4月某所で農業体験の一泊ツアーが募集されていました。
は、親父が定年したら、のんびり田舎で農業でもしながら過ごすのも悪くないかもと、甘い考えを持っていて、偶々見付けたこのツアーに参加した。
本当は親父を誘ったのだが、親父は休日も自分で廃品回収をしていてそんな暇は無いと断り、代わりに高校が休みだった私が参加しました。
 の名は美津子、年は39歳でした・・・ 現地に着くと、ツアーのガイドから、本来男性は参加出来ないのですが、と言われたのですが、が頼み込み私は特別に参加する事になりました。
ツアーに参加していたのは、アジア系の若い人が数人居た少人数で、バスの中は中国語らしききものが飛び交っていました。
現地に着くと何件かの農家の方々が出迎えて居ました。
やはり、皆50~60前後と年齢が上の男性方でした。
農業の高齢化を聞いては居たので私はさしたる驚きを持つ事はありませんでしたが・・・担当する女性を農家の方が自由に選べる仕組みのようで、私達には50前半の武さんという方が教えてくれる事になりました。
武さんの畑は、主に大根、人参などがメインなようでした。
「いやぁ、あんたら見たいに子で参加するなんて珍しいねぇ・・・これは、のもらい手が居ない農家が、農家にに来て貰う為の催し何だけんど」「エッ!?そうだったんですか?知りませんでしたわ・・・私達が参加してまずかったのかしら?」 武さんの話を聞き心配そうにしたですが、武さんは笑いながら此処まで連れて来てるんだから畏まる事何て無いと言い、先ずは今日お世話になる武さんの家へと向かいました。
「4年前に親父も死んで、今はわし一人だから気楽にしてええよ!じゃあ、そっちの部屋で農作業しやすい服にでも着替えて来て」「分かりました!」 武さんに言われた部屋に入り、私達は着替え始めました。
私は学校のジャージ、はランニングウェアっぽい服に着替え始めます。
こうして、着替える姿を見るのも何時以来だろうかと思いながらも、は上着を脱ぎ、白いTシャツ姿になりEカップはありそうな胸の膨らみが丸わかりになり、ズボンを脱ぐと、薄いピンクのショーツ姿になりランニングウェアへと着替えました。
 畑に向かった私達は、農業の大変さを直にし、は自分の考えの甘さを実感したのでした・・・ 夜になり、止めて頂くお礼にとが台所に立ち料理を始めました。
武さんはニコヤカにしながらの後ろ姿を眺めていましたが、時折台所に向かいの手出すけをしていました。
の手料理を、武さんは美味いと言って喜んで全部平らげていました。
 風呂が沸いたから先に入ってと言われ、先ず私が先に入りに行きました。
木で出来た趣ある浴槽だったのを覚えて居ます。
何故か下側に小さな小窓があったのは不思議でしたが・・・「奥さん、わしはまだする事あるから先に入っちゃって!」「そうですか・・・それじゃあお言葉に甘えまして!」 着替えを取りに戻ったがそのまま浴室へと向かう。
武さんは、何も無いから好きなTVでも見ててと言い、明日の準備をしに行くと外へと出て行きました。
TVを見るものの、あまり面白いTVなどやっておらず、漫画でも持ってくれば良かったと後悔しつつ、私は武さんの手伝いでもしようかと外に出て見ましたが、武さんの姿は見えませんでした。
外に出たついでに庭をブラブラ散歩していると、明かりの付いた部屋の下で、武さんがしゃがみ込んで居ました。
気付かれないように少し近付くと、明かりの付いた部屋からバシャバシャっと水の音が聞こえ、武さんがの入浴姿を覗いているのに気付きました。
 本来なら声を掛けて止めさせるべきでしょう・・・ですが、私はこの時妙な興奮を覚えて居たのです・・・(さんに欲情する人が居るなんて・・・武さん、もしかしてさんとしたいのか?) 私の脳裏に武さんがを犯す姿が目に浮かんで来ました。
私は非情に興奮し勃起してしまいました。
