前編は以下のとおり





それから何回かKから着信があったのですが、なんかちょっと自分がしたことが怖くなって無視していました。



また会ってみたい気持ちはあるけど、今度会ったらまたHして、それからどうなるんだろうと。



Kはすごく人なつっこく、人を安心させる力があるみたいで、彼に対して恐怖を覚えるということは全然ありませんでした。



今度は普通に会って遊んでHってこともあるかなー。と思いつつ、1週間後の電話にやっと出てみました。



K「おー、つながった!アヤ無視せんといてやー。なー、今からご飯食べにいかへん?」



あー、あの時のひとなつっこいKそのままだ。






K「じゃ、今から15分くらいに前降ろしたセブンの前までいくし、近くに行ったらまた電話するわ」



私が決断すまもなく電話は切られる。。。 着替えてちょっとお化粧してそわそわして電話を待つ。



電話が鳴り、K「アーヤー、ついたでー!はよ来てー!!」

電話を切るとマンションから5分くらいのセブンまでゆっくり歩いて行きました。



私「ごめん、遅れて」

K「いいって、いいって、乗って、乗って」



助手席の座席をぽんぽんとたたくK。今日は一人みたいです。



K「何食べたい?」

私「なんでも。。」なんか緊張。。。



K「じゃー、普通の居酒屋でもいくか」

私「うん、ええよ。。。」



私たちはチェーンの居酒屋に入って横に並んで座りました。



話したのは私の大学生活のこと(Kはフリーターの23歳)や趣味のことなど本当にたわいもない話。無理にお酒を飲まされるってこともありませんでした。



1時間くらいしゃべってだいぶ緊張もほぐれ、楽しくなってきました。Kは本当にこういうの慣れてたんだろうなーと今になって思います。



すごくいい気持ちにさせてくれるんです。19歳の私なんてころっと騙されます。



居酒屋を出て、Kが「俺の家来る?」と言います。その時点で私は疑似恋愛的な気分になっていたので当然「うん」と言い、彼の車に。



またあの激しいHの記憶がよみがえってきてへんな気持ちになってきます。結構立派なマンションだ。フリーターなのに(失礼)。。。



鍵を開けて中に入ると結構広いし人の笑い声が。



K「俺連れと3人で住んでんねん。だからこんな家でかいねん。あ、でもあいつらすぐ出て行かすし、心配せんでいいでー、入って入って」



部屋の奥から顔がのぞいて

「なんやK帰ってきたん?一緒にのもーやー」



するとKがちらっと私を見て、

K「俺女おるからお前らちょっと出て行ってやー」と。



友達は「え?女の子?俺らと一緒に飲もうよ!俺らちゃんとあとで出て行くし!」



リビングにいくと3人の男の人がこたつに入ってテレビを見ながら酒盛りしていました。



Kと私はこたつの開いている場所に一緒にはいりました。みんなそれなりに大きな人なのでこたつは結構きつきつでした。



Kは私をうしろからだっこするようにこたつにはいります。誰が一緒に住んでいる人なのかは結局謎のまま。Mはいませんでした。



あとの3人は結局名前があんまりわからなかったので、ABCとします。



A: やせ形できつそうな印象、背格好はKと似てる

B:180cm以上でがっしりしてて、ラグビー選手みたいな感じ

C:Kと似たような印象だけどKよりイケメンだったな。。



という感じです。Kは175cmくらいで明るい茶髪でかわいい系の顔。



私はその時点でふんわり酔っていたので、みんなの話す内輪ネタみたいなのをKにうしろからだっこされながら聞き流していました。



ふとAが私に話を振ってきます。

A「アヤちゃんKのどこがいいん?」



うーん。どこと言われてもつきあってるわけでもないし。



私って頼まれるといやと言えないというか、押しに弱くて、気を使ってしまうタイプなので、ここは付き合ってるっぽく話した方がいいのかな?と思い、



