高校2年から3年までの1年間ずっと同じ痴漢にあってました。
電車通学で、約40分間の間でした。
めは怖くて汚らしくて嫌悪感となぜか罪悪感がありました。
お尻や胸太股などをしつこく撫でまわされていましたが
それ以上の事をしなかったので
段々慣れてくると またか って感じで当覚えた嫌悪感とかは
薄らいでいったよう思います。

夏服のセーラー服の頃でした、いつもとは違った感触を覚えて
振り返ると知らないおやぢがすまして私のお尻を撫でていたのです。
怖さと汚らしさが蘇って来て震えていた所
いつもの痴漢さんが「おはよう」って声をかけてきたのです。
すると、さっきまで私のお尻を触っていたおぢさんは
コソコソと人を分け入って離れていきました。
痴漢さんはソレを確認すると耳元で息を吹きかけながら
「他の人に触られてたの見るのも興奮したよ」って言うんです。
私はなぜかホッとしたのと、耳元で愛を囁かれたかのような
妙な陶酔感を感じあそこがきゅーんってして
痴漢さんにめて感じていました。

いつもなら下着の上からお尻太ももなどを触るだけなのにその日は違っていました。
下着の横から直接指を入れて触ってきたのです。
「こんなに濡らしていたんだ。いやらしい娘だったんだね」
などと耳元で囁いて降りる駅が来るまでずっとクリトリスを
弄られていたので下着おしっこをしてしまったように
ビッショリ濡れてしまい、学校の手前のコンビニで下着
買って履き替えたのを今でも恥ずかしく思い出します。
自慰行為をめてしたのもその日の夜でした。
痴漢さんの指を思い出しながらの自慰行為は
とても刺激的なものでしたがイクとゆう事はまだできませんでした。

次の日の朝、また電車に乗ると同時に痴漢さんが私にぴったりと
体をくっつけて、「ポケットの中に何か入ってる?」って聞いてきました。
ハンカチが入っていたのでうなずくと、「出して」と言って
ニッコリ笑っていました。
ハンカチを出すとスカートのポケットの裏地を引っ張り出し
「怖い事はしないからね」って言ってハサミでポケットの中を切ってしまいました。
そしてポケットに手を入れてきて下着の横から右手を入れてきました。
昨日の出来事あったので直ぐに濡れてきてしまいました。
痴漢さんはあそこからえっちなお汁をクリトリスに塗って
電車の揺れに合わせてゆっくりと弄りはじめました。
昨夜の自慰行為とは比べ物にならないぐらいの快感が体を走りました。
息が苦しくなり膝が震えて立ってるのがやっとでした。
痴漢さんが後ろから支えてくれていなかったら座り込んでしまったかもしれません。

セーラー服の横のファスナーを上げ脇の下から胸を揉んでいた左手が
ブラの中に入ってきて直接乳首をコリコリとつまんできました。
クリトリストと乳首・・・耳元では「濡れてるよ 感じてるね 可愛いよ」
等と言われて私は感じまくっていました。
息が荒くなって周りの人にこの状況がばれない様に必死で我慢すればするほど
快感はより激しく襲ってきてめてイッてしまいました。
恥ずかしさと、痴漢によってめていかされた屈辱と、色々なものがこみ上げてきて
涙が出てきてしまいました。
下を向いて周りの人に気がつかれないようにハンカチで涙をふいてると
痴漢さんは自分のハンカチであそこを丁寧にそっと拭いてくれていました。
「イッちゃったんだね。痴漢されて電車の中で大勢の前で、イッちゃったんだね。
いやらしい娘だなぁ。皆に言っちゃおうかなぁ・・・」
動揺している私に追い討ちをかけるように言ってきます。

「君がいい娘にして、ちゃんと言う事聞いたら秘密にしておくからね」
ってニッコリ笑って私に言うと
ズボンの上からでも、既に大きくなっている痴漢さんのあれを
私のお尻から背中にかけてこすりつけてきました。
この日ほど感じた事は未だに無いぐらい感じてしまいました。
そんな負い目からか私は素直にうなずくと、
「明日の朝はもっと気持ちよくさせてあげるからパンツは履いてきちゃダメ
だよ。履いてきたらこの事言っちゃうからねぇ。」って嬉しそうにしていました。
私は何故か、制服のポッケが穴が空いてしまった事をの言い訳を
母親にどう言おうか。。。そんな事を考えていました(今考えても変だけど)

次の日の朝、下着を着けるべきかどうかを私は迷いました。
(その時は、下着を着けない事の羞恥心とかではなく
下着を着けないって事があんなにも心細くてはしたなく
恥ずかしい事だって知らなかったものですから)
昨日、あの出来事の余韻なのか1日中・・いえ・・その日の朝も
あそこがクスグッタイような痛いようなムズムズした感覚で
濡れ濡れの状態でしたから、下着を着けないでいたら
太ももから三ッ折りにしたソックスまでにも
えっちなお汁が垂れてきちゃうんじゃないかと心配だったの。
晩熟とゆうか無知だったんですね。

