「ねぇ?、おちゃ?ん」「ん??」 首に巻きつけられた細い腕と、耳元で囁く甘い声。
 半ば眠りに落ちようとしていた俺は、抱きついてきたによって現実へ引き戻された。
「どうした?」「んふふ……おちゃん、ちょっと目ぇ瞑って?」「え?」 よく分からないが、とりあえずまぶたを閉じる。
 次の瞬間、俺の顔の目の前に何かが覆いかぶさってくる気配を感じた。
かすかにアルコールの香る吐息が、俺の頬をくすぐる。
「おい……?」 と、開きかけた口に、柔らかくて湿ったものが押し当てられる。
「んっ!?ん、んん?……」「んちゅ、ちゅっ、むぅぅ……ん……ぷはっ」「なっ!?な?」 キス……された?に? 俺は頭の中が真っ白になって、とんでもないことをしてきたを呆然と見た。
 今まで半ば寝ぼけていたせいで気付かなかったが、は顔を赤くして、トロンと瞳を蕩けさせていた。
「モテないおちゃんにクリスマスプレゼント……ふふ♪」「お前……酒飲んでるだろ」「えへへへ」 『えへへ』じゃないっ! 俺はに口付けされた唇を、急いで袖で拭った。
「あ、ひど?い」 目は笑ったままで、は頬を膨らませる。
こいつ、完全に酔っ払ってるな。
 俺はを睨みつけた。
 さっきのキス……実は俺にとってのファーストキスだったのだ。
それが、まさかこんな形で、実のに奪われることになろうなんて…… 向こうはふざけ半分でやったのかも知れないが、俺にとっては冗談ではないことだった。
 腹が立った俺は、もたれかかってくるを振り払って立ち上がり、部屋に戻ろうとする。
「あんっ、待ってよおちゃん」「なんだよ」 ぶっきらぼうな口調で答えても、はニコニコ笑ったままで、俺の怒りには全然気付かない様子だった。
それどころか、こんなことまで言い出す。
「私がおちゃんにプレゼント上げたんだから、今度はおちゃんの番でしょ?クリスマスプレゼント、ちょうだい♪」 無理やりキスしといて、今度は自分がプレゼントをねだるとは……おおかた、何か買って欲しい物があるとかで、酔っ払っていたこともあってキスなんてことを思いついたんだろう。
「プレゼントなんかない」「え?っ、そんなのズルイ?」「うるさい。お前ももう寝ろよ」 俺は自分の部屋へ向かおうとするのだが、がまとわりついてきてそれを邪魔する。
「プレゼント。欲しいの」「ないもんはないんだからしょうがないだろっ!」 俺は強引にを振り切って、早足で部屋へ向かった。
 後ろをが追いかけてくるが、かけられる言葉は全て無視する。
「待ってってばっ。もうっ!」「うわっ!」 部屋まで着いたところで、が飛び掛ってきて一緒に俺の部屋に入ってきた。
「おい、早く出てけよ。プレゼントなんかないんだから」「んふふ、おちゃんの部屋に入るの久しぶり」 は俺の言葉に耳を貸さず、勝手にベッドの上に飛び乗った。
「おちゃ?ん、今日は一緒に寝よっか?」「ば、バカ、何言ってんだ。お前もう中学生だろ」「そうだよ?。もう中学生」「だったら子供みたいなこと言ってるなよ。早く自分の部屋に帰れって」 布団に包まったを、俺は無理やり抱き起こそうとした。
「あん……」「えっ?」 柔らかいものが手に触れて、思わず手を引っ込める。
「おちゃんのエッチ♪」「た、たまたまだっ!お前が俺のベッドで寝てるからだろ」「……おちゃん、私、もう中学生だよ?」 突然、今までは違うトーンで、が言った。
 俺はいきなりの大人びた声にドキッとしながらも、平静を装って言葉を返す。
「だ、だから子供みたいなことは止めて……」「一緒に寝るってどういう意味か、知ってるよ?」「なっ!?ば、バカ!何を……!」 予想外のことを言われてうろたえる俺を、今度はの方が掴んでくる。
 さっきみたいに無理やり振りほどくことも出来たはずなのに、混乱した俺はそれをせず、に引っ張られるまま、ベッドに乗ってしまった。
 何をやってるんだ、俺は…… 頭ではそう思っているのに、体が言うことを聞かない。
「……おちゃん。クリスマスプレゼント、おちゃんの童貞ちょうだい」「ど……ど……」 童貞…… キスすらしたことがない。
そんな俺が童貞なのは当然だ。
も、きっとそれくらい知っていたんだろう。
でも、いざ言葉にしてそれを言われると、心臓が締め付けられるような衝撃がある。