「Kはめっちゃやさしいし、顔もかっこいい」と答えました。するとKが「わー、アヤめっちゃわかってるやんw みてみーお前ら」とご満悦。



みんなはにやにやしながら飲んでいます。 「そーなんやー、アヤちゃんKの事好きなんやねー」とかいろいろ言っています。



それくらいからKの手が私の胸を刺激してきました。こたつの布団が胸までかぶっているのでみんなには見えません。



場の雰囲気は完全にまったり、部屋中タバコとお酒のにおいで気が遠くなりそうです。



布団の下ではKの手が直接私の乳首を刺激しています。Kの息が耳や首にかかって思わず声が出そうになるのをこらえるので必死でした。



ABCの3人はそんなことに気づかないそぶりでしゃべり続けています。私も勧められるままにお酒を飲みました。



いつしかKの手がパンツの中にのびてきます。もう完全に濡れ濡れなので、Kも指を入れてきます。



すごく固くなったKのものがおしりにあたっています。



どれくらい時間がたったのか、私はABCとKが話している内容が頭に何も入ってこず、漏れそうになる声をこらえていたのかも記憶がさだかではありません。



Kは激しく指を出し入れして、もう片方の手で胸をもみます。多分3人とも気づいているくらい激しかったと思います。その時は誰も気づいてないと思っていましたが。



Cが「アヤちゃん酔ってもたん?気持ち悪いん?」とうつむいてる私の顔をのぞき込んできます。



私は「う、あ、ううん?」とか訳のわからない返答をするので精一杯です。



それからちょっとしてKが

「アヤ、俺もう我慢できひん、あっちの部屋いこ」 と耳元でささやきます。



私はコクンとうなずきました。



Kは「なんかアヤ気持ち悪いみたいやか、向こうの部屋で寝かせてくるわ」と言って、私をこたつから出しました。



そのときタイトのマイクロミニをはいていたのですが、完全にまくれあがっていたと思います。



ベッドルームに入るとKがドアを締め、私をベッドに押し倒し覆いかぶさってきて激しくキスしてきました。リビングとベッドルームはドアを隔てたくらいの距離です。



K「声出したらばれるから我慢せーよ」と言って激しく私のあそこに指を出し入れします。



首に何度も吸い付かれ、すごくきつく胸をもんできます。この前の激しさの比ではありません。



バックの体勢になり一気に突き上げてきました。



私は思わず声を出してしまい、Kが手で塞ぎます。それが無理矢理やられているみたいで、私もさらに燃え上がりました。



Kが「アヤはすぐ声出すからちょっと塞いどかんなあかんなー」と小声で言いつつ、立ち上がりタンスに向かいました。



Kは引き出しから持ってきたものを私の口にはめました。



名前がよくわからないのですが、口のところが開いていて栓ができるタイプのマスクのようなものです。



はじめは栓がしまっていたので、口のところが開くとは思いませんでした。 ただ、口が開いたまま閉じる事ができない仕掛けになっています。



すごく苦しかったけど、Kの激しい攻めによりそんなに気にならなくなっていました。



しばらくしてKが「今日は中に出してもいいん?」と聞いてきます。



前はそんな事聞いてこなかったし、中にも出されていません。そういうところも安心していたのに。。。



私はやっぱり怖いので首をふりました。 するとKが「なんで?こんなに気持ちいいのに。いいやろ?一回だけ!」



押しに弱い私はさらに首をふることができず、涙ぐんでいました。 それでもKは突き続けます。Kのものがさらに固くなり、息が荒くなって行きました。



K「あかん、ほんまにイク!もういいやろ?アヤ」私は仕方なくコクンとうなずいてしまいました。



実際危険日ではありませんでしたし、一回だけと言っているしとあきらめて。。



まもなく、Kは私の中で果てました。びくんびくんと私の中でKのものが波打っています。



私のあそこがすごく熱くなっているがわかりました。