もう15年前になります。
僕の中学校で憧れの美人で副会長のMさん(中3)がいました。
吹奏楽部部長をしていました。
成績もよく超進学校のK高校へ推薦されるとの噂でした。
僕が中学2ねんの夏休みのことでした。
サッカーの練習で少し熱を出してしまったので、保健室へ行きました。
保健体育のS先生の当番札がかかっていました。
S先生は結婚していますがとてもいい男で女生徒からは超人気がありました。
女生徒をひそかにやっているという噂がありました。
そして、今の奥さんも生徒をやってできちゃった結婚という噂でした。
保健室には、誰もいませんでした。
僕は奥の三つあるベッドのうち、真ん中のベッドに横たわって
カーテンをひいて、いつのまにか眠っていました。ふと、話し声がするので目を覚ましました。
「誰かくるかも」「大丈夫だ、鍵かったから」「こわい」「大丈夫だ、痛くないようにするから」MさんとS先生の声です。
僕はほんの少しカーテンをあけて保健室の中を覗きました。
すると、診察台の上にMさんが、両足をM字型に開されていました。
白いソックスははいたままです。
スカートはめくり上げられていました。
あこがれのMさんのオマンコが丸見えです。
びらびらのまわりにも毛が生えていました。
毛の生えているオマンコをみるのははじめてです。
S先生は、ズボンとパンツを脱いで、「すっかり大人じゃないか」そういってMさんのオマンコに人指し指を突っ込みました。
「いたい」とMさんは悲鳴をあげました。
「やはり処女だったか」S先生はにやりと笑って指を抜いて、ツバをつけてまたMさんのオマンコになすりつけました。
そうして、MさんにのしかかってMさんの股に太くて黒光りした大きなペニスをあてがいました。
おおきいっと思いました。
僕の数倍はありそうです。
S先生は、Mさんのオマンコの入り口にあてがってから「すぐおわるからな、我慢しろよ」「やったら成績あげてやるからな」Mさんは、保健体育以外はオール5でした。
なぜか、S先生の保健体育は2でした。
これではK高校への推薦は無理です。
Mさんは、夏休みにS先生に相談に行ったのです。
そうして、言葉たくみに騙されて、もうすぐはめられるのです。
あとで分かったことですが、S先生は自分に気のありそうで目をつけた女生徒にはわざと成績を落として、いうこと聞いたら成績あげてやるといって、毎年1?2人ほどの女生徒をやっていたのでした。
しっかり口止めされていたのとあこがれのS先生に抱かれるので我慢していたようです。
S先生は、腰をぐいっとやりました。
が、先が少しはいっただけで奥へ入りません。
あこがれのMさんがもうすぐやられます。
僕はよっぽど飛び出していってとめようかと思いましたが、体が動きませんでした。
「もっと力抜いて」S先生の尻がぶるんと緊張しました。
ペニスは堅い棒になって、Mさんのオマンコを突いていますが中がせまいのか、抵抗があってなかなかはいりません。
「がまんしろよ、もうすぐだからな」S先生は角度を変えて、腰をぐぐーっと押し込みました。
「ひいっ」Mさんの悲鳴が保健室に響きました。
太く黒いペニスがめりめりとMさんのオマンコに突き刺さりました。
金玉は収縮して、大きなペニスがずっぽり根元まではまっているのがみえました。
すると、ペニスとオマンコの間から血がはみでてきました。
処女膜が破れたのです。
「動くぞ、我慢しろ」S先生はMさんが痛がるのもかまわずぐいぐいはめました。
大きなペニスがオマンコをずぶずぶしているのが見えます。
血がとまらないままです。
僕は興奮してパンツのなかに射精してしまいました。
「いいぞ、M」「いいぞ」S先生はがんがん処女膜を破られたばかりのMさんのオマンコに腰をうちつけています。
「おお、いいぞ」しばらくするとS先生は腰を小刻みに痙攣し始めはじめました。
「でるぞ、でるぞ」ぎりぎりまでいれていてペニスを抜きました。
Mさんのオマンコがぽっかり穴があいてすぐに閉じました。
S先生はMさんにまたがり腹の上に発射したようです。
「よかったぞ、M」「さすがに、優等生のオマンコは上等だ」S先生は、そばにあったティッシュを取りだしてペニスを拭き、Mさんの腹を拭きました。
そして、オマンコをのぞき込み、あらたなティッシュで「意外と血がでたな」といって、オマンコを拭いてそばのゴミ箱に投げ入れました。
ぐったりとしているMさんの上半身を起こしました。
Mさんの白い制服ブラウスはたくし上げられていて形のよいおっぱいがぽろりとでていました。
Mさんは泣いていました。
Mさんのおっぱいが汗と涙で濡れました。
S先生はタオルでMさんのおっぱいをもみもみしながらブラジャーを拾い上げて、つけさせました。
「よかったぞ」S先生はMさんの耳元でささやきました。
「これで2が3になるからな」「あと2回で5にしてやるよ」Mさんは、えって顔をしました。
「いやならいいんだぞ、これで終われば3のままだぞ」そういいながら、S先生は、床に脱ぎ捨てたMさんのパンティを探し始めました。
S先生がこっちを見たような気がしてあわてて、静かにベッドにもぐりこみました。
しばらくがさがさしている音がしました。
まだMさんは泣きじゃくっているようです。
「いいな、このことは誰にも秘密だぞ、ばれればお前も、公文書偽造の共犯で、推薦は取り消しになるからな」「黙って俺のいうこと聞いてれば絶対にうまくいくから」S先生はこうやって脅したりして口止めをしていたようです。
しばらくして、二人が出て行きました。
僕は、そっとカーテンをあけて保健室の診察台に近づきました。
ゴミ箱には血まみれのティッシュが捨ててありました。
僕は、そのなかの一枚をそっととりあげてポケットにしまいました。
よっぱど校長先生に訴えようかと思いましたがMさんがかわいそうなのでやめました。
夏休みが終わりました。
Mさんはげっそりとやせた感じでした。
それでもやがて推薦の時期になり、MさんはK高校に合格しました。
僕の担任との面談で僕もK高校へ行きたいといいました。
「お前は、少し成績が足りないな」というので「先輩のMさんはたしか保健体育ができなかったはずなのに」というと「そうか、知り合いならいうが、彼女は夏休みに体育の補習やって、その結果は5になったそうだ。おまえも数学補習うければ違うかもしれないぞ」と答えてくれました。
あれは、補習だったのです。
たぶん、3回ばかりではなかったでしょう。
夏休み中犯されていたと思います。
これをネタにMさんを脅かしてやることも考えましたが、やはり卑怯なことはしたくないので、あの日のMさんのオマンコを思い浮かべながらオナニーをしました。
Mさんが中学を卒業して、高校入学してから僕は校長先生とPTA会長に匿名の手紙を書きました。
Mさんの名前はふせながら、保健室での出来事を事実にもとづいて細かく書きました。
半年後、S先生は休職になり、それまでの悪行もばれて懲戒免職になりました。
僕は、推薦でなく、自力でK高校へ合格しました。
Mさんは、吹奏楽部で明るく活躍していました。
僕はほっとしました。
僕の机の中にはいまもあのときのティッシュが奥深くしまわれています。




レイプ官能小説">官能小説」カテゴリの最新記事 美少女美人覗きのぞきオナニー処女制服少女おっぱい