2010/08/12 06:20┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者涼太には人には言えない秘密があった。
それは女装趣味。
学生">中学生の頃から母親の化粧品に興味をひき、
不在中に化粧や衣服の着用に手を出すようになっていった。

高校1年生となったとき、バイトを始めた。
もちろん目的は、女装道具を調達するための資金。
化粧品、ウィッグ、そして洋服類は通販で購入した。
インターネットを色々調べると、局留めが使える『そういう趣味』用の通販サイトがあったのだ。

そして一通り揃えると、完全に女装することが楽しみになった。
夜中家族が寝静まってから、こっそりと部屋で女装をする。
ポーズを決めて
デジカメで写真を撮ったりして楽しんでいた。
流石に外出することは出来ないが、いつか外を歩きまわってみたいという願望は抱いていた。


火曜日、涼太はバイトの最中も終始ニヤニヤしていた。
今度の週末が待ちきれないからだ。

店長「どうした、気持ち悪いな?すっげぇご機嫌だな?」
涼太「あ、はい、実は、今度の週末、家族が用事で田舎へ帰るんです。」
店長「え、お前も?」
涼太「いや、もちろん日曜日はシフト入ってますから、家で留守番ですよぉ。」
店長「あ、そうか、家で一人になれるから、彼女でも連れ込む気なんだろ?」
涼太「いや、そんなんじゃないですけどぉ・・・。」
店長「いいなぁ、若いやつは。」
涼太「いやぁ、どこも出かけず、家で一人でゴロゴロしてるだけですよぉ?」

家族がいなくなり、家ですき放題出来ると言う点はあっていた。
ただ、彼女を連れ込むのではなく、ある意味自分が「彼女」だった。
週末は気兼ねなく女装できる、
なんだったらちょっと冒険して夜中に外へ出てみるのもいいかもしれない。
そんな理由で涼太の気持ちは、すっかり週末の楽しみに向いていた。

バイトの終わる時間に、同じシフトの絵里が話しかけてきた。

絵里「涼太、ねぇちょっと。」
涼太「はい、なんですか?」
絵里「ごめんね、相談があるんだけど・・・。」
涼太「は、はい。」
絵里「実は、今度の週末、彩香たちと鍋パーティーをするんだけど。」
涼太「はぁ、それはそれは・・・」
絵里「メンバーは、彩香と、美咲と、千尋と、私の4人。」
涼太「はぁ・・・それで・・・」
絵里「涼太もお誘いしようかなぁって、ね?いいでしょ?」
涼太「えっ、今週末ってのは・・・」

そこへ次のシフトの千尋が姿を現して涼太に迫った。

千尋「いいわよね?涼太くぅん?さん">おさんたちと一緒に飲みましょ?」
涼太「えっと、その、週末はちょっと予定が・・・」

絵里が冷たく言い放った。

絵里「さっき、家で一人でゴロゴロしてるだけっていってたじゃん!」
涼太「えっ?!」
絵里「店長との会話聞いちゃった、ごめんね。だからお誘いしたんだ♪」
千尋「なら、決まりよねぇ?」

涼太は必死にお断りの言い訳を考えた。
せっかく女装を存分に楽しむ千載一遇のチャンスなのに、
どうしてバイトの先輩たちと過ごさなければならないんだろう。

涼太「でも、僕ほら、未成年ですし・・・飲み会は・・・」
絵里「私だって、あんたの1個上だし!高校生だってお酒くらい良いじゃん!」
千尋「うん、OK、OK、わたしも高校生の時は連日連夜飲みまくっていたんだから!」
涼太「あ、その・・・」

何故自分が誘われたのか分からなかったが次の絵里の言葉に納得した。

絵里「それでぇ・・・もういっこお願いがあってさ・・・」
涼太「な、なんでしょう?」
絵里「開催場所は、涼太の家でってことで♪」
涼太「えええっ?!」
千尋「いいわよね?」
涼太「あの、いや、それは・・・!」
絵里「だって、おうちに誰もいないんだもんね?」
涼太「そ、それは・・・」
千尋「本当は舞の家でやる予定だったんだけど、舞が都合悪くなっちゃって。」
涼太「じゃあ千尋さんちや絵里さんちとか・・・」
千尋「他の4人はみんな実家なのよ、思う存分楽しめないの」
絵里「開催場所に困ってたところだったんだ。ね?いいでしょ?」
千尋「おねがい。ね、涼太くん。」
涼太「う・・・あ・・・」

もはや諦めるしか無かった。
背が低くて童顔で、そんな見た目から普段から何かとからかわれている気の弱い涼太は、
絵里たちの申し出を断り切れなかった。
特に千尋は23才の一番年長。
美人だけどちょっとババくさい言動もあったり、普段から厳しく接客指導されたりと、
涼太にとっては怖い存在だった。
結局しぶしぶ頼みを承諾し、週末は4人の女の先輩に家を占拠されるハメになってしまった。


土曜日、午後になって両親は玄関先で涼太に、
火の始末と戸締りにくれぐれも気を付けるようにと言いのこし、五千円札を渡して出て行った。
パタンとドアを閉じると同時に自分だけの時間が始まるハズだったのだが・・・
涼太は溜息しか出なかった。
せめて先輩たちを迎えに行く、夕方6時までの間だけでも楽しもうと、しばし変身を楽しんだ。
これがそもそも、いけなかった・・・

