私は先日成人式を迎えたばかりの20歳の大学生です。
今現在は北九州のある町に住んでおりますが、私が生まれ育ったところは九州の南にある結構名が知られている温泉地にほど近い山間(やまあい)の小さな村でした。
私の幼い頃の<思い出>の中で一番強く印象に残っているのは小学校三年生の頃です。
この時に私が住んでいる村には、中学生はひとりもいなくて小学生だけでしたが、合わせても六人しかいなかったわ。
一番上が私よりも三つ年上の六年生の女の子。
そして、二つ上の五年生に男の子が一人いて、あとは私よりも年下に二年生に男の子と女の子が一人ずつ、あとは一年生に女の子がひとりのこの六人だけ・・・!物心付いた時から遊ぶ時も何をする時もみんな一緒だったので、村のみんながみんな「兄妹姉妹」の様だったわ。-----
一番上の六年生のお姉さんは「美咲ちゃん」っていうのだけど、一番年上の「お姉さん」ということもあっていつも私たち年下の子の面倒を良く見てくれてたの。
このお姉さんを筆頭に朝学校に行く時もみんな一緒に山を降りて行ったわ。
通っていた学校は、村から30分ほど山を下ったところにあって、全生徒を合わせても20人ほどの学校だったの。
これって小学校全体の生徒の数じゃなく、中学生も合わせた人数なのよ。
この周辺では過疎化が進み子供たちの数が少ないので、小学校と中学校が一緒の学校でした。
小学生、中学生合わせても20人もいない学校だったから、ひとつ同じ校舎で小学生、中学生が一緒にお勉強していたわ。
もちろん、お勉強の時にはその「内容」が違ってくるので、校長先生を含めて7人の先生が学年別に教えるのだけど、それ以外の「給食」や「課外授業」さらに「遠足」などは小学生も中学生も一緒にするの。
だけど、私たちの村から通っている学校まではかなり遠かったし、他の村から通って来る小学生も中学生も私たちと同じ様にみんな遠いところから通って来ることもあり、それにそれぞれ方向も違うので学校以外で遊ぶ時にはどうしても同じ村のこの六人で遊ぶことになってしまうの。
私たちの「遊び場」はいつも山の中だったわ。
住んでいる村からさらに少し山の中に入ると小さな川があって、その少し上流の方に行くと小さな「滝」がありました。
山に降った雨が地下水となって山に浸み込み、それがこの辺りで地上へと出たところで「滝」となって流れ落ちているの。
だからとっても綺麗な「水」だったわ。
普段からも私たちの村のお友だち六人の良い「遊び場」になっていたけれど、夏になるとみんなでその「滝」のところに行って《水浴び》をしに行っていたわ。
ほとんど毎日、《水浴び》をしに行っていたの。
山の中なので周りは樹木が鬱蒼と生い茂っているのだけど、その「滝」の水が落ちてくるところだけが広く平坦になっているの。
夏場は男の子はパンツ一枚、そして、私たち女の子も上はシミーズや肌着一枚着ただけでその山の中にある「滝」まで行くの。
「滝」で《水浴び》する時には女の子たちも着ていたシミーズもパンツも脱いじゃって《裸》になるわけ。
みんなが脱いだ下着をいつも丁寧にたたんでくれるほど、世話好きで本当にみんなの面倒を良く見てくれるのでみんなからは「お姉ちゃん、お姉ちゃん」って慕われているのだけど、この「美咲お姉さん」っていう人は《裸》になるのがとても好きな、今思えば<恥ずかしさ>というモノは全く持ち合わせてはいなかったんじゃないかしら・・というぐらいに、ちょっと変わった「お姉さん」だったの。
男の子たちもそうだけど、私たち女の子たちも《水浴び》する時には「水着」なんかは着なかったわよ。
ほとんど誰も来ない山の中だったから、平気で《裸》になれたのよね!もちろん、六年生の美咲お姉さんも《裸》になって《水浴び》をするのよ。
