私は今年18歳になる高校3年です。
今悩みと言うか不安があって誰にも相談できなくて困ってます。

私は中学から好きな人がいて玲君と言うのですが、追いかけて同じ高校に進みました。

1年の時、一緒のクラスでテンションも上がり幸せでした。

こんな私でも好きになってくれる人はいて、何人にも告白されたことはあるんですが、やっぱりあきらめられなくて、本当に好きで好きでたまらなくて、毎日1人で妄想してオナニーしてました。

入学して2週間後、あの悪夢が訪れました。

その日私は友達と帰る予定だったので友達を待ってました。
r>その時教室体操着を忘れ取りに戻りました。
すると玲君の体操服とタオルが机に
置きっぱなしになっていました。

私はその時無意識に近寄り手に取り、匂いを嗅いでました。
玲君の匂いは汗の匂いと香水の匂いが混じって、私にとってはいい匂いでした。

私は我に返り辺りを見渡しました。
こんなとこ見られたらと興奮しながらも私は、匂いを嗅ぎながら胸に手をやりさらにマンコにも手入れて、我を忘れて感じてしまいました。

私はいつもより興奮して早くにイッてしまい、その場に座り込んでしまいました。
その時、教室に声が響きました。

「世の中ってかこんな身近に変態っているもんだな」
「清純派でおしとやかで人気あるまなみちゃんがまさかこんなことする子だと思わなかったよ」
と携帯カメラを片手に入ってきました。

その人は今井君と言うクラスメイトでした。
今井君はどっちかと言うとオタク系で、休み時間なんかはそうゆう系統の仲間と一緒にアニメとかマンガの話をする住む世界の違う感じで、私たちの周りではどっちかと言うと嫌われてました。

彼は、
「可愛かったよイク時の声も」
私は恥ずかしくて顔を下に向け、涙が自然と出ました。

「おいおい泣くなよ。誰にも言わないからよ」
私はお願い言わないでと懇願しました。

「わかってるよ。でも黙るかわりに…意味わかるだろ?」
私はうつむき黙っていると、そこに友達が私の名前を呼んで入ってきて、今井君は私を立たせてその場を立ち去りました。

友達は私を見て泣いている理由を聞きましたが言えるわけもなく、ただ誤魔化しながら帰りました。

次の日、学校に行きたくなかったんですが休まずに行きました。
すると休み時間の隙に今井君からメモが。

内容は「今日放課後別館のPC室に。1人で」と書いてありました。
私は撮られてる以上無視するわけには行かず放課後行きました。

カーテンが閉められた薄暗い部屋に入り、怖くなって電気をつけようとしたそのとき
「電気つけるな!バレるだろ!」
と声がしました。

私はビクッと驚き、壁に背を付けてしゃがみ込みました。
今井君はゆっくり私に近付いてきました。携帯から私の昨日の声が出ました。
やっぱり動画で私のオナニーを撮られていたんです。

私はお願いし、消してと言いましたが、聞き入れてもらえず逆に、
「流されたくなかったら分かるよな? 抵抗すんなよ?」
と今井君は私を押し倒しました。そしてキスをしてきました。

私はめてのキスを奪われ、涙を流し抵抗しました。
でも、しつこくキスをされ、首や耳と舐められました。
とにかく気持ち悪くて吐きそうでした。

今井君はブレザーを脱ぎ私のブレザーも脱がしてきました。
またキスをしながらYシャツのボタンを外され、さらにブラも荒々しく外されおっぱいを露わにされました。

今井君は「デカい」とか「柔らかい」とか言いながら揉んで、舐めてきます。

ついには下にも手をかけてきました。
私は抵抗し脱がされないように掴みましたが、興奮して息が荒い今井君は乱暴にパンティを引き下げ、股間が顔を埋めるようにを押しつけてきたんです。

私のマンコがペロペロと今井君の舌で舐められています。
それでもやっぱり気持ちよくはなく、ひたすら気持ち悪くて腰を引いたり抵抗しました。

今井君は私のマンコをいつまでも舐め続けました。10分位立つと今井君は立ち上がりズボンをおろしました。

私はヤメてと声を震わせながら言いましたが、今井君は大きくなったチンチンを私の顔に付けて、
舐めろ!歯立てずに舌を絡ませろ」

私は嫌がりながら首を振りましたが「動画流す、周りに言いふらす」と言われ、選択の余地がありませんでした。

私は今井君のをくわえて舐めました。
チンチンは堅く息苦しくでさらに臭かった。
私はすぐむせてしまい口から外しました。

今井君は
「こんなんじゃ流すしかないかな」
と言い私はまた口にくわえました。
今井君は腰を動かし私の頭も無理矢理押し込んで、
「ハァハァ…気持ちぃ…こんな感じなんだぁ…」
と浸ってました。

