まず俺はが好きだ。

俺が中2の頃に気が付いた。

が好きなんだって事に。

そしてキッカケも中2だった。

めて同人誌というものを見たのがきっかけだった。

内容は好きな子の飲み物にヨダレを入れたり、牛乳に精液を入れたりして主人公が毎度オナニーをするような内容だった。

中2になるまでは可愛いだったが、思春期の頃に風呂上がりの裸を見てからというもの、異性として好きになってた。

は俺の事を兄ちゃんと言っていたが同人誌の”にいにの事大好き”というセリフを見て、俺はに”にーに”か”にぃ”と呼ぶように積極的に言い聞かせた。

は不思議に思ってか”なんで?”と言ってきたが、”兄ち
ゃんっていうのは恥ずかしいから”という意味の分からない理屈をこねてそれを貫き通し現在”にぃに”、時に”にぃ”と呼ぶようになってくれた。

性的興奮を覚えるこの呼び方になるようになってからますますが好きになっていってた。

のパンツとか嗅ぎながらオナニーしてた。

物足りなくなると小6のスポーツブラに射精する毎日。

でもそれもだんだん物足りなくなってた。

との仲は凄く良くて、は俺の事を兄として見ている事から恥じらいもなくくっついてくる。

何度も勃起しているのを隠してた。




一緒の部屋で漫画本を読みふけって、が寝た時がチャンスだった。

は何度も俺の部屋で寝てしまう事があり、俺は横になったを見ながらコタツの中でしごく。

これを何度も繰り返した。

しかしこれもどんどん物足りなくなっていった。

は精液で汚れた手を髪の毛に付ける。

その次は手に出した精液を体に付着させたり。

1番攻めたと思うのが、服の中に精液を入れた時だった。

その後またしごいての繰り返し。

は気づいてなさそうだったのでどんどんエスカレートしていった。

小6のスカートの中のパンツに手を伸ばして精液をつけようとしたが寝返りを打たれ虚しくもできなかった事を覚えてる。

次に盗撮も試みるようになった。

同人誌を見なければこんな事にもならなかっただろう。

携帯のカメラを長時間モードにし、SDカードを入れて盗撮した。

同人誌のは皆オナニーをしていたのでそれが目当てだった。

何度も盗撮したけどオナニーはしてくれなかった。

と言うのも、オナニーを覚えてないようだった。

非常に残念だったのを覚えてる。

は俺のベッドで寝てしまう事もあった。

一緒に布団に入りオナニーもした。

もちろん精液は太もも辺りにかけた、その後も興奮し続けた。

完全に寝てるとは思っていたが今思うと起きていたかもしれない。

でもは次の日も明るく俺に懐いてくれてた。

俺は起きないよう、バレないように濡れた太ももをティッシュで拭いた。

パンツに微量の精液をつけてのタンスにひっそりしまった事もあった。

が居ない時に何度もつけた。

パンツをチェックしなくなっている事を確認してその場でしごいた。

の物は何でも舐めた。

箸、筆箱、リコーダー、その他もろもろ。

歯ブラシには昼間ぐらいに射精し、乾いたところを使わせた事もあった。

が中1になった頃、もグンと色気が出てきた。

同人誌を見なければ興奮を覚えなかっただろう制服

まさにぶっかけの対象になった。

始めに制服にかけたがシミになった。

これはマズいと必死に洗った。

どうやったらバレないで済むか、考えついたのがスカートの裏側だった。

すぐに拭けばあまりシミにならない上にしかも紺色。

我ながらナイスアイディアだった。

とにかく思春期の俺はにあらゆる手段で精液をつけたりしてた。

水着">スクール水着ぶっかけるのに最高の的だった。

塩素の匂いとと思われる匂いで充満した水着に入れるバッグは最高に興奮したのを覚えてる。

持ち帰った時にはまだ濡れていて、ぶっかけても洗えば親にもバレないという最高なアイテムだった。

が遊びに行ってる時は、のベットにうつ伏せになり擦りつけた。

さすがに匂いでバレそうだったので出す時はティッシュだった。

だが透明なカウパー液はついていたのでそれだけでも興奮した。

これを書いてる今もカウパー液が出てきてるぐらいが好きだ。

ぶっかけにも飽きてきた頃、次の手にでた。

今までは”精液を付ける”という行為だったが、”何とかして体の中に入れたい”という願望が強くなっていった。

精液は白く濁っていて匂いが強く、食べ物にまぜるのは困難だった。

だが牛乳は上手くいった。

同人誌に描かれていた”牛乳に精液を混ぜる”という発想を元に行動した。

しごいた精液を牛乳に入れてよくかき混ぜると、匂いは牛乳の匂いに負け、分からない状態となった。

