俺が女子高生の集団に性奴隷にされていた話をする。

当時俺は小学5年。

いとこのちゃんと、その友人達数名は高校の2年だった。

ちゃんと風呂に入ってて、チンコにイタズラされたところから。

は俺がふざけててちゃんのおっぱいを触ったりしてた。

ちゃんは「チンコに毛も生えてない癖になにやってんだー」とか一緒にふざけてた。

で、体を洗ってるときに、俺は当時包茎チンポで、チンコの皮を剥いて綺麗に洗うって習慣が無かったから、体全体を洗って船に戻ろうとしたら・・・。

ちゃんに「こら、ちゃんとちんちんも洗いなさい。汚いでしょー」って引き戻された。

「やだよー皮剥くと痛いもん」


「ゆっくり剥けばだいじょうぶでしょ」

ちゃんは俺のチンコを洗ってくれた。

その時、人生の勃起をしたwwwwww

ちゃんは「おおー・・・」と感嘆の声をあげていた。

もちろん当時の俺には何が起きたのか判らなかった。

とにかくむず痒く、皮を剥かれたチンコがひりひりする。

ちゃん、痛いよ」

「我慢しなさいよ。ちゃんとおっきくなるくせに情けないね」

ちゃんはざばーっと俺の股間にをかけて、それから一緒に船に戻った。

その後、俺はちゃんのおっぱいに後頭部を埋めるような感じで寄りかかって船に浸かってたんだが、そのうちちゃんは俺のチンコを弄って遊び始めた。

「おー・・・ちゃんと勃起してるwww」

ちゃん、くすぐったいよーwww」

正直痛かったんだが、当時の俺はふざけながらも、(あれ、これ、なんかすげーことなんじゃねーの?)と気づき始めていた。

さて、この当時、俺は家の事情で親が帰ってくるのが遅く、近所に住んでた親戚の家、つまりこのいとこのちゃんの家なんだが、夕飯を食わせてもらって、その後親が迎えに来るって生活パターンだった。

つまり、ほぼ毎日この家で風呂を使わせてもらっていたわけだ。

この日以降、この家で風呂に入るときには、必ずちゃんと一緒に入るようになった。

それまでは一人で入るか、自分の家で入るか、ちゃんと入るか、叔母さんと入るか、特に決まって無かったんだけど、自分から「ちゃん風呂入ろー」と自分から声をかけるようになったwww

むしろちゃんの方も「いっしょにお風呂入ろー」と声を掛けてくれてた気がするwww

さて、何回かちゃんと同じような風呂での秘め事を繰り返したある日、ついに決定的な出来事がwww

俺はちゃんの手の中で射精したwww

「うわーすごー・・・wwww」とちゃんは笑い声をあげていた。

俺はマジで膝がガクガクなるくらい快感に溺れてたwww

たぶん涙も出てたwww

それまでにちゃんとの会話で精通はしてなかったことは話してたから、ちゃんは「おおー・・・私が大人にしてあげたんだなー・・・」とか言ってた。

さて、このあたりから二人の秘め事は風呂に限らなくなってきたwww

この頃の俺はちゃんの手こきにすっかり味をしめて、ちゃんのことが大好きになっていた。

いたずらしたりすると「もうしてあげないよ」とか耳元で囁かれ、俺はすっかり従順な犬のように大人しくなった。

(これは誰にも言っちゃいけないことだ)というのは分かっていた。

ちゃんは家に誰も居ないときなど、自分の部屋に俺を入れていたずらするようになってきた。

俺もその時間が本当に待ち遠しかった。

そのうちちゃんもヒートアップしてきて、キスしたりとか、おっぱい揉ませたり吸わせたりするようになった。

俺の人生の中でも至福の時代だったと言えるだろうwww

俺の方ももちろん調子に乗ってちゃんの体を弄り回してたwww

のうちはマンコの存在を知らなかったから、アナルに手を伸ばしたりしてたんだけど、ちゃんに怒られたwww

でも、ちゃんはパンツを脱いで俺に股間をばっちり見せてくれて・・・。

「ここを弄ると、ちゃんも気持ちいいんだよ」とクリトリスの皮を剥いて見せてくれたwww

俺の理解としては、『女にもちっさいチンコみたいなものがあるんだなぁ』って感じで、俺も皮を剥かれたチンポが痛かったのを身を持って知ってるから、指先で軽く撫でたりした。

でもそのうち濡れてきて、結構乱暴に扱っても大丈夫なものなんだと知った。

ちなみにこの時は、女はクリトリスの先っぽからおしっこをするもんだと思ってたwww

さて、ある日のこと。

いつものように俺は学校から帰ってきてちゃんの家に「ただいまー」と入って行った。

小学校よりも高校の方が終わるのが遅いから、いつもはちゃんが帰ってくるのを俺が待ってたんだが、この日はなぜかちゃんは既に家にいた。

そしてもう一人、ちゃんの友達の女がいた。

俺はめっちゃがっかりした。

(他の人がいたんじゃちゃんは“アレ”をしてくれない・・・)

俺はすごすご引き下がって、漫画でも読もうと思って居間に向かった。

そしたら、腕を掴まれてちゃんの部屋に引き込まれた。

「え?え?なに?」

俺はなんだか分からず、ちゃんとその友達の顔を見比べていた。

ちゃんが俺に言った。

「ねー・・・◯◯くん・・・いつもちゃんとやってる、アレなんだけど」

俺はビビった。

(他の人がいるところでバラしていいのか?)