増してや、今自分は「童貞が欲しい」と言われたのだ、血の繋がったに。
 部屋が薄暗いせいもあってか、俺には突然、目の前にいるのがではなく……いや、ではあるのだけれど、それ以上に一人の女であるよう思えてきた。
 さっき無理やりキスをされたことが頭に思い浮かぶ。
もしかしてアレは、冗談とかではなく、最初からこうしようと思っていて……「おちゃん興奮してる?」「し……てない………」「してるでしょ?」「誰が、お前なんかに」「ふ?ん、『私に』興奮してるんだ?」「あ……」 気付くと、の顔が間近に来ていた。
 今度は目を閉じていない。
ゆっくり近付いてくるの顔がはっきり見える。
 でも、それなのに俺は、避けることが出来なかった………「ん……」「んむっ……」 俺が無抵抗でいると、は口の中に舌を差し込んできた。
ぬるぬるとした互いの粘膜がこすれあう。
「んちゅっ……ちゅ……、ん、んむっ、むちゅ……ん、んはぁっ……、ちゅっ………」 中学生のしてくるキスとは思えない激しい舌使いに、俺はただ翻弄されるだけだ。
キスがこんなに気持ちいいなんて初めて知った。
 まるで口の中ではなく、脳みそを直接かき回されているような気分だ。
頭の中が甘いクリームで満たされたように、何も考えられなくなって行く。
「んはっ!」 そのとき、俺の下半身に鮮烈な快感が走った。
「あっ……、や、止め……ん、はっ……」「んふっ♪やっぱりこんなに勃起させてる」「あ、やっ……、そんな……」 は手馴れた感じで、俺のものをズボンの上から扱き始めた。
自分でするのとは比べ物にならない快感が俺を支配する。
「ねぇ、良いでしょ?おちゃんの童貞、私にくれるって言って?ね?」「ダメッ……だ……!そんなの………」 そうだ、ダメに決まってる。
なのに、そんなことが出来るわけがない。
 でもそんなこととは無関係に、俺のものはどんどん高められて行く。
手で軽く扱かれているだけなのに、今にもイッてしまいそうだ。
時折思い出したかのように唇を据われるたび、震えるように腰が動いてしまう。
「もうイッちゃいそうなんでしょ?私の手で」「違っ……!あ、う……」「イキそう?イク?おちゃんもうイクの?におちんちん扱かれながら、精液ドピュドピュ出しちゃうの?」 信じられないような恥ずかしい言葉を言われて、脳みそが沸騰するような羞恥に襲われる。
しかしそれが、余計に俺の快感を高めてしまう。
「あっ、ああっ……!出……、イクッ!あっ!イクッ……!!精液出る!」 俺はの言葉に操られるように言葉を吐き、そのまま腰を跳ね躍らせて熱い精液を……「あぐっ!!」 ……出せなかった。
 今にも精液が噴き出すという瞬間になって、突然の手が俺のものをちぎれるほどの強さで握ってきたのである。
尿道に向かいかけていた精液は逆流し、俺は快感と言うよりも強い苦痛を感じていた。
「なん……で………?」「ふふ、どうしたの?もしかして、イキたかったの、おちゃん?」「!?」 俺はようやく自分が射精を望んでいたことに気付いて愕然とした。
が何を考えて、敢えて射精を止めさせたのかもわかった。
 こうして限界まで高めて、俺が自分からセックスを望むのを待っているんだ。
 しかしそれがわかってもどうにもならない。
の手は俺のものが落ち着いたのを確認すると、再び巧みな手つきで扱き始める。
「ああっ……そんなっ、くっ、う……」「んふふふ、ほら、おちゃん、イキたいんでしょ?私のおまんこに精液注ぎたくないの?私に童貞上げたくなって来たでしょ?」「うぁああっ……!」 もはや俺は、完全にのなすがままだった。
30秒としないうちに再び限界まで高められ、今度は射精に届く手前で手を離されて寸止めされる。
あとひと擦りしてくれたら、精液が噴き出せるという状態。
思わず股間に伸ばしかけた手を、は最初から予想していたように食い止める。
「ダ?メ、自分で出しちゃうなんてもったいないでしょ?」「だ、出させて……」「私とセックスするなら良いよ?」「それは………」 それは、それだけはダメだ。
「じゃあオアズケ?♪」「あぁぁっ!」 亀頭をこね回すように一瞬だけ刺激され、一気に跳ね上がった快感が射精に届く寸前でまた止められる。
