俺は少し不気味に思いながらも、ゆっくりとフロアの奥にある男子更衣室に向かいました。
そしてドアを開けると、俺はビックリして一瞬、固まってしまいました。
狭い更衣室に支店長が上半身はブラウスの前をのボタンをあけ、ブラをずらし、 下半身はズボンも脱ぎ、パンティを片足だけ脱ぎ、股をこっちに向けて股間を触ってました。
しかも、手には誰かの服の持ち、臭いを嗅ぎながらオナってます。
一瞬の事なのに、今でも鮮明に覚えています。
当然、支店長もすぐに俺に気付き悲鳴をあげ、手に持っていた服で上半身を隠し、股を閉じました。
俺「すっ…すっ…すみません…」 俺はかなりテンパりながらも謝り、ドアを閉め、フロアの
椅子に座り気持ちを整理させてました。-----もう、酔いは一気に冷めてました。
支店長が男子更衣室から出て来たのは15分ぐらい経ってからでした。
支店長「あの…えっと~…今の事ね…誰にも言わないで…お願いっ」 俺「大丈夫です。安心して下さい。絶対に言いません。」 支店長「ありがとう。それと…この…服…洗濯して返すね…ゴメンナサイ」 俺「えっ!?まさか、そのシャツって俺のんですか??」 支店長「…ゴメンナサイ」 またもや俺はかなりビックリした。
俺がロッカーに入れて持って帰るのを忘れていたカッターシャツだった。
その臭いを嗅ぎながら支店長はオナってた訳だ。
それを聞いた瞬間に俺は興奮が込み上げてきました。。
俺「どうして俺のシャツなんですか?」 支店長「………」 俺「スミマセン…言いたくないですよね?!」 支店長「あのね。これも誰にも言わないでね。 私ね…男の人の臭いが好きなの…変よね? でも誰でも良いんじゃないんだよ…」 俺「臭いフェチ">臭いフェチですか?実は僕も臭いフェチ">臭いフェチなんですよ」 支店長「そうなの?以外だね?」 支店長と始めに比べて恥ずかしさもだいぶ収まり、色々と話すようになってきた。
俺「ぶっちゃけ、俺も女子更衣室に忍び込んでオナった事あるんですよ」 俺「なんかイケない事してるみたいでスゲー興奮したんですよ」 支店長「あっ、それ分かる~」 俺「あはは…俺達、お互いに変態ですね? ところで支店長って彼氏いてるんですか?」 いてないと分かっていたが聞いてみた。
支店長の返事は当然、居てない。
との事でした。
しかも俺は聞いてないのに、支店長は自分の事をベラベラと話し始めた。
話によると、体験人数は1人で体験は21歳の時の10歳年上の彼氏でした。
実はその彼氏は結婚していて、遊ばれて半年後には終わったそうです。
それからは男性恐怖症になり男の人と付き合うのも、こんな話をするのもなかったそうです。
この時になると、俺と支店長は何でも話せるようになってました。
俺「なんか安心しました。支店長ってエッチとか全く興味ないと思ってました。」 俺「週に何回ぐらい1人でするんですか?」 支店長「ハズカシイ…でも、しない時は2~3週間しないよ。する時は毎日かな?○○君は?」 俺「自慢じゃないけど、僕は毎日しますよw 1晩に3~4回する時もあるしね。」 支店長「やっぱりエッチなビデオとか観て?」 俺「それもありますけど、知り合いとか会社の人とかの事を妄想してします。」 支店長「会社の人?!もしかして私の事も?」 俺「もちろんですよ。でもこれからは支店長の事ばっかりになりそうですけどねww」 支店長「やだぁ…恥ずかしいじゃん。でも…少し嬉しいかも…」 俺「支店長は僕のシャツ嗅ぎながら何を思ってしてたんですか?」 支店長「えっ?あっ…その…ゴメンナサイ。本人前にして恥ずかしくて言えないよ。」 俺「聞きたいです。誰にも言わないので教えて下さい!」 支店長「えっとね…無理矢理ね…襲われて…エッチされてる事を考えてたの…アァ…ハズカシイヨ~」 俺「ヤベ~!スゲー嬉しいし、興奮しちゃいますよ。 支店長って、絶対Mですよね?」 支店長「うん…」 俺は話しながらもかなり前から勃起していた。
たぶん支店長もムラムラしていたと思う。
俺は思い切って、勃起してる事を報告した。
支店長の目が俺の股間を一瞬見た。
落ち着きを取り戻してた支店長だったが、またもやソワソワし始めた。
でも目は俺の股間辺りをチラチラしている。
俺は更に興奮してきた。
俺「さっきのオナニーの続き、見せてくれませんか?女性のオナニーって興味あるんです」 支店長「えっ?えっ?だ…だ…ダメよ…わっ私も男の人のには興味あるけど…駄目だよ…恥ずかしいし…」 動揺しながらも、確実に迷ってると俺は思った。
俺「じゃぁ、僕もするんで、見せ合いっこしません?」 支店長「いやっ…でも…これってヤバイよ…」 俺「そしたら僕が1人でするんで見て下さい。もうヤバイぐらいに興奮してるんです」 俺は支店長の前でベルトを緩め、スボンを下げた。
