19歳の愛奈といいます。

今でこそ理性がちゃんと養われて
落ち着くことがてきてますが、昔は本当に危ない橋渡ってたんだなぁと思います。笑。

そしてそんなことが出来た昔の自分を本当にうらやましく思います。

思い出しただけで興奮しちゃって、誰かに読んでもらいたいと思ったのでいくつかここに書きます。

○学3年生の時、めてHをしました。

私はもともと凄くHに興味があって、
体験の時にも「ほんまに体験?」と言われたほどでした。

別に自分が何をしたわけでもないと
思ってたのでその時はその言葉の意味もわかりませんでした。

そして体験の彼とは会えない時間が多かったり微妙な関係が続き、そ
の彼が大好きだった私には本当に辛い日々でした。


ですがその一方で、体験をしてしまった私は、またHしてみたい、もっとエッチしてみたい、という好奇心にかき立てられていました。

そんな頃に丁度、5歳上の、その時の私からしてみれば凄く大人に見える人にナンパされました。

は拒否ってたんですがなんとなくメアドを交換し、メールが始まりました。

彼のことで荒れてる一方に男の人とのHにかなり興味があった私は、その人とメールでHな話になっても拒否したりしませんでした。

そして軽はずみな気持ちでその人Hする約束をしてしまいます。

ですがその後、彼氏が急に謝ってきて、これからはちゃんと付き合っていきたい、と言われました。

それで舞い上がってしまった私は、約束したのにも拘わらず年上の彼に、「彼氏とヨリ戻ったから、もうメール出来ない、ごめんね」と送りました。

するとその人は「いいよ☆良かったな、彼氏とうまくやれよ☆」と祝福してくれました。

そして私もその人のことはすっかり忘れ、彼と順調に付き合っていったのですが…数日後。

急に年上の人からメールが来ました。

「約束したくせにお前ナメてんのか?」という内容でした。

あの時は祝福してくれてたのに何故今更…と全くわけがわからず、中3だった私はビビるばかりでした。

どれだけ謝っても許してもらえず、しまいには「謝ってすむか。

今すぐ〇〇駅にこい。

来んかったら…どうなるか知らんぞ」と言われました。

ですが怖くて仕方なくて、待ち合わせの場所の近くまで行って、引き換えしてしまいました。

すると翌日、「いい度胸してるやんけ、本間にどうなってもいいみたいやな」というメールが届きました。

怖かったから行けなかったと言っても男性は許してくれず、「最後のチャンス。

13時に〇〇駅来い。

こんかったら、お前のまわりがどうなるかしらんぞ☆」と言うメールが。

まだ私は中3だったのでその言葉を本気で信じてしまい、学校を早退して服を着替え、指定の駅へ……行ったこともない駅で路線もろくにわからなかったけど、私の中の何かが、早く行かないとやばい、と叫び足を急がせました。

