その日、自宅では父が勤務する会社の社長を招いて酒盛りをしていた。夜も更
けて酔いが回ると、酒に弱い父は炬燵で寝込んでしまった。そして、その隙に
社長はを畳に押し倒してしまった。初めのうちこそは無言の抵抗をした
が、やがては歓喜の声を出し始める。その光景を、私は一部始終見てしまっ
た。
父が寝ている部屋で、と社長は絡み合った。は唇を吸われると吸い返し
た。乳房を揉まれると胸をせり上げた。そしては、快楽の声を震わせた。
やがて父の意識が回復した。二人の行為に気が付いた父は、仰天して身を震わ
せた。しかし、それでも社長はを離さない。は半狂乱になって許しを請う
た。
「あなたーあなたー ごめんなさい あたしーあたしー あぁーっ」あまりの
光景を見た父は、顔を覆って座り込んだ。しかし、次の瞬間にの口から出た
言葉は信じられない内容だった。
「あぁーっ あぁーっ もうだめー もうだめなのー 見ないでー」
「あなたー 見ないでー 見ちゃダメょー」すると、社長が声を出した。
「おぉーっ いいぞいいぞ いってるぞ スケベな奥さんだ」「凄いぞ・締め
付けてくる・おぉぉーいいオマンコだ・四十し盛りとは良く言ったもんだ」
「奥さん、ご主人の前だぞ 恥ずかしくないのか? それでもやりたいか 奥
さん・やりたいんだろ奥さん」
は絶体絶命に追い込まれた。既に行為が佳境に達していた二人は離れられな
い。は社長の太い勃起で突きまくられて歓喜させられていた。そしては、
遂に自ら腰を使い始めた。
「さあ奥さん 気持ちいいか? 気持ちいいのか?」「奥さん・言ってくれ 気
持ちいいんだろ奥さん?」それを聞いたは狂乱した「いやーっ いやょー 
そんな事言えない あの人が見てる あの人が見てるわょー」
「おぉー凄い ヒクヒクしてるぞ スケベ汁が溢れてるぞ」「奥さん・言って
くれ・気持ちいいんだろ・気持ちいいんだろ・・奥さん」と、社長は肉棒を
突きながらを責め立てる。するとは、遂に快楽の言葉を叫んでしまった。
「あぁーっ だめょー 辛いわょー」「あなたー ゆるしてーゆるしてー あ
たしー あたしー されてるわょー」
「あぁーっ あなたー あっちに行ってよー やられてるのょー やられてる
のょー」「ああっ ああっ あなたー 見ないでょー 見ちゃだめょー」
の悲鳴にも関わらず、ズボンを膝までズリ下げた社長のは、の股間でゆ
さゆさと動き続けた。大柄な社長はの上半身を両腕で押さえ込んで腰を揺ら
した。を見ると真っ赤に紅潮した顔を左右に振って吐息を震わせていた。
は、時折顔を顰めては天井に向けた目をかっと見開いた。
に覆い被さった社長は、ゆさゆさと腰を動かし続ける。畳の上に投げ出され
の両腕が別の生き物の様に動き続けた。
「どうだ奥さん 気持ちいいかー 気持ちいいのかー 奥さんのオマンコがヌ
ルヌルしてるぞ おおーっ 心地いいぞ 心地いいぞ いいオマンコだ 奥様
のオマンコは最高だ」「おお凄い・オマンコがヌルヌルだ スケベ液が溢れて
るぞ・滑りが凄いぞ・ほれほれ・上品なお様が何て言う様だ・オマンコ液を
こんなに出して」
「おーっ気持ちいいぞ・奥さんのオマンコは気持ちいい・最高のオマンコだ・
凄いぞ・奥さんは感じてる・奥さんの顔を見ろよ・スケベな顔してるぞ」「ほ
れほれ・奥さんはスケベ顔だ」「ほれ・奥様の顔を見るんだ・もうすぐ奥さん
は泣き狂うぞ・気持ちいい気持ちいい・奥様は気持ちいい・・」
「おーぉー 気持ちいい気持ちいい 奥様が啜り泣いたぞ」「よく見るんだ 
奥様は気持ちいい もうすぐ奥様はよがり泣くぞ 奥様は気持ちいいんだ 俺
