二人が更衣室を出ようとした時、ドアが開く音がした。
「やばい、誰か来たぞ」
慎吾と武志は慌てて、先程まで隠れていた掃除用具入れに身を隠した。

「危なかったぜ。誰が入ってきたんだ・・・?」
慎吾と武志は用具入れの扉の隙間から、覗き見るとそこにいたのは・・・
「おい、あれ小池じゃねえか?」
「ああ、間違いねえよ、小池栄子だ。最後に当たりが来たぜ。」
二人は興奮を何とか抑え、小声で囁きあった。

小池栄子はこの高校に在学する人気グラビア・アイドルだ。
最近は仕事が忙しいのか、ほとんど学校に来ておらず
来ても部活に出
ない事が多かったので
慎吾と武志は栄子の写真を撮る事が出来なかった。

チャンスとばかりにカメラを構える慎吾と武志。
バレーボール部のユニフォームである赤いブルマから
僅かに肉がはみだしていて、二人は夢中でシャッターを押した。
栄子はシャツに手をかけると、二人の男が潜んでいるとも知らず
あっさりと脱いでしまった。

(おおっ!!)
二人は小さく驚きの声をあげた。
何と栄子はブラジャーを着けていなかったのだ。
さらに栄子はブルマに手をかけると、前屈みになった。
腋の下からのぞく、Fカップのオッパイが小刻みに揺れて
慎吾と武志はシャッターを押すのも忘れ、思わず魅入ってしまった。

だが、二人をさらに出来事が待っていた。
ゆっくりと下ろされるブルマから現れたのは、下着ではなく
何と肉付きのよいおであった。
ブラジャーだけでなく、パンティもはいていなかったとは!?
あまりの驚きに思わず顔を見合わせた二人だったが
次の瞬間には、慌ててシャッターを押し始めた。

全裸になった栄子は、すぐに制服を身につけようとはせずに
壁一面に貼られた鏡の前に立った。
二人の目に鏡に映った栄子の裸身が飛び込んできた。
Fカップの見事なバストとそれを際立たせるようなくびれたウエスト。
豊満ながら形の整ったヒップ。
人気グラビア・アイドルに相応しいスタイルであった。

栄子自身もそのスタイルに自身があるらしく、しばらく鏡の前から離れなかった。
やがて、両手でその豊満な旨を掬い上げるようにして持ってみたりと
グラビアで見せるようなポーズまで取り始めた。
人気グラビア・アイドルが普段は決して見る事は出来ない全裸姿で
鏡の前でポーズまで取り始めては、二人に我慢するなという方が無理であった。

二人は隠れていた掃除用具入れから飛び出した。
「やだ、な、何!?」
突然、男が二人も現れた事にパニックになる栄子だったが
すぐに両手で胸と下腹部を隠して、キッと二人を睨んだ。

変態!!早く出てってよ。人を呼ぶわよ」
「呼んでみろよ、その代わり、他のやつらに裸を見られる事になるぜ」
慎吾が言うと、続けて武志も自らの手のカメラを栄子に見せつけながら
「それにお前の裸の写真、バッチリ撮らせてもらったぜ。これを雑誌に
売れば、高値がつくだろうな」
「やだ、それだけは止めて!!」

やっと売れ始めて来た時にそんな写真が出回ってしまっては
今までの苦労が水の泡になってしまう。
「おとなしく、俺たちの言う事を聞けよ。そうすれば、このカメラを渡してやるよ」
武志の言葉に、栄子は頷くしかなかった。
栄子が頷くのを見て、二人は一斉に栄子に襲いかかった。

恐怖のあまり、とっさに逃げようとした栄子だったが、武志に背後から
羽交い絞めにされてしまった。
「いや、やっぱり嫌よ!!」
「今さら何言ってんだよ。写真がどうなってもいいのか?」
「写真」という言葉に栄子の抵抗が弱くなった。

「よし、いただくぜ。武志、ちゃんと押さえててくれよ」
「早くしろよ。俺だって我慢の限界なんだからな」
慎吾は栄子のオッパイを鷲掴みにし、揉み始めた。
「あんっ!!」
荒々しいというより乱暴なだけの愛撫だったが、栄子はしっかりと感じてしまった。
彼が地方遠征中のため、ごぶさたになっていて、少しでも強い刺激が欲しくて
ノーパンノーブラ部活に出ていたのだ。

