よく電車で会う巨乳お姉さん痴漢されているのを目撃したエッチ体験談
俺が厨房の頃、朝、同じバス停からのる女子大生ol風の巨乳ちゃんがいた。
その巨乳ちゃんとは、駅からの電車も同じ方向で同じ車両に乗り合わせることもあった。
東京方面の上りは凄い混雑で、子供心に巨乳ちゃんとの密着を楽しんだりしていた。
ある日、斜め前に立っていた巨乳ネーチャンの「止めて下さい」という低い声が聞こえた。
実はワタシ、オジサンが大好きです。
秋月めい見ると、巨乳ちゃんの服のジッパー(前開きのワンピース)が腹の辺りまで下ろされ、男の手がちゃんの胸を揉んでいるのが見えた。
その手を振り払おうとするちゃんの手がオッサンの手を掴んでいた。
ちゃんが反対の手でジッパーを上げようとすると別な手がそれを阻んでいた。
どうやら複数の男に痴漢をされているようだった。
おれは、ブラジャーの上から見えるネーチャンの白い胸の膨らみに心臓はバクバク、チンポはビンビン状態だった。
(その程度でそんなになるなんて、まだ若かった。
)そのうち、ちゃんの「あっ」という小さい声がして片乳がブラジャーから飛び出していた。
色白の巨乳で、何より、きれいな乳輪と乳首に目が釘付けになった。
当時、エロ雑誌で見る巨乳は、乳輪がバカでかかったり、黒々していたりで、巨乳の乳は汚いイメージがあった。
それがはじめて見る生乳があまりに綺麗で、まじで発射しそうになった。
その日以降、その巨乳ちゃんへの痴漢攻撃は、すさまじいものがあり、どんどんエスカレートしていった。
その日以来、ちゃんの美巨乳を拝ませて貰ったがその日の服装により、眺めが良くない日があったりで今ひとつであった。
やはり、あの日の前開きワンピースが一番と思っていた。
あの日から2週間程度立ったある日、バス停で巨乳ちゃんと一緒になった。
その日の服は例の服ではなかったがノースリーブのワンピースで肩の露出やバスの中で吊革につかまって見えた脇の下がなかなかだった。
駅に着くと、やけに人が多かった。
人身事故の影響で電車に遅れが出ているようだった。
タダでさえ凄い混雑なのに、電車が遅れているときは地獄のような車内なので憂鬱になった。
ともかくちゃんの近くを確保しなければと思いすぐ後に並んだ。
しばらくして来た電車は予想通り凄い混み方だったがどうにか乗ることが出来、巨乳ちゃんと間に人が半分入ってる感じですぐ近くに乗ることが出来た。
駅を出ると電車は、すぐに止まってしまった。
早くもちゃんへの攻撃が始まったようで、「やめてよ」という小さい声や、ちゃんが痴漢の手を払っているのが見えた。
しばらくすると、巨乳ちゃんの服の肩の部分が腕の方にずり落ちているのに気付いた。
どうやら背中のジッパーが下ろされて背中から手を入れられているようだった。
斜め前から見ているので良く見えない・・・。
その瞬間、電車がガタンと揺れ走り出した。
その瞬間を待っていたかのようにちゃんの服が、すっと、引きずり下ろされた。
巨乳ちゃんは、脱がされるのを阻止しようとしているみたいだったが服の肩の部分がちょうど肘のあたりに来て、手が自由に動かせなくなったみたいだった。
電車はゆっくり動いていたがすぐに再びキッーと止まってしまった。
電車が揺れるたびに、ネーチャンの防御がゆるみ徐々に脱がされて、服はかなりずり下げられ、かろうじて手首のあたりの引っ掛かり、ブラジャーのホックも外され片側の乳首が見え隠れしていた。
ちゃんの長い髪の下に見える白い肌の肩と胸の膨らみがかなり色っぽく、セクシーに見えた。
斜め向こうからブラを引っ張っている奴がいるみたいでブラジャーの紐が伸びているのが見えた。
電車がきついカーブで斜めになる場所にさしかかった時だった。