たどり着いた駅は本当に全く見知らぬ土地で、それが更にこれから起こることへの恐怖の気持ちを大きくさせた。

ついた、と電話をしたら、目の前の道路に車が止まった。

中に乗ってるのは、ほんのかすかにしか記憶にない、茶髪で髪を綺麗にセットしている大人の男の人。

私に目を合わせず、車に乗るように顎で促した。

何も言わずに私は車に乗り、車は発進した。

隣で無言で運転する、メールをしてたときとは別人のような男性。

怖くて顔を見ることもできない。

顔もはっきり覚えていない。

全く見知らぬ道をどんどん走っていく。

どこに連れていかれるのか全くわからない。

本当に恐怖につぶされそうだった。

体が震えていた。

ついた場所は車が何台かしか止まって無い駐車場。

そして、え、と思う暇もなくシートを倒された。

「ちょっとまって、やめて」「お前、ここまできてやめてはないやろ」そう言って、男は私の耳に舌を這わした。

怖い反面、体がビクッと反応した。

もう何も言えず、抵抗もできなかった。

聞こえるのは自分の心臓の音と、耳元の男の息遣いとクチュクチュという耳を愛撫される音。

そのまま舌は私の首筋を這う。

怖いはずなのに、私の体は反応し始めていた。

まだ経験は体験の彼氏だけで、しかもその彼氏は同い年で、愛撫も単純なものだった。

手で触って、挿入

めてした時、何もしらなかったのに物足りないと思ったのは、もっといやらしい刺激が欲しかったから??その時感じた。

今私は、ずっと年上の知らない男性に脅されて、車の中でされるがままになってる。

男の手がブラにかかった。

彼氏とは違って慣れた手付きで外される。

首筋を愛撫しながら指が私のまだ小さい胸に少し乱暴に、だけど丁寧に触れる。

「んっ…」と自然に声が漏れた。

男のが私のに触れた。

柔らかすぎて驚いた。

文字通り液が絡まりあう、柔らかくて激しいキス

頭の中がとろけていくようだった。

こんなのめてだった。

が離れ、男は私の服をめくりあげ、舌で胸を愛撫し始めた。

その息遣いがさらに私を感じさせた。

「経験人数1人ってゆうたよな?さすがまだ綺麗なチチしてんな」「いや…」外は真昼、明るいところでしたのもめてだったので、とにかく恥ずかしかった。

我慢するため必死で目を瞑った。

まだ残る恐怖の気持ちで、男の服を強く握り締めた。

車内にクチュクチュと言う音が響く。

そしてスカートの中に男の手が触れた。

ビクッと体が反応した。

そのときはたまたまメッシュのパンツをはいていて、じかに見ると毛や割れ目が丸見えだった。







男の舌はゆっくり、ゆっくり私の下半身へ向かっていく。

そのとき、男の指がパンツの上から私のアソコをなぞった。

男はニヤニヤしながら「なんや、めちゃめちゃ濡れてるやん、パンツから染み出てんで。

こんなやらしい体で本間に経験人数1人なんかぁ?」と言った。

恥ずかしくて涙が出そうだった。

そのまま何も言えなかった。

「かなり可愛がったるからな」男は私のパンツを脱がした。

一層目をきつく閉じたが、何もしてこないので目を開けると、男は私のアソコをじーっとみていた。

「いや、みんといて!」

「何ゆうてんねん、今更。どうなってもええんか?」

「……」そして男は、舌で私のアソコを愛撫し始めた。

そんなところを見られたのも舐められたのももちろんめてだった。

「いやや!!やめて!!」私が足を閉じようとしても男はその力で私を押さえ付け、そんな私を見ながらわざと見せつけるように舌でクリトリスを愛撫し続けた。

恥ずかしくてたまらなかった。

けどめてのことだらけで本当に頭がおかしくなりそうだった。

男は私のクリトリスを激しく舌で愛撫しながら、もう洪水状態のアソコに指を這わした。

指が1本入った。

足が震える。

2本目もはいった。

「もうグチョグチョやしヒクヒクゆうてんで、いやらしい女やなー」といってGスポッとをピストンし始めた。

まだ私には刺激が強すぎて、たまらず大きい声で喘いだ。

まるでアソコに何十本もの指が入って責められてるような感じがした。

それでもやめてくれなくて、更に舌でのクリトリスの愛撫も再開し、車の中は私の声とグチュグチュと言う音で満たされていった。

気絶しそうなほど激しく、必死で抵抗した。

すると彼は急に愛撫を止めた。

そしてズボンをぬぎはじめ、ボクサーパンツを脱いだ。

彼の固くなったものが顔を出した。

めて男の性器をみた。

グロデスクで、真っ赤で大きかった。

そして私はそのとき確かに、興奮した。

「シャクれ」

「え、、」

「ほら」そういって男は私の頭を掴んで無理やり運転席の自分の性器の目の前へ引きつけた。

目の前に固くなった男の性器があった。

「ほら舐めろ」舌で性器の先にふれた。

苦い味がした。

そのまま性器を咥えた。

口を大きく開けなければ入らなかったので、動かしたりするのはかなり大変だった。

たまに歯があたる。

なぜか「お前本間にシャクんのもめてなんか?本間やらしい女やな」と言われたが、頭をはなしてくれなかったので性器を口から抜けなかった。

しばらくして頭を放してもらえて、苦しかったのでぐったりしていると、後ろの席に移れ、といわれた。

後ろの席に移ると男も移って来て、着ていた服を脱ぎTシャツ姿になった。

そしてわたしの足を開き、またアソコに指を這わした。

また始まるのか、と思って目を瞑ると、アソコに熱いものがふれた。

その瞬間、ズン!!と奥まで男の性器が入って来た。

「あぁ?っ!!」男のモノはかなり大きくて、刺激が強すぎて叫んだ。

そのまま激しくピストン運動が続く。

私は気絶しそうになるのを一生懸命堪えながら男の顔を見た。

そのときめてはっきりと男の顔を見たのだけど、目はするどく綺麗な二重で茶色いカラコンを入れていた。

綺麗な顔をしていた。

そして激しくピストンしながらその表情は、甘くとろけていた。

中学3年生の私は下半身と頭が壊れてしまいそうになりながら、その顔に凄く、凄く興奮した。

体位を色々かえられながら、そのときの私にしてはかなり長く感じた時間を経て、男は私の顔に射精した。

しばらく休憩して、男が口を開いた。

話によると彼女と喧嘩をしてイライラしていたらしい。

今考えるとそれで私を犯すのとは関係ないだろうと思うけど、その後話をしているとそんなに悪くない人で、私は安心した。

その後はちゃんと家まで送ってもらった。

その後、普通にメ…