小学校も六年生ぐらいになると女の子は同じ歳の男の子よりも<成長>がより進む「時期」があるんだけど、そのお姉さんもちょうどそんな「時期」だったわ。
だから、この六年生の美咲お姉さんも身長が伸びてきて、《身体》にも女性としての「丸み」が付いてきて<胸>の膨らみも目立ち始め・・というか、美咲お姉さんはこの時にはもうかなり<胸>は大きく、小学生でありながらもうすでに「大人の女性」の様な<胸>をしていたわ。
痩せていて<胸>の「膨らみ」が余り目立たない「大人の女性」なんかは真っ青になるぐらいの、小学生でありながら「巨乳」と言っても良いぐらいの<胸>をしてたわ。
でも、あそこには「黒いモノ」はまだまったくなく、子供の<割れ目ちゃん>そのままだったの。
さらにその上、毎日夏の強い日差しを受けているのにも関わらず持って生まれた「体質」なのか、ほとんど日焼けもせずにいるのでその「肌」が白く、夏のまばゆい光を浴びて光輝やいて綺麗だったわ!私はまだ<胸>がペッタンコだったので、そんな美咲お姉さんの大きな、しかも白く美しく見えた形の取れた<胸>に憧れを持ったわ。
私もやがてこのお姉さんの様な《大人の身体》になるんだなあ!って。
そして、なるなら私もお姉さんの様に綺麗になりたいなあ!・・・って思ったわ。
それに、このお姉さんは本当に<裸になること>が好きだったみたいよ。
女の子は小学校の3、4年ぐらいになるとそれまでとは違い男の子との身体の違いを知る様になり、さらに「羞恥心」というものが徐々に芽生えていくので、人前や野外で《裸》になるのに<恥ずかしさ>を覚えるはずだけど、この美咲お姉さんも物心が付いた時からこの様に自然の中でいつも《裸》で過ごしていたので、「羞恥心」というのが一般の女の子に比べたらいささか欠いていた!と思うの。
人里離れた山の中の滝で《水浴び》をする時にも、都会で育ったごく普通の女の子などはたとえそこに誰も来ない!ということがわかっていても、恥ずかしく思えて必ず「水着」に着替えてから《水浴び》をする!と思うのだけど、この美咲姉さんは違っていたわ。
《水浴び》をする時は「水着」を付けないのはもちろん、《水浴び》をしたあともこの美咲お姉さんは《裸》のまま・・・パンツも履かない《全裸》のままで辺りを飛び回っていたわ。
滝から落ちてきた「水」が、だんだんとに「川」になって流れ出していくのだけれど、その「川」の周りでみんなで小魚を取ったり、林の中に入って蝉取りや山菜取りをする時も《全裸》のまま飛び回っていたわ。
もちろん、年下の私たちはその美咲お姉さんに習って、同じ様に《裸》のままで飛び回っていたの。
このお姉さんの《胸》が大きいから、飛び回ると胸が上下に揺れていたわよ。
前に「黒いモノ」がない以外は<大人の女性>と同じだったから、大人の女性が一糸纏わぬ身体で太陽の下で「裸で飛び回っている!」っていう様な、まさにそんな感じだったわ。
山の中だから遊んでいる私たちの他はほとんど誰も来ないというそんな《安心感》もあるのだろうけど、それはやっぱり小さな頃から自然の中で《裸》で飛び回っていたからそれが「当たり前」の様に思えていたからだと思うわ。
外で平気で《裸》になるのだから、家の中でも夏の間はいつも《裸》でいる人だったわ。
お互いの家が近くだから、良くお姉さんの家に行くことがあったんだけど、夏場などは行くと必ずこの美咲お姉さんはパンツだけの《姿》でいたの。
パンツだけだから、大きく成り始めた<胸>が丸出しなのよ。
ある時私がお姉さんの家に遊びに行ったらちょうど小包を届けに来た郵便配達のおじさんが来たのよ。
その配達のおじさんは美咲お姉さんがパンツ一枚だけのオッパイ丸出しの《姿》で出て来たので驚いていたわ。