のチンコでよがり泣きだ」
「いい顔だいい顔だ 身も世もないぞ 奥様の快感顔だ 目が下がってる
ぞ 奥様のオマンコ顔 オマンコ気持ちいいかー 気持ちいいかー」
社長はの上で、ぐいぐいと腰を動かした。左手をの首下に回すと右手で乳
房を揉みしだいた。そして社長は、まるで父に聞かせる様に声を出した。
反応を言葉にして、社長は父に聞かせ続けた。   
やがて社長はの太股を持ち上げると、の身体を捻って結合部分を父に見せ
つけた。そして、腰の動きを加速させた。「ほれ・奥さんは歓んでるぞ・君も
よく見るんだ・これが君の奥さんだ・君には目をかけてやるから、奥さんとや
らせてくれ・・奥さんだって歓んでるぞ」「おぉー いいオマンコだ 凄い
ぞ・奥さんは最高だ・奥さんはもっとよくなるぞ 俺が奥さんにオマンコを教
えてやる 最高の女にしてやるぞ」
「さあ・・奥さん・・ご主人にもっと見せてやれ・ご主人にセンズリさせてや
れ」「ご主人が勃起を弄ってるぞ センズリさせてやれ」
父は激しく興奮して自慰をしていた。社長に貫かれたを見て、ペニスを扱き
立てていた。社長が腰の動きを強めると、は泣きわめいた。「きもちいいー
 きもちいいょー もっとやってー もっとやってー もっとょー もっと
やってー 気持ちいいー気持ちいい・・」
は汗まみれになった裸身を痙攣させた そして、腰を激しくうねらせた。
「あなたー 気持ちいいょー チンコ凄いー 凄いわょー 突いてるわょー 
奥まで届いてるのー ああーっ チンコ凄い チンコ凄い あたし狂っちゃう
 気持ちいい気持ちいい・」「あたし狂っちゃう 男の人嫌いょー みんなス
ケベょー スケベー スケベー」
剥き出しにされたの性器には、社長の勃起が深く食い込んでいた。の陰唇
は、勃起が抜き差しされる度に強く擦られた。社長の指が淫裂上部の膨れあ
がった突起を弄ると、は悲鳴を上げて全身を悶絶させた。の腰はヒクヒク
と痙攣して、硬直した太股は社長の腰を強く締め付けた。そしては、全身を
仰け反らせて喜悦した。
「さあ言うんだ・奥さん・ご主人のと、どっちが気持ちいいか言うんだ・言っ
てくれ・俺のチンコは気持ちいいか? 俺は奥さんのオマンコが気に入った。最
高のオマンコだ・滑りも締め付けも素晴らしい・若い娘の様に締め付けて感じ
方は40女だ」「奥さん凄いぞ・最高のスケベ女だ・ご主人の前でオマンコする
女は滅多に居ないぞ」「ご主人に見せてやれ、ご主人はセンズリしてるぞ」
は嬲られ続けた。そしては喜悦した。残酷とも思える社長の行為は、
秘められた淫欲を剥き出しにした。そしては、あられもない言葉を叫びなが
ら腰を振った。
「おーっ 奥さんが腰をやってる 凄いぞ奥さん・・ 奥さんが自分で始めた
ぞ もう止まらないぞ 奥さんの腰は止まらないぞ」「おーっ凄い よく見る
んだ 奥さんが腰をやってる チンコが擦れて気持ちいい」
この時にが感じた快感の凄まじさは想像すら出来ない。夫の前で腰をやる
が味わった喜悦は、羞恥も道徳心も忘れる程に強烈だった。
やがて、と社長は最後の修羅場を迎えた。は白目を剥いて絶頂した。意識
が遠くなったの肉体を、社長はそれでも突き立てた。やがてが息を戻す
と、再びは快感を求めて身をうねらせた。そして、が何度目かの絶頂を迎
えた後に、社長に促されて父がに挑み掛かった。
「ああっ あなたー あなたなのねー あたし気持ちいい こんなの初めて
よ」「あなたー 凄いわょー 気持ちいいょー」
父はの言葉には答えずに、夢中で腰を振った。父がの上で果てると、再び
社長がに挑み掛かる。そして、の淫声は明け方まで続いたのである。