「何だ、嫌がりながらも感じてるんじゃねえか」
栄子の喘ぎ声に気を良くしたのか、慎吾は尖ってきた乳首を口に含み
舌で転がし、強く吸った。
「いよいよ、栄子ちゃんのアソコを見せてもらおうとするかな」
乳首から口を離した慎吾は、栄子の股間を見上げるようにしゃがみこんだ。

綺麗に整えられた陰毛の黒が、水着の日焼け跡の白さに映えていて
非常に艶かしかった。
思わずゴクリと唾を飲んだ慎吾だったが、すぐに手を股間に伸ばした。

「どうだ、慎吾?」
「凄いぜ、軽く触っただけでこんなに蜜がついちまったよ」
慎吾が人差し指を武志の方に向けながら、嬉々として言った。
その指についた栄子の愛液が蛍光灯の光に反射して
きらりと淫靡な光を放った。

「ああ、いやあ・・・」
そう言う栄子の声はしかし、とても甘いもので
本当に嫌がっているようには聞こえなかった。
武志にオッパイを揉まれ、乳首をいじられ、慎吾にクリトリスを指で
刺激され、栄子は抵抗するどころか、快楽に身をゆだねていた。

「そろそろ、いいだろ」
更衣室の床に栄子を寝かすと、慎吾はズボンを下ろして
勃起したチンポを取り出した。
乱暴に栄子の足を開くと、一気に挿入した。
溢れ出た蜜によって、慎吾のチンポは難なく栄子の奥まで貫いた。

「ああんっっ!!」
「これがアイドルのオマンコの味か。最高だぜ!!」
歓喜の叫びをあげながら、慎吾は夢中で腰を動かした。
その度に栄子の豊満なオッパイが激しく揺れた。
栄子も突かれるたびに体内を駆け巡る快感によって、絶頂が近付いていた。
「ああ、ダメ、イク・・・イッチャウゥゥゥ!!」
「俺もイクぞ」
慎吾は猛然とラストスパートをかけると、チンポを引き抜き
栄子の胸に射精した。

「おい、まだ俺もいるんだから、果てるのは早いぜ」
武志はそう言うと、絶頂を迎え、グッタリとしていた栄子を四つん這いにさせた。
「今度は後ろから、入れてやるぜ」
武志は勃起したチンポを挿入した。
「ああっ!!」
新たな快感が栄子を身体を駆け巡った。

「見てたら、また勃起しちまったよ。口でやってくれ」
慎吾は甘い声を発する栄子の口にチンポを押し込んだ。
栄子は口の中に侵入してきたチンポを舌で舐め始めた。
近くに転がっていたカメラで慎吾が写真を撮り始めたが
バックで攻められ、フェラチオに夢中の栄子は全く気がつかなかった。

「ああ、そろそろイクぞ」
「俺もだ」
「私もまた、イッチャウゥゥゥ!!」
武志はチンポを引き抜き、栄子のおに白濁の液をぶちまけた。
慎吾も栄子の口からチンポを取り出すと、顔に2度目の放出をした。
短い間に2度の絶頂を味わった栄子は床にぐったりと横たわった。

顔とオッパイとおを精子で汚し、失神状態の栄子を
慎吾と武志がカメラにおさめていった。
「この写真がある限り、栄子は俺たちの奴隷だな」
「これからもたっぷりと可愛がってやるよ」
慎吾と武志の言葉が栄子には遠くに聞こえた。

・・・・

「来てくれたんだ、栄子ちゃん」
慎吾は部室に入ってきた栄子を見て、白々しい歓迎の言葉を口にした。
「来ないと写真を公表する、って言うから来たのよ!!」
栄子は吐き捨てるように言うと、キッと慎吾と武志を睨んだが
二人は全く意に介さずにニヤニヤとした嫌な笑みを浮かべていた。
放課後の更衣室で慎吾と武志の二人に犯されてから2週間が経っていた。

幸い集中的に仕事が入ったため、あまり学校に来なかったので
二人の顔を見なくて済んだのだが、今日、学校に来ると
下駄箱に1通の白い封筒が入っていた。
封筒に慎吾と武志の名前を見つけた栄子は、そのままトイレに駆け込んで
封筒を開けた。


小池栄子の体験談1  2  3  4  5