家族がいないのだから、家の中のどこかわかりずらい場所に女装道具を隠しておくべきだった。
例えば母の部屋なら、みつかってもなにも不思議は無い。
それなのに、ついうっかり時間を忘れて楽しんでしまい、
気づいたら待ち合わせの約束に迫っていたのだった。
慌てて変身を解き、道具をまとめてどこかにしまおうとしたが
咄嗟に場所を考えられず、いつものように自分の部屋のクローゼット奥深くに押し込んでしまった。

全力疾走で駅前の待ち合わせの場所に向かうと、4人はすでに到着していた。

彩香「おそい!」
絵里「15分遅刻なんだけど。」
千尋「冬の空の下で、すごく寒い思いさせてるのよ?」
美咲「まぁまぁ、みんな、そんなに言わないでも・・・」
涼太「すいませ・・・ん・・・はぁはぁ・・・」
千尋「涼太くんに温めてもらわなきゃなぁ♪」
涼太「え?あの・・・」
彩香「ふははは、涼太、どうする?千尋さんに誘われてんぞ!」
涼太「いや、あの、ごめんなさい・・・許してください。」


一通り遅刻を咎められたところで、5人は買出しをして、食材とお気に入りのお酒を調達した。

家につくと、さっそく鍋パーティーを始めた。
は確かに気が重かったけど、女装が出来ないのは残念だったけど
台所で先輩たちがキャッキャ騒ぎながら調理しているのを、
リビングでぼんやり眺めているのも悪くなかった。
それに、普段いじめられてるけど、美人の先輩4人と一緒に鍋を囲みお酒を呑むと言うのも
客観的に見たら羨ましがられるシチュエーションなのかもしれない。
ここまできたら、開き直って楽しまないと損だと判断することにした。


ひとしきり鍋を楽しみ、お酒も過度に入ってきたところで、彩香が言い出した。

彩香「涼太は、あれか、彼女とかいないのか?」
涼太「え、いや、いないですけど・・・」
彩香「母性本能くすぐる系だから、あれじゃね?そういうのに弱い女とか騙せるんじゃね?」
千尋「うん、わかる。」
美咲「そうですね、涼太くんはそういうキャラだから。モテると思う。」
絵里「ええ?そうですかぁ?涼太は可愛いけど・・・、彼氏としては、う?ん、微妙かなぁ。」
千尋「作ろうとしないの?」
涼太「いや、今は別に・・・」
彩香「だって、エロいことには興味あるんだろ?」

ここで、涼太の中で嫌な予感がした。
ここから慎重に受け答えをしないと、なにかとてつもない展開が・・・

涼太「別に、そういうのは・・・」
彩香「うそつくなよ!」
千尋「そうね、高1にもなって、興味がないってのは変よねぇ」
涼太「本当ですって・・・」

すると彩香が突然提案した。

彩香「涼太のお部屋がみたい!」
涼太「えっ?!」
千尋「よし行きましょ!トレジャーハントよー!」
絵里「あ、なんだか楽しみかも♪」
涼太「そ、それはちょっと・・・」

ひとりだけ酒が飲めずジュースで過ごしていたシラフの涼太だけは
その恐ろしい状況におろおろするしか無かった。
唯一美咲だけは、まぁまぁとハイテンションの皆をたしなめていた。

先陣を切ったのは彩香。
続いて千尋、絵里と後に続き、二階へと登っていった。

勢い良くドアを開けると、一応綺麗に片付けられた部屋。

千尋「ふぅん、ちゃんと綺麗にしてるのね。」
彩香「でも千尋さん、やっぱり男の子ですから・・・」
絵里「そうですよね、ふふ・・・」
千尋「ねぇ、涼太くん、やっぱりエッチぃものとか、もってないですよねぇ?」
涼太「あの、千尋さん・・・やめましょうよ・・・」
美咲「もう、ちょっと・・・みんなあまり涼太くんに迷惑をかけないで・・・」
千尋「いいからあなたも探しなさい♪」
彩香「ベッドの下は何もないみたいッス!」

涼太の悪い予感は的中した。
どうか、見つかりませんように、と心のなかで何度も念じた。


クローゼットをまさぐる絵里を見て、もうなりふりかまっていられず涼太は動いた。
絵里の腕をつかみ、クローゼットから引き離そうとする。

涼太「もういいじゃないですか、絵里さん・・・」
絵里「あ、こらっ・・・ちょっと・・・」
彩香「ん?クローゼットか?」
千尋「美咲、涼太くんを抑えつけて。」
美咲「えっ、あの・・・」
絵里「きゃー、やめて、涼太ぁー」
涼太「ちょ、絵里さん!」

絵里は嬉しそうに悲鳴をあげながら涼太の腕にしがみつき、
逆に涼太が動きを抑えられる格好になった。
彩香もそれに参戦し、完全に身動きがとれない状態になった。

千尋「さー、ではクローゼットを検査しますからねー。」

千尋は容赦なくクローゼットの中の物をかき…