相変わらず長いです…そして文章も下手です。
読んでくれているひといるのかな?興味のある人だけよんでください。
結婚して16年目、2人の子供に恵まれ平凡ながら幸せな日々。
主人とのセックスは2人目が生まれてからは減っていきました。
主人は求めてくるのですが、私が子育てで忙しかったのもあり拒むことが多く、そのうちに主人もほとんど求めてこなくなりました。
私としても、まったく性欲がないわけでもありません。
そんな時はオナニーで済ましてしまいます。
その方が楽だったのです。
そんな中、同窓会のお知らせが来ました。
小学6年生の時の同窓会です。
ただ、年齢的に体系も崩れ、すこし太ってしまった私は抵
抗あり恥ずかしいと思いましたが…連絡をしてきた幹事のY君が「俺だって髪は薄くなったし太ったし、男どもはハゲにデブばっかりだよ(笑)」今でも連絡を取っている女友達も「出席しなよ。私も太って別人(笑)」そう言ってもらううちに子供も大きくなり手が離れたこともあり、久々に旧友に会いたくなりました。-----そのことを主人に言うと「Mは気にするほどじゃないと思うよ。俺から見たらまだまだイケてると思うけど。逆に行かせるのは心配だな」と…私は「気持ち悪いこと言わないで!」と少し嬉しかったのと恥ずかしさを隠すように怒り口調で言いました。
「じゃー参加にしようかな。みんなおじさんにおばさんだよね」そう言って参加の連絡をすることにしました。
現在、北海道に居る私は同窓会のために都心へ帰らなければいけないのでせっかく帰るならと同窓会のある一週間前から実家へ帰ることにしました。
行く日が近くなるにつれ主人は「行かせたくないな」「同窓会での浮気って多いらしい」そんなことを言い出しました。
何を言ってるのだろうと私は少しイライラした感じで「40過ぎのおばさんに誰も興味示さないよ」「私が浮気すると思ってるの?なに考えてるの?」と少し冷たく言いました。
当然、私自身もそんなことはあり得ないし、主人以外の人となんて考えたこともありませんでした。
ただ、今思えば少し何処かで何かを期待していたのかもしれません。
出席するためのスーツを買った日にレースののピンクで可愛い下着も買ってました。
実家へ帰ってきて、今でもたまに連絡を取り合ってる女友達Sちゃんと同窓会の前に会おうということになり夜に待ち合わせをし飲みに行きました。
Sちゃんと飲みながら昔話で盛り上がっていると、そこへ幹事のY君がやってきました。
Sちゃんが「Mちゃん帰って来てるよ」と誘ったそうです。
さらにY君が他にも声を掛けようと連絡を取りO君とI君も合流。
確かに男の人3人ともすこしハゲててお腹も出てるおじさんって感じでした。
それを考えると私の主人はカッコイイかもと思いました(笑)ちなみにSちゃんとY君とO君とは高校まで同じでした。
Y君「Mちゃん太ったって言ってたけど全然だよ。うちのカミさんは化け   たよ。見られないくらい(笑)」私 「そんなこと無いよ。お腹なんて見せられないくらい」I君「えー、それなら見せてみてよ。俺とどっちが出てるか比べよう(笑)」O君「高校のときに比べるとMちゃんオッパイ大きくなったね。同窓会で   みんなの注目だよ。きっと(笑)」Sちゃん「そうだよねー大きい。私は小さいから主人が文句言うよ。パイ     ズリ出来ないって(笑)」私 「・・・Sちゃん、酔ってるぅ?(苦笑)」Sちゃん「Mちゃんのオッパイ、私に分けて~」そう言って、私のオッパイを揉みだすSちゃん確かに私は体の割にはオッパイが大きいかもしれません。
主人と付き合い始めた18才の時はBカップ。
結婚する頃にはCカップ。
1人目の子供が出来てからはDカップ。
2人目が出来たときにはEカップになっていました。
アンダーは変わっていないので乳房だけが成長し続けた感じです。
Y君「Sちゃん、エロモード入りました!(笑)」O君「Mちゃん、引いてるじゃん」Y君「Sちゃん、飲むといつもエロくなるんだよ(笑)」I君「でもほんとMちゃんのオッパイはそそられるわ俺にも揉ませて(笑)」そんな時にSちゃんが私の服の胸元を引っ張りました。
私は慌てて抑えたのですが…Y君「おぉー!いいもの見せてもらった!」I君「谷間しっかり見させていただきました!俺の挟んでもらいてぇー(笑)」3人ともギラギラとした目でわたしのオッパイに視線を向けていました。
私も場の雰囲気もあったのでしょう。
私 「I君、挟んであげようか?でも主人専用だから駄目ー!(笑)」I君「えー!旦那のいつも挟んでるの~?」私 「いつも主人の挟んであげてます(笑)」Y君「羨ましい。Mちゃんにパイズリしてもらえるなんて旦那は幸せ者だな」O君「俺してもらったこと無いから羨ましいわ」私 「いや、冗談だから~」そんなことを言ってるときにドサクサに紛れてI君が私のオッパイを指で突きました。
