「今日、お前の女の全ては私の思うままにさせてもらうぞ」という僕なりの意志表示です。
残念ながら、僕の期待に反して指の腹に感じる彼女女性器の息遣いには、まだ湿り気は感じられないようでした。
その女の部分は後の楽しみにすることにして、すぐに手を離し、今度は膝のあたりから両方の内腿をサワサワと
なでるようにして、女性器のすぐ淵のあたりまで指をはわせていきました。
「あん、くすぐったい」 
そう言いながらも、身をよじるほどではなくリーダーも満更ではなさそうです。
乳房と太腿を両方の手でもてあそびながら、彼女のおへそのあたりに顔を近づけて、臍下のあたりか-----

胸の谷間のあたりまで舐め上げるように舌先をはわせていきます。
体の側面も腰のあたりから脇の下あたりまでを味わうように舐め上げていきました。
リーダーに性感を与えるためのペッティングというより、ようやっと自分のものにしたリーダーの女体を隅々まで
味わいたいというような貪欲な気持ちから自然とそうしていました。
リーダーは目を閉じているのか、薄目をあけているのか、いつものキリッとした表情ではなくて少し泣き出しそうな、
それでいてうっとりとしたような微妙な表情で少しずつ息遣いを荒くしていきます。
「あん、いやん、くすぐったい」
「はあん、あん、そんなところ、あん」
嬌声というほどではありませんが、徐々に僕を喜ばせるような甘い感じの声がもれはじめます。
僕のほうも押し倒す前ほどの焦りは、さすがにおさまってきていましたが、相手よりも自分のほうが先にじれてしまいそうで、
そろそろ念願の女上司の道具を楽しませてもらおうと思いました。
今まで内腿を行きつ戻りつしていた右手が太腿の付け根の一番近くにきたところで、指先の動きを弱め、
外陰唇よりも外側あたりの両側に人差し指と薬指を押し付けて固定するようにしました。
リーダーはそれまでは僕に身をまかせているような穏やかな感じ方をしているようでしたが、僕の両指が股間に固定されたことで
次に来る行動を予期したのか若干の緊張感が体に走ります。
彼女が待ち構えるかのように、一瞬息を飲むようにした刹那、亀裂に沿って中指を埋めていきました。
指を差し込むという感じではなく、中指の腹で亀裂をなぞるようにして浅く埋めながら開いていきます。
そうしてやると、すぐに、その先の襞口とともに敏感そうな蕾が姿を現しました。
まだそれほど多くはない湿り気をすくって、その敏感な蕾に中指でなすりつけるようにすると、一瞬ビクンと反応しましたが、
その後はすぐに元の穏やかな反応へと戻っていきます。
中指を浅瀬で何度か遊ばせた後、こんどはかわいらしい蕾に的をしぼって中指を使っていきます。
浅瀬から中ほどまで愛液をすくっては陰核になすりつけ、すくってはなすりつけしていくと声をこらえていたと思われるリーダーの
喘ぎが少しずつ、大きく甘くなってきます。
「あん、だめ、○○君、あん、ふん、あん、あん」
あの強気なリーダーのものとは思えない、高いオクターブの甘い女らしい喘ぎ声です。
いつも強気のリーダーの泣くような、か細い声に、僕の興奮もボルテージがあがってきます。
中指の愛撫でほとんど露出しかけたサネを人差し指も使ってしっかりと剥いてやると、愛液をすくった中指の腹を押し当てて
強めに振動を与えていきます。
「ああ~ん、あん、あん、だめ~、あん、あん」
リーダーの顔をみると眉間に皺を寄せ、観念したように目を閉じて快感に身をまかせています。
やっと主導権をとりかえしました。
いつもの態度の仕返しにとばかり、僕は手を緩めません。
リーダーのこんもりとした立派な恥丘に手のひらの付け根のあたりを固定して、
中指のビブラートで細かいけれども猛烈な振動をクリトリスに与え続けます。
そうしながら、リーダーの耳に息を吹きかけ、そちらの感度もよさそうなのも確かめたうえで、耳をすっぽりと口に含んだり、
