ある日、家の坂道を降りながら、おばさんの家の前を通りかかると、偶然おばさん出て来た。
「カズ君!今から何処行くの?」久し振りに話しかけられて焦った俺は「ん~ちょっと」と答えた。
何度、このおばさんのマンコを思い出し抜いた事か分からない俺は、やはりおばさんの体を舐める様に見てしまっていた。
長いロングスカートの中が気になって仕方ない。
心臓がドキドキして破裂しそうになりながら、おばさんを目で追っていました。
「どうしたの?」「ん~ちょっと・・・」「カズ君も大きくなったわよね。昔はこんなに小さかったのに」おばさんが近くに寄って来て、俺の隣に立ち背比べをしていた。
凄く良い匂いがして、益々心臓がバクバクする中、俺は頭が真っ白になっておばさんのスカートを捲り上げた。
「カズ君・・・どうしたの・・・」「おばさん!もう一度見せて・・・忘れられないんだ」「駄目よ!カズ君も大人だから分かるでしょ」「だって、おばさん昔見せてくれたじゃない」「あれは・・・」おばさんの抵抗を無視し、俺はおばさんのデカいパンティを引き下ろした。
久々に見るおばさん陰毛の中に、あの黒いビラビラが見える。
「恥ずかしいわ!カズ君、もう終わりにして・・・ね」「駄目だよ!もっとじっくり見たいんだ」嫌がるおばさんの手を取り、俺はおばさんを資材置き場まで連れて行った。
「昔、ここで何度も見せてくれたじゃない。おばさんだってやりたかったんだ」「違うわ!カズ君違うの?」「そう言っても、おばさんのアソコから汁が出ているよ」俺は指をマンコに入れ、激しく出し入れを繰り返した。
「本当にカズ君駄目だってば・・・もう許して」「駄目だよ!もっと楽しむんだから」「見られたらどうするの?」「こんな所に来る人居ないでしょ!俺ん家にも誰も居ないし、おじさんだって仕事でしょ」「そうだけど・・・」おばさんはそう言うと、抵抗を止め目を瞑った。
スカートを脱がせ、パンティも剥ぎ取るとM字に座らせじっくりとマンコを眺めた。
長年思い続けたマンコは、相変わらず黒ずみを見せながらヒクヒクと蠢いていた。
溢れだすエッチな汁でテカテカと光、クリトリスが大きくなって顔を出していました。
「ここ気持ちいいんだよね」そう言いながらおばさんのクリトリスを指で触ると”アァ~ん~”と声を出すおばさんだった。
辺りを見渡し、誰も居ない事を確認した俺は、遂にズボンを脱ぎ童貞のチンポを向き出しにし、おばさんのマンコに押し当てて見た。
ズルズルと飲みこまれるチンポにおばさんが気づき、「駄目よ!カズ君入れちゃダメ・・・」「おばさんのここに入れたかったんだ!ずっと前から」「カズ君はもっと若い子いるでしょ!おばさんの汚れたマンコじゃ駄目よ」「いいんだ!おばさんのマンコ気持ちイイよ」おばさんの腰を持ち、ズンズン差し込むとおばさんは喘ぎ声を上げ、感じている事を証明した。
おばさんだって気持ちいいんだ!もっとして欲しいんでしょ」「だって、久々だしカズ君のおチンチン凄く大きくて気持ちイイの」「おばさん!もっとして欲しいだろ・・いっぱい欲しいよね」「ん~欲しいわ・・・もっといっぱい欲しいの」「だったら毎日おばさんに差し込んであげる!何度も何度も俺が飽きるまで差し込んであげる」「そ・そんな!駄目よ・・・そんなには無理よ」「これでも駄目って言える?」    クリトリスを指で刺激する。
