933名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:12:04ID:hD5kYK0N

数年前、大学時代の思い出を書きます。



バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、

ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、

向こうの方で金網と格闘している女発見。

真夏の夜中の0:00頃。

よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度もったかと思うと、

今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。

「け?」とか「ぅえい!」「ばかぁ?」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。

関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの見たさもあるし、

知らーん
顔して近づいていく。予想通り酔っ払っている模様。
チラチラと横目で見つつ、すれ違おうとした時、急に、

「うっ」

とか言ってその女、その場にしゃがみ込んだ。





934名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:12:31ID:hD5kYK0N

おいおい、吐くのか?

つい、「大丈夫ですか?」と声をかけてしまった。

するとその女、「はぁ??」とか言いながら、

焦点の合ってない目で睨んでくる。怖っ!

・・・あれ?この女・・・。知ってる人だ。

大学のサークルのOG。俺より2つ上の。

どうやら向こうも俺に気付いたらしい。

「おおっ、お前は?」

ロレツのまわらん舌でいきなりお前呼ばわりされたが、

別にそこまで仲が良かったわけではない。

ただこの女、当時から酒癖悪いってのは評判だった。



935名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:12:44ID:hD5kYK0N

「奇遇ですね。だいぶ酒はいってますね。」

俺がどう取り扱っていいか困っていると、急に、

「助けてくれ?」

と言いながら、もたれかかるように俺にしがみついてきた。

しかも何故か笑いながら。

「うわ。吐かないで下さいよ。」

「ああ?吐かね?よ」

ああ、タチ悪い。それに酒クサッ!



