夏休み半ばで人数が少なく、女子は私一人だけの学校プール教室で泳いでたらトイレに行きたくなり、一人更衣室に戻るとドアの近くの棚に置いてあった私の荷物を物色していたおじさんと目が合ってしまった。
お互いに二・三秒硬直して私が悲鳴を上げそうになると抱きつくように右手で口を塞いできた。その手にはパンツとブラが握られてた。
 そのおじさんは右腕を体に絡ませ、私の肩越しに荒い息を吹きかけながら下着を握った手で口を塞ぎ左手で私の背中あたりをゴソゴソといじりだした。それはオチンチンを引っ張りだしていた。
 私は身をよじって避けようとすると右腕に力をこめ、締め付けてきた。
背中をいじ-----
るのをやめると左手で私の股を握りつけて、背中にオチンチンをこすり付けてきた。
 私は呻きながら逃げようとしてもおじさんの力は強くて逃げられず、背中にビクビクという痙攣と熱いのを感じるとおじさんの動きが緩むのを感じ、一気に振りほどいて更衣室から逃げ出した。
 プール監視の先生に言おうとしたけど、先生に何かされなかったかと聞かれたらと思ったら、恥ずかしくて話せなくなってしまった。ー今思えば馬鹿だったー。皆に背中を見せらず、プールの中で背中を掻く不利をしながら背中を洗ったけど違和感はおちなかった。
 昼前にプールをあがって帰るために着替えようとすると、私のブラパンがなくなってた。そのときやっと気づいた、握られてたやつが私のだと。
しょうがなく水気をよく切った水着の上から服を着て帰り道に付くと反対側の歩道におじさんが見えた。
 私は下着を返してもらえるはずも無いのにおじさんの後を追い始めた。
おじさんの入った古びたマンションのドアの前でチャイムを押せずにマゴマゴしているとドアが開いておじさんがニコニコしながら「どうしたの」とか言いながら出てきた。
 私はうまく言えないものの、何とか下着を返してと言うと、「ちょっと取りに来て」と言われ、玄関まで上がってしまった。
おじさんは蒸し暑い家の中から畳まれた私のブラパンを持ってくると私に差し出した。私はソレを取ろうと手を伸ばすと、ブラパンを離して私の手を掴み私を家の中に引きずり込んでドアに鍵と鎖をかけた。
 私は台所まで引きずり込まれ圧し掛かれるとスカートの中に手を入れられた。おじさんは変な笑い声を出しながらノーパンだと思ったとか、ね水着が可愛いとか、更衣室でどうのこうの言ってたけど、私はそれどころでなく押し返しながら悲鳴を上げるのに必死だった。でもマンションが防音性だったのか誰も来てくれなかった。
 おじさんはズボンとパンツを脱ぎ、私を逆さに抱き上げると水着の股間のところをずらし舐めてきた。ちょうど私の顔にオチンチンが当たり、顔を背けようとするとかえってオチンチンに顔を擦り付ける形になり、顔に精液をかけられ驚き呆然となった。
 下ろされると精液の垂れてるヌメったオチンチンをアソコに押し付けられ、メリっっていうか、メキっていう感覚に我に返ったときに無理やり挿入され、あまりの痛さより衝撃で意識が飛んだ。
 気が付くと股から体中にかけて痛くてすぐには動けなかった。五分くらいかけて上半身を起こすとヨレてはいたけど下着を付けて服が着せられてた。
 股に激痛と違和感とグチャグチャした感触に気付いてパンツを脱ぐと股からパンツにつながるように粘る赤いものがベッタリとついてた。
 パンツを半分脱いだ状態でゆっくり立ち上がると、臍の下から股にかけて何かが降りてくるゾワゾワした感触と共にウズラの卵が三つパンツに落ちてへばり付いた。
 恐る恐るつまんで見ると、「排卵、女の子の日オメデト」と言いながら後ろから抱きついて頬にキスをしてきた。
 その後、何を言っていいのか、何をしたらいいのかわからず硬直してると、おじさんは言い付けるいいよ言って。おじさんと初めてのエッチしましたって。更衣室水着の背中にザーメンかけられて、ソレを黙ってて、おじさんの家まで行ってそこでオマンコ舐めてもらって顔射してもらってからセックスをして、自分だけ先にイッっちゃって、気絶してる間に何回も中出ししてもらって、ウズラの卵をいれてもらっちゃってそれを生みましたってみたいな事を一気に言われ、恥ずかしさやそれ以外のわからないものが頭の中を渦巻いて、私はその場に泣き崩れた。