だけど、お姉さんの方はへっちゃらだったの。
まったく隠そうともしないで、伝票に判子を押してその小包を受け取っていたわ。
隠そうとしない美咲お姉さんの大きな《胸》が目に入ったきた郵便配達のおじさんの方がたじろいでいたみたいだったわ。
もちろん、その時にも美咲お姉さんのお母さん・・・小母さんもいたんだけど、《裸》のままで郵便配達のオジサンに応対している美咲お姉さんに<注意する>なんてことはしなかったわよ。
実はそのオバさんも家ではシミーズの《下着姿》だったの。
さすがに美咲お姉さんの様に《裸》ではなく、シミーズを着ていたけど、ブラも付けてないからオバさんのオッパイはシミーズを通して透けて見えているのよ。
そればかりか、夕方になると畑で農作業をしている美咲お姉さんのお父さんが帰って来て「庭」にタライを出して「行水」をして汗を流すんだけど、小父さんが上がった後は美咲お姉さんもだけど、この小母さんも同じ様に「行水」をするのよ。
美咲お姉さんちの「庭」といっても家の周りには塀はもちろん、垣根なんかもほとんどないから誰かがその横の小道を通ると丸見えになっちゃうのけど、それでも平気でこの小母さんも庭先で《裸》になって「行水」をしてたわ。
そして、「行水」を浴びた後は小母さんも美咲お姉さんと同じ様にオッパイ丸出しで、小父さんともども縁側で「夕涼み」をしていたわよ。
この美咲お姉さんの家族はまさしく『裸族』だったわよ。
そんな「環境」の中で育ったから、なおのこと、外でも《裸》になるなんてこの美咲お姉さんは平気だったんじゃないかしら。
さらにこのお姉さんは「恥ずかしいこと」を良くやる人だったわ。
滝に打たれている時に・・女の子の「立ちション」っていうのも変だけど・・・その場でオシッコをしていたわ。
もちろん、《全裸》のままでよ。
その時には、アソコを開き中腰になって男の子が「立ちション」して遠くに飛ばす時の様に・・!それを他の私たち年下の女の子にも同じ様なことをやらすのよ。
もちろん、男の子もいる前でよ!そして、男の子には「立ちション」をさせてそれを見たりするのよ。
し終わったあとは、「このまま滝の水で洗えば、紙で拭かなくていいから楽よね!」なんていいながら、オシッコしたあとのアソコを滝の水で洗っていたわ。
私たち年下の女の子は「なるほどなあ!」と思いながら真似していたわ。
それだけではなく、お姉さんのひとつ下の五年生の男の子がいたけど、その男の子のお兄ちゃんにいつも<Hなこと>をしていたの。
そのお兄ちゃんは大人しくその美咲お姉さんの言うことを良く聞くの!いつもお姉さんの「言いなり」なのよ!その私よりもふたつ年上の五年生のお兄ちゃん・・・名前は安雄で「ヤッちゃん」って呼ばれているんだけど、そのヤッちゃんの<おチンチン>を触って・・「ねえ、男の子はおチンチンをこう触って上げると大きくなるのよ!」って彼のおチンチンをイジりながらみんなに見せるのよ。
すると、本当にヤッちゃんの<おチンチン>が大きくなるの!!それをたまにするんだけど、ヤッちゃんは恥ずかしがることもなく、それなりに気持ちが良いのか美咲お姉さんのその「破廉恥な行為」をされるがままになっていたわ。
さらに、美咲お姉さんは私たち年下の女の子たちにも同じ様にヤッちゃんの「おチンチン」をイジらせたわ。
私たち年下の女の子たちも嫌がらずに、むしろ面白がって積極的にやっていたわ。
この時に男の子の「おチンチン」というものは手で触って上げると大きくなるし、さらには気持ち良くなるみたい!っていうことを知ったわ。
だけど、大きくなるものの、そのヤッちゃん《身体》はまだ<大人の身体>ではないみたいで、おチンチンもそれほど大きくはなく、それに「射精」というのはなかったみたいね。
