僕の嫁は、5歳上の高校の教員です。

僕が高校時代の英語の先生です。

そう、嫁は教え子と結婚したんです。

妻の杏子と付き合うきっかけは、僕が高校3年のとき、半ば強引に杏子とやってしまったのが発端です。

まあ、ほとんどレイプって言われれば、そうかもしれません。

それに杏子はめてだった。

僕がめての男でした。

杏子のことが好きだったし、憧れだったから、結果的には幸せな家庭が持てて良かったとは思います。

今は僕が36歳。

杏子が41歳。

子どもが二人。<
br>
娘が二人です。

あれは高校3年の夏のことだった。

文化祭の実行委員長を僕はやっていた。

顧問は杏子だった。

まだ、大学出て2年目の新米教師。

英語は留学していたからペラペラ。

杏子が高校に来て、僕は一発で杏子に惚れてしまった。

先生なのにね。

々しくて清楚で美人、スタイル抜群。

「片倉君、準備の進み具合はどうなのかな?なんか困ってることある?」

「あ!先生。うーん、困ってますよ。各クラスからの要望が多すぎて・・・」

そんな感じでほとんど毎日、放課後は杏子先生と実行委員メンバーでバタバタやっていた。

土曜日なんかは放課後夕方までメンバーでワイワイやっていたので、杏子が自分の家に連れて行って夕食を御馳走してくれた。

まあ全員ってわけではなく、行ける男女3、4人だったけど。

杏子は学校から徒歩30分の所に住んでいたので、気楽に遊びに行っていた。

大好きだった杏子のお手製の夕食は量も多くて、しかもとっても美味かった。

「さあ、みんなお腹ペコペコでしょ。たくさん食べてね!」

杏子の料理が食べれるのが毎回楽しみだった。

そんなこんなで文化祭の1ヶ月前だった。

どうしても決まらないことがあって、先生に相談に乗ってもらっていた。

気が付いたら日が暮れて7時になっていた。

「片倉君、もう6時だわ。先生のうちで続きしましょう。食事作ってあげるから」

「ラッキー!腹ペコだったんだ」

資料やら原稿やら、全部持って杏子の家に行った。

まさか、この日が杏子とのエッチの日になるなんてお互いに思っていなかった。

杏子の家に着いて、杏子は早速冷蔵庫から食材を出して料理を始めた。

僕はエプロン姿の杏子の後ろ姿をボケーっと見てた。

何気に外の景色を見ようとしてベランダに視線を向けた。

夕焼けがとっても綺麗だった。

マンションの5階だから景色もいい。

ふと、洗濯物に目が行ってしまった。

ブラとショーツが他の洗濯物と一緒に干してあった。

(先生、こんなデザインの下着つけるんだ)

ちょっと興奮した。

「片倉君、何見てるのかな?」

「え?ああ、先生、夕焼けがきれいですよ。やっぱ5階だと眺めがいいですね」

「そう?慣れちゃえばたいした風景じゃないわよ?さ、まずは食べちゃいましょう。お待たせ」

「いただきまっす!」

文化祭の事とか、この間の体育祭の事とか話した。

うちの学校は文化祭が終わると、締めくくりに夕方から夜8時ぐらいまでキャンプファイヤーをしてダンス会をする。

まあフォークダンスがメインだった。

そして女の子を選んでチークダンスとかも。

「片倉君、チークの相手決まったの?」

「いや、決まんないんだなぁ、困ったことに」

「そっか。じゃあ、先生が相手してあげてもいいわよ?」

「え!ラッキー!中村先生とチークか!やったね!!」

食後、文化祭の打ち合わせの続きをやった。

ここで告らねば男じゃないと考えてた。

唐突に告った。

「先生・・・あのさ、俺、先生が来た時から惚れちゃってさ。先生のこと好きなんだよ。知ってた?」

「え?」

いきなり告られて杏子は戸惑ってた。

「片倉君・・・。なんとなく感じてたけど。そっかあ」

「うん。先生美人だし、スタイルいいし。マジに好きだな」

「あはは。ありがとう。でも私は先生。あなたは生徒。わかった?」

しばらくまた打ち合わせの続きになった。

「先生、頼みがあるんだ。俺、先生とキスだけでもいいからしたいな。チークの時に」

「・・・」

杏子はポカーンとしてた。

「お願い!お願いしまっす!」

僕は手を合わせて拝む感じでお願いした。

「・・・もう!いきなり!じゃあ、ちょっと目を瞑って?」

「へ?」

俺は目を瞑った。

に柔らかいものがくっついた。

思わず目を開けた。

杏子の顔が目の前に!

