睦絵はを開き、男のファスナーに歯をかけた。 かり、と金具を噛み締め、ゆっくりと下に引いていく。 チャックが開き、中から男の肉棒がこぼれ出た。 カリ太の、長大なペニス。 濡れた舌がその先端をとらえ、ちろちろと尿道口のあたりをねぶる。 しばらくそうしてから、睦絵は口を少しだけ開いた。 そして、キスをするような感じで亀頭の先端を「ちゅっ」と吸い、そのまま先端を含む。 赤ん坊が哺乳瓶をすするように、彼女は男のペニスを「じゅちゅ、じゅちゅっ」と、で情熱的にしごく。  睦絵は、全裸だった。  春先の外気が肌を刺激するのか、かすかに鳥肌立っている。 コンクリートの肌触りが、彼女の足裏を冷やした。 夜
の空には、月と、数えるほどの星々。 周囲には、道路の他には道ばたの草、古びた街灯、そして睦絵の亭主が立っていた。  彼女の亭主は、自分のズボンの中に手を入れ、半笑いの表情を浮かべていた。 おそらく、パンツの中の自分の睾丸袋を揉みしだいているのに違いない。股間をいじって、国道のど真ん中で全裸になって他の男の肉棒に奉仕する自分の女房を、見つめることしかできない亭主────────  睦絵が奉仕している男は巌(いわお)のような顔つきをしていて、それに相応しい屈強の体躯をも備えていた。 全裸の睦絵が先ほどから、亭主の姿などはじめからなかったかのようにして愛おしげに奉仕しているペニスも、節くれだって太い。 「おい」  男はそれだけいって、彼女の髪の毛を引っ張った。 睦絵はすぐに顔を引き、そのつぼみのようなから、男の亀頭を解放した。 彼女の液が闇夜の男根から糸を引き、つうっ、と途切れる。 男は無言で、自分の肉棒をズボンのチャックの隙間から露出させたまま、道路の真ん中に座り込んだ。 ちょうど、股間に両手を突っ込んだ、彼女の惨めな亭主と面向かいになる格好だった。 男の鬼のような視線が、睦絵の夫を射抜く。 夫……『元』夫は、びくっと肩を竦めてただ視線をそらした。 両手の動きも止まる。(クズ野郎) 睦絵はそんな卑屈な夫を見て、思った。 「こいつに見えるようにやれ」  男が言うと、睦絵はすぐに男のそばにやってきた。 そして、和式便所にまたがるような形で男の前に屈み込み、男と同じく自分の夫に向き合うようにして、股間の真下で逞しく屹立したペニスの先端を手で押さえ、自分の秘芯へとあてがう。 「あなた」  彼女は言った。「見えるぅ?」 亭主は答えない。 ただ、股間に忍ばせた両手の動きを活発にさせた。「見えるでしょ。わたしのマンコ、もう毛が一本もないもの。ほら、もっとよく見えるように広げてあげる。びらびらにリングが何個もついてるから、広げやすいの。ね………………わたし、濡れてるの。この人のチンポ入り口にくっつけただけで、イキそうになってる。あなたの包茎チンポ何度突っ込まれても、ああ、なんか入ってるぐらいにしか感じなかったのに、おかしいね。本物の男が、こんなにスゴイなんて……………………ほらぁ…………………見てよ、今、ひぃいっ………おほぉおっ……………ど、どんどんっ、どんどん入ってくるぅぅぅううんっ………………チンポぉお、逞しいチンポぉ、わたしのチンポ、奥に、わたしのマンコの奥にヒぃ……」  睦絵が腰を降ろすにつれ、どんどん男の肉棒が彼女の陰孔へ、じゅぶじゅぶと埋没していく。 接合部分から、白濁した彼女自身の恥液が、肉茎に押し出されて溢れ飛んだ。 彼女の秘が押し広げられ、やがて………男の肉棒が根元まで埋まった。  睦絵は満足そうに声を洩し、あとは我を忘れたように腰を振って、男の節くれだった肉槍の感触を貪っていく。 元・妻の腰があやしく左右に揺れるのを、元夫は血走った眼で凝視していた。 「あぁああ、あぉおおお、いいっ、あぁあぁ?んっ、チンポぉ、チンポぉおっ!」  睦絵の狂態とはうらはらに、下になった男は無表情のまま微動だにしない。 しばらくして我慢しきれなくなった彼女が、ついに自分から腰を上下に激しく使いだした。 ぬらぬら濡れ光る男の肉棒が、彼女の膣孔から現れたり、消えたりをくり返す。  睦絵は人並み以上の美貌の持ち主であったが、これといった野心もなく、才覚もなかったので、平凡よりやや上程度の収入の夫の妻になることを選んだ。恋の経験はほとんどなく、結婚も打算の色が濃かったといえる。さすがに夫との夜の時はすでに処女ではなかったものの、それほど経験を積んでいるわけでもなかった。  夫は小物だ。  一緒にいて、それほど愉しい男でもないが、かといってそれほどひどい男でもない。 タバコはやらないし、酒は嗜む程度。 博打も打たない。 趣味は読書と映画鑑賞と言う、まさに、どうでもいい男。   結婚して2年目。 