俺は26歳会社員。 その日、明日休みということで、レンタルビデオでエロDVDを5枚借りて、帰って オナニーする予定でした。 夜の11時くらいの出来事でした。 信号待ちで車を止めていると、ゴンッという音と共に強い衝撃を受けました。 思わず「うおっ!!」と一人で叫んでしまうほどでした。 すぐにぶつけられたことに気付き、俺って赤で止まっていたよな?と気が動転している のを冷静に考えながら車を脇に止めて、正気を取り戻しながら車を降りました。 自分の車の凹み具合を確認すると、後ろのぶつけた車のところに向かいました。-----大きい最近流行のワゴン車で運転席に行くと女性が乗っていて、ビクビクしている 感
じでした。 助手席をチラッと見ると、何歳かわからないけどチャイルドシートが設置してあり、 赤ちゃんが寝ているようでした。 これは大変だと思い、まず運転席のドアを開け、「大丈夫ですか?」と尋ねました。 俺が聞かれる方なのにな・・と思ったけど俺は別に怪我をしているわけでもないので、 相手の安全を確かめました。 「はい、大丈夫です。」と言うが声が震えており、ハンドルを握ったまま体も震えて いるようでした。 俺もぶつけた経験はあるのでその気持ちは十分に理解できました。 後で免許証を確認したところ、名前は伏せておきますが36歳の女性でした。 女性の安全を確認すると「赤ちゃんは大丈夫ですか?」と聞きました。 女性は思い出したように慌てて赤ちゃんの安否を確認しました。 「大丈夫みたいです。」 との返答をもらい、後部座席には誰も乗ってないようなので、とりあえずケガ人は いないというのがわかり、ひとまず安心しました。 とりあえず信号待ちで止まっていたところをぶつけられたことを説明し、車の状態を 見てもらおうと車に案内しました。 そこでびっくりしたのが、36歳の子持ちなのに、ものすごいジーンズのミニスカートを 履いていて、ムチムチした生足が丸出しだったのです。 髪はショートで茶色がかっていました。 一緒に車の破損具合を見てもらい、とりあえずこちらは怪我してないことを 伝えました。 ま、8歳上でおばさんという表現はどうかと思いますので、奥さんと書いておきます。 奥さんはひたすら謝るばかりで誠意はものすごく感じましたが、車は治して もらわないといけません。 いつまで経っても誤るばかりで全然話が先に進まないので、 「とりあえず警察行きましょうか?こちらは車だけ治してもらえばいいので。」 そう伝えると深刻な表情をして俯いています。 そんな顔されてもこちらは治してもらわないといけないし、別に警察行かなくても 治してくれるのならそれでいいんだけど・・・この車の状態を見ると保険じゃないと きついでしょ・・・と思い、その旨を伝えました。 「明日じゃ・・駄目ですか・・・?」 と言いにくそうに返答してきたのですが、さすがに対面だし信用することは できないのです。逃げられる可能性だってあるわけだし。 「う~ん・・それはちょっと無理です。とりあえず警察に届けて事故証明を もらわないと保険も使えませんよね?・・・あっ、保険って入っていますよね?」 と確認するとちゃんと入っているようです。 だったら何の問題も無いのにな・・と思っていると 「実は・・・お酒飲んでいるんです・・・だから明日必ず・・・。」 と言ってきました。 なるほど!!やっと理解できました。 今は飲酒運転の罰則きついですからね。 でもこちらには関係ないので 「まじですか?だったらなおさら今行かないと!」と催促しました。 それからいろいろと事情を聞きました。 旦那の仕事に影響することが一番の悩みだそうです。 そりゃあそうでしょうね。旦那さんが一生懸命築いた職位を奥さんの飲酒運転で 全て消えたら・・・ 普段の俺ならこれだけ誤ってもらったのだから、次の日に届出をしていたかも 知れません。 でも今日は性欲たっぷりでこれから帰ってオナニーするぞ的な俺は、とてつもなく 悪いことを考えてしまったのです。 当然、俺は36歳の子持ちなんて全く興味ありませんでした。 でも、オナホ代わりにはなるかもと思い、奥さんを車の歩道側に連れて行きました。 「あの・・明日事故ったことにして、明日届出してもいいんだけど・・」 と言ったときに顔を上げて 「本当ですか!?」と食いついてきました。 「いいんだけど・・・その・・・・。言いにくいなぁ~・・・」と言葉を濁して いると、何ですか?みないな表情で俺の顔をうかがっています。 「あのね・・・1回やらしてくんない?」とついに言ってしまいました。 「え????」と驚いた表情で聞き返してきます。 それは当然でしょう。対面の男がやらしてなんて言ってくると思わないし、 明らかに年下だとわかるような年齢だし。 