ロンブーの番組で『オレの彼女をナンパしてくれ』みたいな企画ありましたよね?お持ち帰りされるか試すやつ。
あれまだやってんでしょうか。
高校卒業して上京、っつっても実家埼玉なもんで東上線に揺られて南下、数10分てとこですが。
一人暮らしをはじめたおれは某区の映像系専門学校に通ってました。
実家からも通える距離ではあんですが、当然大学に進学するもんだと思ってた両親との関係もぎくしゃくしてたしね。
中学高校とずっと内気だったおれには友達と呼べる奴もいなく、地元に未練はなかったんです。
とにかく家を出たかった。
誰もおれを知らない場所でなんたらって、まぁよくある話。
高校ん時、部活にも入ってなか
ったおれの楽しみといえば、ビデオ屋や、たまに池袋まで学校サボって観に行ったいろんな映画。-----本数観りゃあ、退屈な毎日の何かを埋められると思ってたんだね。
とりあえず映画にはそこそこ詳しくなった。
映像関係の仕事に就きたいって夢らしきものもできた。
でも何かが足りない。
何かがいろいろ足りない。
内向的で、自意識ばっか膨れあがった典型的なモテない高校生だったおれに彼女なんかいるはずもなく、当然おれは童貞でした。
専門学校に入ってまずおれは性格変える努力をしてみた。
つまんねー話にも興味あるふりしたり、人の目を見て話してみたり。
知ってるか?慣れない人間には難しんだこれがすごく。
すぐ挫折。
結局、集団作業なんかにも馴染めず、授業も思ったより退屈で、ドロップアウト寸前。
もはや何をやるにも冷笑的で、どいつもこいつも才能ねーってかんじで周りを見下す、いま思うとほんと厭な奴になってた。
そんなおれに話かけてきたのが彼女だったんです。
彼女(当時はモデルの田中美保?とかいう人に似てると言われてたので仮に美保としとく)は小柄で色白で、別に特別美人てわけでもないんだけど、男ならついちょっかい出したくなるような可愛らしい雰囲気のコでした。
福岡の女子高を出て上京、少し引っ込み思案な所もあったけど、優柔不断てワケでもなく、自分の意志ははっきりと伝える芯の強いコだったと思う。
後から聞くとクラスから浮き気味だったおれが気になってたそうです。
めは映画の話から。
美保はヴィンセント・ギャロやウォン・カーウァイ、行定勲といった、ぱっと見オサレな映画が好きだった。
当時のおれはそういった雰囲気だけの中身スカスカ映画にいいかげん食傷気味だったのと、この世間知らずなアヒル口をいじめてやりたいっていう、いささかサディスティックな欲望とで、美保が楽しそうに語るそれらの作品を片っぱしから叩きまくってました。
おとなげなさすぎ。
でも美保は決して不愉快な顔は見せずに「えーじゃあ○○くんは何が好きなの?」「ファイトクラブとか。大傑作と思うわアレ」「えー美保もブラピ派!」みたいなかんじでうまい具合に(うまいか?)会話を繋げてくれてました。
他愛もない会話。
浅い映画話。
けどあんなに自然に女子と話せたのは生まれてはじめてだった。
美保は映画が好きだったんです。
小難しい作品論やつまんないウンチクなんかじゃなく、楽しく映画の話がしたかったんです。
それ系の専門学校ではあっても、意外と他の奴らって映画の話、しないんだよね。
もちろん話を合わせることはできるけど、それほど熱心じゃない。
それよりは飲み会の予定や恋愛話のほうが盛り上がる。
まぁ入学して間もないし、しばらくは新しい出会いの溢れてる時期でもあるしね。
18、19のガキにとってはしょうがないとも思うけど、美保はちょっと拍子抜けしてたみたい。
「ねえ、付き合おーよ、あたしたち」告白してきたのは美保のほうでした。
一緒にいる時間が長くなり、ボケ(美保)とツッコミ(おれ)みたいな関係は相変わらずとはいえ、お互い好感を持ってんのはなんとなく分かってたし、そうなんのは自然な気もした。
でもいざ口に出して言われると、正直ビビってたじろいだ。
そんな経験ねえし。
そもそも見た目の釣り合いが取れてない気がする。
激しく、する。
髪こそ近所の美容院でカットしてましたが、おれの全体から漂うオーラは明らかに不審者のそれ。
引っ越した当日にさっそく職質されたりしてます。
無理まじ無理。
でも美保曰く、《高校の時に付き合っとったんよ地元の大学生と。
かっこよかったけど女グセ悪くてさんざん浮気されたっち。
腹たつ。
すぐ別れた。
もともと見た目にはあんまこだわんないし、それに○○くんは浅野忠信に似てるしあたしアサチュー好きなんよ》は?浅野忠信?はじめて言われたし似てねえし。
でも美保はさりげなくコクってるように見えて耳赤いし、からかわれてるワケでもないのかなと思ったおれは「いいよ、おれでよけりゃ」さりげなく答えたつもり。
でも耳が熱くなんのがわかった。