車内の人が大きく揺れ、俺も体勢を崩し掛けた。
その瞬間、巨乳ちゃん服が手から抜けるのが見えた。
ハッとする間もなく、ブラが引っ張られてちゃんの巨乳が露わになった。
ちゃんが咄嗟に手で胸を隠そうとした瞬間、ブラジャーが外れ人混みの中へ引き込まれた。
上半身裸にされた巨乳ちゃんは、片手で胸を隠しながら、一生懸命服を持ち上げようとしていたが、何本もの手がちゃんの胸を触り、服を引っ張って着させないようにしているのが見えた当時厨房の俺は、さすがに一瞬その光景に恐怖を覚えた。
しかし、男の欲望の方が勝っていた。
後から伸びた手がちゃんの巨乳を揉み、反対は乳首をつまむように揉まれている光景が今でも目に焼き付いて残っている。
ふと気付き、なぜ抵抗しないんだ?と思い人の間からちゃんをよく見ると、ちゃんの服は足下まで落ち、下半身はストッキングとパンティーだけになっていた。
そして、そのストッキングとパンティーの中へ手を入れようとしている奴と、下半身も脱がせようと引っ張っている手が見えた。
ちゃんは、ストッキングとパンティーを下ろされないようその手を払い防御するので精一杯で、上半身は周りの奴らにされるがままだった。
色白の巨乳を揉まれながら、ちゃんは、パンティーの中へ入れられる手を掴んで懸命に抵抗していた。
上半身裸にされた色白の巨乳ねーちゃんの姿はまるでAVの様だった。
電車は相変わらず動いては止まりを繰り返しちゃんには地獄の、周りの男達には天国?の時間が長く続いた。
ちゃんの胸を揉む手は一段と激しくなり巨乳をわしづかみにしているのが見えた。
下半身への攻撃は、さすがに難しいみたいで、ストッキングをはいているパンティの中へは手が入らないようだったが、気持ち下へ下がっているようだった。
隠れていたへそが見えて腰骨の辺りまで見えていた。
ちゃんは相変わらず、胸を隠そうとしながらパンティーの中へ入ろうとする手を払い、引きずりおろされようとするパンティとストッキングを抑えていた。
しゃがんで、服を拾い上げようと時々しているが混雑のせいと、どうやら周りの男に押さえられかがむことが出来ないようだった。
よく見ると、俺とちゃんの間にいるおじさんもちゃんの手を何気なく押さえて動きが悪くなるようにしていた。
前のおやじが動いた瞬間隙間が広がりちゃんの姿が少しよく見えるようになった。
ちゃんはうつむいていて長い髪が顔にかかり表情はよく見えない。
相変わらず、パンティーを一生懸命押さえているがよく見ると、パンティの上端から黒いモノが見えていた。
ちゃんの後ろから伸びていた手が電車が揺れた弾みでパンティの中へ滑り込んだ。
その後ろから伸びていた手は、ちゃんのパンティーの中の、一番深い部分へ向かい一気に突き進んでいった。
その時、ちゃんの方から「んっ…」という声が聞こえてきた。
おそらく、その後ろから伸びた手はついにちゃんのマンコに到達したのだろう。
ゆっくりと、上下運動ともとれる動きをさせてちゃんのソコを弄んでいる。
上半身も、何本もの男の手がちゃんの乳房を激しく揉み、乳首を摘み、それをまるで転がすかのように弄び、ちゃんのありとあらゆる部分を愛撫している。
ちゃんの顔を見ると、顔を紅潮させ息を荒くしている。
ちゃん、ここまでされても、まだ男らの行為を必死に耐えようというのか…いや、もう、耐えているのではないのだろう。
ちゃんはきっと、後ろから伸びてきた男の手、執拗に胸を弄ぶ男の手に、ついに感じてしまって、自分の意思ではもうどうにもならないのではなかろうか。
さっきまで、必死でパンティとストッキングを下ろされまいとしていた手には、全く力が入っていない。
だが、力が入ってないのは、どうやら手だけではないようだ。
全身から力が抜け切ってしまったらしい。
