「感じてるの?良いよ、イっても!」(だ、誰が、あんたなんかに・・・イヤァ、イヤァ、イヤァァァァァ) 香奈子の決意も空しく、香奈子は思いっきり仰け反り、ビクビク痙攣を始め、果てた・・・ 息子の前で、ビデオカメラの前で、毛嫌いしている男達の前で、香奈子は果てた・・・ 「じゃあ、さっきの約束守って貰おうか!テーブルに両手を付いて、カメラ目線で尻を振りながら、ナスよりあなたのオチンチンを私のおまんこに下さいってね」 香奈子の耳元で優しく小声で呟く出歯亀、香奈子は深い溜息を付く、(もう・・・言う通りにするしかないの?もう・・・)「せめて、せ-----めて、避妊して下さい!」「ダァァメ!」 香奈子の願い
も空しく、出刃亀にあっさり拒否をされる。酒造はニヤニヤしながら、明に話を振ると、「お前も弟かが欲しいよな?」 酒造の言葉に震えながら頷く明、香奈子は信じられないといった表情を浮かべる。(明・・・母さん、今日は危険日なのよ!明、明!!)出歯亀が手を差し伸べ香奈子を抱え起こすと、香奈子はヨロヨロしながら後ろ向きになりテーブルに両手を付くと、撮影している明の方を向くと涙が零れ出す。もう、逃げ道は何処にも無かった・・・香奈子は再びハァと深い溜息を付くと、(あなた、ゴメンなさい・・・本当にゴメンなさい!!)心の中で宏に詫びると、尻を高々上げ振り始め、艶やかな視線を出歯亀に向けると、「ナスより・・・あなたのオチンチンを・・・私の・・・おまんこに・・・下さい・・・ウッウウウウ」 香奈子は男達に屈服し、宏以外に受け入れたことが無い膣に、今自ら出歯亀の男根が欲しいと言わされるのだった・・・(か、母さん・・・) 撮影していた明の中で何かが弾けようとしていた・・・  出歯亀は愛しそうに香奈子の尻を撫で回し、顔を近づけ尻に舌を這わせる。香奈子は、不気味に尻を這い回る舌の感触に気味悪さを覚え、尻を動かし悶える。そんな行為に興奮した出歯亀が尻をこじ開けると、香奈子のアナルまで現われ、出歯亀は嬉々としながら舌をアナルに這わせる。「じゃあ、そろそろ入れるか・・・さあ、奥さん!」 出刃亀は、男根を香奈子の膣に擦りつけながら、再び小声で香奈子に入れてと言わせようとする。香奈子は悲しげな視線を浮かべながら、チラっと出刃亀を見ると、小さい声で「入れてぇ」と出刃亀に呟き、出刃亀は待ってましたとばかり香奈子の膣に男根を突き刺した。「アァァァ!」 既にオナニーや、出刃亀の愛撫の効果で、香奈子の膣はビショビショに濡れ、出刃亀の男根をスムーズに奥へと導いた。(ゴメンなさい・・・あなた、ゴメンなさい・・・ゴメンなさい) 心の中に宏の顔が浮かぶ、香奈子は幻の宏に何度も何度も詫び続ける。だが、現実の世界では、香奈子の口から漏れるのは快楽の喘ぎ声だった・・・「アッアァァァ・・・アァンアッアッ」 出刃亀のリズムに合わせるように香奈子の尻が、胸が、全身が脈打つ、子供の目の前で夫以外の物を受け入れ、喘ぐ自分が信じられなかった・・・(あなた、ゴメンなさい・・・私は、私は、イヤらしい女だったの?) 幻の中の宏が遠のいていく中、香奈子の頭の中が白く覆われていく。「ヒャァァァ!イイ、イイ!!イイのぉぉぉ!!!」 高ぶる感情を抑えられず、香奈子の膣は一層激しく出刃亀の男根を締め付ける。「ウッウウ・・・何て締まりだ・・ウッゥ」 出刃亀は快楽に耐えるように腰の動きをセーブするも、香奈子の火照った身体はそれを許さず、自ら腰を振り続ける。「見ろよ、お前のお袋・・・お前が居るのも、ビデオに撮られてるのも忘れて、ヨガリ狂ってるぜ!!」(か、母さん・・・) その行為を撮り続ける明の一物も、ビンビンに膨れ上がっていた。目の前で母の性行為をみながら勃起する自分が恥ずかしかった。だが、視線を逸らすことは出来なかった・・・「アッアッアッアァァァ・・・アァン、アンアン」 出刃亀は香奈子の尻を掴むと、どうにでもなれと一層激しく腰を振りまくった。「イクゥ、イクゥゥゥゥゥ!イっちゃうぅぅぅぅ」香奈子の全身が激しく痙攣を始める中、出刃亀の動きも限界を迎え、溜まっていた精液が亀頭へと登ってくると、一気に香奈子の膣の中へと吐き出された・・・「イクゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ」 絶叫を残し、香奈子はテーブルに巨乳を付けてグッタリし、出刃亀も香奈子の尻に覆い被さり、二人は荒い呼吸を繰り返した。 香奈子の頭の中の靄が晴れた時、香奈子は理性を取り戻すも、自らの行為に恐怖した。「ね、ねぇ、中に・・・出しちゃったの?」「ああ、一杯出したぜ!ホラ!!」 膣内に感じる違和感、出刃亀の言葉に香奈子は恐怖した。出刃亀は愛しそうに香奈子の尻を撫でながらゆっくり膣から引き抜くと、香奈子の膣からはドロドロ出刃亀の精液が溢れ出す。