成した。
素敵になったカナコちゃんのエロ後ろ姿は、そのまま洋便器を抱くように崩れ落ちた。
今度こそ紐Pを解きおから穿かせて左右を結んであげた。
はピンク色に混じったザー★ンが残っていたようでちょっとシミが出来た。
この間40分。
人気のないトイレは結局この間だれも来なかった。
もし来たらその時は1発ウン何円でカナコちゃんにウリさせる予定だったが、それは実現せず。
さあ身支度して帰ろうと声を掛けトイレを出た。
でも、よく考えたら帰る駅は一緒。
じゃあ帰りもまた楽しめるように考えなきゃ…駅に向かう途中でカナコちゃんとコンビ二へ、まず大き目のショっピングバッグを買う。
ここで一度別行動。
コンビニに待たせておきたいので、通学バッグを取り上げ、バッグに入れて持っていく。
途中で逃げたりしないようにして、一人でビデオショップへ。
ここでリモコンローターを買い、カナコちゃんと合流。
でもカバンはもったまま、買ってきたローターを渡し、「トイレでマ○コの中に入れてきて」と命令する。
訳がわかってないような顔でトイレへ。
戻ってきたときはちょっと赤い顔。
コーフン気味?という感じ。
どんなものかは、わかったみたい。
店を出てから地下鉄に乗る。
ほとんどしゃべらないまま、二人が乗る私鉄の始発駅着。
ベンチで待っている間にカナコにケータイを出させる。
受け取って番号を調べ、一度かけてみる。
「さくらんぼ」の着メロがホームに響く。
音を消し、バイブモードにさせる。
手から奪うと、前に立ち、回りに見えないよう死角を作りセーラー服の前から手を入れブラと乳首の間に挟む。
すごくびっくりした顔した後、下を向いて恥ずかしそうに座っている。
そのうちに電車がホームに入ってきたので一番後ろの席に座る。
発車まで5分。
自分のケータイを出し、発信履歴でカナコちゃんの番号を見せる。
目がじっと画面をみている時に発信。
3秒後右のオッパイのあたりからブーンと音が聞こえる。
ルス電にはならないのでずっとバイブモードで揺れ続ける。
スカートの上に置いた手に力が入ってグーを握りしめた状態。
一度ケイタイを切り、出発前にまずカバンを返し膝の上に置かせ音が漏れないよう準備。
出発1分前にもう一度ケイタイを出し、発信履歴を出してからカナコちゃんに渡し、「発信して」と命令。
ちょっとためらい、なかなか押せない。
「発車までに押さないと罰ゲームだよ」とささやくと、意を決した顔で発信。
震え始めたときに電車出発。
そこでローターのスイッチをこっそり押す。
が一瞬浮くくらいのすごい反応。
駅に着くと切り発車するとONを3駅繰り返す。
ここがカナコちゃんの学校のある駅。
左側に座った状態なので、まずスカートのファスナーを下げる。
二人のカバンで完全にブラインド状態。
右手をカナコちゃんのスカートの中に入れフトモモをさすりながら発車待ち。
動き出したらまたスイッチON。
今度はパンストの上からローターの入っているマ○コを揉むと顔はまっかっかになり、パンツとパンストの上からもビショビショ状態はわかるくらいの大洪水。
ケイタイも時々掛けながら、二人が降りる駅まで楽しみました。
途中からは人も増えたので手は抜きましたが。
ファスナーは下げたまま。
途中で人がほとんど降りるので、その後は自分からスカートの後ろ部分を気にしておの下から抜き、パンスト直で座席に座ってました。
あと3駅になってからは、ほとんど回りの人が降りたためずーっとON状態で二人の降りる駅へ。
着いても動かしたままなのでヒザがふわふわして歩きにくそう。
手をひきなんとが下車。
振り返ると5センチくらいの黒いシミ状態の座席でした。
3歩あるいたところでしゃがみこみ、車掌に「大丈夫ですか」と声かけられました。
そろそろお別れの時間ですが、最後のお楽しみは…  階段上んなきゃいけないので、ローターを一度切り、歩けるようにして腰に手を回して一緒に上がる。
改札を抜けて駅前に。
ここでもう一度セーラー服の上から手を入れケータイをブラの中から取り出す。
「あっ。だめ帰らないとヤバイ。返して」と言うので最後の攻撃。
無視してどんどん歩きだし、ひとけの無い裏の駐輪場へ入る。
「早く!」というカナコのケータイを開け、空メールを自分のケータイへ。
これでアドレスを確認しておく。
「最後にじゃんけんで勝ったら返す。負けたら罰ゲームの後返す」と約束する。
結果カナコの負け。
「罰ゲームはこの駐輪場でしゃがんで30秒そのまま一人で座っていること」というルール。
不思議そうな顔でカナコちゃんが隅っこに行く。