そのまま部屋に戻り、私は悶々とした自分を慰めようと、何気にの鞄を見ると、農業の手伝いで汚れることを想定していたのか、は、もう1枚着替えの薄いブルーのショーツを持ってきて居ました。
私はそれを持ち、の下に向かうと、ドアの外からに声を掛け、「お母さん着替えのショーツ部屋に置きっぱなしだったよ」「エッ?あぁ、それは汚れたら困るから余分に持ってきたやつだと思うから戻しておいて!あっ、次いでに脱いだ着替えも部屋に持っていておいて!」 のお墨付きを得て、私はが脱いだブラやショーツを堂々と手に持ち、部屋に戻っていると、武さんが部屋に戻っていたので態と武さんの視界に入るようにのブラやショーツを置き少し談笑すると、部屋に戻った。
5分ぐらいしてそっと武さんの様子を見に行くと、案の定の脱いだ下着を手にして匂いを嗅いでいた。
「お先にお借りしました・・・エッ!?」戻って来たは、自分の脱いだ下着の匂いを嗅いでいる武さんを見て固まった。
武さんも慌てて謝ろうとするも、欲望には勝てず立ち上がるとを抱きしめ、嫌がるの唇に唇を重ね、その場に押し倒した。
「嫌・・・止めて下さい!」「奥さん・・・奥さん・・・」 興奮した武さんがの身体を弄くり回すと、ビクリとの身体が反応する。
荒々しくの着ていたピンクのパジャマのボタンを一気に引き千切り、露わになった花柄のブラを揉みまくると、「ウゥゥン・・・ダ、ダメぇ・・・」 荒々しく揉まれた拍子にブラが上に上がり、豊満な胸が武さんの目の前に現われると、武さんは嬉しそうにの右胸を左手で揉みながら人差し指と中指の間に乳首を挟み刺激する。
左胸に顔を埋めると幸せそうに舌で乳首を転がした。
「ヒィィン・・・アッア・・・お、お願い、止めて下さい!」 必死に胸を隠そうとしたが両腕で胸をガードすると、武さんはガードが甘くなったズボンを一気に脱がし、のハートが着いた白いショーツを露わにした。
次々に衣装が脱がされていき、からすすり泣きも漏れ始める。
「可愛いパンティだねぇ・・・此処はどうかな?」 武さんは、の太股を両手で掴むと、股間が丸見えになる体勢にすると顔を埋め、ショーツの上から舌での大事な所を嘗め始める。
ビクッ、ビクッとの身体が波打ち、は嫌々をしながらも艶めかしい声を上げ始める。
「あぁあ、こんなにビショビショになっちゃってぇ・・・奥さん、これも脱ぎましょうか?」「ゆ、許してぇ・・・アッアッ」 必死に抵抗しようとするも、ショーツは剥ぎ取られ、匂いを嗅いだ武さんが満足そうにすると、の秘所を凝視し舌で愛撫し始める。
「奥さん、綺麗なオ○ンコしてるじゃないですか?ジュルルル」 の秘所から溢れ出す蜜を美味しそうに吸い付く武さん、「ウゥゥン・・・アァァ・・・お、お願い・・・い、今なら、ゆ、許します・・・から・・・もう」 必死に止めるように言うだが、此処で止める男など早々居る筈が無い。
武さんは素早く下半身を脱ぐと、勃起した巨大な一物を一旦の視界に見せると、一物をの秘所に焦らすようにして撫でる。
「お、お願い、入れないでぇ・・・お願い・・・」「そうは行きませんよ・・・でも、その前に、もっと、もっと、奥さんの身体を味合わなくちゃねぇ」 勃起した一物をの太股に擦りつけたまま、再びに抱きつきキス、愛撫をしていく武さん、の荒々しい息遣いが激しさを増していく、乳首、クリトリスを責められると激しく悶えると知った武さんは、先ず左右の乳首を集中して指で弄くり小刻みな刺激を与えた。
「アハァァァ・・・ハァ、ハァ・・・ンンアァァァ」 首を激しく振り悶える、右乳首に吸い付き舌で転がしたり軽く噛んだりし、左乳首を右手で愛撫し、左手での秘所に一本、二本と指を入れると、激しく前後に出し入れを始める。
