「変な薬なの?」
「中国で売られている媚薬だ。変な薬、麻薬とかじゃない。そう心配するな」
「媚薬…?」
「聞いてくるまでに30分は掛かるって話だ。あっちに到着するまでせいぜい楽しめ」
「楽しめって…」
「じきに判る」

あの潰れたモーテルの元ワインセラーまで私の自宅からではどう急いでも1時間半は掛かります。
20分ぐらい経って私の体は火照りを覚え始めて、隣に座った彼はいち早くそれを察し、手に持ったローターのリモコンのスイッチを入れました。

「あっ、だめっ!」
「だめ、じゃないだろ?気持ちいいんだろ?」
彼の言うとおりでし
た。
媚薬の回った体に、充血をしているクリトリスに直接当てられたローターの刺激は強すぎて…私の意思を無視してマンコはだらだらとマン汁を溢れさせました。

そして彼は周りに民家がないところにくるとローターの動きを強くして、私がイキそうになるとコードを引っ張ってローターを強引に奪い去りました。
その途端に私の体は当然のように不完全燃焼を起こし、助手席で身悶えして泣きながら訴えました。
「…ひどい…」

彼は例の元モーテルの敷地内に、通りからは見えない位置に車を止め、私の方を見てにやりと笑っていいました。
「こんなものより、もっと気持ち良くしてやるから安心しろ」
それから彼は私の服という服を脱がして全裸にして、服は全て紙袋に入れて後部座席に放り投げてから鎖つきの首輪を私の首の周りに付け、やっと私の両手の自由を奪っていたガムテープを剥がしました。

「ワインセラーまで犬のように行け」
戸惑いました。だって車からワインセラーまで通りから丸見えで、しかもかなりの距離があったから…でも、躊躇していると、彼は急かすように私のマンコに手を当て、勃起したクリトリスを強く摘みました。

「―――――!!!」
イクのに一秒と掛かりませんでした。
私が助手席で荒い呼吸を繰り返しながらぐったりしていると彼は耳元で、心底楽しそうに笑いながら言いました。
「もっと気持ちいい事をしてやるから、早く行け」
もっと強い快感が欲しいという体の欲望に抵抗らしい抵抗はしませんでした。

そろそろと車を降りて、犬のように、という言葉を思い出して、地面の上に四つん這いになりました。でも…。

「いたっ!」
強く鋭くが叩かれ、彼の方を見ると彼は飄々と、そして居丈高に言い放ちました。
「犬が膝を曲げて歩くか?」
「…申し訳ありません…」
膝を伸ばした状態で四つん這いになると、必然的に彼にだけ私のマンコが見えて…。

「行け」
彼が冷たくそう命令したので誰もモーテル前の道を通らないように、と祈りながらワインセラーに向かって歩き始めました。
鎖を握りながら私の後ろを歩くスティーヴンは私のを撫でながら言いました。
「桔梗、マンコがぐちょ濡れなのが良く判るぞ」
「いやっ…言わないでっ…!」
「こんなにマンコを濡らして何を言ってやがる」

彼が唐突にマンコに指を突っ込んできて、私はその場で腰が砕け地面の上に突っ伏してしまいました。そこは通りから良く見える場所で…
「こんなにマンコを濡らしやがって。お前は元からマゾの素質があるんだよ」
彼が私のマンコの中で指を動かすたびにぐちょぐちょと濡れた淫猥な音が響いて、そしてそれは私の中に残っていた微かなプライドを打ち砕くには充分な音でした。

「早く行け、桔梗。それとも、ここで誰かに見られるのを待っているか?」
私は無言で首を横に振り、快感にをがくがくと震わせながらも何とか再び膝を伸ばした状態の四つん這いの姿勢に戻って、ワインセラーに向かいました。

ワインセラーへと向かう階段のところでは立つ事許されて、太腿の内側をマン汁でべったり汚しながら階段を下りてドアを開けると…見慣れた顔が出迎えてくれました。
私は中に入ってドアが閉められるとすぐ、その場に座り込んで私の周りを取り囲んで立つご主人様方を順繰りに見回して懇願しました。

「…欲しい…」
「何が欲しいんだ?」
スティーヴンはしゃがんで涙に濡れた私を顎を掴んで上を向かせました。
「…ちょうだい…下さい…」
「だから、何を、どこに欲しいんだ?」
途端に私の周りに立ったご主人様方は大声で笑い、そして私は恥辱と屈辱に耐えながら、やっとの思いで言いました。

「…チンポ…ご主人様のチンポをアソコに下さい…」
「アソコ?どこだ?」
「…マンコ…マンコに下さい…」
「よく言えました。でも、まだ早いな」
「えっ…」

彼は…いえ、ご主人様は私の腕を掴んで立ち上がらせると、部屋の中央前で連れて行きました。
部屋の中央には背凭れの無い丸い椅子があって、座る部分にはそそり立ったディルドが固定されていました。