どうやってこれを飲ませるかだが、は普段から牛乳をよく飲むので非常に助かった。

いつも飲む時はが自分で牛乳を取っていたが、その日は俺が何食わぬ顔で牛乳を用意してやった。

それをゴクゴク飲むに興奮を抑えきれなく目に焼き付けた後、サルのようにのブラでしごいた。

のブラは中1の後半辺りにスポーツブラから可愛いブラに変わった。

ブラが壊れそうなくらいに擦りつけしごき倒した。

綺麗な胸が常に密着していたと思われるブラの内側の部分を見ると頭がおかしくなりそうだった。

が中2になる頃にはのブラのカップ数が増えていったのを覚えている。

そして捨てられたブラはひっそりと俺がもらって毎日夜お世話になった。

中2のの体はエロく、多分オナニーしてない日はなかった。

その頃になるとの専用シャンプーができた。

の匂いは今まで以上に興奮するようになっており、同クラスにいる女の子以上に良い匂いがした。

俺の頭の中にはもう何をしようか決まっていた。

シャンプーに精液を入れる事にした。

大量だとバレると思い少量だったが、風呂上がりのを見るだけで興奮を抑える事ができない。

しばらくしてが寝る寝室に潜り込む事を決意した。

決行は深夜。

胸の高鳴りが止まない。

この頃もよくは俺の部屋で寝てしまうような事があったが、寝付きが最高に良い深夜に決行をきめた。

ゲームしている、漫画本を読んでる、楽しそうに話してる、可愛かった。

好きだった。

そして脳裏に過る精液まみれのを思うといつまで経ってもは可愛かった。

自分はいつも深夜の4時ぐらいまで起きていたので楽勝だった。

決行時間になるまでにプリントアウトしたの写真に射精した事を覚えてる。

プリントアウトした写真がバレると家族会議決定なので、コンビニの袋に他のゴミと一緒に入れてコンビニのゴミ箱に捨てていた。

深夜の3時半ぐらいになって足音を立てずにひっそりとの部屋に忍び寄った。

いつも以上に床の軋む音が大きかった。

真っ暗になったの部屋は良い匂いだった。

ゆっくり忍び寄ってに近づいて顔を覗いてみた。

プニプニしたり、少し音を立てても全く起きる気配はなかった。

昔から寝付きはかなり良いみたいだった。

布団は少しはだけていてパジャマが見え、さらには胸元も見えた。

胸のドキドキがに聞こえそうで怖かった。

少しずつ手を伸ばし、パジャマの上のボタンを外しにかかった。

スースー息を立て、呼吸をしている可愛いの顔を見るたびにめちゃくちゃにしたくなった。

1個目のだけのボタンも10分以上かけた気がするが、今思うと3分も経ってない。

2個目のボタンも慎重に外した。

2個目のボタンを外したところでの胸の上辺りが見えた時は心臓が爆発しそうだった。

中1以降、の胸は見た事がなかった。

3個目のボタンを上手く外したところで胸元のパジャマを少し横にすると綺麗の胸が見えた。

もうここらへんで俺のパンツはカウパー液でビショビショだった。

ここらへんで気づいた、どこまでやろうかと。

俺はもの凄く優しく胸を撫で始めた。

いつ起きてもおかしくない、起きたら終わる。

めて触る胸の感触は驚くほど柔らかったのを覚えてる。

右手は胸を撫で左手はしごき始めてた。

撫でるだけじゃ物足りなくなり、少しパジャマに手を入れる形になって揉んだ。

は少し”んっ”と言ったがそんなの関係なく揉んだ。

さすがに乳首をいじるとヤバそうだったのでいじらないようにはしていたが、抑えられなかった。

そしてさっき抜いたはずだったのに俺は射精した。

射精してドロドロになった左手、飛ばないように左手で抑えたが信じられない量が出ていて、床に垂れ落ちたのを今でも覚えてる。

それでも俺の興奮は抑えられなかった。

ドロドロになった左手を揉んでいた右手と入れ替えた。

もう取り返しがつかない状態になってた。

ドロドロになったの胸を揉むと興奮というレベルに収まらない。

ドロドロでヌルヌルになった胸を揉んでいるとまた勃起してきた。

ドロドロの精液で乳首を撫で回すと体が少し動いたのを覚えてる。

俺はまたしごき始めたが、次はもう顔にかけたいと思った。

1度走り始めた性欲は止まらなかった。

布団の下から右手を忍ばせ体を触りまくった。

少し汚れた右手を股にスリスリした。

多分この時起きられたらそのまま犯してたと思う、バレてしまったのならもういっその事…と。

シャンプーの匂いと女の匂いで頭がおかしくなりそうだった。

俺は左膝をベットにかける姿勢になり、顔に射精…