口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すリーダーでなくては、僕の彼女に対する嫌悪感と征服感の糧にはなりません。それなのに、彼女の積極的な舌使いは、口止めのついでに自らも快楽をむさぼろうというような楽しげな嗜好がみてとれるのです。なんとも思っていない男とでも、わりきって楽しんでしまおうという彼女の意図に、なんだか侮辱されたような気がしました。口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すのではなく、自分の快楽のついでに、お前にもいい思いをさせてやるよ。だから大人しく黙っていな。そういわれているかのようです。そんな気持ちもあって、僕はフレン-----チキスだとはいえ、あまりにも大量と思えるくらいの
液を彼女へと送り込みました。  どうだ見下している男の液を受け入れる気持ちは! しかし、前哨戦は僕の完敗でした。 リーダーは拒む素振りなどは微塵も見せずに、本当に自然な様子でそれを全て飲み下していきました。 いつのまにか閉じられていた瞼も開いて僕の表情をうかがうかのように僕を両の目で見つめています。 悔しいけれど、その様子に僕の興奮はますます高まっていきました。 ディープキスを続けたまま、ベッドの脇へと腰を下ろしていき、彼女のスーツの上着のボタンに指をかけます。 人差し指と中指でボタンを挟み親指で押すようにしてボタンをひとつひとつはずしていきます。 あいかわらず舌をまさぐりあいながら、ボタンを全部はずすと、わざと胸をさするようにして手をすべらせ、 上着の襟裏に手の甲をあてて押し開きました。 そこには白いブラウスが胸元で豊かな隆起を見せています。 僕はドキドキする胸の鼓動を知られまいと、わざと無造作にリーダーの胸に手のひらを当てて絞り込むように 一度だけ揉みこむようにしました。 リーダーの豊かな少し張りのある感じの乳房に僕の5本の指がくいこんでいます。 それでもリーダーはそんなことはまったく意に介さないかのように僕の舌を弄り続けていました。 それは職場でいつもみせている凛とした表情とはまったく違う、淫らで卑猥な感じの表情でした。 ブラウスはリーダーが普段多く着ている男物のシャツのようなしっかりとした素材のものではなく 今日は、ほんの少しだけ透けるような、なめらかで柔らかい素材の優雅な感じのものでした。 揉みこむ指先に感じる乳房にピッタリとフィットしたブラジャーも全く手ごたえを感じさせないくらいの 柔らかい素材のものであるのが、その感触だけでわかります。 ランジェリーも、最からこうなることを予想したうえで用意されてきたものだということがわかりました。 たまたま話の方向でこうなったのではなく、昨日メモで誘ったときから、 自らの体を使って僕を口止めするつもりでいたことは明らかでした。 これは本当にやれる。! 3ヶ月以上も同じ職場ですごしてきましたが、今までは彼女の手にさえも触れたことはありません。 それが今はブラウスの上からとは言え、片方の乳を絞り込むように鷲づかみにしているというのに、 リーダーはまったくの無抵抗で、それどころか、さらに舌先を僕の舌に絡ませてさえきているのです。 もう遠慮をするのはやめました。 薄手のブラウスは揉みこめば皺がついてしまいそうな上品な素材ですが、彼女が淑女らしい装いをしてきたとしても、 セックスを覚悟してきているのは明らかなのですから遠慮はいりません。 左手で後ろ肩を抱くような体勢で、あいた右手で回すように荒々しく乳房をもみしだきました。 フレンチキスの間近から、細淵メガネの奥で目をとじたリーダーの顔をチラチラと覗き込みながら ブラウスの上から執拗なまで、クタクタになるかと思えるほどに乳房を蹂躙していきます。 好きな女ではありませんが、いつもは気位が高くて近づきがたいリーダーを、その体を好きに自由にできるのです。 恥ずかしい話しですが、僕は夢中になり、焦りからか性急になっていました。 僕はキスを続けたまま彼女のスーツの上着に続いてブラウスのボタンにも手をかけます。 片手しか自由がきかないのでたどたどしい手つきになりますが、上着のときと同じように人差し指と中指で ボタンを挟み親指で押すようにしてボタンを上のほうからひとつずつはずしていきます。 柔らかい素材のブラウスのボタンは上着よりもはずしにくいものです、なんとか頑張って上から2つのボタンを片手ではずしました。 ボタンたった2つですが、でもそれだけでブラウスの下に白地にパープルの柄をあしらったブラジャーが現れ、 誘惑的な胸の谷間まであらわになりました。 透き通るように白く感じられる胸の谷間の素肌に鼓動が高まり、たまらず右手をブラウスの中に差し入れ 上品な感じのブラジャーの上側から、ブラジャーと素肌の間に指を這わせ乳輪から乳首のあたりまで滑らかな 乳房のうえに指をすべらせ進めていきました。 