「あぁ~駄目・・・おかしくなる・・・お願いカズ君・・・おばさん気持ち良すぎて変になっちゃう」「変になっていいよ!もっとエッチになって欲しいんだ」「分かったわ!何でも言う事聞くから・・・もう許して・・・本当におかしくなっちゃう」おばさんは間もなく、ガクガクと膝を揺すり逝った様だった。
ハァハァ息を荒らすおばさんのクリトリスを更に刺激すると、おばさんは勢いよく潮を噴きあげ俺の体中に飛び跳ねていた。
俺も限界が来ておばさんの中に全て吐きだしたんです。
「カズ君!内緒にしてね!2人だけの秘密にしよう」「分かってるよ!」そう言っておばさんにディープキスをした。
翌日、学校から帰った俺はおばさんの家に向かった。
居間には営業風の男性が居て、おばさんは”お帰り”と声を掛けてくれ俺の元に近づいて来た。
「お客さん来てるの?何か飲む?」「ちょっと来て」そう言っておばさんを奥座敷に連れて行き、おばさんのスカート捲り上げパンティを脱がせた。
「カズ君!お客さん来てるのよ!駄目・・・そんな事しないで」「大丈夫!スカート下ろせば見えないでしょ」「でも恥ずかしいわ」今日のおばさんは膝位のスカートで、ソファーに座るとけっこうハラハラする。
営業の男性はおばさんの異常に気付く事も無く、話を続けていた。
おばさんはソワソワした感じで、スカートの前を手で押さえ、中が見えない様に気を使っている。
俺も隣に座って話を聞きながらジュースを飲んでいたが、おばさんのスカートを手で少しづつ捲り上げて楽しんだ。
焦るおばさんが必死に手で抵抗するが、俺に阻まれドンドン捲れ上がった。
営業の男性が立ちあがり、玄関に向かうと俺はおばさんの後ろに立ち、スカートを捲り上げた。
営業からは見えないが、おばさんはおを丸出しで、挨拶をしたのだ。
営業がドアの向こうに消えた瞬間、俺はマンコに指を指し込み、グイグイ刺激する。
既にマンコはダラダラと濡れ、俺の指を呑み込む勢いだった。
「カズ君、酷いわ!彼に見られたらどうするつもり?」「大丈夫だよ!おばさんだって見られそうになって感じてたじゃん」「違うわ!」「こんなに濡れて違うは!ないよ」おばさんをソファーに横にすると、俺はビンビンの肉棒を差し込んだ。
「もう!欲しかったんだろ!おばさんエッチ好きだから・・・」「そんな事無いわ!カズ君変なこと言わないで・・・」「そうかな?おばさんずっと欲求不満だったんだ!だから俺が小さい時に見せつけて来たんだ」「違うわ」「だって人が通る道で、マンコ見せてオシッコするのおかしいでしょ」「我慢出来なかったのよ」「すぐそこだよ!我慢出来る距離だし、見られて興奮していたんでしょ」おばさんの大きなおを手で叩くと、”あ~ん”と声を出すおばさんがMである事知った。
おばさん!Mでしょ!虐められて悦ぶ変態だ」「何言ってるの?変態何て言わないで」「嘘だ!ほら・・・お叩かれて気持ちいいんだ・・・Mの証拠だよ」「・・・カズ君!おばさんの事、絶対近所の人に言っちゃダメよ。約束して」「約束したら、おばさん俺の奴隷になるの?」「奴隷?」「そう奴隷になるって約束したら絶対に言わないよ!おばさんがMで変態だなんて」「分かったわ」「じゃ、私はご主人様の奴隷で、何でも言う事を受け入れますって言って」「えっ・・・ご主人様の奴隷です。何でも言う事を聞きます」「よく言えたね!おばさん大好きだよ」それから俺は毎日おばさんの家に行き、おばさんを色々な道具を使って虐めている。
おばさんもすっかり型にハマり、今では雌犬の様に俺のペットだ。
何年おばさんを使い続けられるか?分からないが最高の肉奴隷を俺は手に入れた。