最近起きた、出来事を書きたいと思います。私45歳、妻42歳は子育ても終わり、この時期になると山に山菜採りに出かけます。めは、休日に暇を持て余し、家でゴロゴロしていたんですが、TVを見て山菜採りに出かけてみる事にしたんです。始めてみると結構面白く、妻共々ハマってしまいました。我が家から車で20分位走った山道に車を止め、田んぼ道を進むと草木の多い茂った所に山菜は生えていました。私と妻はいつもの様に、2手に分かれ山菜を採り始めました。夢中で採り続け、ふと気づけば2時間が過ぎようとしていて、私は妻と合流しようと辺りを探した-----んですが 見当たりませんでした。この辺の山は2人共良く把握している
ので、迷う事は無いと思ったんですが、 心配になり、色々探して歩きました。 草木が多い茂った場所を出ると、小さな田んぼが幾つかあって、その奥にも林がありました。 私は、田んぼを超え林に入ろうとした時、女性の声が聞こえそっと近づいてみました。 笹竹を掻き分け、中に入って行くと、声が段々大きく聞こえました。 声の内容から、明らかに喘ぎ声で「駄目、そこ気持ちいい!!!」と感じている様でした。 私は興奮しながら、音を立てない様に最後の笹竹を掻き分け中を見ると、女性が四つん這いになり その後ろから、男性がお尻舐めている姿でした。 「こんな所で、大胆だな!」と思うと同時に、興奮でいっぱいの私の股間もギンギンに勃起していました。 そのまま、彼らの行為を覗いていると、男性がズボンを脱ぎ女性に舐めさせようとしている所でした。 男性は60代位でしたが、巨根で20cm位あるチンポはギンギンに立っていました。 「待って、もう許して」 「何言ってるんだ!こんな所でしょんべんしてる所、見せつけたくせに」 「だって、我慢出来なかったんです」 「ここは便所じゃないからな」 「すいませんって誤ったじゃないですか?」 「もう、俺のこれが我慢出来ないってさ」 「夫が探していると思うし」 「構うか!もう少し、俺の相手をしてもらうよ」 私は、会話の内容と女性の声を聴き驚いた。「まさか!妻?」 彼女が、彼のチンポを咥えようとした瞬間!顔がチラッと見えた。「やはり!」 今、チンポを咥えようとしているのは、妻だった。 驚いたが、声を掛ける事も出来ず、私はギンギンの股間を握りしめていた。 今になって、妻がこんなにも厭らしい体系で、いい女だったとは・・・。 考えれば、妻とのSEXも数年位御無沙汰で、妻は1人オナニーをしている事も知っていた。 子供も大きくなり、何となくSEXの回数も減り、いつの間にかしなくなっていた。 今、他人のチンポを咥える妻を見て、私は無性に興奮していた。 そして、妻も満更ではない様子だった。 久々のチンポだったと思う、いつもバイブオナニーに浸っていたんだから・・・。 男は、巨根を妻の口に入れ込んだ。妻は余りの大きさに苦しそうにしていた。 口からはヨダレがこぼれ落ち、手で必死に引き離そうとしていたが、男に頭を押えられ 離れる事が出来ない様だった。 「ゲッホッ!」としながら、チンポを出されると、また直ぐに入れられていた。 目は涙ぐみ苦しいと言わんばかりだった。 男の手が離れると、妻はチンポを吐き出した。 「奥さん、気持ち良かったよ。今度は下の口を試すからな」 「駄目、下は許して」 「何言ってるんだ、期待で濡れ濡れのくせに」 「違います。お願い許して」 男は、妻の言葉を無視してマンコにチンポを擦りつけた。 「あ~ん・ダメ」 チンポを触れただけで、妻は感じていた。マンコからは糸を引いた液が太股を垂れ落ちていた。 男はマンコのラインをチンポで何度も擦りつけると、ゆっくりと挿入した。 巨大なチンポが妻の穴いっぱいに広げながら入っていった。 「あ~凄い!大きい」 「そうだろう!自慢のチンポだ」 「あ~逝きそう」 「何だ!止めてもいいんだぞ。どうする?」 「止めないで・・・もっと欲しい」 「何が欲しいんだ?」 「あなたのチンポです」 妻の口から遂に要求する言葉が発せられた。 「じゃ、遠慮なく行くよ」 そう言って男が、チンポを奥まで押し込んだ。 「凄い!こんなのめて」 「そうか!いいか」 もう妻に迷いは無かった。男のチンポが出し入れされる度に、妻は背中を反り快楽の声を 上げていた。 「あ~逝く!!!」 妻の体が小刻みに震え妻は絶頂を迎えた。 「まだだよ、奥さん。もっと気持ち良くなって貰わないと」 男は、チンポを前後に動かし、手でクリトリスを刺激した。 「あ~そこ!気持ちいい!また逝く・逝きます」 妻は、男の攻撃に何度も絶頂を迎え「ハァハァ」していた。 こんな妻を見るのはめてだった。今まで私は妻を逝かせた事があったんだろうか? 妻は、こんな刺激はめてだったんだろう!私は・・・・ちょっと虚しかった。 