女が2人、男が13人くらいか。女は2人とも20代だったけど、男のほうはみんな30以上。俺も含めて3人が独身で他はみんな妻子もちだった。今までこういう行事があったとき、女は1人しかいなかったので参加したことはなかったんだけど、その年の春に入ってきた女の子が参加したいということで、もう1人のほうも半ば頼まれる形での参加になった。   俺は元からいるほうの女とは仲が悪く、口を利くのも嫌だった。一方、新しく入った女の子は誰からも好かれており、俺ものように可愛がっていた。キャンプ自体は川で釣りをしたり、散策したりと普通だった。最の晩に俺が酔って-----あんなことをしなければ。普段は飲まない俺も、
この日はしこたま飲んだ。他の面子も滅茶苦茶飲んでいたし、女の子たちもべろべろになるまで飲んでいた。俺たちはテントではなく大き目のバンガローを借りており、バーベキューを終わらせた後はバンガローで騒ぎ続けた。早くも限界が来た俺はバンガローの2階(ロフトっていうのか?)に上がり、薄い毛布を引っかぶって寝ていた。しばらくすると誰か上がってきた。女2人だ。新入社員のほうが潰れてしまったらしく、古くからいるほう(といっても25歳くらいだけど)がしばらく介抱していたが、やがて下に降りていった。ふと、目が醒めた。さっきまであんなに騒がしかったのが嘘のように静かになってる。あちこちから凄いいびきが聞こえてくる。「みんな寝たんだなー」とか考えてるうちに、隣に女の子が寝ていることを思い出す。そーっと右手を伸ばしてみる。毛布を掻い潜って手を伸ばすうちに太ももに触れたようだ。撫ぜているうちに、激しく勃起してきた。静かに女の子毛布に潜り込み、背中に張り付く。まだ残っていた酒のせいか、俺はいつになく大胆になった。己の股間を剥き出しにして、女の尻にあてがう。Tシャツの下から腕を突っ込み、ブラを押しのけ、乳首をさすり始めた。さすがにそこまでして気づかない奴はいない。抗うように体をくねらせた瞬間、乳首をつまみながら俺はこういった。「騒ぐとみんな起きちゃうよ」女の抵抗がぴたりと止まった。しばらく勃起を押し付けながら首筋や耳を嘗め回していたが、そのうちおまんこを責めたくなった。俺は指でいじるのは苦手(というか下手)なので、体をずらして女の子の尻に顔をうずめた。風呂に入っていないのでなんともいえない微妙なにおいがする。パンツ越しに尻の感触を(顔面で)楽しんだ後、下着をずらして尻を開き、肛門に舌をこじ入れた。「ム」とか「ウ」とか聞こえたが、構わずに肛門周辺を嘗め回したり、舌でつついたりした。肛門が俺のだらけになった頃、俺は志を思い出した。女の子の腰を掴み、こちらに引き寄せる。彼女もなかなか協力的だ。体勢的には「くの字」になって俺に尻を突き出している感じになった。再び尻に顔をうずめ、おまんこに向かって蟻の門渡りを吸い上げていく。おまんこはもうぐちゃぐちゃになっていた。俺は必死に舐めまくった。いい加減我慢の限界が来たので、再びずり上がりそっとティムポをおまんこに突き刺した。なんていう体位になるかしらないけど、横向きで後ろからバックっていうのか。「ん、ん、ん」とか女の子が唸りはじめたので、口を押さえて入れっぱなしのまま動くのをとめた。動かないまま、乳首や首筋をネチネチと責め続けていると、急におまんこのしまりが激しくなった。激しくなったというか、ギュッとティムポ全体をしごくような感じで蠕動しているというか、なんか今まで経験したことのないような気持ちよさが俺を襲った。俺と彼女は多分、20分か30分くらいは繋がりっぱなしだったが、腰はほとんど使ってない。なのに、このわけの分からない締め付けで、俺は急に逝ってしまった。