即座にご主人様方が何を望んでいるのかを悟り、逃げ出そうとしましたがすぐに捕まり、そして濡れたマンコに3本の指を根元まで突き立てられました。
「ここにチンコを突っ込んで欲しいんじゃないのか?」
「そうだけど、でも…っ!」
泣きながら懇願しても、ご主人様方には当然通用しません。強制的に部屋の中央まで引き摺られ、ディルドつきの椅子を跨ぐ形で立たされました。

「いや…いや…」
「座ってみろ。気持ち良さが判る」
抵抗も空しく強制的に、椅子の上に固定されたディルドの上に座らされて…
「――――――!!!!」
ずっとチンポにマンコを欲しがっていた私は即座にイキました。
私を取り囲んで立っていたご主人様方は大声で笑い、そのうちの1人がマンコにディルドを咥え込みながらも快感の余韻を一人楽しんでいる私の胸を掴みました。

「もっと、欲しいんじゃないのか?こんなもんじゃ足りないだろ?」
そう言ってご主人様は私の背後に回り、腰を掴んで上下左右に揺さぶり始めました。
「だっ、ダメッ!」
「気持ちいいだろ?」
気が付くと私は、椅子の縁を掴んで自分から腰を振っていました。

「見ないで…見ないで…」
自分の中に残る僅かなプライドが口先だけで必死に抵抗していましたが、体ほど正直なものは無い、と思い知らされました。
腰を激しく動かして快楽を掴み取る事に必死で、ご主人様方が私を取り囲むように立ってペニスを擦り始め、全身余す事無くザーメンを掛けられても、快感しか感じる事が出来ませんでした。

体の火照りが収まるとやっと椅子から下ろされ、今度は床の上に座らされ両手を背中側で一つにまとめられました。
「今度は、俺達を気持ち良くしてもらおうじゃないか」
腕を掴まれてベッドの傍まで引きずられると彼らのうちの一人がベッドの淵に腰掛けて否応なしに勃起したペニスを口腔に突っ込みました。

「判っていると思うけど、歯は立てるなよ?」
従う他に道はありませんでした。ポルノ雑誌でフェラチオ特集とか読んだ事はあるけど、実践した事はないから、ただ記事に書いてあった事を覚えている限りで模倣するだけでした。
「うまいじゃないか…前にこういう仕事でもしていた事、あるのか?」
私はがくがくと震える顎で必死に彼のペニスを咥えながら首を横に振りました。でも…。

「歯を立てるな、と言っているんだよ!」
首を横に振った弾みで歯が彼の巨根にあたり、一瞬彼は顔を歪めてから私を強制的に解放し、そして続けざまに数発平手で頬を殴りました。
「ごっ…ごめんなさい…っ!!」
すると上司のスティーヴンが私の頬を殴ってきた彼の手を掴み、言いました。
「顔に傷はつけるなよ。誰かが気付きでもしたら厄介だろ?遊びにくくなる」
「ああ、そうか。折角手に入れた玩具は手放せないな」
彼は私の顎を掴んで舌なめずりをしながらにやりと笑って言いました。
「さて、続行してもらおうか?今度こそ歯は立てるなよ」

私は黙って頷き、強制されるがままにフェラチオを再開しました。
早く終わらせてしまおう、その一心だけで、不慣れながらも必死に指と舌を使ってご奉仕しました。
「もっと奥まで咥えろよ」
そういって頭を掴まれて喉の奥までペニスが突き立てられると思わず噎(む)せて歯を立てるあるいは吐き出しそうになりましたが、必死に堪えました。
もう彼らは絶対に私に容赦はしないのだ、と判っていましたから…。

彼の息遣いが荒くなるのが聞こえ、そして口腔内でペニスが急激に大きくなるのを感じた瞬間に彼は口腔内で射精しました。
飲み込もうと挑戦する暇もなく、あまりの生臭さと鉄臭さに彼のザーメンを全て吐き出してしまいました。

私は次に来る苦痛を予想して身を縮こまらせながら激しく噎せ、そして涙目で哀願しました。
「ごっ…ごめんなさい…申し訳ありません…っっ!!!」
途端に私の首の周りにつけられた首輪を引っ張られ、スティーヴンが言いました。
「お前は奴隷なんだろ?ご主人様のミルクも飲めなくてどうする?」
「…許して…お許し下さい…」
泣きながら必死の思いでそう言うと、唐突に彼は私の体を後ろに突き飛ばし、私は床の上に倒れこんで呼吸を整えようとまた激しく咳き込みました。

彼らはそんな私を取り囲んで立ち、そしてスティーヴンはしゃがんで私の股間を覗き込みました。
「そう言えば…」
「あっ!?」
「まだこっちの穴は使っていなかったな」
まだ本来の目的でしか使った事のないアナルに(恐らく)人差し指が入れられ、私は背中をのけぞらせました。

「そろそろこっちも、使うか?」
「いっ、いやっ、やだ!!!」
私は自由の利かない体で必死に逃げ、壁に背中をぴったりとつけ懇願しました。
「そんな大きいのをアナルになんか入れたら、壊れちゃいます!!お願いですから、やめて下さい!!!」
「じゃあ…」
「あっ!」
首輪を引っ張られ、少し首を伸ばせばキスができそうなぐらいにスティーヴンと顔を近づけられました。


黒人に犯された私1  2  3  4