何故か私はその時、気がつかなかったふりをしてしまいました。
何気なく横に座っていたI君の股間が視界に入ったのですが、スラックスの上からでもわかるくらいに勃起していました。
そんなことを笑いながら冗談ぽくしていたので、飲んでる席ということもありそんなにいやらしいとも感じませんでしたし、年齢的なものもあるのでしょうか、意外と平気で猥談に盛り上がってました。
その日は0時近くまで飲んでいたので、みんなも明日は仕事ということもありそのまま解散となりました。
同窓会当日、深い意味も無く新しい下着を着けてスーツを着て出かけました。
会場は某ホテルで2次会も同じホテル内でした。
さすがに小学の同窓会となると誰が誰だかわからない状態です。
30人ほど集まりました。
そんな中で知ってる顔といえば、前もって会った3人とSちゃん。
すぐに皆は合流。
そこにI君と仲がいいT君、Sちゃんと今でも付き合いのあるAちゃんも加わり7人で昔話やそ後の話や旦那や奥さんの話、子供の話で盛り上がりました。
2次会もほとんどの人が参加し、中学まで一緒だったE君も仲間に加わりその頃には8人ともみんなも酔った勢いで何でもありの会話。
この歳になると夫婦の仲は冷めるとか、夜の生活も全然ないとか。
誰々が不倫してるとか色んな話になりました。
私も調子に乗って、主人しか知らないなど話していました。
そんな中、SちゃんとY君がなんとなくいい雰囲気に…それを見ているとI君が「あの二人、たぶん出来てるんじゃないかな?たまに2人で会って飲んだりしてるって聞いてたけど、飲んでるだけじゃない気がする(笑)」そんなことを言っていました。
2次会もお開きということで、8人とも名残惜しいというのもあり3次会に流れることにしたのですが、I君とT君が今日は泊まっていくつもりだったのでホテルに部屋を取っているから部屋でやろうということになりました。
みんなでお酒などを買いに行き、部屋に行ったのですがツインでありながら、けっこう広めの部屋でした。
3次会が始まって30分もしないうちにAちゃんに電話。
どうやら旦那さんが怒ってるみたいということで帰ることになりました。
Y君が駅まで送ってくると一緒に出て行きました。
私、Sちゃん、I君、T君、O君、E君の5人で飲んでいるうちにSちゃんに対して男の人たちがはやし立てるように猥談に…Sちゃんも調子に乗って、みんなのオチ○ポを触りだしたり、握っってみたり。
「あー!硬くなってる~」とか笑いながら言っていました。
男の人たちは特に悪乗りすることなく紳士的に笑って流してました。
そしてSちゃんの暴露話。
やっぱりY君と関係を持ってたみたいです。
その時、私は主人のことを考えてました。
何してるかな?とか。
するとSちゃんに電話。
どうやらY君からのお誘いの電話だったみたいです。
Y君はAちゃんを送りに出たのをきっかけに、そこからSちゃんと2人で抜け出すつもりだったみたい。
Sちゃんは嬉しそうに出て行きました。
私も女性が一人も居なくなったこともあり帰ろうと思いました。
すると「花が無くなるのは寂しいから、もう少し付き合って」とか「久々に北海道から来たんだからゆっくりして行け」とか皆に止められました。
私もさっきSちゃんが悪乗りしてても紳士的に振舞っていた人たちだったし、もと同級生という安心感で、もう少し残ることにしました。
そのうちお酒が無くなりT君、O君、E君で買いに行くことになりました。
残ったI君と私は北海道の話など普通に話していたのですが、急に酔いがまわりだしたのか具合が悪くなってきました。
I君は心配してくれている様子で洗面所に連れて行ってくれて背中を摩ってくれたりしました。
それでも頭の中がグルグル回るような感じで、体にも力が入らないような感じで座り込んでしまいました。
I君は私に肩を貸してくれて取りあえずベッドへ横にしてくれました。
意識がもうろうとしている中で、I君が「少し楽にするといいよ」と言いながら上着を脱がし、ブラウスのボタンを2つほどはずしました。
完全に胸の谷間が見えていると思いながらも「いや」と一言言うのがやっと。
とにかく辛かったです。
いつの間にかI君が私の後ろに。
私の上半身を抱き上げ自分に持たれ掛けさせ、オッパイを下から上に持ち上げるように揉んできました。
体に力が入らない私はされるがままで「いや、やめて」と声にならないくらいの小さな声で言いましたが、今度は残りのブラウスのボタンを外しはじめました。
I君は「楽にしようね」と耳元で言いながら外します。
ブラウスから私のピンクのブラジャーで覆われたオッパイが丸見えです。
私は抵抗しようと体を動かすので…