僕は同人誌を書いていて、すごく下手なんですけど、上手いMってやつとWってヤツのサークルに入ることになって、一緒にツルんで遊んでいました。
大概、僕はMのアシに使われていて、それでもMのテクを参考にすることができるので、喜んでアシを引き受けていました。
Mも親切に教えてくれて僕の下手な原稿も、嫌な顔一つせずにまとめてくれました。
Wも絵が上手くてサークルはMとWのメインメンバーに僕が穴埋めをするような形でやっていました。
MとWは、今風の容姿をしていて、はたからみるととても同人屋には見えない感じでした。
僕は何の変哲も無い容姿で、マンガ書いてるといえば、納得されるような、そんな感じでした。
-----ところが、僕のほうが先に彼女ができました。
その彼女、Y佳はいわゆるコスプレ娘で、イベントで知り合いました。
Y佳はカワイイ感じのコで、胸は巨乳というほどではないけど、そこそこあって、それでいてスマートな体つきをしていました。
性格はちょっとボケ入ってますが明るくて、はっきり言って、なんで僕みたいなのが好きなのか、他にもっといい男と付き合えると思う、そんなコでした。
MとWは経験が無いわけでは無いんですが、今は彼女がいませんでした。
それでも、MとWは僕に彼女が出来たのを祝福してくれて、紹介したときもカワイイカワイイと誉めてくれて、Y佳のほうも、二人にすぐ打ち解けてイベントで売り子をしてくれるようになりました。
僕達のサークルは、男性向け、いわゆるHマンガなのですが、Mの絵がきれい系(ハイエンド系)で、鬼畜な話でもなかったので、Y佳も嫌な顔一つせずにその本を売ってくれました。
それどころか、自ら本を読んで感想を言うときもありました。
Mは人から感想を言われることがめったに無いため、喜んで、自分の作品を語ったりしてました。
盛り上がってくると、MがY佳に、女の子はどういうところが感じるのかとか、H話ぎりぎりの話をしてきます。
Y佳は恥ずかしがりながらも胸は揉まれるよりなでられる方が感じるとか、乳首はいきなりつままれても痛いだけとかを、具体的に話し、まるで自分の性感帯を打ち明けてるかのような感じでそばで聞きながら、勃起してしまったりしました。
Y佳とは、Hはまだでした。
キスならしてましたが。
僕自身童貞だったので、ラブホに誘う勇気はまだありませんでした。
だから、Y佳の話が生々しく、勃起を隠すのが大変でした。
夏になって、某巨大イベントが近づいてきた頃、Mがスランプに陥りました。
僕からはMの絵はなにも変わってないように見えるのですが、Mは書きたい風に書けなくなったとか言ってました。
原稿の締め切りも近づいてきてて、Mがかわいそうに見えましたが、僕にはどうすることも出来ませんでした。
Wは自分の原稿をさっさと仕上げていて小さなイベント用のコピー誌をせっせと作りながら、「定期的に起こるんだよな」とか言いながら、我関せずという態度でした。
ある日、Mが僕に頼みごとをしてきました。
どうしても書けないアングルがあるから、Y佳にデッサンモデルになって欲しいということでした。
僕は二つ返事で了承しました。
何かできることがあればと思っていたからです。
その時、書いてるマンガの元ネタとY佳がしているコスプレのネタが一致していたので、(ピア・キャロットというファミレスゲーム、Hゲー)その格好でモデルになって欲しいとの事でした。
僕はHな格好をさせないか、すこし不安になりましたが、そんなことをいうとスランプ中のMがキレそうな感じがしたので、Mを信用してそのことは言いませんでした。
やってみたかったというのと、Mがスランプなのを知っていたので、Y佳も協力したかったのでしょう。
週末、小さなイベントに出るので、その後で、Wの部屋に行くことになりました。
Wの部屋の方が広くて、あまり散らかってなかったからでした。
Wはシンプルな部屋が好みだったので、テーブルとベッド以外、ほとんど何も無いような部屋でした。
(Mの部屋は原稿を書く部屋なので、普段から足の踏み場もありません) イベントが終わると、Y佳と合流しました。
Y佳は大きい荷物を持っていました。
中身は、今まで作ったコスチュームでした。
そんなにいらないのにと僕達は言いましたが、Y佳は重たそうにしながら「勝手に持ってきただけだから」といってうきうきしていました。
Wの部屋に戻って、一息ついた後、とりあえず清算して、乾杯ということになりました。
ビールを一気に流し込むと、いつもどおり、変な客の話や、他のサークルの話しをしました。
MとWと僕は、コピー誌を徹夜で作っていたのでバテバテでしたが、Y佳がMを心配して気を使っていたので、Mはいくらか癒されてたみたいでした。