舌先を耳の中に差し入れたりして私の唾液でぬめ光らせてやります。
僕のバスローブも脱げ落ち二人とも全裸で絡み合っていました。
僕はギンギンに勃起した肉棒を終始、リーダーの太腿にすりつけるようにしていました。
途中からはリーダーのあいた手を誘導して握らせようとするのですが、嫌がるそぶりはありません。
でも一旦はしっかりと握るのですが、自分の快感のほうに気をとられるのかすぐに離してしまいます。
「あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん、あん」
リーダーはクリトリスに送り込まれるビブラートにあわせるように、延々と短い鳴き声をもらし続けています。
このあたりになると、浅瀬にはすくいきれないほどの泉がわきあがってきているのがわかります。
かなり感じてはいるようですが、クリトリスだけではなかなかいきそうにもありません。
クリトリスに送り込まれるビブラートに反応しながら、リーダーはときおり腰をわずかに持ち上げるようにします。
浅瀬だけではなくて、もっとその奥への愛撫を体が無意識に求めているかのようにも僕には思えました。
そろそろ指先だけでも味あわせてもらおうか・・・
耳や襟足、腰から脇、へそから胸元、そして乳房に乳首、僕は舐めまくり唾液をぬりたくっていくことで
今まで高慢な態度で僕に接してきたリーダーを征服するような気持ちになっていました。
しかしやはり、本当に征服感を得たいのならば責めるべき穴は決まっています。
僕はいったんクリトリスへの攻撃を中止して、人差し指と薬指でもう一度、肉襞を開きなおしました。
先程までは中指の腹を亀裂に埋めていきましたが、動きをとめて指を立て第一関節までを差し込んでいったんそこでインターバルをおきます。
リーダーの体にまた僅かな緊張感が走ります。
僕が送るサインを的確に理解しているようです。
お望みならば入れてやろう。
そこからは生あったかいヌメヌメとした内壁をひきずるようにしてズブズフと一気に、こぶしまで入って
しまうのではないかと思うくらいに深くまで中指をつきいれていきました。
「は~~ん」
リーダーが強気な性格に似合わない女らしい声で、指先への挨拶の泣き声を奏でます。
せっかくの歓迎です、僕は中指を深く沈めたまま2~3回うずを描くように回して、自分の女の部分が
僕の指に征服されたことをリーダーが思い知るように存在感を主張させました。
そうしておいてから、リーダーのこんもりとした恥丘の土手の内側にあたるだろうというあたりを擦るようにして、
一番奥から入り口まで中指を抜き上げます。
ザラザラとした感じの内壁を中指の腹に感じながら掻き上げてやると、快感に応えてリーダーが色っぽい声で喘ぎます。
「あ~ん、いや~ん、だめ~、あっあ~ん」
これはたまりません、僕の中指に女性器を蹂躙されて、高慢なリーダーが悦びの喘ぎをあげているのです。
僕は夢中で抜き差しを繰り返していました。
「はあ~ん、あ~ん、あ~ん、あ~ん」
リーダーは今まで僕に聞かせたことのない鼻にかかった女らしい高くか細い声で喘ぎ続けます。
繰り返される注挿に、愛液は白く泡立ってさえきます。
心の中で僕は叫んでいます。
「ざまあみろ、どうだ、お前のまんこは俺の好き放題だ」
淫らな女の悦びに泉をあふれかえさせている下半身の口には指一本では抵抗がなさすぎます。 
途中からは薬指も参加させて二本指でズホズホとピストンをくりかえしていました。
好きな女ではないので遠慮も会釈もありません、泉を全部くみだしてしまうのではないかというくらいに
徹底的に手まんで蹂躙していきました。
「あ~ん、あ~ん」と鳴きながら、しまいには、あの颯爽としたリーダーが息も絶え絶えという風情になつてきました。