「ヒャァァァ!アゥゥンッ・・・ダ、ダメェ、ダメェ・・・あなたぁぁ、たす、助けてぇぇ!変に、変になっちゃうぅぅ」 尚も激しくの性感帯を刺激すると、の秘所から激しく飛沫が飛び散り、「ダメダメダメェェ・・・イクゥゥ、イクゥゥ!」 完全に女の声を上げよがり声を発するは、無意識に武さんにしがみつき、そして、果てた・・・ だが、武さんの行為はまだまだ終わらず、同じようにの身体を味わい、絶頂を与え続けた。
「ハァ、ハァ、もう、もう、無理です・・・もう・・・」「まだまだ、これからですよ!奥さん!」「お願い・・・もう、無理なのぉぉ!」「許して欲しいですか?」 はコクリと頷くと、の耳元に何か囁く、は激しく首を振ると、武さんは再びの膣に指を入れ激しく動かし始めると、「ヒャァァァァ・・・ダメェ、ダメェ、言います、言いますから・・・」 の言葉を受け、動きを止めると、もう一度の耳元に何か囁いた。
は間を置きながらも、小さくコクリと頷き、「・・・下さい・・・」「奥さん、聞こえないよ?」「主人のより・・・立派なあなたのチ○ポを・・・私の中に、下さい!!」 は屈服し、武さんが言った言葉を言うと、徐に四つん這いになり、自ら大事な場所を広げると、「あなたの・・・好きにしてぇぇ!私のオ○ンコは・・・あなたの物です」 艶やかな視線を向けて武さんにおねだりをする、自分の言った言葉に酔いしれたのか、もう女の性を止める事は出来なかった。
 巨乳をまさぐりながら、武さんがの中に一気に突入すると、「イイィ、イイのぉぉ、オチ○ポ久しぶりなのぉぉ!!」「ハァハァ、久しぶり?何時からしてないの?」「ハァハァ・・・7、7年は・・・アハァン・・・アッアッアッアァァ」 武さんの動きに合せるように自らを振りまくるの膣は久しぶりの男根を喜ぶようにグイグイ締め付けているようで、「奥さん、そんなに締め付けたら・・・ウッ、ハァハァ」「イイィ・・・主人より、主人よりぃぃ・・・」 パンパン激しく肉と肉がぶつかり合っていく、一段と武さんの動きが早まると、「ウッウッ・・・イ、イクゥ・・・だ、出して・・・い、いいかぁぁ!!」「ハァァアン!ハァ、ハァ、ンアァァ!!イイ・・・イイのぉぉ!一杯、一杯ちょうだぁぁぁい」 二人の喘ぎ声が室内に響き渡り、武さんの動きが止まった。
ピクリ、ピクリとの奥で繋がったまま二人が倒れ込み、荒い呼吸をしながら二人は幸せそうだった・・・ まるで愛し合うように後戯をする二人、「奥さん、旦那と別れて此処で暮らさないか?」 の乳を撫でながら言う武さんに、「私を・・・可愛がってくれる?」 満更じゃ無さそうなを見て、流石の私も我に返り、このままでは武さんに寝取られると焦り、「か、さん、まだ風呂入ってるの?」 業と部屋の奥から大声を出すと、慌てた二人が服を持ったまま風呂場へと逃げていった。
 数十分後、気まずそうにしながらが部屋に戻ってくると、「ねぇ、何か聞こえた?」「いや、別に・・・何か遠吠えみたいな声が時々聞こえたけどね」 私の言葉には無言で布団の中に入り、お休みなさいと言葉を掛けた。
 翌日・・・「昨日は色々・・・ありがとうございました!!」「いやいや、こちらこそ、奥さん、何時でも歓迎しますよ!!また、来て下さいね!!」 と武さんが別れの挨拶をする。
私も武さんにお礼を言うも、に聞こえないように小声で、「喜んで貰ってようで良かったですよ・・・でも、寝取ろうとするのは勘弁して下さいね!」 私の言葉に、武さんは知っていたのかと驚くも直ぐに笑みを浮かべた。
私は二人で話しがあるだろうと気を遣い先に戻ると、は、バスの出発ギリギリに戻って来ました。
武さんは、バスが消えるまで手を振り続けてくれていた。
も名残惜しそうに手を振り続ける。
 フッとが荷物を持っていないことに気付いた私が、に聞くと、「エッ?あら嫌だ、忘れて来ちゃった見たい・・・また今度取りに来なくちゃね!」 は舌を出し武さんの家に忘れてきたと私に告げる。
どうやら、本当にの女の精に火を付けてしまったようでした・・・