「2人して耳赤くしておれら何やってんだ」と言いました。
美保も「何やってんだ」と笑いました。
それからの日々は、そりゃ楽しいものでした。
映画が共通の趣味ってのはいいね。
学校終わってから単館回ったり、お互いの部屋でビデオ観たり。
話題に困ることもない。
すぐに学校でもおれと美保の関係は周知の事実となり「やるねー」と冷やかされたりもしたけど、照れくさい反面、どこか誇らしい気がしていたのもたしか。
あいかわらず授業は退屈だったけど、学校に居場所がないと感じることはもうなかった。
はじめての時には「したことないから自信ない。たぶん自分のことで精一杯」と正直に言った。
したら「あたしも○○くんとしたことないんやけ、緊張しとるん一緒っちゃ」と励ましてくれた。
ちょっと情けない気持ちになったけど、あちこち触ってたら興奮してきた。
美保はおれの舐めようと「んーっ」て下にもぐろうとしたけど「ま、また今度んときでいい」と引っ張り上げたら「ううー」と不服そうだった。
でも美保のアソコはもうかなり濡れてたんで入れたら気持ちくて5分ともちませんでした。
事後「なんかね、愛のようなものをかんじたっちねー」と嬉しそうに言ってたのを覚えてる。
それからは会うたんびにやってた。
映画の好みはいまいちズレてても、エッチの相性は良いらしく、おれがコツをつかんでくると美保は1回のエッチで2?3度はイクようになった。
ゆっくり奥まで突くのがいいみたい。
対面座位で下から突き上げると背中を弓なりに反らしてプルプル震えながらイッてしまうのがたまらなく可愛かった。
あえぎ声は控え目で「んっ…あっんっ」といった地味なものだったけど、その押し殺した声が逆にAVとは違うリアリティみたいなものをかんじさせ、なんだか嬉しかった。
幸せでした。
ほんと幸せでした。
クソみたいな恋愛映画ですら、愛おしく思えてしまうほど。
美保となにげなくロンブーの番組見てたんです。
仕込みまるだしの、くだらねー例のやつ。
深く考えずに「美保ついてく?」て聞いてみた。
「ありえんち!」即答。
「すげータイプでも?」「ないよ!」「ぜったい?」「ナンパされても彼氏おるっちゆうし。それでもしつこい奴っちすかん!」すごい剣幕。
どうやら美保は元彼に浮気されたことがよっぽど許せなかったらしく、恋人が傷つくようなことは絶対するまいという強い思いがあったみたい。
おれは安心しました。
こりゃおれも浮気なんてできねぇな、なんてのんきに思ってました。
いま思うとバカみたいです。
誰かにナンパさせて試してみようか、なんて余裕ブッこいて考えてました。
いま思うとバカみたいです。
美保が他の男に口説かれてオチる姿なんて想像もできませんでした。
ヤリチン野郎に突かれてイキまくる姿なんて想像もできませんでした。
それを まのあたりに するまでは。
バイトはじめたんです。
短期のバイトはそれまでもちょくちょく入れてたんですが、秋口ぐらいから本格的に。
新宿の洋風居酒屋。
このおれが接客ですよ。
世も末だね。
他のバイト連中は、人間が軽いというか、安いというか、そんな、おれの嫌いな人種。
騒々しいノリは苦手だったし、協調性のなさも災いしてか、職場でもおれは少し孤立気味だった。
けど馴染む努力はしたよ。
美保のことを思うと多少のことは、自分を殺して頑張れた。
クリスマスも近かったしね。
女の子とはじめて過ごすクリスマス。
そりゃ気合いも入んなきゃウソでしょ。
「○○くんはカノジョいんの?」そう話しかけてきたのが北島(北島康介似ってことで)だった。
北島は大学3年で、荻窪にある親の持ちマンションで1人暮らしをしてた。
女グセが悪いって噂は聞いてた(つか自分でも豪語してた)し、まぁおれなんかとは違う世界の住人?せいぜい享楽的に楽しんで女に刺し殺されてくださいよってかんじで、それまであんま親しく話したことはなかった。
「いますよ」って答えたら北島は少し意外そうな顔をしてた。
んで「うっそ、学生?」「誰似?」「プリクラ見して」食いつきすぎだろ。
あげくの果てには「友達紹介してって言っといてよ」「いや紹介て。みんな彼氏いると思いますよ」流そうとするおれ。
「んなん関係ねえべ」なんかムカついた。
「女ってみんながみんなそんな軽いワケじゃないすよ」てめえの周りの激安女を基準にすんなっつの。
「可愛いコほどやれんだよ」北島はそう言った。
半笑いの顔。
見下されたような気がした。
「可愛いと思います?」写真を見せた。
夏前からバイトをはじめた美保が履歴書用に撮った証明写真。
4枚の内の余った1枚。
おすまし顔の美保。
「肌身はなさず持っとるように」と笑顔でくれた、おれの宝物。
「鈴木あみぽくね?ちと地味か」半笑いの顔は変わらない。
いま思うと北…