今から25年前、会社の先輩2人と計3人で、毎月、強姦ツアーに行ってたよ。 ずっと、心のなかに封印していたんだが、ここをみたことを機会に少しずつ 書きしたためようと思う。  もう、随分、昔の話だが自分の一生のなかで、一番といえるほど、 強烈な印象で残っているので、まだ、つい、この間のように思える。 特に、他の方が書いているように、被害者の発した言葉は印象に残るものだ。 今でも、この耳から離れない・・・ 当時、自分は工場に入社2年目、19歳のころ。 同じ工区の先輩二人(たしか24歳と22歳)に可愛がられていて、-----公私にわたって御世話になっていた。 ある晩、その先輩たちから声がかかった。
「お前、女、抱きたいか? 絶対、秘密を守れるか?」 二人はそう切り出した。 自分は、当時、童貞。恐らく風俗に連れてってくれるものと期待して、 「はい、自分は大丈夫です。よろしくお願いします」と頭を下げた。 実際、口は堅いほうで、事実、今回の話も25年間、黙っていたほどだ。3人は、上の先輩が所有していたボンゴワゴンにのって、自分達の工場がある埼玉から、群馬へと走っていった。当時、関越がなかったので、254をひたすら走った覚えがある。 「随分、遠くへ行くんですね」というと、「うん、まあな・・・地元だと足がつくから」と先輩。 そのとき、自分は、まだその意味がわからなかった。 車は、田舎の駅から少し外れたところにある道に止まった。 と、電車が駅に到着。少しばかりの乗客が降りてきた・・・。先輩達はタバコを消すと、 車の前を通る人の姿に目を凝らした。 「ち、はずれか・・・」最電車のときは、こう言って、何も行動を起さなかった。 30分くらいして、二本目の電車が到着。車の前を一人の若い女性が通っていった。 「いくか?」「ああ」先輩たちはエンジンをかけ、ゆっくり女のほうへ近づいていった。 いつのまにか、周りには、彼女だけになっていた。 先輩は「おい三上、最はそこから動くな。黙ってみてろ」と助手席の自分にいった。何のことかわからず自分は、ただ「はい」と答えるしかなかった。 車はゆっくり彼女を追い越してとまった。 運転していた先輩が車を降り、彼女のいく先をふさぐようにたった。 ちょうど、助手席の横。 「すみません・・・あの・・・」 先輩が頭を下げながら彼女に話しかけた。 「あ、はい・・・」彼女が答えたとき、下の先輩がスライドドアを開けた。 「それ!」 上の先輩が彼女を抱きしめると同時に下の先輩がスライドドアから車内に引きずりこんだ。 バタン・・・ブルルル・・・・ 一瞬の出来事だった。 その間、彼女は、一瞬、「ヒッ!」という悲鳴を上げただけで、次の瞬間には、ボンゴの後部座席に 引きずり込まれ、下の先輩に後ろから羽交い絞めにされていた。 走りだしてしばらく、本当に少し時間がたってから、急に彼女が騒ぎ出した。 「ギャー」に近い、なんともいえない悲鳴から始まって、 「放して・・・何・・・・何なの・・・」と叫びながら全身を使って暴れたが、 「うるせえ。死にたいか!」というドスの聞いた先輩の声と、 何かを叩くような鈍い音(恐らく、先輩が腹をなぐったんだと思う) の後、静かになった。 あとは、女の嗚咽が車内に響くだけだった。自分は、あまりのことに 呆然とし、前を見るしかなかった。実際、後ろは怖くて振り返ることが できなかった。 「う、う、う・・・」と泣く声と、「お願い・・・帰して」と小さくつぶやく女の声は 今でも耳に残っている。 やがて車は人気のないダムサイトの駐車場についた。 「いいか、俺達は顔見られたら、あんたを殺さなければならない。顔を見るなよ」 ワゴンのリアシートで女をしっかり押さえ込んでいる先輩(今後、Bとする)が 低い声で言うと、女は真っ暗な車内でもわかるほど激しく首を上下して、 あうう・・とうめいた。リアに移動した年上の先輩(以後、A)は、 女にすばやく目隠し猿轡をはめると、先輩Bに羽交い絞めにされて上に力なく 伸びた女の両腕を交差させたまま、手首のところでガムテープで止めた。 続いて、先輩Aは、伸びた女の両足の上にまたがりスカートを捲くりあげると、 パンストとショーツに手をかけた。 「ううう・・・うぅうぅ・・」 ふたたび女が暴れるが、男二人に抑えられては成すすべがない。 ここで先輩Aが面白い行動にでた。わざと自分の腰を浮かせたのだ。 すると女は自由になった足をバタつかせる。先輩Aはその瞬間を狙って、 すばやく女の下半身から、パンストとショーツを抜き取った。 突然、下着を剥がされた女は猿轡の下で「イーッ」と悲鳴を上げて、 足を縮めるように曲げたまま固まってしまった。 先輩Aは、すでにズボンとトランクスを脱ぎ、女の両足を抱えている。 