ちゃんの後ろにいる男に寄りかかって、そこに立たせてもらっているような感じだ。
周りにいる男らは更に調子にのって、なんと、ちゃんのストッキングとパンティを一気に下げた。
ついにちゃんは電車内で全裸にさせられてしまったのだ。
さっき俺が見た、パンティの上端の黒いものが何なのか確認したくて、ちゃんのその部分に目をやると、黒々と生い茂っていて、まるでジャングルのようなちゃんの陰毛だった。
その陰毛に遮られ、その先は見ることができなかったのだが、生AVを目の前で見ている俺のチンポは、今までこんなになった事がないぐらいに激しく勃起してしまった。
その後、ちゃんと俺の間にいたおやじが、なんか、動き出したなと思ったら、ちゃんの足を無理やり開かせて、正面からちゃんのマンコを弄りはじめた。
っと、そのおやじが動いた時に、どこかで嗅いだことがある匂いが漂ってきたのだ。
それは、俺もよく知っているあの匂いだ。
誰かがちゃんで射精してしまったらしい。
いくら嗅ぎなれているとはいえ、電車の車内でしかも他人のソレだと思うと俺は具合が悪くなってきた。
だが、男たちのちゃんへのおぞましい宴はまだ続いている。
ちゃんの後ろから手を伸ばしていた男は、自分のチンポを出し、それをちゃんのに挟んで腰を振って、空いた手はおっぱいを鷲づかみにして弄んでいる。
ちゃんと俺との間にいた親父もついに自分のチンポを取り出し、ちゃんを目の前にしてしごき始めた。
おやじの左手は、ちゃんのマンコを激しく突いている。
その他にも、周りの男達はちゃんを取り囲んでチンポをしごいている。
俺はなんだか、ちゃんの事がだんだんかわいそうに思えてきた…しかし、ここまで黙って見物しておきながら、今更何か言ったところで俺もチカンおやじどもと同罪なのだろう。
でも…こんな状況のまま電車が駅に着いたら、こいつらどうするんだろう、ちゃんも全裸にされちゃってどうするんだろうとか考えていると、囁くように「イクッ…」とか「はぅっ…」いう声が次々聞こえてきた。
その声の内容で、また誰か射精したんだな…というのは分かったがその声が聞こえてきた方を見て俺は驚いた。
そいつら大胆にも、ちゃんの体めがけ射精しているのだ。
しかも、その射精した直後の精液を指で掬い取り、ちゃんの口元へ運び無理やり飲ませている男、精液をちゃんの顔や髪の毛に塗っている男…それはもう、この世の事とは思えないほど悲惨な光景であった。
もし、この現場をカメラで撮影していたら、編集無しでそのままAVで出せるほど凄い光景だ。
そうしているうちに、ちゃんのにチンポをはさんで腰を振っていた男もついに絶頂を迎えたようだ。
ちゃんの背中に放出したと思ったら、それをちゃんの背中やおに塗りたくっている。
同時にちゃんの正面でしていたおやじも絶頂を迎えていた。
そのおやじは相当溜まっていたのか、夥しい量の精液がちゃんのへそから陰毛、太ももにかけて放たれた。
おやじもまた、それを手でちゃんのお腹やおっぱいへ塗りたくっている。
厨房の俺にとってはこれ以上無いほどの衝撃的な光景を目前で見て、我慢しきれず俺もパンツの中で放出してしまった。
そして全員がフィニッシュしたのだろう。
ちゃんを責め続けた連中は、互いに目で何か合図をするように、その現場から素早く離れていき、全裸にさせられたちゃん一人がそこにうずくまっていた。
チカン連中の宴の一部始終をだまって見ていた俺だが、周りの乗客の目もあるし、あまりにかわいそうだったからちゃんに服をかけてやった。
すると、ちゃんは俺に一言「ありがとう…」と言うと突然泣き出した。
余程辛かったんだろう…。
誰かに助けて欲しかったんだろう…。
俺はちゃんを優しく抱きしめてやった。
実はワタシ、オジサンが大好きです。
秋月めい