杏子はキスしてた。

目を瞑ってた。

「はい!終わり!満足したでしょ?片倉君?秘密だよ」

「先生・・・。うぉお!キスしちゃった!!ラッキー!先生、サンキュー!」

嬉しさのあまり杏子を無意識に抱き締めてた。

「ちょっと!ちょっと!何すんの!コラコラ~。やめなさいって」

杏子と目が合った。

お互いに黙ってしまった。

俺はもう一度を押し付けた。

「ん!ん!んーーー!」

杏子が声を上げた。

そのまま杏子を抱き締めたまま床に押し倒してた。

倒れた瞬間、杏子の右のおっぱいに手が乗ってしまった。

(柔らかいおっぱい!先生のおっぱい!)

もう完全に俺の頭はぶっ飛んでた。

「先生!俺、好きだ!」

そのまま杏子のおっぱいを服の上から揉んでいた。

「ちょ!やめなさい!片倉君!何してるの!やめてっ!」

「先生!だめだ!我慢できない!」

そのまま杏子のブラウスを捲り上げた。

バタバタ杏子は暴れた。

「ダメー!片倉・・・君、やめて!やめて!私は先生よ!」

白いブラジャー!

強引に上に押し上げた。

おっぱいが目の前に飛び出した。

「先生!俺!俺!・・・好きだぁ!!」

おっぱいにしゃぶりついた。

「きゃあ!やめてぇぇぇ!やめてぇぇぇ!・・・いやあ!いやよぉ!」

俺は杏子の両腕を押さえて、左右の乳首を吸いまくった。

片手でグレーのスカートを捲り上げて、無理やり股間に手を割り込ませた。

パンティの上から杏子のアソコを触った。

もう頭の中は真っ白!

ただ杏子とやりたくて・・・。

パンティの上から触るアソコは温かくて柔らかかった。

「片倉・・・君、お願いだからやめてぇ!お願い!そんなとこ・・・やめてぇ!」

「先生!先生!好きなんだ!先生が欲しい!」

「嫌ぁぁぁ!だめぇぇぇ!」

俺はパンティに手をかけて引きずり下した。

杏子の両手を押さえながら、スカートの中に顔を潜らせた。

目の前に杏子のおまんこが見えた。

反射的に舐めてた。

「あああ!いやあ!だめ!だめ!やめて~!片倉君!やめて!」

思い切り杏子の両足を抱えて、おまんこを舐めてた。

酸っぱさを感じたが夢中で舐めてた。

「やめてぇ・・・やめ・・・ん!ん!」

「先生!感じる?」

「やめなさい!ほんとにやめて!今なら黙ってるから!!」

「先生・・・無理だって!ここまで来たら抑えられないよ!好きだ!まじに!」

俺は右手でズボンのベルトを外して、チャックを下げて、ズボンとパンツを急いで下げた。

そのまま杏子のカラダを這い上がって、スカートを捲り上げながら杏子の両足の間に下半身を割り込ませた。

勃起したちんこが陰毛に触れた。

「きゃああ!だめ!だめ!だめ!やめなさい!・・・お願いだからやめて!」

「先生!俺!!だめだ・・・許してくれ!」

なんせ俺もめてだったから、どこが入口か判らなかった。

5、6回おまんこに先端を押し付けて腰を振ってた。

ヌルヌルしていた。

杏子は泣き出してた。

「やめて・・・お願い・・・お願い・・・だめ・・・いや・・・お願い・・・入れないで・・・」

もう杏子はぐったりしていた。

抵抗する力も弱って、観念した感じだった。

「片倉君・・・お願い・・・やめて・・・入れないで・・・ほんとにやめて・・・」

そうは言っても18歳の俺には抑えるなんできない。

必死にちんこをおまんこに当てて入口を探ってた。

ちんこを押し付けること8回目、ヌルッ!とした感触で亀頭が潜った。

「ああーーーーー!」と杏子が声を上げた。

入った!中に入った!

そう感じた俺は、そのまま腰を強引に入れた。

ちんこ全体が柔らかい物に包まれた感じがした。

ヌルヌルでグニャリとした感触。

そして温かい。

完全に杏子の中に潜り込んだ瞬間だった。

「あうーーーーーーーー!」

杏子が眉間に皺を寄せて思い切り仰け反った。

「先生!先生!」

俺は「先生」と連呼しながら腰を振っていた。

ピストン運動するたびに杏子の目から涙がこぼれた。

「グッ!」っと押し殺したうめき声が漏れた。

「先生!気持ちいいの?」

苦痛ではなく快感と俺は勘違いしてしまった。

無意識に杏子の両足を抱えてた。

奥までちんこを入れたかったからだろうけど。

嬉しくてガンガン腰を打ち付けた。

杏子の膣内の擦れる感触、襞が絡みつく感触、突き刺すたびに亀頭に感じるヌメヌメ感。

童貞には刺激が強すぎた。

「先生!俺イキそうだ!」

そう言った瞬間、杏子は目を見開き、「だめ!だめ!中には出さないで!だめぇー!出しちゃ!」と引き攣った顔で叫んだ。

「出る!ウック!」

・・・全身に快感が走った。

杏子に最後の突き上げをすると、一気に射精した!