 しばらくして漠然と帰ろうと思いつき立ち上がるとウエットティッシュの箱を渡され、股を拭くといいよと言われ、言われるがままにバリバリになった股を拭き取り玄関に向かうと水着入れが投げ出されてるのを見つけると、引きずり込まれた瞬間の恐怖感を思い出し体が震えだした。
 桜ちゃんでしょ。水着に書いてあったよ、水着洗濯しとくから明日取りに来てよ玄関まで見送りに来て私に言った。私は何も言わず出て行った。近くの公園の時計で三時半を回っていることを知ると、親に何て言えばいいのか足がさらに重くなった。
 家に着くと親は居なく、安堵感もあったが泣きつきたかったのか、喪失感に駆られた。
 お風呂場に行くとパンツ姿になってそのままシャワーを浴び、体、特に股をよく洗い、パンツに染み付いたものを石鹸でよく洗い、服と一緒に洗濯機に放り込み、自分の部屋に戻り新しい服を着るとだるさに任せてベットに潜り込み、今日は親は夕方まで帰ってこないのを思い出すと色んなものが一気に噴出しベットの中で大声で泣いた。
 いつの間にか寝ていて帰ってきた親に起こされた。外出で楽しかった親の顔を見るとあのことを言い出せなかった。
 親に水着は洗濯したのかと聞かれたが、更衣室に忘れたと咄嗟に嘘を言ってしまった。汚い子だねぇと笑いながら言われた。ーこのときが親に切り出せるラストチャンスだったと思う。ー
 次の日、プールに行ってくると家を出て、おじさんのマンションに向かった。ドアの前で躊躇してるとまたおじさんの方からドアを開けてきた。
 どうしたの上がってよさも当然そうに言われ、私は足を引きずるように蒸し暑い部屋に入った。
 洗濯しようとしたけどさぁ、君を思い出すと収まんなくてね、出来なかったんだよねとか言いガビガビに固まった水着を投げ渡してきた。
 桜ちゃんを思い出してオチンチンに巻いて擦ったんだ。それ、今洗おうよ。ね。桜ちゃんも一緒に洗ってあげるよと言い、臭くなった水着を持って固まる私はお風呂に押されて行った。
 私はおじさんに言われるままに水着着替え、ぬるいシャワーをかけられると、水着のガビガビ感が溶けてくるとギトギト感に変わってきた。
 覚悟を決めていたというより、諦めがあったのかされるがままにおじさんにシャワーを浴びながら水着を着たまま股の所をずらして犯され、中に三回出された。
 プールに行くときはおじさんの家に下着を置いて水着を着て行き、帰るときにはおじさんの家で下着着替え水着を置いていった。家にはおじさんから渡されたサイズの小さくて着れないダミーの下着を持って帰った。もちろんおじさんの家に行くたび何度も犯され中に出されたていた。
 最初はアソコに入れられるだけだったが、次第に手で擦らせてきたり、口でやるように言ってきて、口に出されると飲み込むまで掌で口を押えられたりした。
 夏休みが終わる前にsmと称して手足を縛られて寝室でつながれるとビデオで撮影された。もちろん私を逃がさないために。
 学校が始まると月水金は朝、家に寄るように言われ、言いつけに従い、その度に最低二回のを中出し。休日には月に二回はおじさんの家に朝から夕方まで弄ばれた。
 春休みになるころにはおの穴を弄られ、新学期が始まるころにはおの穴で出来るようになっていた。
 その後、私に生理が来たけど、中出しは続けられた。泣いて止めてとお願いしても続けられた。笑いながら。
 章学校卒業式の朝、おじさんの家に呼ばれ、余所行きの良い服を着たままいつものようにおじさんにスカートを捲られ犯され中出しされ、精液を膣内に入れたまま送り出された。
 卒業後の春休み、おじさんの家でオチンチンをしゃぶらされているときに聞かされた。おじさんは種無しで懐妊させることが出来なく、それが原因で離婚されたと。
 私は奥さんに隠してた性癖ロリコンと離婚された憂さ晴らしに更衣室下着泥棒しに来たら私に見つかり、半ば自棄になり襲ってきた。後をつけて来たのは予想しなかったけど、どうせ捕まるのならと私を犯した。私が親に言わなかったのは驚きだったらしいが、捕まえた私を離したくなかったと言われた。
 その日の帰るとき今まで撮影したビデオのカセットを全部出してきた。そして好きにしてくれと言った。
 私は全部を床に叩き付け、カバーを壊し、テープを引き千切ろうとしたけど伸びるのが精一杯だったけど、全部のカセットを壊した。おじさんを罵ろうかと思ったが、気が抜けて一瞥しただけで家を出た。
 その後おじさんの家に行っていない。今もおじさんはあのマンションに居るのかも知らない。-----