「はあ、はあ、はあ、あ~ん、いや~ん、もうだめ、もうだめ」
いよいよ仕上げのタイミングがきたようです。
相手が怯えるのではなく、喜んで待ち構えているようなのがシャクですが、ついに3ヶ月もの間、僕を馬鹿にし続けてきた
リーダーに男根をぶちこんでやれるのです。
僕は半身で抱き合うようにしていた体を抜いて、リーダーの足側にどっかりと腰をおろしました。
そうしておいて、リーダーの両の膝裏あたりに両手を沿えて、グイッという感じで開させます。
僕が強い力で押し上げているので心もち、たぶも浮かせるような感じで、女リーダーは女性器と肛門をこれでもかと
いうくらいあからさまに開かされてしまいました。
かきだされた愛液が肛門にまで達しての後ろにまで垂れていっているのも丸判りです。
肛門のシワの一歩一本が数えられそうなくらいの恥ずかしいポーズのまま高慢な女上司はかたまっています。
このまま、ただ挿入して、相手を悦ばせてやるだけではつまりません。
僕は女上司のその恥ずかしいポーズを維持したままで話しかけました。
「いつも颯爽としたリーダーが、これはこれはすごい格好ですね」
「こんな格好をおがませてもらえるなんて思ったこともありませんでしたよ」
「どうですか、いつもこき使っている部下にまんこも肛門も全開にしているのを見られる気持ちは」
「こっちまで恥ずかしくなりそうなポーズですね、明日からどんな顔して僕の前に立つつもりなんですか」
そのままズブリと刺し貫いてもらえると思っていたのでしょう、リーダーは僕から思わぬ辱めの言葉をかけられて
うろたえているようでした。
「いやん、そんなひどいこと言わないで」
「あ~ん、恥ずかしい、見ないで、お願い、普通にして」
いいザマです、やつと僕の思い通りの展開になってきました。
「見ないでって言われても、まんこがヒクヒクいってるのまで、いやでも見えちゃいますよ」
「いつも格好いいリーダーが肛門までスケベ汁たらすような女だったなんて、ちょっとショックだなあ」
リーダーは心なしか涙目になっているようです。
「お願い、いじめないで、好きにしていいから、もう言わないで」
「あ~ん、恥ずかしい、お願い、お願い、見ないで、見ないで」
やりました。 あの強気のリーダーを泣かせてやったのです。
リーダーが恥ずかしがれば恥ずかしがるほど、僕の興奮度はあがるというものです。
「いやスケベ汁たらしまくりの淫乱女だとわかつたからには、もう少し、おまんこの色や形もチェツクさせてもらいますよ」
そう言うと、開ききった女性器に「ふう~っ」と息を吹きかけてやりました。
「ひい~っ、やめて~、見ないで~」
「お願い、お願い、もういいから、していいから、早くして」
リーダーの声はもう悦びの甘い声ではなく、悲鳴にも似た懇願の声でした。
もとより僕のほうもそろそろ我慢の限界に近づいています。
いよいよ3ヶ月もの間、僕に尊大な態度をとり続けた高慢女に復讐の男根をおみまいしてやる時間がきました。
「早くしてか、自分からセックスを催促するとはな」
「リーダーがそんなエッチな淫乱女だとは思いませんでしたよ」
「見られるのに興奮して、今度はハメてほしいと言うんですね」
もう今やリーダーは本当にボロボロと涙を流しています。
濡れた化粧が目元から頬へと黒い涙の軌跡を残しています。
「お願い、もう言わないで、なんでもいうこときくから、早く、早くすませて」
「もういじめないで、していいから、もう見ないで」
淫乱なんかじゃ、淫乱なんかじゃ、こんなにされたら誰だって」
皆まで言わせず、僕は先端を穴口にあてがうとズブズブと一気に男根を突き刺していきました。
僕の張り出した亀頭部が湿肉をかきわけて進入した瞬間、リーダーは頭をのけぞらして甲高い声をあげました。
「あああ~っ、んく~っ、ああ~」
