隣の部屋から笛の音色がする。
が下手な笛で『翼をください』を繰り返し吹いていた。
の部屋に入り俺「ちゃん、もう遅いし、笛吹くのやめたら?」そう言うと、「もうちこっとぉ」床に座っていたは、笛を口にくわえ上目使いで謝ってきた。
数分後、笛の音色は途絶えて、俺も、いつの間にか寝ていた。
次の日、学校へ行き、朝のホームルームが終わると、突然が俺の教室へ入ってきた。
「ごめ?ん。笛家に忘れて来たから、貸してよぉ」クラスの数人がこちらを見て、クスクス笑っている。
俺「な、なんでだよ。いやだよ。」恥ずかしくて逃げたかった。
「今日、笛のテストなのぉ。おねがしいしますなのぉ。」おねがいポーズをとられ、俺は周りの反応から早く解放されたかったので、素早く笛をに手渡した。
俺「汚ね?から、ちゃんと洗っとけよ!」はほっとした笑顔で笛を受け取るとダッシュで教室から出て行った。
クラスメイトの男子から「今のおまえの?可愛いな!」知らない人から見ると、良くだと勘違いされる。
背はチンチクリンで、ランドセルをしょっててもおかしくないくらいの童顔である。
俺「あっ、そーそ、一年の。」いちいち、ここで「いや、なんだけど」なんて言うと話が長くなるのはとてもやっかいな事なので、こう言う時はいつも、だってことで済ませている。
一時間目の授業が始まり、俺の教室の上が音楽室と言うこともあり、昨日、散々聴かされた『翼をください』が何度もリピートされていた。
昼休み、が笛を返しにやってきた。
「ありがとぅ。助かったよぉ」また、クラスの視線が気になるので、俺は笛を無言で受取ると、を突き帰すように教室の外へ出した。
午後の授業の一発目は、今度はこちらが音楽の授業であった。
ちゃんが使った笛を口にするなんて、抵抗あるなぁ。』そう思い渋々と笛を袋から開けてみるとビックリ!なんと、笛の先ッポが、ガチガチに噛まれて歯の跡がいっぱいついているじゃないか!俺「何やってんだよぉ。あいつ。」小さく呟くと、隣の席の女子に笛を見られてしまった女子「ヤバッ!ありえん。」隣の女子は信じられない様子で、笛と俺の顔を交互に見てい絶句していた。
高校生にもなって、かじりぐせがあるなんて思われて最悪だ。
俺は家に帰って、この歯形のついた笛を弁償してもらう事にした。
放課後部活が終わり、家に帰ると、は自分の部屋にいるようだった。
俺は直ぐ様、の部屋を開けると、制服姿でベッドに座って、アニメを見ていた。
「あっ!おかえりぃ。今日は助かったよぉ。ありがとね!」俺は直ぐ様自分の笛を取りだし、俺「これはどう言うことだよ?」笛をの目の前に持っていきつきつけた。
「えっ?何、どうしたのぉ?」しらばくれた顔をしていたので、単刀直入に言ってやった。
俺「ガヂガヂここ、噛んだでしょ!どうしてこんなことするの?」すると、「し、知らないよぉ。あ、あたしじゃないよぉ。」俺はの机の引き出しを開けて、の笛を見つけ、カバーを外してみた。
すると案の定、更に酷く、ガヂガヂに噛まれた笛が出てきた。
俺「これが何よりも証拠なんだけど。」二つの笛をの前につきつけると、「ご、ごめんね。ちょっと噛むの癖なんだ。エヘッ。」開き直ったかのような態度に俺は呆れてしまった。
俺「と、とにかく、これどうすんの?」呆れ口調に言うと、逆に「だったら、どうしたら許してくれますぅ?」カチーン!俺はキレてしまった。
に対してキレた事はこれが初めてだった気がする。
俺「ふざけるな!そんなの分かるだろ!!この先ッぽ綺麗にしたら許してやるよ!」俺は笛を膝でトントン叩いて言った。
するとが、「そ、そんな…」急に真剣な眼差しで見上げてくる
キレた事にビックリしたのか、それとも弁償と言う事の重大さが要約わかったのかな?と思ったら、「き、綺麗にしたら許してくれるの?」視線が何だかオカシイと思った瞬間、「誰にも言わないで..」その言葉と同時に、はいきなり俺の股間を触ってきた。