もう一度スカーフを抜きとると、「手は縛らないで、帰れなくなる」と言った「いいよ。約束する。でも座るときは、スカートを広げてカバンの上におを置いて手はヒザに」と条件つける。
早速カバンの上にスカートをフワッとひるがえして座る。
カウントを始めたとき、後ろにそっとしゃがみ、スカートの裾を持ち上げる。
そのままスカートを頭の上までまくって、頭ぬ上でスソを一まとめにスカーフできっちり縛り上げ、茶巾寿司の完成、びっくりしたのか、言葉もなく固まったままなのでスカートの上を持ち立ち上がらせる。
スカートに包まれた上半身と、さっきまでエロシミがいっぱいだったパンストだけの下半身。
以上に興奮し、次の電車の来る20分間はおを触りまくり、電車が着いたころ、そのままにして駐輪場の隅であいた自転車のまたがらせ、サドルに座ったまま置き去りにし、ローターのスイッチ入れて「バイバイ」と耳元で聞こえるように告げてサヨナラしました。
帰り際に振り返ったら、茶巾寿司から頭のぞかせて駐輪場を走り去る女子高生を見つけました。
民家の庭に隠れ、何とか解いてまた出てきました。
カバンを拾い、ふわふわ定まらない足取りで闇にきえました。
ローター抜かずに帰ったのか、民家あたりに捨てた跡もありませんでした。
これで長い一日の終了。
そのあとのカナコちゃんは… いまこのネットカフェでパソコンデスクの下に潜り込んでチ★ポをしゃぶるのが生きがいになってしまいました。
それ以外はふつうのお嬢様の生活に戻ってますが、そろそろNPでドリンク取りに行かせたり、パンツ姿でお互いのブースを往復する位はできそうですが、それはこのコーナーと別のテーマなので、またいつか。
カ●●ロ学院のカナコは永遠にスケベです???しばらくカナコちゃんとはご無沙汰だったので久々にメールで呼び出そうと友達と一緒に乗ってるときに痴漢するよって予告しておきました。
友達は2人。
少し先の駅から乗ってきます。
一本前の電車の時間に呼び出しホームで待ち合わせ。
電車が出発すると、人気のないホームのはずれに二人きり。
カナコちゃんはいつも一番後ろのドアで友達と合流しています。
後ろに近づきスカートの中に手を入れ、パンツをずらしておにイチジクを突き刺し注入。
2本目を入れたところでお客がきたので手を抜く。
カナコちゃんに、途中●●駅で「お腹痛いからトイレ行くので降りる」ように命令。
いつもカナコちゃん達が乗る電車は少し早くてあまり混まないので遅い列車に乗り換えさせる作戦を実行。
電車が来て乗り込む。
カナコちゃんが裏切らないよう一つ離れたドアから監視する。
やがて予定の●●駅。
ここはホームの中にトイレがあり、降りやすい駅。
友達二人も心配げに一緒に降りる。
トイレに入ったカナコちゃんに10分時間を稼ぐように命令。
友達二人はトイレの前で待っている。
背はカナコちゃんと同じくらい。
カナコちゃんの話だと、二人とも昔は結構痴漢されてて、嫌だから早い時間に乗ろうねって言ってるらしい。
ホームから、次の駅と、一番混むその次の駅に、いろんなルートで集めた痴漢仲間にメール連絡。
カナコちゃんがトイレから出たときは、遅刻ギリギリの電車がホームへ。
あわてて3人が一番後ろまで走って乗り込んだ。
待っている仲間に一番後ろに来るよう連絡して準備完了。
いいいよ3人揃ってパンツを脱がされるときが近づいてきた。
混みあった電車の一番後ろに3人かたまって乗っている。
最初の駅で3人メンバーが乗り込む。
今日はカナコちゃんはオレ一人で、友達は3人体制での攻撃予定。
最後の駅で普通の客もドッと乗り込み、さすが常習犯はうまく囲み完成。
まずカナコちゃんに後ろから近づき反対向きにさせる。
友達がエッって顔で見ているところで前から抱きしめるようにおに手を回す。
スカート上から撫で回した後サイドに手を差し込む。
カナコちゃんはじっとしたまま。
友達が近づこうとしたところから攻撃が始まった。
名前はあらかじめ聞いていたので、ショートヘアのユカリとやや長めの縦ロールのミチヨ。
ユカリは両手をつかまれ、かばんで前を必死に隠しているが、前後からスカートの上をまさぐられ、ミチヨはもうセーラー服に後ろから両手入れられオッパイをモミモミされている。
みんな仕事が早い!負けずにカナコちゃんのパンツを下げ、ローター攻撃。
もうグッショリで準備OK。
を指で弄りながらカナコのスカートをまくり上げローターのコードが垂れたアソコを友達に見えるようにする。
ユカリのヒザあたりに下ろされたパンツと黒のパンストが一かたまりに。
ミチヨはおまる出しでクの字に体を折り、アソコとオッパイを前後ろから攻められ涙顔。
やっと一駅過ぎ。
ここでまたドッと乗車。