床に、香奈子の太股に溢れていく精液、香奈子はアァと声を漏らし、(私は・・・この男を受け入れてしまった・・・今日は・・・危険日なのに私は・・・) 何故避妊具を使って欲しいともっと訴えなかったのか、香奈子は自分を恥じた・・・ ビデオカメラはズームになり、香奈子の膣から溢れる精液を撮り続けていた・・・  香奈子は堕ちた・・・ 出刃亀の言うまま、出刃亀の臭い男根を舐め口に咥えるも、今度は咽せることもなくきれいにしていく。「フゥ・・・最高だったぜ、奥さん! 酒造、待たせたな!!」「バァカ、テメェの精液塗れの身体を抱けるかよ!風呂場に連れて行って洗って来い!!」 それもそうだと思った出刃亀は、香奈子を抱き上げ、共に浴室へと消えていった・・・「どうだい、淫乱母親を見た感想は?さあ、風呂から出る前に、このビデオから写真を現像しろ!!」 明は恐怖の表情で酒造を見つめるも、コクリと頷き酒造と共に二階へと消えた・・・「お願い、あなたの言う通りにしたわ!子供も出来ちゃうかも知れない・・・でも、今日の事は忘れますから、もう許して下さい!!」「それじゃあ、酒造に悪いだろう!さあ、股を開いて!俺が洗ってやるから!!」「ダメェ、自分で、自分で洗え・・・アァァン」 石鹸を付けた出刃亀が香奈子の身体をまさぐり洗っていく、敏感になっている香奈子の身体はその都度ビクっと動く、「俺も奥さんにきれいにして欲しいなぁ・・・」「あの人に・・・息子にこれ以上手を出さないと言ってくれるなら・・・」 そう言うと、香奈子は泡だった身体のまま立ち上がり、出刃亀を座らせると出刃亀の背に巨乳を押しつけ洗い始める。「こりゃ、気持ち良いな!分かった、どうせ今度は俺が見張る番だ、俺なら奥さんの息子を手荒な目には合わせないから安心しな!!」「ハイ・・・」 香奈子は出刃亀に口付けし、謝辞を述べるのだった・・・日も落ち始めた中、風呂から出た香奈子に、ニヤニヤした酒造は、乱暴に手を引っ張りその場で押し倒すと、前戯も無しに香奈子の膣に挿入を始める。その姿も明はバッチリビデオに撮っていく。「イヤァ、乱暴にしないでぇ!」「黙れ!お前なんざ只の性欲処理だ・・・ホラホラホラ」 一方的に腰を振る酒造、香奈子の口からは先程とは違い喘ぎ声が漏れる事は無かった・・・(チェッ、乱暴にしやがって・・・可哀想によぉ) がむしゃらに腰を振り続ける酒造の亀頭にも限界が訪れる。酒造は出刃亀とは違い急いで膣から引き抜くと、香奈子の顔面に大量の精液を浴びせる。精液が鼻を覆い、口に垂れてくる。香奈子はゲホゲホ咳き込み、その場で泣き崩れた・・・「どうだ、見下しやがって!今回はこれで勘弁してやる!!次からはちゃんと俺達に奉仕しろよ!!」「ま、待ってぇ!もう、来ないで!!お願い許してぇぇ!!」 哀願する香奈子の前に一枚の写真を落とす酒造、そこには出刃亀の男根を咥える香奈子の姿が写っていた。「アァ・・・アア」 写真を見てワナワナ震える香奈子、酒造は数十枚の写真を出刃亀にも分けると、「長い付き合いになりそうだな・・・奥さん!俺達は道路沿いのビニールテントに居る。俺達二人だけだから直ぐに分かるだろうさ・・・ハハハハハ」 酒造は高笑いを浮かべるや、室内を物色し、宏の服、明の服などを集め、出刃亀と共に着替え、出刃亀は香奈子のランジェリーを手にすると、二人はその場を後にした・・・ 香奈子は呆然とし、手元に残った一枚の写真を見て泣き崩れた。詫びながら近寄った明を香奈子は抱きしめ、ゴメンね、ゴメンねと何度も謝り続けるのだった・・・  その日の夜、木島家は出前の中華そばを頼んで居た。あの後風呂に入って身体をきれいにした香奈子は、明にも協力して貰い、居間ををきれいに掃除すると、何事も無かったかのように帰宅した宏を出迎えた。そんな香奈子を見て、明は不思議そうに首を捻るのだった。 まるで機嫌が良いかのように、宏に酒を勧める香奈子、宏も上機嫌で酒を飲み、その夜は早く就寝した。(あなた、ゴメンなさい!お酒の中に・・・少し私の睡眠薬を入れさせて貰ったわ!朝までには帰るから・・・許して!!) 香奈子はパジャマを脱ぐと、夫婦の営みの時に着るネグリジェに着替え、上着を羽織ると廊下へと出る。そっと玄関を出た香奈子だったが、香奈子の異変に気付いて居た明は階段から下りると、香奈子の後を追った。 夜間になるとこの辺は人通りも少なく、通る車も大型車が殆どだった。香奈子は道路脇のビニールシートに覆われた場所に来ると、「香奈子です・・・お二人共、起きてますか?」 小声で出刃亀と酒造を呼ぶ香奈子、二人がのっそり中から顔を出すと、出刃亀は大いに喜び中へと導いた。「夜分スイマセン・・・あの下着が無いと主人にバレちゃうから・・・代わりにこれを!」 香奈子は上着を脱ぐと、透け透けのネグリジェからピンクのランジェリーが現われた。「脱がして下さる?…