それに美咲お姉さんも、私たち年下の女の子同様にそれほどには<大人の男の身体>の「知識」は持ち合わせてなかったみたいで、ただ面白おかしくヤッちゃんの、まだ、子供の「おチンチン」をイジッて「大きくすること」だけを楽しんでいる!というだけみたいだったわ。
だから、いつもヤッちゃんの「おチンチン」が大きくなるともうイジるのは止めていたの。
そして、美咲お姉さんや私たちに年下の女の子にイジられたヤッちゃんの「おチンチン」はそのまましばらくの間、大きく成りっぱなしだったわ。
なんかそれが面白くて、私なんか興味を持ってずっと見ていたわ。
美咲お姉さんを中心に《裸》のまま山の中で遊んでいる時に、私たちが住んでいる村から少し下った町に住んでいる昔からの顔見知りの「オジサン」が山菜取りにたまにやってくるのだけど、その時も美咲お姉さんは恥ずかしがらず、そして、《裸》を隠そうともせず平気で挨拶を交わしていたわ。
その時にはそのオジサンはお姉さんの《裸》を「美咲ちゃんは大きくなったなあ!」って言いながらジロジロと見ていたのだけど、それでも美咲お姉さんは平気だったわ。
そればかりか、私たちの山の中での<遊び>のひとつに枝に手が届くぐらいの木にぶら下がりブランコみたいに何度も何度も行ったり来たり揺らす<遊び>をするのだけど、ぶら下がったまま揺れている時には足が大きく広がってしまい、さらには膝が折れてガニ股の様な格好になっているので美咲お姉さんの大事なところが下から<丸見え>になっちゃうの。
割れ目の「筋」がそのままお尻の「筋」に繋がっているのが見えたの。
その時に私は「私のもああなって繋がっているんだわ!」と初めて知ったのよ。
そんな美咲お姉さんの様子をオジサンがすぐ近くでジロジロ見ながらニヤニヤしているんだけど、それでも美咲お姉さんは平気だったわ。
そういうことがなくても、そのオジサンが山菜取りに来て美咲お姉さんとすれ違っただけの時でも、何度も何度も振り返って美咲お姉さんのことを見ていたのだけど、それは美咲お姉さんの「白い肌」が余りにも綺麗だったから見惚れているのだと思っていたわ。
私でさえもお姉さんの《裸》を綺麗だと思っていたから、そのオジサンが見るのも当然なことだと思っていたの。
でも、あとで解る様になったのだけど、その時のそのオジサンは<男の人の目>で美咲お姉さんの《裸》を見ていたのよね。
そして、ある時からこのオジサンはたまに美咲お姉さんだけを連れて林の中に入って行くことがあるの。
私たちには「ちょっと美咲ちゃんに用があるからみんなはここにいてね!」って私たちに足留めをさせるのよ。
私たちは最初は気にも留めなかったけど、そのオジサンが美咲お姉さんを連れ出す回数が多くなったの。
私は、「いつもオジサンは美咲お姉さんを連れ出して何しているのだろう?」と気になったので、私一人そっと二人が入って行った林の中に入って後を追ったわ。
すると、林の奥の方のところのそこだけ木が途切れて芝生になっているところにそのオジサンがズボンとパンツだけを脱いだ下半身丸出しの状態で立っていたの!?その時は私の方からはオジサンの丸出しの<お尻>が見えていたの。
私は「何しているのだろう?」と興味シンシンで気付かれない様に近づき、そして、一本の大きな木の陰に隠れて二人の様子を見たの。
そこからはふたりの様子が真横から見えたのよ。
そしたら、オジサンの<おチンチン>が五年生の安雄ちゃん・・ヤッちゃんがみんなに触られた時の様に大きくなっていているのが見えたの。
大人のだから、ヤッちゃんが大きくなったのなんか比較にならないほど大きくて太いのよ。