僕はそれをみて、少しやきもきしました。
Wはマイナースで酒を飲んでいました。
しばらくして、Mがデッサンを始めようかと言い出しました。
Y佳は待ってましたといわんばかりに、バッグからいろいろコスを出してきました。
かわいいのから、変なのから、きわどいのまでいろいろあって、これを全部作ったと聞いてびっくりしました。
これでも、縫いが甘くてほつれたのや、一部に紙を使ってたものは持って来てないとのことでした。
それから、Y佳のミニコスプレショーが始まりました。
バスルームに入っては、色々なコスチューム着替え、僕達に見せてくれました。
フリフリしたものから、ピチピチのタイツまであり、ハイレグバック">Tバックのコスや超ミニのスカートに腿までのストライプのタイツ姿のかわいいものなど、Hな姿が連続して登場し、股間はずっときつきつで苦しいままでした。
Mは、楽しみながらも、スケッチブックを用意して、軽くデッサンをしていました。
そして、結局ピアキャロのコスで、いろいろなポーズのデッサンを取ることになりました。
は、立ちポーズから始まりました。
腕を上げて振り返りのポーズや、髪を掻き上げたところのうなじのアップや、指の位置、胸を自分のウデで押しつぶすように組んで、それを上から見るなど、色々なアングル、色々なポーズをデッサンしていきます。
Y佳は普通に立ったり座ったりしながら要求に答えMはY佳の周りを忙しく動き回って、デッサンを取っていきました。
特に指の形を気にしているようでした。
その内、上半身を倒して、胸を強調するようなポーズ。
しゃがんでパンチラが見えるポーズなど、Hゲーによくあるポーズをさせたりしましたが、元々パンツが見えるようなコスだし、そんなことでいちいち文句言うと、嫉妬深いヤツと思われるのも嫌だったので、チューハイを飲みながら、様子を見ていました。
Y佳はきゃっきゃっ言いながら、楽しんでいるようでした。
Mのデッサンはかなり早く、まるで写真を取っているように感じました。
僕は、Mの後ろに回って、どんな風に描いてるか見ました。
ところが、Mはごく簡単にしかスケッチしてませんでした。
体のディティールは細かくなく、まるでデッサン人形を描いているようです。
所々、布や指が詳しく描かれていますが、全体としては殴り書きに近い描き方です。
僕は、「こんなので、いいの?」とつい言ってしまいました。
すると、Mはムッとした表情で振り向き、「当たりとってるだけだからいいんだよ」 「見んなよ!」と怒りました。
Y佳も「だめだよー、×○×(僕の名前です)ちゃん」と僕に言いました。
僕は「ごめん」と言いながらもと座ってた場所に戻りました。
僕は、あんなに冷たい表情をするMをめてみました。
しかも舌打ちまでされてしまいました。
少なからずショックを受けた僕は、チューハイをちびちび飲みながら、楽しそうな二人を見ていました。
それでもデッサンは結構静かに進行して、僕はその内うとうとしてきました。
二日連続で徹夜してて、酒も入っているので当然です。
Wは既に寝ていました。
僕は、起きていなくちゃと思いがんばっていましたが、だんだん瞼が下りてきました。
「わっ、これちょっとHだねー」というY佳の声に少し目がさめました。
MはY佳を座らせて、足をM字に開かせてもぐりこむように頭を突っ込んで デッサンしていました。
僕は、ちょっとドキッとしました。
そして少し嫉妬心が出てきました。
でも、MはY佳をリラックスさせるような話しをしながらも、ものすごく真剣にデッサンを取っていたため、また怒られると思い、黙ってみていました。
悲しいかな、チンポは勃起していました。
(徹夜勃起なのかもしれませんが) でも、眠い目をこらしてよくY佳の方を見ると、なんとY佳がパンティーを穿いていないのです。
そして、Y佳は自分の指でアソコを開いていました。
Mは、Y佳の陰毛を指で整えながら、デッサンをしていました。
Y佳はとろんとした目でMを見ながら、Mの「もっとクリを見えるように開いて」という言葉に従っていました。
僕は、まだY佳のアソコなんて見たことがありませんでした。
それをかぶりつくように見て、あまつさえすこし弄っているMを見て、止めさせなきゃと思った僕は、立ち上がりました。
Mはとっさに僕に気がつくと、さっと立ち上がり、 「お、×○×! ちょうどいいとこに起きたな、ちょっと手伝え」と言いながら僕の首にウデを強引に回してきました。
僕が「どういうこと?」と言おうとしましたが、言うひまも無く、Mは、僕を引きずりながら一緒に表に出ました。
表に出ると、いきなり腹を殴られました。
瞬間息が出来なくなり、その場…