私は息ができなくて苦しくて涙を流しました。
その時のど奥に熱いものが流れてきました。

今井君は息切れしながら「飲めよ!それが精子ってんだ!」
私はむせて咳をしながらそれを地面に垂らしました。

「飲めって言っただろうが!」
とまた私の口にチンチンを押し込んでまた乱暴に動かしました。

チンチンはめは少し柔らかかったのに、すぐ堅くなり私の口をいっぱいにしました。
今井君は口からチンチンを抜き
「ご主人の命令を聞けない子にはお仕置きだ!」
と私を寝かせ股を開かせてきました。

私は入れるのだけはと抵抗しましたが次の瞬間激痛が体を走りました。
ヌルヌルになったチンチンは私のお尻を簡単に貫通していきました。

私は抵抗しお尻に入ってると言うと今井君は慌ててチンチンを抜きました。
私はあまりの痛みに体が動かず抵抗をできませんでした。

今井君は今度は携帯の明かりでマンコにチンチンを当ててゆっくり入れてきました。

私はまたの痛みに体をくねらせて抵抗しました。叫びながら抵抗したら口に下着を詰められ手で塞がれました。

今井君はこっちの痛みを知らずに激しく腰を動かし続けました。

私は痛すぎる体験、好きでもない気持ち悪い奴に奪われた絶望感、思い浮かぶのは玲君の顔、汚れた私は玲君に嫌われるなど考えてるうちにどうでもよくなり、声も出なくなりました。

今井君はぐったりした私を動かし、横からや後ろからと入れて、最後はキスしながら私の中に出しました。

今井君がチンチンを抜くと、マンコから何かが垂れてるのがわかりました。

今井君はそれを写メで撮り指でかき回しました。
「まなみちゃん可愛いのに処女だったんだ。」
「いい処女ビデオ撮れたよ。」
とカバンからはカメラが。
私は涙が止まりませんでした。

今井君はチンチンを拭き私のマンコも拭き
「また明日ね。来なかったり誰かに言ったら分かるよね?」
と言い帰りました。

私は涙が止まらず、マンコもお尻もヒリヒリして何かまだ入ってる感じがして動けずにいましたが、起きて家に帰りお風呂で何度も洗いました。

それからの毎日は地獄でした。
毎日毎日呼び出しては口やマンコ、お尻と犯されノーパンで登校しろや履いたパンティを好きな奴の机に入れろとか命令され続けました。

そんな毎日をしたら妊娠するのは当たり前で、今井君に言うと連れられて援交させられて金を稼ぎ始めました。
気持ち悪い親父に生でされ3万5万のお金を手にして今井君に渡しました。

その中からのお金で中絶をして、また妊娠したら私が援交相手に言って中絶費用出してもらったりもしました。

私はもう4回中絶してます。
妊娠出来なくなったりしそうで不安です。

それでもエッチすれば中出しだし毎日が怖くて。
死のうと思ったこともありますが玲君が頭によぎりできませんでした。

こんな汚れた私が玲君と幸せになれるわけないのは分かってます。
でも好きで忘れられなくて。
それで最近玲君が私に告白してくれました。

私はすぐ返事したかったんですができませんでした。
玲君に全て話せば嫌われるだろうし、話さず付き合っても今井君が絶対に許さないと思うし。

私は付き合う付き合わないは別にして玲君の童貞を奪いました。
心から好きな人に抱かれたくて。

好きといっぱい言って玲君と一緒にイキました。
玲君には付き合おうとその時言われましたが私は大好きだけど…としか言えませんでした。

今井君の手元には体験からの2年間分のビデオがあります。
援交の現場や私がノーパンで登校した日も。
休み時間の合間にフェラしたり入れられたりしてるところも。

こんな汚れきった私にできることは何なんでしょうか?
今現在も5回目の妊娠中です。

玲君か今井君か援交の常連の親父のうちの誰かの子だと思うんですが。

中絶はしますが今後どうしたらいいんでしょうか?
みなさんの対策法アドバイス下さい。
本当に困ってます。







レイプ体験談」カテゴリの最新記事 中出し処女童貞体操着尻妄想強姦おっぱい