そして、それが反り返っているの!!私、ビックリしちゃったわ!さらに、それ以上私を驚かす光景が目に飛び込んで来たわ。
なんと、その大きくなったのをオジサンは美咲お姉さんに触らせていたの。
美咲お姉さんは嫌がらずに触って時折オジサンに何か言われたみたいで頷いたり笑ったりしていて嫌がっている素振りはなかったわ。
すると、今度はオジサンがその場に横になったの。
そのまま横になったものだからオジサンのおチンチンが完全に上を向いていたわけ。
美咲お姉さんがその横に座ってその上に向いたオジサンのおチンチンを触った・・・というか、握っていたわ。
すると、オジサンがまた何か言っている様で、頷きながら言われた通りに・・か?・・・おチンチンを掴んでいる手を上下に手を動かしてマッサージみたいなことをさせたわ。
その間、オジサンは美咲お姉さんのおっぱいを触っているの。
最初は触られてくすぐったいのか、体をねじらせて嫌がる素振りをしていたんだけど、次第に嫌がることはもうしなくなり徐々に美咲お姉さんは真剣になってオジサンのを掴んでいる手を一生懸命に動かしていたわ。
そして、オジサンがさらに何か言っているらしく美咲お姉さんは何度も頷くの。
それに合わせてオジサンのを握っていた手をさらに早めて忙しくしごいていたわ。
すると、オジサンは気持ち良さそうに目をつぶってされるがままになっていたわ。
ヤッちゃんが美咲お姉さんをはじめみんなからおチンチンを触れてている時に、この時のオジサンの様に嫌がらず、むしろ気持ち良くしているみたいだったけど、この時のそのオジサンの様子を見て「大人の人も同じなんだなあ!」って思ったわ。
そうしてると、しばらくしてオジサンが体をガクガクさせたと思ったらおチンチンから何か『白いモノ』が飛び出して来て美咲お姉さんの手にいっぱいかかったわ。
そう、オシッコと違って白くドロッとしたモノよ。
いわゆる男の人の《精液》だったのね。
その時には私はまだそれが「精液」というモノだというのは解らなかったので、おチンチンから出るものは「オシッコ」だとばかり思っていたから、オシッコと違うモノが出て来たので本当に驚いてしまったの。
私はその間中、ドキドキしっぱなしで覗いて見ていたのだけど、その『白いモノ』が出て美咲お姉さんの手にかかってしまったのにも関わらず、オジサンに何か言われたらしくしばらくの間はその『白いモノ』が手にかかったままなおもオジサンのを握っていた手を動かしていたけど、また、オジサンに何か言われて手の「動き」を止めたわ。
だから、私はその<秘密のマッサージ>が終わったと思い、隠れて見ていたのがバレない様にその場から立ち去ってヤッちゃんや年下の子たちが遊んでいるいる元のところに戻ったわ。
すると、美咲お姉さんが戻って来て、オジサンが出した『白いモノ』で汚された手を、滝から流れ出した水が小さな川になっているところで洗っていたわ。
その時はオジサンに手を汚されたことで怒っている様子もなかったわ。
それどころか、洗い終えた時にちょうどそのオジサンがズボンを履いた元の姿で林から出て来たんだけど、その時に美咲お姉さんがまた何か言われたらしく、さらにはそのオジサンに<変なこと>をさせられたにも関わらず、それにうなずいて笑みをこぼしていたの??美咲お姉さんの「笑み」の意味はすぐに判ったわ。
オジサンにその<秘密のマッサージ>をして上げた代わりに美咲お姉さんは《おこづかい》をもらっていたみたいなの。
今思えば、オジサンは美咲お姉さんの《裸》に刺激されてしまったので、林の奥に連れ出して体を触ったりしていたのね。
そして、それだけじゃあ収まらないので興奮して大きくなったオジサンのモノを触らせしごかせて処理させていたんだわ。
いわゆる「手コキ」をさせていたのね。