睦絵が25歳のとき───────その転機は訪れた。  その男は、いきなり睦絵達が住むマンションにやってきた。 はじめ宅急便を装ってドアを開けさせ、あとは力任せに押し入って、金曜日の昼間から彼女を犯した。 パンツを破りとり、濡れてもいない膣孔への強引な挿入。 男は睦絵が泣き叫ぶのも構わず、一方的に腰をふり、一方的に膣奥へ精液を注ぎ込んだ。 胎内に種汁の迸りを感じ、睦絵は歯を食いしばって泣いた。  この時の男は、ただ乱暴なだけで、彼女は痛みと屈辱しか覚えなかった。  やがて、夫が帰宅。 彼女はガムテープで口を塞がれ、両手両足を縛られた状態。 そして、自分の旦那が男にあっさりと手玉に取られ、自分と同じように縛られていく、その一部始終を眺めていた。 (情けない男) と、睦絵はそれだけ思った。  それから縛られた2人は、深夜を待ってから男の車に乗せられ、どこか山奥の山荘に連れて来られた。 そこで男は、彼女の夫に言った。 「女房を犯されたくなかったら、会社に電話をかけて、来週一週間休ませて欲しいと電話しろ」  馬鹿な夫は、恐れるあまり次の日の朝、手渡された携帯電話で、本当にその通り電話をした。 これで、土曜日と日曜日、続いて来週一週間を、まるまる男に手渡したことになった。 それで、この男は充分だったのだ。  まず、男は元通り夫を縛り付けた後、目の前でよく見えるようにして睦絵を犯した。 セックスの途中で、男は、「オマエの夫のチンポと、俺のチンポのどちらが大きいか」 とか、「どっちのチンポが好きか」 というような質問を睦絵に浴びせかけた。 この時はまだ睦絵は男に憎しみしか抱いていなかったので、何も言わなかった。 最レイプから、男は全ての精液を睦絵の膣内に注ぎ込んでいた。  ひとしきり陵辱が終わると、男は彼女の夫の下半身を裸にして、そのペニスが血管を浮かせて直立しているさまを睦絵に見せつけた。自分の妻が見ず知らずの男に犯され、中出しされるのを見て、浅ましく興奮していたというわけだ。彼女は失望したが、このときはまだそれほど決定的ではなかった。彼女は彼女なりに、男の生理というものを理解していたからだ。 しかし、男が次に、 「お前の女房に、こう言うようにお願いしろ。『わたしの腐れマンコに、強姦魔様の逞しいチンポを挿入して、どうかその気高く高貴なザーメンを、思うぞんぶん注入してくださいませ』ってな。………本当にお前の女房が、その台詞を言いつつ、自分から股を開き、自分の指でマンコをぱっくり開くまで、何度でも、何度でも、馬鹿みたいにお願いしろ。………もし断るのなら、お前のチンポはこのナイフで切断させてもらう」  夫は、いともあっさりとその通りにした。  彼女は絶望した。  こんな男の妻になった自分を痛く後悔していた。 ペニスを切断すると言われたのだ。 恐いのは当然だし、最終的に屈辱の選択を迫られるのは分かりきっていた。 彼女が失望したのは、夫が何の迷いもなく、即座に男の言うなりにしたことだった。  睦絵はやけになって、本当にその通りにしてやった。  その後、男のモノを受け入れたとき、わざと夫に聞かせてやるために嬌声をあげてやったりもした。 夫は泣いていたが、彼女にはもうそれが嘘泣きであることに気付いていた。 男がその野太い肉棒を震わせ、自分の子宮に何度目かの精液を吐き出したときには、錯綜した愛情さえ感じた。   この男は、自分を情けない夫から奪いにきたのだ。   睦絵は男のものに貫かれながら、そんなことを考えていた。 男のそれは、夫の包茎ペニスとは比較にならない太さ、長さ、形状を有していた。 その形を思い浮かべ、思い浮かべながら男に後ろから犬のポーズで激しく貫かれると、それだけで絶頂に達した。 男が膣内で射精し、その熱さが子宮に広がっていくのを感じると、また絶頂に達した。   ──────それから3日経った火曜日、男が睦絵に訪ねた。 「旦那のチンポ、どうしたい?」  彼女はすぐに答えた。 「いらない。ちょん切ってよ」  男はその通りにした。 夫は縛られたまま、泣き叫んだ。 睦絵はちょっとだけ可哀想に感じ、最後の一度だけ自分とセックスさせてあげることにした。 もちろん、夫の精液が自分の中で吐き出されるなど考えただけでもゾッとするようになっていたので、コンドームを2重にかぶせ、夫を縛り付けたまま横に寝かせ、その上から跨がるようにして、偽りの夫婦は最後の結合を果たした。妻と男の痴情をさんざん見せつけられて溜りに溜っていた夫は、睦絵が少し腰を動かしただけで、すぐに放出した。彼の、ペニスを通した生涯最後の射精は、実にあっけないものだった。  コンドームを取ると、中に…