「飲酒運転は無かったことにするから・・1回奥さんとやらせてよ。」 ともう一度言ってみました。 奥さんは俺が何を求めているか理解できたようで、黙って俯いてしまいました。 嫌なら断るはずだから、これはいけるなと思いました。 そして俺は右手で奥さんの太ももに触れました。 生の太ももを擦りながら 「飲酒運転は消すからいいでしょ?」と耳元で言い、右手をスカートの中に入れ、パンツの上からおまんこを触りました。 抵抗してこないのでこれはいける!と確信しました。 36歳の子持ちなんかに興味ないけど、こんな状況になるとチンポがどんどん 固くなってきました。 奥さんのパンツの上からおまんこを弄っていると 「本当に明日にしてくれますか?」 と聞いてきました。 「約束する。だから・・いいですか?」 と聞くと、少しためらってからコクンと頷きました。 俺はそれを聞くと奥さんの車の中部座席に入り、真ん中の座席を後ろへスライドさせ、 広いスナースを作りました。 そしてシートに座り、「こっちきて」と俺の右側の座席をパンパンと叩きました。 奥さんは車に入り、ドアを閉め、屈んで俺の前を通り過ぎようとしました。 「待って」 俺はちょうど俺の目の前にいる奥さんを呼び止めました。 そして邪魔な物は取っておこうと、奥さんのスカートの中に手を入れ、パンツを 掴んでスルスルっと一気に足首までずり下ろしました。 目の前で奥さんの生を見るとムラムラしてきました。 そしてすかさず 「ここに座っておまんこ見せて」 と言って俺はシートから離れて奥さんにシートの中央に座らせました。 そして奥さんの正面にしゃがみ込み、奥さんの両を大きく開かせてM字の格好に しました。 「このまま動かないでね。」 と言ってその状態のままでいるように促しました。 シートの中心に深く腰をかけ、をほぼ180度開いた状態で、両足をシートに 乗せている状態です。 すごい格好です。 子持ちの奥さんが対面の男に大股開きの状態でおまんこを晒しているのです。 俺は奥さんの正面にしゃがんだ状態で奥さんのおまんこを凝視しながら弄り始めました。 愛情も無く、ただ挿入するために濡らす為の作業です。 閉じた割れ目に沿って指を擦り続けます。 本当ならアダルトビデオでモザイクのかかった映像を見ながら一人でシコシコしている ところを、モザイク無しの人妻の生のおまんこを見ているのです。 舐めようと思いましたが、こんな時間なので汗と小便とおまんこ特有の匂いが 混ざり合って、さすがに舐める気は起こりませんでした。 しばらくおまんこを弄り続けていましたが、なかなか濡れてきません。 俺は時間の無駄だと思い 「奥さんってどこが感じんの?おまんこ?クリ?」と聞きました。 さすがに返事はしてくれませんでした。 しゃあない、自分で探すか・・とクリトリスを指で摘んだ瞬間、ピクンッ!と痙攣 しました。 「お?クリか。」 そう言ってクリトリスを摘んで指で擦り続けると、奥さんの息がはぁはぁ・・と 荒くなってきて、体はピクンピクン反応させています。 しばらくクリトリスを弄り続けて再び割れ目を触ると・・・しっかりと濡れて いました。 俺は濡れ濡れの割れ目を弄り続けました。 奥さんは声こそ出しませんが、体に力を入れて、押し寄せる快感に耐えているよう でした。 もう入れるには十分な濡れ具合でした。 俺は膝立ちになってカチャカチャとベルトを外し、ズボンとパンツを一緒に膝まで 下ろしました。 そして、片手でチンポを持ち、奥さんのおまんこの入り口を探すかのように割れ目に 擦り合わせました。 そして入り口を発見すると、腰を前に突き出し、チンポを挿入しました。 にゅるっという感覚と共にヌルヌルのおまんこの奥まで一気に入りました。 「うおっ!」 声が出たのは俺の方でした。 36歳で一人子供を産んでいるだけに緩いおまんこを想像していたのですが、奥さんの そこは締め付けも良く、とても子供を産んでいるとは思えないくらいの 性器だったのです。 腰を前後に振って、奥さんのおまんこにチンポを出し入れすると、おまんこの中の ヌルヌルの粘膜と俺のチンポが擦れ合い、ものすごい快感が押し寄せてきました。 あまりにも気持ち良すぎて腰を止めることができませんでした。 入れて3分も経ってなかったと思いますが、あまりの快感に射精感が込み上げてきた のです。 「あぁ・・駄目だ、イキそ・・・。出すよ。」 そう言いながら腰を振り続けますが返事がありません。 俺は了解を得たと認識し、激しくチンポを出し入れしました。 そしてすぐさま腰を突き出した状態で痙攣し、 「出るっ!」という声と共にドクン・・ドクン・・・と奥さんの膣内で射精が始まりました。 全部出し終わるまでゆっくりと出し入れしました。 そして、全部出し終わるとゆっく…