936名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:12:58ID:hD5kYK0N

よく見るとこの女、靴履いてない。

辺り見渡してもない。荷物らしいものもない。

「ちょっと・・・大丈夫ですか?帰れますか?」

「う?ん、ど?でしょ?」

とか言いつつ、俺に抱きついたまま離してくれない。

それだけならまだしも、何でか俺を金網にぐいぐいと押し付ける。

寄り切りかよ。

「あははは?」

「あの・・・苦しいんですけど・・・。」

とか言いつつ、おっぱいやわらけー。

そして白いシャツから透けて見えるブラの色は黒。

白い服に黒かよ。おいおい、エロいぞ。



937名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:13:15ID:hD5kYK0N

「おい、○○!送ってけ!」

「えぇぇぇ?。」

「先輩のいうこと聞けないのか?。こうしてくれる」

横っ腹の辺りを拳でガシガシ殴ってくる。

マジで痛い。

仕方ねえなあ。

「分かりましたよ。で、家どこですか?」

「さあ?、どこでしょ?」

何なんだ。



結局、負ぶって俺のアパートに連行しました。

だって置いてくって言うと怒るし、家どこか教えてくれないし。

電車ももう出てないだろうし。仕方ないね。



938名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:13:27ID:hD5kYK0N

負ぶって歩いている時も、背中で何かやいのやいのうるさい。

人の頭コツコツ小突いてきたり、首しめてきたり。

背中で暴れるなっつーの。周りの人の目、気になります。

でも彼女が動く度にオパ?イの感触が気持ちE。

けっこうむにゅむにゅしてる。何カップくらいあるんだろうか。

ああ、俺の肩甲骨が手のひらだったらとどれだけ思ったことか。

途中で静かになった。寝てしまったようだ。



939名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:13:47ID:hD5kYK0N

俺の部屋に到着。けっこう重かったぞ。

玄関でよっこらしょと彼女をおろすと、

そのまま彼女は後ろに倒れて、ゴツンとすごい音を立てて頭を床にぶつけた。

うわっ。

目を覚ましません。それどころか口元に意味不明の笑みを浮かべてます。

女、足の裏が汚い。裸足だったからね。

玄関に寝かせたまま濡れタオル足の裏を拭いてあげました。

「む?ん・・・」

くすぐったいのか体を捩じらせてます。

パンツ見ちゃえ。やはり黒い。上下お揃いだ。

「んん?・・・まこと?」

うわ、ゴメンなさい。

・・・寝言のようだ。まこと?まこと。

ああマコト先輩な。

大学ん時からこの女と付き合ってたっけ。

まだ付き合ってるんだ。



940名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:14:00ID:hD5kYK0N

とりあえず布団をひいて彼女をそこまで引きずって、寝かしときました。

俺も部屋着に着替え



しかしこの先輩。よくよく見るとエロイな。

身長は裸足でも俺とどっこいどっこいだったから165cm以上170cm未満ってとこか。

スリムなんだが胸はデカイ。



一人暮らしの男の部屋で酔いつぶれて体を横たえる女。

シチュエーションがエロイ。

たまらん。妙に興奮してきました。

しかも俺は窮屈なジーンズから、だぶっとした短パンに穿きかえていたので、

股間が解放され、ちんちん大きくなっちゃったー。



941名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:14:16ID:hD5kYK0N

ふと彼女の手に目がいきます。

背高いけど手は小さい。女の人の手だなあ。

その手をつい勃起したちんちんへ。

短パンの上からだけど、

その力の入っていない女の手をおのれのチンチンに擦りつけます。

短パンの上からでも気持ちいい。



気付くと俺はいつのまにか下半身裸に。

と言うか生で触らせたくて自分で脱ぎました。

寝てるから当然、握ってくれない。

手首のあたりをもって操作します。

なかなか思うようにならんな。

しかしそれもまたよし。

女の手を勝手に使ってオナニー。たまらん。



942名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:14:30ID:hD5kYK0N

さて、ますます興奮してまいりました。

ふと彼女の和風の顔にちんちん押し付けたい衝動が。

えいやっとほっぺに押し付けてみました。

ぐいぐいぐいっとな。

彼女、無反応。あ、ヤベ、ほっぺに我慢汁ついちゃった。

じゃあ次はに。

いや俺、体勢苦しいな。

反応あり。

何かひくひく小さく動かしてます。

おお、気持ちいい、つーか微妙にくすぐったい。

さすがにくわえてはくれないか。まあ、噛み付かれても嫌だし。



943名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:14:42ID:hD5kYK0N

では鼻に。

おりゃ。

風呂入ってないから臭かろう。

どうだどうだ、それそれ。俺を困らせた罰じゃ。

しばらく鼻に押し付けてると、急に眉をひそめて、

顔をぶるんと横に振りました。

ビックリした。

起きるなよ。

つーか、俺は何をやっているんだ。

人に見せられんな。

俺って変態だ。今、悟った。



944名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:14:56ID:hD5kYK0N

しかし俺の気分はますます昂揚してまいりました。

脱がす。決めた。

下から脱がした方がエロそう。

俺は彼女をスカートを脱がしにかかります。

しかし彼女、睡眠中につき全く体の力が抜けきっている為、

脱がすの一苦労。

苦労してスカート脱がし終えての感想。

上はシャツ、下は黒パン生足。思った通りエロイ。



945名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:15:10ID:hD5kYK0N

次は上を脱がしてみましょー。

シャツのボタンを一つ一つ外します。

うわ、俺、手震えてるよ。はぁはぁ。

ボタン全部外したはいいけど、脱がせられない。

寝てる人の世話って大変だ。

シャツは脱がすの断念。前を思いっきりはだけさせただけ。

ますますエロくなってまいりました。

でもこれじゃあ、ブラが外せん。

と言う事でブラは上に持ち上げました。

おう、エロイ。乳でか!でも寝てるから潰れてら。

乳首乳輪は思ったより小さい。色はピンクとは言えないけどね。



946名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:15:23ID:hD5kYK0N

もう起きたらどうしようとか考えてません。

俺の頭の中は変態暴走中。後先どーでもいい。

適当に誤魔化せるだろ。な。そーだろ、みんな。



おっぱいモミモミ心ゆくまで。

そして顔を乳に押し付けてみました。天国だ。

では次に乳首を軽く噛み、舌でこりこりさせてみましょう。

立った立った乳首が立った。

ちゅーちゅーちゅー。

「んふ?」

む・・・ヤバイ、起きるか?

俺はおっぱい吸った体勢のまま上目遣いで彼女の動向を窺います。

起きません。

このスリルたまらん。



947名前:金網と格闘する女投稿日:05/01/0411:15:36ID:hD5kYK0N

黒パンの中にはすでに俺の手が進入済み。

おお、もっさもっさした毛の感触が。

毛を掻き分け掻き分け、

割れ目を中指で軽くさすります。丹念に。

するとどうでしょう。

溶けてきます。にゅる。おお、指入っ…