終わった後、「このことは誰にも内緒だよ!」なんて言い聞かせて「口止め料」の《おこづかい》を上げていたんだと思うの。
きっとそうよ!美咲お姉さんは「面倒見」がいい人だったから、そのオジサンに頼まれても「イヤだ!」と言えずにやって上げたのだと思うのよ。
それに《おこづかい》までもらってたみたいだったから余計に「イヤだ!」とは言えなかったんじゃないかしら・・・!さらに、美咲お姉さんはいつもヤッちゃんの「おチンチン」をいじって大きくすることをしていたから、オジサンのを触ることも抵抗なく出来たんじゃあないかしら。
オジサンは小学生の美咲お姉さんに《悪さ》をしていたわけだけど、でも、いくら下半身に黒いモノがまったくなくて子供の様な「タテスジ」がはっきりのぞいているとしても、胸の膨らみは大きく<大人の女性>と言ってもいいぐらいな豊満な「身体」をまざまざ見せつけられれば「変な気」になり、《悪さ》をしてしまうのは仕方のないことよね。
今、大人になって男の人の「気持ち」も少しは判る様になったからそう思うのよ。
でも、それからすぐに私たちは外で《裸》になることを禁止されてしまったわ。
それはね、美咲お姉さんはそのオジサンに何度も《悪さ》をさせられたみたいで、その都度もらっていたと思う《おこづかい》が増えすぎてしまったのか美咲お姉さんは私たちにもその《おこづかい》の「おすそ分け」をしてくれたの。
ヤッちゃんと私だけなら、もらったことを親には内緒にしているけど、まだ幼い年下の子には無理よね。
私たちの仲で一番小さな小学校一年生の女の子・・・良子ちゃんて言うんだけど、その子が《おこづかい》を美咲お姉さんからもらったことを親に話しちゃったのね。
そしたら、当然のこと美咲お姉さんは親からその「出どころ」を追及されたわけ・・・もちろん<秘密のマッサージ>のこともバレてしまったの!もちろん、オジサンに《悪さ》をさせられていたのは美咲お姉さんひとりだったし、その《悪さ》の内容のことは(私は内緒で覗いていて知っていたけど・・)誰も知らないから、私たちには「美咲お姉さんが裸でいたからオジサンに身体を触られた・・・そういう風にイヤらしいことをされちゃうから、もう外では裸になって水浴びなどしてはいけません!」ということになったのよ。
美咲お姉さんはだいぶこっぴどく怒られたみたいで、それ以降は外で《裸》になることはきっぱりと止めたわ。
そして、しばらくの間、元気で明るかった美咲お姉さんは可哀そうなぐらいぐ暗く沈んでいたわよ。
怒られてしょげてしまった!・・・というよりも、大好きだった<外で裸になること>が出来なくなって落ち込んでいた!・・というのがどうやら本当みたいだったわ。
《悪さ》をしていたオジサンの方は、たぶん大人たちから締め上げられたのか、二度と山には入って来なくなったわ。
そればかりではなく、オジサンが住んでいる町からもいなくなっちゃったみたい。
それから、一年近く経った小学校4年生の夏休み前に父の仕事の都合で私たち家族はその九州の山を去って北九州のある町に移り住んだのだけど、それ以来、かつて暮らした九州のその山の中のあの「村」には今日まで一度も訪れたことはなかったわ。
今もたまに<美咲お姉さんのこと>が思い起こされるのだけど、その時には必ずと言っていいほど《裸》で・・・あの白く大きな胸を揺らしながら山の中を駆け回っていた美咲お姉さんの《姿》が思い出されてしまうの。
それだけ、《裸》でいた美咲お姉さんの印象が強いということなのよね。
今どうしているのかな?元気かな?会ってみたいわ。
痴漢されて感じてしまう女性がまっさきにしたい行為はフェラチオだそうです<

-----

【レイプ体験談・痴漢体験談 新着】