「この子も、してみたいんだって。◯◯くんは嫌?」

俺はどう返事をしようか困った。

正直ちゃん以外の女にアレをみせるのは恥ずかしい。

しかし、ぶっちゃけ興味はあったwww

ちゃん以外の女の体ももちろんみたいwww

しかし俺の返事を待たず、ちゃんは俺を羽交い絞めにした。

「だいじょぶ、この子上手だから、きっとすごい気持ちいいから」

ちゃんは俺の耳元で囁いた。

ちゃんの友達は笑いながら俺のズボンを引きずり下ろした。

本当なら抵抗もできただろうけど、どっちかと言うとやって欲しいと思ってたからされるがままになってた。

「あ、抵抗しないんだ?俺くん、やらしーなーwww」

調教済みじゃーんwwwしてほしーんだ、学生">小学生なのにwww」

俺は顔が真っ赤になったが、図星なので黙っていた。

(して欲しいさ、そりゃwwww)

で、そこでまた体験。

ちゃんの友達は、俺のチンコを咥えた。

フェラチオ">フェラチオ。

俺はビビった。

口でチンコ咥えるとか、そんな発想は全然無かった。

チロチロと舌が俺のチンコをなぞる。

がきゅうと締めつける。

フェラの感想は、気持ちいいというよりも『熱い』だった。

ちゃんの手こきの方が刺激としては気持ちよかったけど、フェラチオ">フェラチオはその温度が異次元の快感だった。

「え・・・えぇぇ・・・口でするの?」

ちゃんもビビってた。

「男はこれで喜ぶんだって(なんかの雑誌の名前)に書いてあったよ」

ちゃんの友達は笑いながら言った。

結局そのフェラチオ">フェラチオでは俺はイケなかった。

今にして思えば、やっぱ下手すぎだった。

ただその温度の記憶だけは鮮明だ。

ちゃんの友達は手こきに切り替えて、それで俺にキスした。

チンコくせーと思ったが、抵抗はできなかった。

くちゅくちゅとディープに舌をなぶられつつ、耳元でちゃんが「きもちいい・・・?あたしとするのとどっちが気持ちいい?」とか聞いてきて、もうパニック状態。

俺はそのまま発射した。

すげー飛んだ。

女子高生2人は爆笑。

俺は虚脱状態で、恥ずかしくて、俯いてた。

飛び散った精子をちゃんは拭き取ってから、「じゃー今度はあたしの番ね」と笑い、発射したばかりの俺のチンコを指先で摘まんだ。

ちゃんの友達は「じゃー◯◯クン、そのまま寝転がって」と俺を仰向けに寝かせ、上を向いた俺の顔に覆いかぶさって、またキスを始めた。

上はちゃんの友達のキス、下はちゃんの手こきという状態である。

ちゃんの友達はそのうちキスに飽きたのか、顔をあげてちゃんに色々指図し始めた。

「口でのやり方、さっきみてたでしょ?」

「舌で舐めるの。咥えるときはで締めつけるの」

「もう一回見せてあげよっか?」

どうもちゃんにフェラチオ">フェラチオのやり方を教えてるようだった。

そのうち、またあの熱い感覚がチンコを覆った。

さっきのちゃんの友達がした時よりも熱かった。

すげーきもちいい、って思った。

ちゃんの友達は俺の目の前に顔を寄せて、「あたしのとどっちが気持ちいい?」とか笑いながら聞いてきた。

ちゃんの方が気持ちいい」って答えたら、ちょっとむかついた顔をした。

俺は「ごめんなさい」って萎縮したら、「このスケベガキ」ってなじられて、なぜか顔面騎乗されたwww

そんで2回目の発射。

俺は虚脱状態でそのまま寝転がってた。

いつの間にかちゃんの友達は帰ってた。

ちゃんは「ごめんね?嫌じゃなかった?」とか聞いてきた。

俺は「嫌じゃなかったけど・・・ちゃんと二人でしてた方が好き」って答えた。

ちゃんはなんだか嬉しそうに笑って、俺にキスしてくれて、三回目のプレイをしてくれたwww

これはいつも通りの手こきプレイだったwww

そして、その翌日。

またちゃんの友達はやってきた。

その日はいつも通りちゃんより先に帰ってきてた俺は居間で漫画を読んでたんだが、ちゃんが「ただいまー」と帰ってきた声を聞いて、「おかえりー」と玄関に迎えに行った。

ちゃんにアレをしてもらいたくてしょうがなかった。

そしたら、昨日のちゃんの友達も一緒にいた。

「俺クン、ちょっと遊びに…