支店長「ここじゃ、もし誰か来たらすぐにバレちゃうよ。更衣室に行きましょ?!」 そして俺達は狭い男子更衣室のほうを選んで入った。
俺は入るなり、シャツとズボンを脱ぎ、トランクス1枚になった。
支店長はそれをオドオドしながら少し距離を置いて見ていました。
俺もめて女性にオナるところを見せるので緊張しながらも、トランクスをずらした。
いきり立ったチンコを支店長に向け、ゆっくりをシゴいてみせた。
支店長はそれを見入るように静かに見ている。
俺「支店長、すごい見られながらするの興奮しちゃいます」 支店長「凄い……なんか超エッチ…」 俺は支店長の反応を見ながら、さらに激しくして見せた。
支店長は立ったままムズムズしていた。
俺はブラを見せて。
と、頼んだ。
支店長は俺の言われるまま、ゆっくりとボタンを外し、シャツの前を広げた。
胸は大きくないが、小振りで形は良さそうな感じだ。
パンツを見たいと言うと、躊躇していたが、ズボンを膝までズラしてくれた。
シャツのボタンを全開にしてズボンを膝まで下げ、この中途半端な姿が凄くエロかった。
俺「ほら、ちゃんと見て下さいよ」 俺は少しSぽく言うと、 支店長「うん。凄く太くてヤラシイよ…ドキドキしちゃうよぉ」 いつもの仕事の時と違って、もう完全に立場は入れ代わっていた。
そして俺は服を脱ぐように言った。
支店長は中途半端にずらしていたズボンから脱いだ。
でもなかなかシャツは脱ごうとしなかった。
俺は早く脱ぐように言うと、 支店長「…今日は脱げない…脇…処理してないの…」 と、小さな声で言った。
まさかの答えに俺は戸惑いながらも、トランクスにチンコをしまい、支店長に近付いた。
俺「処理してなくても大丈夫。俺、支店長のすべてが見たいです。」 俺はそう言うと支店長を抱きしめ首筋にキスをした。
支店長も俺を抱き返し、お互いに濃厚なキスをしていた。
そして、俺はゆっくりと支店長のシャツに手をかけ、か弱い抵抗はしたものの脱がす事が出来た。
脇をギュッと閉じているが間から少し毛がはみ出ている。
めてみる女性の脇毛にかなり興奮を覚えた。
そして次の瞬間、支店長の片腕を力強く持ち上げていた。
もう片方の手で隠そうとするが、俺はその手を掴み壁に支店長を押し付けていた。
身動きの取れない支店長の脇を目をギラギラさせて見ていたと思う。
結構長い間放置していたと思われる脇には、長く固いチリチリの毛が密集していた。
それは本当に長い間、男に抱かれてない動かぬ証拠だった。
俺「支店長、彼氏いてないからって、処理サボっちゃ駄目ですよ。 でも俺は脇毛ボーボーの支店長の方が好きですけどね…」 俺は意地悪ぽく言うと、凄く恥ずかしそうな顔をしていた。
支店長「だめっ…そんなに見ないで…」 俺はそんな言葉を無視して脇に顔を近付け、一気に支店長の脇を舐めた。
ビクッとして再び抵抗するも、力強く壁に押さえつけると抵抗をやめた。
支店長「ヤダッ…汚いよ…あぁ…やめてっ。」 しかし俺は脇毛に吸い付いたり、ひたすら舐め回した。
臭いはないが、少ししょっぱかった。
次第に支店長の全身の力が抜けて行くのがわかった。
俺も押さえ付けてた手をほどくと、倒れるように俺に抱き付いてきた。
俺は一旦、脇攻撃を辞め、ブラを外した。
推定Bカップの小振りの胸に焦げ茶色の乳輪。
乳首は両方とも陥没している。
俺が陥没乳首舐めると少しずつ立ってきた。
さらに吸い付くと完全に乳首が現れた。
同じく違うほうの乳首も勃起させた。
支店長は壁にもたれながら甘い吐息を漏らし始めた。
俺「乳首もエッチな声を出て来ちゃいましたね。ヤラシイですね~」 支店長「だって…こんな事されるの…すごく久しぶりだもん…」 支店長の顔は凄く気持ちよさそうな顔をしていた。
そしてパンツ越しに支店長の股間を触ると、驚くほど濡れていた。
もう堪らなくなって支店長のパンツを剥ぎ取りました。
想像とは違い、下の毛は処理はしてないそうだが、以外と薄かった。
そして再び支店長の股間に手を伸ばし、直接触って見た。
そこはヌルヌルとヤラシイ汁が溢れ出し、ほって置くと垂れそうでした。
俺「スゲー濡れてますよ。俺、こんなに濡れる人めてですよ。」 支店長「そんな事ない!ちっ…違うもん…ハァハァ」 俺は支店長の手を掴み、支店長のマンコを触らせてみた。
始めは嫌がっていたが、強く言うと素直に触り始めた。
俺は支店長を支配してる気分になり、そのままオナニーするように強く命じた。
俺の目の前で壁にもたれながら立ったままオナる支店長に興奮しっぱなしだった。
命令でマン筋を沿う…