家を出る3分前に下着学生鞄にしまい込んで駅へと向いました。
少し歩くと普段では全く気にしないような微風にも敏感になっていました。
スカートがめくれない様に細心の注意をはらって
駅の階段も下から見られないように態と人の多いところで階段を上りました。
電車がホームに入ってくる時に風であそこがヒンヤリしたのに気がつきました。
「私また・・濡れてる・・」
そう思うと、なおさら周りの人が私を見ているような錯覚を覚え
下を向いて羞恥心と後悔の念と戦っていました。
いつもの電車、いつもの場所に乗り込むと
痴漢さんが耳元で「おはよう ノーパンでちゃんときたかな?」って
息を吹きかけるように言ってきました。
それだけで私はもう感じていましたがそれを悟られまいと普通にうなずいてみせました。

痴漢さんは「まじめな顔をした女子高生はセーラー服の下はノーパンですかぁ。
周りの人が知ったらどう思うのかなぁ。」そう言いながらスカートの上から
ゆっくりとお尻を撫でてきます。私は穴の開いたポッケから触られなかったので
(変なんですが)濡れてる事がばれなかった事にホッとしていました。
するとお尻のほうから痴漢さんはスカートを指で器用にたくし上げてきました。
「あ。。嫌ぁ。。。誰かに見られちゃう」心の中で叫んでいましたが
痴漢さんはお構い無しにスカートをたくし上げお尻を丸出しにして
下着を着けていない私のお尻を確かめるように両手で揉んできました。

暫く私の生のお尻を弄ぶと体を密着して右のポッケから太ももを触り始めました。
スカートは捲られたまま痴漢さんの固くなりかけている物を押し付けながら
「今日も感じていいんだよ。ノーパン君も期待してきたんでしょ。いやらしい娘だねぇ
どんな想像してきたんだい?電車の中で痴漢されて感じるなんて。ノーパン電車
乗ってこんなに濡らして。こうやって触ってもらいたかったんでしょ?」
等と言われて私はもう恥ずかしいのと耳元で囁かれる卑猥な言葉と痴漢さんの指で
イク寸前でした。

痴漢さんは私がイキそうになると指を止めて太ももや左手でお尻を撫で回して
焦らしてくるんです。
私の頭の中は昨日の快感の事で一杯で、また昨日のようにイキたいって
痴漢さんの顔を潤んだ目で見ながら、背中に手を回して痴漢さんの固くなった
アレをズボンの上から摩っていました。
自分でも何であんなに大胆な事ができたのか不思議ですが
その時はただの雌になってしまっていたんですね。
痴漢さんはニヤッと笑うと「イキそうなんだねぇ。ここクリトリスが
痴漢に触られてこんなに大きくなってイキそうなんだぁ。」そう言いながら
また手を離すとハンカチで私の濡れ濡れになった太ももとあそこを
ゆっくりと拭くと「でも今日はここまでだよ。もう駅に着いちゃうからね。
明日はブラジャーもつけて来ちゃダメだよ。ノーパンでブラジャーつけないで
おいでね。ちゃんとできたらイカせてあげるよ。」って体を離しました。

私はめての欲求不満をどう処理しいいのかわからずに
その日は1日痴漢さんの事ばかり考えていました。
自慰行為をしてみても、あの快感は得られずにもんもんと朝を迎えました。
朝になると、シャワーを丹念に浴びて下着を着けずに制服を着ました。
夏服ですからブラをしないと乳首が透けて見えちゃうんです。
そんな姿で1日過ごす事なんて出来ないって。。泣きそうになりました。
お友達や先生が見たらなんて思うだろう。。絶対無理って思いました。
でも、また痴漢さんにちゃんと弄ってもらってイカせて貰いたい。。。
私は紺のサマーカーディガンを羽織ってみました。
夏用のカーディガンですから多少透けて見えましたが、じーっと見なければ
わからないって言い聞かせて家をでました。

電車に乗ると痴漢さんは「ノーパンノーブラでちゃんとこれたかのかな?」って
私の体を征服の上から触り始めます。それは儀式のようにゆっくりとゆっくりと
進行していきます。昨日から焦らされている事もあって私は大胆になっていました。
足を開き気味で立って痴漢さんの手が動きやすいようにしていました。
一通りの儀式?が終わると「いいねぇ。君は素直でいい娘だ。」と言いながら
秘密のポッケから右手を入れてきてクリトリスを弄りはじめました。左手は脇から
生の胸や乳首をコリコリと・・・。
また息苦しくなってきて私はその日2回痴漢さんにイかされました。

1年位一人の痴漢さんのおもちゃになっていましが、
彼氏が出来て、私が東京の大学に進学してしまったので
もうあの電車には…