「んふふ、夜は長いよ、おちゃん。ずっとそうやって我慢してるつもり?」 は余裕の笑みを浮かべて、落ち着きだした俺のものに手を伸ばした。
 そして俺は、その後も気が遠くなるほどの数、快感と寸止めの連続に晒される。
「ああ……、も、もう……」「『もう』?」「う、く……」「おちゃんのオチンチン、もうホントにこれで限界みたい。これ以上焦らされたら、おちゃんの頭の方が壊れちゃうかもね」 そう言いながらも、は愛撫を止めない。
「可哀想だから、イカせて上げようか?手でシコシコして、精液ピュピュッて出しちゃおうか?」「え……?」「ホントは私のトロトロのおまんこの中で、びゅーっびゅーって、死ぬほど気持ちよくさせてあげようと思ったけど、このまま手で出しちゃう?こんな手なんかじゃなくて、おまんこの肉でオチンチン全体をキュキュってして子宮の奥にドロドロの精液出すのが嫌だったら、もったいないけどズボンの中で洩らしちゃう?」「あ、ああ……」 こんな、ズボンの中で出すより…… 頭の中で、何度も何度も想像したことのある、女性器の感触。
それが自分の目の前に転がっているのに、みすみすそれを見逃して、あっさりイッてしまうなんて……「ほら、イカせてあげるね、私の手で。私のおまんこがオチンチン欲しくて涎だらだら垂らして、おちゃんのオチンチンも『おまんこに入りたい』ってこんなに泣いてるけど、しょうがないからこのまま出しちゃうね?」 の手の動きが早くなり、精液を搾り出すような感じになる。
「あっ……、やっ、止めて……」「ん?扱くのも止めて欲しい?このままほっとかれた方が良いの?……んふふ」 これが罠だってことは分かってる。
でも、もう俺の理性は耐えられなかった。
「中で……おまんこで出したいっ!入れさせてっ!セックス……セックスさせて……」「ちゃんとした言い方があるでしょ?ほら、『童貞をもらって下さい』って」「あぁぁ……、どっ……童貞もらって下さい……!」 俺はに命令されるまま、恥も何もなく叫んでいた。
「じゃあおちゃん、私のものになる?童貞と一緒に、おちゃんの全部を私にくれる?」「上げます!ああっ、もらって……、全部………!」 俺は必死になって叫んだ。
早くしないと、もう射精してしまう。
せっかくおまんこに入れれるのに、早くに許してもらわないと精液が漏れてしまう。
「じゃあ誓って!おちゃん、私の奴隷になるって誓いって!!」「なる!なりますっ!奴隷……、奴隷にしてくださいっ……!」『奴隷』という単語も、今の俺には気にならなかった。
 俺が叫び終わった瞬間、の手がズボンをズリ下げて、俺のものをあらわにした。
「ぅあっ!」 ズボンを脱がされる刺激だけで、まるで射精のように先走り液が迸る。
「それじゃあもらって上げるね。おちゃんの童貞………」 そういうと、突然が立ち上がり、俺のものを足で踏みつけた。
靴下の柔らかい感触が裏スジを包み込み、グイグイと刺激してくる。
「あっ!?な、なに……?」「童貞もらってあげる。クリスマスプレゼントだから、私の靴下で」 何が起きたのか、まるで理解できなかった。
が俺の両を掴んで、俺のものを踏みつけた足をブルブルと振動させる。
「出るっ!あぇっ?イクッ!言ったのにっ、ちゃんと……言った、イッた、イクッ!!イ、あ、イグゥゥッッ……!!」 肉ごと潰されるかと思えるような強烈な踏みつけ。
だが俺は、それに快感しか感じていなかった。
尿道を迸る精液が、かたまりのようになって尿道口から噴き出す。
「アグッ……!あ、あぁっ……!イ、あっ……!!」「んふふ、おちゃんの童貞、靴下でもらっちゃった……」「あ……、はぁ、はぁ……」 脱力した俺の体を、飛び散った精液を塗りこむように撫でる。
しかし、嫌悪感はなかった。
むしろ心地よい気分だ。
「おちゃんが悪いんだよ?なかなか言うこと聞いてくれないから。……それに、我慢するおちゃんが可愛すぎるから……」 はよく分からないことを言いながら、俺にそっと顔を寄せ、今日された中で一番優しいキスをしてきた。
「私の処女は、来年のクリスマスにプレゼントしてあげるね?だから、それまでずっと我慢してて……。良いでしょ?おちゃんは、私の奴隷なんだから」