ふいにリーダーが顔を離し、今まさに乳首の感触を感じるか感じないかという僕の右手を自分の手で押さえるようにして、 僕の指の侵攻をさまたげます。 「もう、○○君、思ったよりせっかちね」 「ちょっと待って。お願いだからシャワーをつかわせて」 まるで焦らされるかのようです。 つきあっている女が相手なら「シャワーなんか後でいいよ」というところなのですが、 まだ日常から抜けきれていない自分がいました。 情けないのですが、なんとなくリーダーには逆らえない感じになってしまっていました。 口止めと引き換えに僕が彼女を自由にするはずなのに主導権をとられっぱなしなのです。 「○○君もシャワー使うよね、先に使ってもらってもいいかな」 「私も○○君の後でシャワーだけでいいから、バスはおいれなくていいよ」 やんわりと混浴にも拒否をいれられます。 僕はヘタレです。 そのときは何故か彼女の頼み(というか命令にちかかったけど・・)をきかないと、やらせてもらえないような気になってしまったのです。 押さえられた右手を、彼女の細い指をした手の下から抜くと、もう一度軽くキスをして僕は言いました。 「わかった、先にシャワーしてくるよ」 暑いシャワーを浴びながらも、股間はギンギンに勃起したままです。 とにかくやりたいという気持ちと、これでいいのか? という気持ちとが、煙りのなかで、ない混ぜになっていました。 プライドを徹底的に叩き潰して心底から後悔させてやるはずではなかったのか? これでは、まるでお願いしてやらせてもらっているという感じではないのか・・・ でも、あの体、想像以上に肌がすべすべしていて白くて美味そう・・・、やらせてもらえるなら、それでもいいか。 頭も体も、ほとんどシャンプーやソープをつけて流すだけのようなスピードで洗うのをすませながら、そんなことを考えていました。 脱衣所でバスローブだけをはおって帯をしめると、脱いで軽くたたんだスーツ下着を腕にかけて部屋にもどろうとしてドアに手をかけました。 そのとき、今まで気にしていなかったのですが脱衣所とトイレが一緒になったバスルームへと続く部屋と ベッドルームの間にあるドアの小窓が透明なガラスなのに気がつきました。 これって、トイレも脱衣所も、ドアのすぐ外に立てば丸見えじゃん! ラブホにくる普通のカップルにとっては、どうってこともないようなことですが僕には嬉しいレイアウトでした。 ベッドルームに戻ると、リーダーはスーツの上着だけを脱いで、ブラウス姿で冷蔵庫から出したビールを飲んで いました。 ・・・余裕です。 「あれ~、すごく速かったねえ」と小さく笑います。 「ちょっと暑かったんでビール飲ませてもらっちゃった」 そう言ってビールのはいったグラスをテーブルに置くと、脱衣所へとはいっていきました。 僕は急いで部屋の隅に放り投げるように置いていた自分のカバンから、小型のデジタルカメラをとりだしました。 一昨日の朝の出来事を思い出すたびに、なんで写メでもデジカメでも撮っておけなかったのだろうと、どれだけ後悔したかわかりません。 今日はこんなことになるとは思いもしませんでしたが、あの朝のことがあって以来、 念のためいつでも小型のデジカメを鞄のなかに放り込んでいたのです。 彼女が脱衣所へ消えてから、ベッドルームの照明を落として音をたてないようにしてドアへと近づきました。 僕のデジカメはレンズが真ん中についているタイプではなくて、本体の右上に四角い小さな穴のような感じになっているタイプのものです。 これなら小窓の隅からレンズ部分だけを出して中の様子を撮影することができそうです。 部屋の照明も落として、逆に脱衣所はとても明るい作りになっているので、ほんの小さなレンズ部分が出ているだけなら、 ほとんど気づかれることはなさそうに思えました。 あの女が一枚一枚脱いで裸になっていくところを連続写真でとってやろう。 別にそれでどうしようと考えたわけではありませんが、またあの朝のことと同じように後悔しないように画像を残したいと思ったのです。 ストロボはもちろんオフにしていますが、脱衣所は室内灯とはいえかなり明るいので問題ないでしょう。 ドアにカメラが当たる音がしないようにだけ気をつけて、ピッタリとドアにデジカメをくっつけると滑らすようにずらしていって、 小窓の左下端にセットしました。 電源をいれると脱衣所の中の様子が液晶表示に写ります。 ところが液晶に写った脱衣所には誰もいません。 遅かったか・・・。 脱衣所の左側の棚にはリーダーが脱いだらしいスーツのスカートとブラウスやランジェリーらしきものが見えます。 もうバスルームにはいってしまったのでしょうか。 そのとき、液晶画面の下のほうにモヤッと黒っぽいものが動いた…