俺「ちょ、ちょっとなにしてんの!?ちゃん!」突然のの行動に俺は餅をついて倒れてしまった。
「えっ!?だ、だって、ここ綺麗にして、って言うからっ。」俺「こ、ここ、なんて言ってないでしょ。」は、俺が笛を膝で叩いた時、手が、股間を差しているかに見えたらしく、変な想像をしたらしい。
俺「も、もう、ちゃん、エッチな同人誌とか読みすぎなんだよ..。」「み、見てないもん!」それからは顔を真っ赤にしながら、恥ずかしそうにうつむいてしまい、一言も喋らなくなった。
気まずい空気の中、お互い沈黙時間がすぎ、数分後、俺がの部屋から立ち去ろうとすると、「ま、まってよ!」は俺の背後から小さな腕で抱きつきてきた。
俺「えっ..」「このままだと、すごい恥ずかしい..」はそう言うと、そのまま何も言わず、背後から俺の腰に回していた手を、下半身へと移動させ、ズボンのベルトを外し、チャックを下ろし、ゆっくりとズボンを脱がして行った。
そして、パンツの上から、の小さな手が俺のチン○を撫で回した。
の心臓の音がバクバク鼓動をあげ、俺の背中に伝わってくるのがわかった。
同時に、手も若干震えがちで、俺のチン○をぎこちなく触っていた。
俺「ね、ちゃん、無理しなくていいよ。誰だって勘違いはあるよ。俺気にしてないから、もうやめよ。それに今から塾でしょ?遅れるよ。」そんなことをいいながも、内心では、当然ながら今まで性の対象として見ていなかったチンチクリンであか抜けしないの変貌ぶりに、興奮してしまっている俺がいた。
「塾に行くまで、時間はまだあるの。なにも言わないで..」そう言うと、は俺のパンツを下ろして、直接、大きくなった俺のチン○を握り扱き始めた。
俺は初体験ではなかったが、小さくて、細い手で、ソフトで優しい感触が、今までに感じた事のない快感で、スグにイキそうになった。
俺「ちょ、ちょっとタイム!」するとはしごいていた手を止めて、俺の手を両手でを引っ張り、ベッドへ座らせた。
今度は、は正面から俺のネクタイを取り、カッターシャツのボタンを外していった。
俺「ちゃん..」と目が合うと、はニコッと首をかしげて、どこか辛そうな笑顔で、ボタンを全て外し終え俺は全裸にさせられた。
次には俺の乳首を円を描くように、子猫のような下でペロペロと舐め回し、時折、小さく、前歯で噛んできた。
俺「あっ、いて!」俺は全身がピクッと反応した。。
吸い付かれれば吸い付かれる程、相手はである事を忘れていき、そのまま、ベッドに倒れこんだ。
は、倒れた俺の横へ座り、また、乳首を攻める。
次第に、の舌が下半身へといき、今にも、俺のチン○を舐めようとしていた。
俺「ちゃん。汚いからやめよ。」そんな事をいいながらも恥ずかしいさと早く抜いて欲しいという葛藤から、体を動かす事なくじっとするのみだった。
そして、遂には俺のチン○に口をつけた。
まずは先ッポをチュッチュッと小さな口で軽く二回ほどキスをして、少し間を置き三回目で「ジュポッ」と唾液の音と共に、奥ふかく、チン○を口に含んだ。
唾液の量が半端じゃなく多く、ジュルジュルと音を発てては、一生懸命フェラしてる姿がとても愛らしく思えた。
俺「ガジガジしたらだめよ。」気持いなんて言うのは恥ずかしかったので、思わず言ってしまった。
「ん??噛んでほしぃの?」フェラで乱れた髪をかきわけながら、こちらに目を向けて、笑いながら言ってきた。
今まで色気なんて感じたことのなかっただけど、髪をかきわけ、耳にかけたりしている仕草を見ると、『女なんだなぁ』と思い、小さな幼児体型だけど、体に触れてみたいと思った。
丁度俺の右手にのおがあり、少し股を開いておを浮かして、フェラをしている状態だったので、さりげなく、制服のスカートの中に手をいれて、パンツの上からマ○コを指で刺激してみた。