観念したように股を開ききっているリーダーの反応を確かめるように、リーダーの潤った淫道に肉柱をゆっくりと抜き差しします。
「すごい熱さだ」
僕は思わず正直な感想をはいていました。
それにしても最高の気分です。
いつも、つんとすました美形の女上司、同じ部署で働いていながら僕の存在を歯牙にもかけていなかった相手を
今、自らの分身が貫いているのです。
いつも蔑みの色を浮かべて僕を見ていたその透き通った目が、今は霞がかかったように潤み、切なげな色を浮かべている。
征服感が僕の男根を包むリーダーの肉壁の熱さをいっそう甘く感じさせていました。
「ああ~、あっ、ああん、くうっ」
僕の肉棒の動きに答えるように甘く切ない吐息をもらしたながら、媚肉は喜悦を示すように収縮を感じさせます。
「まだ入れたばかりなのに、すごい反応じゃないか」
「すごく絞まりますよリーダーのここ、部下のちんこをくわえ込んで感じるなんて、本当にいやらしい女だ」
荒い息でリーダーの耳元にそう囁きます。
「あんっ、恥ずかしい、そんなこと言わないで」
辱められているというのに、甘えるような調子がにじんだ言葉がますます僕を有頂天にさせます。
よくも今まで蔑んでくれたな。ズコン
今までの恨みをこめて深々としたストロークを打ち込みます。
これは毎日毎日おそくまで残業させられたお礼だ。 ズコン
一発一発につらかった3カ月の思いをこめて打ち込みます。
ゆっくりとした間隔ではありますが、内蔵まで届くのではないかというくらいの腰をいれたヘビー級のストロークです。
ざまあみろ、この高慢女め、これでどうだ。 ズブッ
「あああ~、ひい~っ、あああ~ん」
頭をのけぞらせていい声で鳴くリーダーの痴態がますます僕をあおりたてます。
「どうだい、できの悪い部下にマン汁垂れ流しながら突かれる感触は」
ずんずんと深いストロークをつきいれながら、今はトレードマークの細渕メガネも失って紅潮した美貌を覗き込みます。
さしものリーダーもいつもの凛とした近づきがたい表情は保ちようもなく、目じりには黒いシャドーのあとを残して、
呆けたような顔で虚空を見つめるようにして、快感にひたっています。
ストロークを突き入れるたびに「あああっ、ひいっ」といった感じで仰け反る様子は、僕を喜ばせてくれるものであるはずですが、
その呆けたような顔と、今は淫らな牝と化した反応に僕はなぜか段々と気持ちが冷えていくのも感じていました。
この3ヶ月間という時間は僕にとって言葉ではいい表せないくらいにつらい時間だったのです。
せっかく良い会社に転職できたと喜んでいたのに、全く能力を評価されないばかりか、女性上司に蔑まれ、
満座の前で罵倒されさえして、何度やめようと思ったかしれません。
モチベーションのもちようもない、そんな環境のなかで毎日毎日の残業をしいられ疲労困憊の極地にまで追い込まれていました。
次の転職に自信がもてない現状ではやめるに辞められず、毎朝これから出社することを思うと酷い嘔吐感に襲われ、
毎日のように洗面台に戻すもののない胃液を吐き出していました。
人生の先行きに暗いものを感じ、就寝前には疲れきった頭の中で、かなり待遇が悪くなっても再度転職するべきなのか、
いっそ死んでしまいたいとさえ考えそうになつたりもしていたのです。
退職勧告の肩たたきや追い出し工作など悲惨な話しをよく聞きますが、僕の職場生活での絶望感はまちがいなく、
それにも匹敵するものだったと思います。
その元凶というか、その全ての原因とさえもいえるのは紛れもなく、今、呆けた顔で横たわっているこの女です。


高慢な女の上司1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  
                  11  12  13  14  15  16  17



-----