32歳の小学校教員です。これは、私が隠し続けていた話で、私が思う限り当事者以外は誰も知らない真実です。もう5年も前の話になります。 とっくに時効になっているし、今更騒ぎ立てても何も変わらないのですが、自分が婚約したのを機に、結婚する前に何とか気持ちの整理をつけたくて、告白という手段を選びました。かと言って、友人や知人、ましてや婚約者に話す訳にはいかない内容です。他に方法も見つからないので、ここに記す決心をしました。
当時、私は27歳。教員生活5年目にして、めて6年生の担任を受け持った年でした。その年の10月の職員会議で、私はその場で複数の男性教員に犯されました。
閑静な
団地街の中にある、市立小学校でした。6年生は3クラスあり、1クラスに男子20人女子20人ずつの生徒構成で、私は3組の担任でした。毎月第1土曜日の放課後、各学年ごとに担任教師が集まって、定例の学年会議をしていました。その月も、第1土曜日の午後1時から6年生の担任教師が集まって、向こう1ヶ月間の教育内容等の打ち合わせのため、視聴覚室に集まりました。いつもは、3つある6年生の教室のうちのどれかを会議に使うのですが、その日に限って教室内の壁の塗り替えのため、放課後から施工業者が入っていて教室が使えず、珍しく私達6年生担任の職員会議は、視聴覚室を使いました。
そこに集まったのは、私の他に3人の男性教員。学年主任で1組の担任のS伯先生。2組の担任のA藤先生。一緒に会議に参加した、教頭のM島先生。教頭先生は私の父と同じ位の歳でしたし、他の2人の先生も30歳を越えていて、私より年上のベテラン教師でした。
普段通りに会議が進む中、おもむろに教頭のM島先生が「そう言えば、先月は6年生の女子生徒は、保健体育の授業をしましたね。上手くいきましたか?」と言いました。
S伯先生「いやぁ、何回やってもやりづらいですよ」
A藤先生「こういう事は、女性教師の方が向いてるのかな」
私「今回、私はめての性教育の授業でしたけど、何とか上手く出来たと思います。デリケートな授業なので、やりにくかったですけど」
私は素直な印象を答えました。
S伯先生「若い美人教師が性教育の授業か・・・僕も見たかったよ」
私は悪い冗談だと思ったのですが、その場の雰囲気が急に嫌な空気になったのを感じました。
M島先生「私はね、目が肥えてるから分かるんだよ。岡野君、小ぶりながらも綺麗バストしてるでしょ?着痩せするタイプかな・・・脱いだら見た目より豊かなんだろ?」
冗談どころか、もうセクハラと言っても過言ではありません。元々猥談が苦手だった私は、どう答えたら良いか分からず戸惑ってました。
「さて、ぼちぼち始めますか」
M島先生がそう言うと、S伯先生が視聴覚室の扉を施錠しました。
私「何を・・・始めるんですか?」
S伯先生「岡野先生、気付いてるでしょ?職員室で君が、どう思われてるか」
私「どう・・・って?」
S伯先生「優秀な若手教員のホープ。そして美人で体つきがエロい。岡野先生を抱きたいって、職場の教員はみんな思ってるよ」
M島先生「岡野君に毎日、パンツスーツで、お尻を振りながら目の前を歩かれたら、誰だってパンツスーツの下の">美覗きたくなるだろう」
A藤先生「岡野先生みたいな美味しそうな女性に、毎日職場でフェロモン撒き散らされたら、僕らだって我慢出来ないよ」
私「そういう話はやめて下さい!」
S伯先生「怒った顔も可愛いね。学年主任の俺に意見するのか?上等じゃないか!」
・・・と、顔を平手で叩かれました。
M島先生「S伯君、暴力はいけないよ?おや、岡野君。泣き顔まで可愛いとは」
A藤先生「岡野先生。僕達は、何日も前から計画してたんですよ。吉岡美穂似の教師を、どうやって襲ってやろうかってね」
(犯される・・・そんなの嫌っ!)