何かボトルから少しいい匂いのする液体を自分と女の下半身にペチャペチャと音を立てるように 塗りたくると、「いくぞ」といいながら、腰を前に突き出した。 その瞬間、女は激しくかぶりをふり、猿轡の下から声にならない叫び声を上げた。 (その液体がローションであることは知ったの後日) 「おお、いい感じだ」 先輩Aは、感触を楽しむようにゆっくりと腰を前後させる。 女は自由にならない身体に、時折、ぐっと力をいれますが、やがて、あまり抵抗しなくなった。 先輩Aの腰の動きに合わせて女が「う、う、う」と小さくうめくのが聞こえる。 先輩Aは、少し余裕ができたのか、腰を動かしながら、女のブラウスをはだけ、 ブラをおしあげると、夜目にも白い乳房を揉みしだき始めた。 どのくらい、時間がたったのか・・・そんなに長い時間ではなかったと思う。 先輩Aは腰を前後するスピードを徐々に速めながら、放出のタイミングをうかがっていた。 「お、お、・・・おお、いくぞ・・」 そして、荒い息のなかでそういうと、自分のものを女から引き抜き、女の下半身に放出した。 当然、中に出すと思っていたので、意外だったことを覚えている。 先輩Aはそそくさと整理して、先輩Bと立場を変えた。 「ふ~、どうだ。三上(私の名前)。お前、次やってみないか」 先輩Bに声をかけられ、躊躇しつつも女の前に進むと、先輩Aが放出したものの臭いが鼻につく。 あわてて、自分のものを取り出し、さらに一歩進んでいくと、先輩Aは心者の私にも 挿入しやすいようにと、両腕を伸ばして女の両膝に手をかけ、それをグイっと引き寄せた。 ちょうど幼児のオムツを替えるような姿勢だ。 私にとっては、女がそんな姿勢をとっているだけで十分刺激的な光景なのに、 さらに先輩Bがそのあたりを懐中電灯で照らしたからたまらない。 白い下腹部、そして開かれた両腿の間にはモジャモジャした陰毛。 さらにその下には、赤黒いあそこが電灯の光でヌラヌラと輝いてみえた。 「どうだ。おまんこだぜ」 先輩Bはそういうと、うしろの荷台に移り、女の下半身に手を伸ばした。 「ほら、良く見ろ!」 指先で割れ目をグイッと大きく拡げる・・・ あざやかな肉色の底に、ぽっかりと膣が開口しているのが見えた瞬間、 私は情けないことに暴発してしまった。 なにせ、童貞風俗にもいったことがない私にとって、生まれてめてみる生の女。 しかも、こんな異常な状況のなかでは、耐えられるはずもなかった。 二人の先輩の嘲笑のなか、スゴスゴと引き下がると、次に先輩Bが、女にのしかかった。女はふたたびいやいやをしたが、もう、抵抗とはいえない弱々しいもの。 先輩Bは中出しだった。 「中に出すぞ」そういわれた瞬間、女は最後の力を振り絞って抵抗を試みたが、 それも徒労に終わり、あとには、先輩Bのハアハアという呼吸の音と、女の嗚咽だけが残った。 最に入れたものは「活きの良い所を味わえる」かわりに、外だし。 最後に入れたものは、順番を待つ辛さがあるものの、中だしができるという決まり。 このルールは私が加わって3人になっても変わらなかった。 私たちは女を拉致した場所から、さほど遠くないところで女を解放し、地元に戻ってきた。これが、私にとってのめての強姦経験。 この後、約2年半に渡り、関東一円から、時には温泉行">温泉行を兼ねて、新潟や長野、東北でも犯行を重ねた。 もちろん、私の筆おろし強姦。30人ほどの被害者のなかには、処女もいた。生理が始まって血まみれになった女も。 それから、ゲロを吐いた女や失禁した女・・・。ひとつひとつが強烈な思い出だ。 当時は、地元から離れたところで散発的にやれば、捕まらないだろう、とたかをくくっていた。 しかし、今考えてみると、警察の捜査が及ばなかったのが不思議なくらい。本当に幸運だった。 振り返ってみると、さすがに反応のよかった女はいなかった。 ただ、すごく具合のいいあそこの持ち主はいた。 締め付けと膣壁の感触がすごくよかったんだ。あれは忘れられない。 そのときは、先輩は二回ずつ、自分は三回やってしまって、 二回目以降、かまわず全員中だしだったw 小学校の先生だった。 それは最強姦からちょうど1年ほどたったころだった。場所は栃木県。 いつものように田舎の駅を目差して走っていると、左手に小学校が見えた。 ちょうど、先生と思われる女がトートバッグを肩に校門から出てきたところ。 ジャージのような上着に黒っぽいズボン。髪の毛を後ろでまとめた地味な格好だったが、小柄ながら腰のラインが際立っていた。 「小学校の先公もいいかもな」先輩Aがつぶやく。他の二人にも異論はなかった。 さりげなく追い越してから止まり、いつもの手順で拉致した。 「ひっ!」彼女が悲鳴を上げるまえに、先輩Bが口を押さえて車内へ引きずり込み、 私が彼女の下半…