男の動きも激しくなり、そして止まった。 「出た」 「中に?」 「すまんな奥さん・中だししちゃったよ」 「え~そんな」 抜かれたマンコからは白い精液がダラ~っと垂れ落ちてきた。 まだ精液の付いたチンポを男は妻の口に持っていき、舐めさせた。 妻は、何も言わず頬張った。 「また、遣りたくなったらここで、しょんべんしな!」 男は、ズボンを履くとトラクターに乗り農作業を始めた。 妻はポケットティッシュを取ると、マンコを拭きジャージズボンを履き、長Tを直した。 私は、そっと妻から離れ、元居た場所に戻りキョロキョロしていた。 妻は何もなかった素振りで、「採れた?」と近寄って来た。 「ちょっと探したよ。見当たらないから・・・」 「向こうで探したんだけど、無くて」 「俺はこんなに採れたよ」 「凄い!私は全然!」 「そろそろ帰ろうか?」 「そうね」 妻は一瞬、トラクターの男の方を見た。 男も、こっちをチラチラ見ているのは分かった。 私達は、車に戻り帰路に着いた。 その夜、私は何年か振りに妻を抱いた。昼間の興奮が蘇り激しいSEXだった。 今までに無いくらい2人は燃えた。 翌日、妻が「今日も行く?」と言いだした。「嘘だろう!」と思いながらも昨日の事が 頭をよぎった。 「いいよ。何処にする?」 「昨日の山でいいよ」 「昨日採ったし、あるかな?」 「リベンジ!私全然採れなかったから」 私も妻も期待していた。山菜採りは口実で、欲求解消に・・・。 車を走らせ、昨日と同じ場所に着いた。 山に入ると、昨日のオヤジもトラクターで作業をしていた。私達に気づくと、ずっとこっちを 見ている感じだった。 「じゃ、私向こうを探すから」 と田んぼの奥を指した。 「じゃ、俺はこっち」  私と妻は別々に歩き出した。私は速足で、妻の向かう方へ先回りした。 妻を遠目で確認すると、チラチラ男性の方を見ていた。もちろん男性も見ていた。 トラクターが妻の方へ向かって着て、近くでエンジンを止めた。 妻が薮の中に入ると、男も後を追う様に付いて行った。 私も音を立てない様に、近づくと薮の中で妻がズボンを脱ぎ、パンティを下ろすと オシッコをし始めた。 「誰だ!こんな所で・・・遣られたい様だな」 妻の手を引き、更に奥へ進むと男がシーツを草の上に敷いた。 今、オシッコしたばかりのマンコを舐め出した。 「今日も来るなんて!何て変態女だ」 「忘れられなくて・・・」 「今日もいっぱい入れてやるからな」 「お願いします」 妻は、上も脱ぎ全裸になった。日の光に照らされ白い肌がとっても綺麗に見えた。 男と妻は69の形になり、お互い陰部を舐めていた。 黒々しく光る巨根と白い肌に1線を描いたかのように締まったマンコがはっきりと見えた。 男は、妻のマンコを手で広げ、小さく出たクリトリスを刺激していた。 1筋の割れ目からは透明な液がキラリと光って見えた。 男は、その液を指で撫でながらマンコ周辺を刺激し、穴の中に入れた。1本・2本と入れ 出し入れをしていると、妻の口からは喘ぎ声が漏れていた。 指で激しく刺激され、遂には潮を吹きだした。大量の潮を男は顔で受け止め、舐めていた。 「凄いな奥さん・・潮吹いちゃって」 「すいません、我慢出来なくて」 「淫乱なのか?旦那は下手なのか?」 「そんな事・・・」 「図星ってとこみたいだな」 男は、妻を四つん這いにすると、バックから巨大なチンポを入れ始めた。 「あ~これ・凄い!いい」 「旦那より大きいのか?」 「はい!大きいです」 「俺のはいいか?」 「はい」   妻は、男のチンポにハマってしまったのか?昨日のSEX以上にいい声を出していた。 私もすっかり夢中で、覗いていたので気づかなかったが、よく見ると私の向かえ位に もう一人覗いている老の男性が居た。男性も山菜採りに来て遭遇したと思われるが、妻の 行為を見て、オナニーをしている様に見えた。 妻も男性も気づいていない様で、激しくプレーを続けていた。 妻がぐったり倒れこみ、男の精液を体内に受け止めていた。 男がチンポを抜くと、妻に口で処理してもらいズボンを履いていた。 男は、妻に山菜の入った袋を渡し、「また来いよ」と言って草村に消えた。 妻も息を整え、戻る準備を始めた時、向かえに居た老の男性が現れ、体を押えられると 無理やり、チンポを入れられていた。 「ちょっと何するんですか?人呼びますよ」 「お前が悪いんだろ!こんな所で」 「止めて下さい」 「うるさい!直ぐ終わる我慢しな」 彼は、そう言って妻の後ろから激しくピストンを繰り返した。 「うっ・・・」そう言って中に出すと、ズボンを上げ逃げる様に消えた。 あっと言う間の出来事に私も唖然としてしまった。 妻も、茫然とその場に座っていた。 数分して、妻は服を着だしたので、私も山…