しばらくそのままの姿勢でじっとしていたが、やがてティムポが弾き出された。それを潮に女の子シャツを戻し、パンツを穿かせ、自分の毛布に戻って寝た。翌朝起きてみると、俺以外は既に毛布も片付けて朝飯の支度をしたり遊んだりしていた。新入社員の子がどんな顔しているか見たくて、俺は身支度もそこそこに外へ出た。新入社員の子はホットパンツを穿いている。昨日もそうだった。呆然と立ち尽くしていると、仲の悪い女が物凄い目つきでこっちを睨みながら通り過ぎた。昨日着ていたデニム地のミニスカを着替えずに。・・・・元々お互い仲が悪く、仕事以外のことでは全く口を利かなかったので俺とその女の間が気まずくなるとかそ、そういうことは一切なかった。そもそも最から目線も合わせないので、女が誰かにチクる以外にはばれようもなかった。むこうはどうか知らないが、俺はアレ以降少し変わった。今までは視界に女が入ってきても無視していた。むかつくので。しかし、今は女の尻やを(気づかれないように)視姦する様になった。ある日風邪で具合が悪くなった俺は、上司に許可を取って会社の寮(主に主張者用)で布団に包まって寝ていた。どれぐらい寝ていたかわからないが、女に起こされて目が醒めた。役所から問合せの電話があったらしい。詳細を聞くと、担当者名と内線番号を控えてるそうで、折り返し電話してくれと言われた。体を起こし、ベッドに座って女の話を(極めて事務的であった)聴きながら、ぼーっとを見ていた。顔を上げるとブラウスからブラが透けて見える。それを凝視していると、女が生意気そうな顔を近づけ、こういった。「ちゃんと聴いています?」と。その言い方も顔つきも物凄くムカツイたにも関わらず、俺は勃起した。返事もせずに女の腰を掴み、膝の上に引き寄せる。「キャ」とかなんと短く叫んだが、俺の勃起に気づき、無言で身をよじらせ始める。左手で抱きかかえたまま、ティムポにあたる尻の感触を味わいスカートの中に手を入れ内股をさすっていると、訴えてやるとか警察を呼ぶとか低い声で言ってるが逃げようとしない。ブラウスのボタンに手をかけたところでやっとやめてください、などと言い出してきたので、「この前みたいにやらせてくれよ」といった途端静かになった。乳首を吸いながら内股を撫ぜていた手を奥に進めると、また暴れだした。生理だとか言ってる。俺は血まみれおまんこは苦手、というか嫌いなので「じゃあ口でしてくれるかな」と言った。ズボンと下着を脱ぎ、再びベッドに腰を下ろす。女が床に膝をついて咥えようとしたので、「そうじゃない。隣に座ってしゃぶって」というとおとなしくその通りにし、俺のティムポに舌を這わせ始めた。あまり上手くはなかった。亀頭しか咥えないので、もっと深く咥えるように指示する。しかしどうもイマイチだ。女を早く事務所に戻さなければ、などと思い始めたので最後は女の頭を抱え激しく腰を振り、イマラチオで口内射精した。女はしばらく精液を口にため、こちらを見ていた。この時、一瞬ではあるがはじめてこの女を可愛いと思った。が、「飲め」と命令した。すると一瞬殺したくなるような形相でこちらを睨んできたが、すぐ諦め顔になり、俺の精液を嚥下した。「俺もすぐ行くからもう戻れ」といったが、女は無言で服装を整えると再び、「訴えてやる」と呟いた。「この前のことAとかBとかに話していいんだな」というと下を噛んで俯いた。「お前が何もしなければ、誰にも言わん」というと少し驚いたような笑顔になった。「またやらせろよな」というと、小さく頷いて部屋を出て行った。それから俺も電話をするために事務所に向かった。 「レイプ痴漢体験談」カテゴリの最新記事 ミニスカ乳首におい