すると「あっ..ダメ!」はチン○から口を放して、手で俺の右腕を掴んで、放そうとした。
しかし、想像以上にのマ○コは、ぐっちょり濡れており、パンツ越しからも既に愛液が溢れていた。
「ちょっと、いや..。触っていいなんて言ってないよぉ。ヤメテよぉ。」それでも俺は止めずに更に激しく触り続けた。
のマ○コは刺激すればするほど、じわ?っと愛液がパンツから溢れ出てクチュクチュとエッチな音が聞こえてきた。
「あっ..あん。あっ、あそ、そろそろ塾に行かなきゃっ..」は立ち上がろうとしたので、俺「こんなにジュクジュクでジュクなんかもういけないでしょ。」立場は逆転し、は膝を立てた状態で、立ち上がっていたけど俺はマ○コへの刺激をやめなかった。
パンツを指でずらして、マ○コ中に指を入れてみると、大洪水が起きそうなくらいたっぶり愛液の中に充満していた。
は顔を真っ赤にしながら、感じていた。
「あっ!やん。ダメ?。ん?、ハァハァ。」スカートの中に手を入れパンツを素早く膝の所までずらした。
するとは抵抗して、パンツを元に戻そうとした。
しかしマ○コを激しく刺激すると、脱力してしまい、そのすきに、俺は一気にパンツを脱がした。
ぐっちょり濡れた純白のパンツをに見せて、俺「反撃開始!にしても濡れ過ぎだって。」は顔を両手で隠して、恥ずかしそうにしていたので、濡れたパンツを投げ捨てて、背後に回り制服の上から胸を揉んでみた。
数回小さな胸を揉んだ後、シャツのボタンを外して、Aカップの小さなブラの中に手を入れて、乳首をコリコリした。
コリコリとつまむたびにピクン!と反応するので、ブラを取りの脇の下から首を入れて小さなおっぱいを吸ってみた。
おっぱいを吸うと同時に、先程の仕返しと笛の件もあったので、乳首を軽く歯で噛んでやった。
すると「あっ!あ?ん。いっ、痛ぁぁぁい?。なんで噛むのよぉ。ダメっ!あっ、いったぁい。」俺「仕返だよ。意地悪なちゃんにね。」「いや?、い、意地悪じゃないもん。」俺「でも、ちゃんのおっぱい可愛いから好きだよ。」そう言うと、は何とも言えない嬉しそうな顔をして、こちら側に体制をむけて、抱きついてきた。
「うれしいなぁ。」目がウルウルしていて、凄く可愛いかった。
俺はこの時、弟の線を越えてしまった事に気付き、一心で、このを抱きたいと思った。
俺「小さい体も好き。」更にきつく抱き締めた。
「うれしいなぁ。うっ。で、でもそんなにきつくすると折れまするぅ。」俺「幼い顔も好き。」「小動物顔です。ガオッ。」俺「この小振りなおも好き」「アハッ。痴漢してるしぃ。」俺「そして、ここが一番好き!」俺はそう言うと、のスカートを捲り、再度のマ○コへ指を挿入させた。
今度は激しく、長く、かきまわした。
グチュグチュグチュグチュ。
もうの目は先程触った時の恥ずかしさから、女の目で感じていた。
「あっ、あ?ん、き、気持いよぉ。あっ、んゎ」俺「いっぱい指が入ってるね。入ってるところ見てあげよう。」「い、いいの。見ないで!見なくていいの。」はスカートで指が入ってるマ○コを隠そうとしたので俺は左手でファスナーを外して、力付くでスカートを下ろした。
俺「ごめん。俺の勝ち。」陰毛は既にビチョビチョになっていた。
全裸に更なる興奮を覚え、俺はに勢いよく激しく指マンを炸裂させた。
マン汁の音との絶叫が部屋一帯に響きわたった。
「あぁ?ん。や、や、あっ、あっ、いや、いや、いやぁなんかでるょぉやめてぇ。」次の瞬間、のマ○コから『ビシュゥー!』と噴水の如く、大量の潮が噴き上げた。
下にあったシーツのスカートがビショビショになってしまった。
俺「あっ、ごめん。おしっこでちゃったね。」すると「おしっこじゃないもん。」ちょっとふてくされて恥ずかしさを隠しきれながら反発してきた。