杏子の膣内へと大量に射精した。

射精している間、杏子は目を見開いたまま固まってた。

射精が止まらない・・・強烈な快感だった。

俺は終わって、杏子のおっぱいを握ったまま杏子の上に崩れた。

ゼーゼー息が切れた。

言葉が出ないくらい興奮と快感でぐったりだった。

杏子は嗚咽を漏らしながら泣いていた。

「先生・・・俺・・・俺・・・ごめん」

杏子は黙ったまま泣いていた。

5分ぐらいしてから、そっとちんこを抜いた。

パンツを穿こうとしてちんこを見たら真っ赤だった!

思わず杏子のおまんこを見てしまった。

出血していた。

「先生!・・・処女だったの!」

俺はほんとにびっくりした。

杏子は泣きながら頷いた。

思わず床に寝ている杏子を抱き締めた。

「先生!ごめんなさい!ごめんなさい!許してください!」

俺は叫んでた。

とんでもない事をしてしまったと思った。

杏子が俺に抱きついてきた。

「片倉君・・・。なんでなの?先生・・・片倉君を信用してたのに」

目が合った。

強引にキスしてた。

嫌がるかと思ったが、杏子はされるがままだった。

ただ俺は自分の気持ちを伝えたくてキスし続けた。

「先生・・・俺と付き合ってください。本当にめて先生を見た時から惚れてるんです」

「片倉君・・・先生と年が離れてるのよ。それに先生と生徒なんてだめよ」

「お願いです。俺・・・俺、今日の責任取ります。先生と付き合いたいんです!いい加減な気持ちで先生とやったんじゃありません!本当です!」

「片倉君・・・あなた、そんなに先生のこと思ってくれてたの?」

ギュッとスレンダーな杏子の体を抱き締めた。

「片倉君。・・・先生、どうしていいかわからない・・・答えは待って」

「待ちます!いつまでも待ってるから!お願いします!」

30分ぐらい沈黙のまま抱き合ってった。

「片倉君・・・今日は、もう帰って」

「先生・・・そんな・・・すみません!すみません!」

俺は謝りながら帰宅した。

翌日、学校に行くのが怖かった。

杏子がもし訴えてきたら、俺は退学どころか犯罪者として捕まる。

しかし学校に行くと杏子は普段通りに接してきた。

「片倉君、昨日決められなかった文化祭のさ・・・」といった感じで、まったく普段通り。

俺は杏子の顔をまともに見れなかった。

3日後だった。

「片倉君、話があるから放課後、残ってくれる?」

「え?・・・はい」

俺は来るべきものが来たと覚悟した。

警察に行く覚悟をした。

杏子と面談室で会った。

「先生・・・俺、退学になってもいいです。警察に行きます」

俺は覚悟してたからそう告げた。

「片倉君・・・何のこと?ねえ、今日、先生の家にいらっしゃい」

「え?ええ!なんで・・・」

杏子は黙って俺の目を見ながら小さく頷いた。

杏子が先に帰った後、杏子の家に行った。

チャイムを鳴らした。

笑顔で杏子が玄関を開けてくれた。

「いらっしゃい。さ、上がって」

靴を脱いで上がった。

その瞬間、杏子が抱きついてきた。

「せ!先生!」

「片倉君。これが答えよ」

正直絶句した。

夢かと思った。

「先生・・・いいの?」

「うん。嬉しい・・・の。ねえ、こんな年上でいいの?」

「は・・・はい!もちろん!」

俺は杏子にキスをしてた。

嬉しかった!

「片倉君。今日、もう一度ちゃんと抱いてくれる?この間のは無かったことにしよう?だって・・・めてがレイプじゃ辛いの・・・。私も女よ・・・男の人に優しくされたいの。ね?優しくして?」

「!!!!」

夕飯を食べた後、一緒にシャワーを浴びてベッドに行った。

「先生。好きです」

「私も・・・片倉君」

キスして杏子のおっぱいを揉んで、乳首を吸った。

優しく・・・。

今度は本当の意味で恋人同士のセックスでした。

ゆっくり杏子の中にちんこを入れて。

杏子は痛がってたけど、終わってからは甘えてきました。

高校卒業し、大学へ行き、就職した。

その間、杏子とはベッタリでした。

就職した年の杏子の誕生日にプロポーズした。

1年後に結婚式を挙げました。

高校時代の仲間からは、「うっそだろ!なんで中村先生となんだ?」とビックリされましたが、僕たちは幸せいっぱいでした。

そして今も杏子と素敵な家庭があります。

杏子が結婚式の夜に言ったことが忘れられません。

「私ね、片倉君のことが好きだったのよ。だけど、まさかレイプで付き合うとは思ってもいなかったの。でも、恨んでないわ。だって、ずっとあなたは私を愛してくれた。優しくて頼もしくて・・・最高の恋人だったの。今日からは私の夫。これからもお願いします」

ベッドの上で三つ指ついて・・・。

今は懐かしく思える出来事です。