さらに密着度UPであと3駅のお楽しみタイムが続いていく…密着した状態なので腰から下は回りから完全に死角。
ミチヨのスカートがウエストにひとまとめにされ、薄めのおケケからピンクの唇が開いた状態。
指が2本抜き差しされてくちゅくちゅ音が聞こえている。
ユカリはパンツもパンストも片足抜き取られ、学校で禁止のルーズみたいになった白いパンツ。
カバンも足元に置かれスカートに手が6本侵入中。
どうやって受け持ちを分けているのか不思議。
カナコは今まで電車でイッたことがないので、今日は腰を抱き寄せ、前から完全密着。
手をズボンの中に入れさせると、軽く握らせる。
指が硬直したように手を広げたまま。
出していいよ。
と言っても手は固まったまま。
ファスナーが正面に来るようスカートを回し開く。
直接クリを摘んで剥いていく。
大きくなったクリを擦りあげると、ヒザがカクンと折れる。
ファスナーの一番下にちょうどマ○コがあり、ズボンからチ★ポを出すように命令する。
ちょっと困った悲しそうな顔しながら、ふっと一息ついてから指がファスナーを下げてくれる。
パンツをずらして引き出してぐっと握る。
「入れて」というと下を向き、「今日危ない日」と聞こえないくらい小さな声を出す。
かまわずファスナーの間に差し込むとローターはいったままのマ○コに沈んでいく。
かなり熱い。
ミチヨは両手にチ★ポを持ち、指が3本に増え、おにも入れられながら、顔中ペロペロ嘗め回され唇からヨダレのように唾液が垂れている。
ユカリの顔が見えないと思ったら、完全にコーナーに追い詰められ、白いスカーフを口に押し込まれバックからFUCK中。
完全にKO状態。
カナコのマ○コからも本気の白い汁が出始め、手がヌルヌルしてくる。
ゆっくり出し入れしてるときに耳元に口を近づけ、「助けて、チビる」イチジクの効き目が残っていたのか、オシッコもれそうになる。
いったん抜いたものの、どうしようもないので、今度はバックに回り、連れ去られたユカリのカバンを拾い上のファスナーを開けカナコのスカートの中に入れ、前に当てる。
「しょうがないからこの中に出しな」というと真っ赤な顔になり必死にこらえはじめる。
「体に悪いよー」といい下腹マッサージ
バックから再挿入
足が引きつった状態で踏ん張るカナコちゃん。
「みんながドッと降りる駅まであとカーブ一度頑張ればいいよ」と声かけると小さく頷いた。
ミチヨはしゃがまされて、左右のチ○ポを交互に口に押し込まれ、ユカリは二人目とFUCK中。
スカートに白いモノがかかっている。
さあカナコちゃんの踏ん張りどころで力入れた瞬間に中出し発射!「ウッ」と声が出て、次は「アッ」という合図でユカリのカバンに「チョロッ」とお漏らし。
涙が目に浮かぶが、オシッコは簡単には止れない。
2・3度「ピュッ」とカバンの中に出してしまいました。
そしてお別れタイム。
いつもならキレイに身支度してあげるのに、ほかの子が放置状態なので、カナコとももローター入りのままバイバイしました。
彼女たちはあと2駅乗らないと学校に遅刻なのであちこち丸見えのまま電車は出発しました。
カナコのメールから、嵌めたことはバレなかったようです。
警察にも親にも内緒にと約束し、ユカリのカバンは俺のオシッコが入ったと言い訳して切り抜けたそうです。
もしバレたら学校には行けなくなるよと言ってました。
友達二人は、「事故事故!ちょっとしたハプニング」程度にしか話していない様ですが、かなりショックだった様です。
「呼び出されたらどうする?」とミチヨが言った時ユカリは「行かなきゃしょうがないよねえ?」と言いながら二ヤッと笑ったみたいだったらしいです。
カナコは中出しに怒ってました次の赤ハタ日まであと2週間ドキドキしてるようです。
また3人揃って攻めてあげます。
私がひとつ年を取り、カナコも1年進級して3年に。
進級記念に呼び出しかけて、久々に楽しませてもらいました。
もう完全に痴漢OK状態でくっつけるのは、4月くらいしかないので、カナコも期待したのか、脱がしやすい短めのキャミで背中がのぞいている。
スカートは一段と折り込んで短くしてきたので、9分間で指入れからローター挿入と進み、ラストはパンツに向けてぶっかけで、パンツからザーメンが滴るくらいたっぷりかけさせてくれました。
今日の帰りは待ち合わせしてトイレで散々いじくったあとNP・NBで電車に座り、向かいのオジサンに見えるように足を開き覗かせたあとその人の前に立ってつり革につかまり、セーラーの上着のスキマからヘソ出ししてからかって遊んで帰しました。
ヌレヌレで帰っていいく途中からあそこがクチュクチュと音させまがら歩いてました。