私はその場から逃れようと、立ち上がりました。扉は施錠されていたとは言っても、部屋の内側からなら簡単に開けられます。でも、私がいた場所から扉まではだいぶ離れていて、扉に辿り着く前にポニーテールにして束ねていた長い髪を後ろからA藤先生に掴まれて、羽交い締めにされながら部屋の中央付近まで引き戻されました。私は昔から恋愛下手で、27歳でありながらまだ男性との性交渉は未経験でした。私はその日もパンツスーツ姿でしたが、3人の男性の手で床にねじ伏せられながら力ずくで脱がされました。
私「誰か助けてっ!いやぁ、いやぁ!」
叫び、もちろん抵抗もしましたが、ブチッ、ビリビリッ、という音と共に、スーツの上下やブラウスから下着まで脱がされ、一糸纏わない裸にされるまで、あっという間でした。
M島先生「この部屋は、他の教室から離れてる。視聴覚室だから、防音もしっかりしてるんだ。叫んだって、誰も来やしないよ」
A藤先生「いい年頃なんだ。セックスだって、まさかめてじゃあるまいし、今更勿体ぶってんじゃねえよ、このツンデレがぁっ!」
S伯先生「少し経験人数が増えて、むしろ女としての経験歴にも箔が付くだろ?想像以上の">美だ。モデルタレントにでもなっていれば、今頃売れていただろうし、今ここで恥ずかしい目に遭わずに済んだだろうに」
そんな事を言われながら・・・誰にも見せた事がない裸を、ケダモノのような眼をしたあの人達の前で晒されました。
S伯先生「思った通りだ。程よい大きさで綺麗バストだ」
A藤先生「とりあえず、を開いてオナッてもらおうか」
すっかり怯えて動揺してしまった私は、そう言われたら従う事しか思いつきませんでした。抵抗したって、男性3人を相手に適う訳がないし、逆に相手をエスカレートさせてしまうかも知れないと思い、言われた通りに机の上で三角座りをしたあと両を開き、泣く泣くアソコを見せながら、自分の片手で性器やクリトリスを触り、もう片方の手で乳房を触りました。こんな時でも、私の体の勃起する場所は、痛い位にパンパンに勃起して、アソコは否応なく濡れてきます。
M島先生「濡れるの早いね。早漏なのかな?」
S伯先生「乳輪がプックリ盛り上がって、綺麗だね。こりゃあ期待以上の上玉だな」
そう言われましたが、私は自分が、他の女性と比べて早漏かどうかなんて、全く知りません。ただ、極度の恥ずかしさからか、いつものオナニーより気持ち良く、かなり早く濡れてきていた気がします。気が付いたら、口を開けて喘いでました。
S伯先生「欲しそうに口を開けやがって。もう我慢出来ねえ!」
S伯先生はズボンを脱いで下半身だけ裸になり、机の上に膝立ちで乗りました。私の横から私の頭を抱えると、勃起したペニスを私の口に押し込みました。勃起したペニスなんて、見るのもめてでした。口の中で、驚くほどの熱と硬さと大きさを感じました。舌で押し出そうにも、洗ってもいない泌尿器を舌で触る気になれず、歯を立てないよう言われながら、奥まで入れられました。S伯先生は、私の頭を激しく揺さぶりました。私は目が回って気分が悪くなり、吐きそうになりながら耐えました。
S伯先生「後で岡野先生の大事なマンコにぶっ込むんだからな。しばらく洗ってないから、舌で綺麗に磨いて掃除しろ。もっと舌を使えよ、ヘタクソがぁ!」
M島先生「岡野先生、オナニー止めちゃだめだよ」
そう言われながら・・・。生まれてから27年間、手を繋いだりキスする位しか経験が無かった私が、いきなり複数の男性の前で、全裸で公開オナニーから、強制フェラチオ">フェラチオです。耐え難い恥ずかしさと悔しさでした。早く終わりにして欲しかったけど、終わりどころか序章の一幕に過ぎませんでした。私はS伯先生の命令通り、顎が外れそうな位に口を開けながら、舌で大きな熱い亀頭に舌を絡めました。しばらくすると、S伯先生は私の頭を抱えたまま、口からペニスを抜き、口元からは溜まった液がドロッとこぼれました。口から出たペニスは、糸を引くように液を滴らせながら、私の眼前に佇んでました。正面を向いた毒蛇みたいに見えました。
その亀頭の先端の小さな穴が、一瞬プクッと広がったのが見えた瞬間、顔に目掛けて勢いよく射精が始まり、両目に精液が入りました。頬を流れていた涙を追うように、精液は頬を伝い、顔中が精液にまみれました。めて見た人間の精液は、変な匂いでとても熱く、想像以上にドロドロしていて硬く、私はそれが気持ち悪くて、目も口も開けられません。
S伯先生「いやぁ、射精まで手こずった。ヘタクソなフェラチオ">フェラチオだな、岡野先生」
M島先生「おいおいS伯君。こんなに顔射したら、可愛い岡野君に口付け出来ないよ」
A藤先生「僕が拭いて綺麗にしてあげますよ」
顔に浴びた精液を、布で拭き取られました。A藤先生が、脱がされた私の白いブラウスで、私の顔を拭いたのです。メイクが一緒に落ちました。あちこちが裂けてボロボロになっていたブラウスは、濁った精液と肌色のファンデーションで汚れてました。
A藤先生「いつも吉岡美穂にクリソツだと思ってたけど、こりゃあ驚いた。岡野先生のすっぴん顔は、吉岡美穂以上の美形じゃないか」
M島先生「さて、岡野君もマンコが潤って準備万端のようだし。そろそろ本番といきますか」
S伯先生「いつまでメソメソ泣いてんだよ。本当はもう、して欲しくて我慢出来ないんだろ?」
M島先生「さて、岡野先生の黒々と毛深いアソコを、誰から頂きます?」
A藤先生「ここは、M島教頭が一番乗りで」
そんな会話のやり取りを、私は半ば茫然自失の状態で聞いてました。
M島先生「良いのかい?私みたいな年寄りが先で」
M島先生はそう言いながらも、服を脱いで裸になっていきました。
M島先生「10年以上ぶりのセックスだよ。まさかそのお相手が、…