・・・もう誰も信じられません。自分すらも・・・。
数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。
すぐには家に入らず私は庭のベンチに腰かけました。
庭作りが好きな私達家族で丹精込めて作りあげた庭でぼんやりするのが好きだったからです。

しばらくすると主人と私の実の声が聞こえてきました。
何気に聞いていた私は凍りつきました。
「隆弘さん!どうしたの!何するの!」
「いやっ!駄目!」
私は立ち上がり窓から中を見て呆然としました。主人がを後ろから、しっかりと抱きしめているのです-----

「隆弘さん!やめなさい!具合でも悪いの!」
は抱きしめられながらも主人の太い腕を叩きながら言いました。主人は
「お義母さんだけなんです。俺をわかってくれるのは・・・」
と目を閉じたまま弱弱しい声で、しかしきつくを抱きしめていいました。

「やめなさい。美奈に悪いわ。美奈と話し合いなさい。私からも美奈に言ってあげるから」
「お義母さんだって、一人で寂しいでしょう?俺と美奈のセックスをたまに覗いてるじゃないですか」
「!!!!」
が私達の夫婦生活をたまに覗いていたのは知っていました。は驚きとともに観念したのか、今度は叩いていた主人の手を優しくさすりながら
「でも・・・こんなことはいけない事なのよ・・・」
「俺が求めているのは、お義母さんなんです・・・」
そういうと主人はを正面に向き直らせ、激しいキスをしました。私にもしてくれた事がない濃厚なキスです。の口をむさぼるようなキスです。


「だ・・・め・・。あ・・・」
と口から漏らしながら主人の頭を優しくなぜながらキスを受けていました。
二人の舌が求め合い喉がごくごくと動いてお互いの唾液を飲みあっているようです。
主人は、キスをしながらのブラウスのボタンを一つ一つ外して、ブラの中に手を突っ込みました。
「あっ・・・隆弘さん・・・」
がのけぞりました。
主人は、もう片方の手での頭を引き寄せ、またの口をむさぼりました。
ブラからの乳房を引き出し、乳首を指先でつまみながら手の平で胸を優しく力強くもんでいます。
主人は私とのセックスではいつも私を奴隷のように扱って愛撫一つしてくれないのに・・・。

主人の頭がの胸の辺りに下りてきました。
の乳房をよだれでべとべとにしながら舌で乳首舐め回しています。
「お義母さん、美味しい・・・美味しい」って・・・。
は「ああ・・・うっ・・・隆弘さん・・・」と言いながら立ったまま主人の頭をなぜまわし体をいやらしくくねらせています。
そしてとうとう主人はのスカートを脱がしてパンティの上から、鼻をこすりつけくんくんとのワギナの匂いをかいでいます。
「隆弘さん・・・やめて・・・いや」
は嫌々と弱弱しく頭をふりながら、股間を主人の顔に押し付けています。
主人はパンティの上からのワギナに舌を這わせ激しく舐め回しました。

「ああー隆弘さん!ああー」
の声が高まり主人はパンティを横にずらしてのワギナを責めました。
「隆弘さん・・・私・・・ああっ」
唾液愛液で、ぐちゃぐちゃになったパンティを主人はむしりとると私の見ている窓の方へこちらを見もせずに投げてきました。
私がそこにいることなど気付かずに・・・。

「嫌・・・見たら嫌・・・」
は立ったままワギナを押し広げられ嫌々をしています。
「お義母さん、クリがしこってるよ・・・。可愛いクリだね。こうすると電気が走るだろう」
と主人はのクリトリスに音をたててジュルッとかぶりつきました。
「あああっつ!ひいっ!」
「お義母さん、俺と美奈のセックスを覗きながら、ここを一人でいじっていたの?」
主人は執拗にのクリトリスを口でもぐもぐと責めています。私にはクンニなどしてくれた事もないのに・・・。

「ああ・・・悪い子・・・」
の息遣いが荒くなり主人はズボンを脱ぎました。
いつになく、そそり立った主人のモノをが手で撫でさすります。
「お義母さん・・・入れるよ」
と主人が立ったままの股間にいきり立つモノを押し当てた時、突然私はうしろから口を塞がれました。
びっくりして、みると隣のアパートに住んでいる変質者のようなおじさんでした。

覗きとは俺と同じ趣味じゃねぇか」
にやにやと、笑いながら私の口に汚い雑巾のような臭いものを押し込み、私を庭の芝生に引きずっていきました。
「いやぁー!!!助けてっ!あなたっ!ママー!!」
しかし口を塞がれているため声にならず、目を見開いたまま庭にころがされました。

「大人しくしやがれ!」
と平手を2回され鼻血が出て私は朦朧と顔を室内に向けました。
と主人がけだもののように絡み合っている姿が見えます。
シャツを破られブラを引き裂かれ、手をブラで後ろに縛られた私を、変質者の男はいやらしく笑いながら、
「俺達も、しっぽりとやろうじゃねえか」
とスカートを剥ぎ取り、パンティを引きちぎりました。

そして私のワギナを乱暴に舐め回しました。
「いやっいやっいやぁあああー」
と泣く私に変質者は、
「濡れてるじゃねぇか。親と亭主の浮気をみながらオナってたんだろう」
と、私のクリトリスに噛み付き、乳首をひねりあげました。
「ひいいいいっ」
とのけぞった途端、変質者のペニスが私の中に侵入してきました。

室内ではが主人の上に乗って腰を回しています。
主人はの口を求め二人は繋がりながらキスをしています。
私は乱暴に膣を犯され、事もあろうに私のワギナからはぐちゅぐちゅといやらしい音が・・・。
私はワケがわからなくなり、腰の辺りから甘い痺れが広がり、変質者に抱きつきました。
口から雑巾を取り払われ変質者の臭い唾液を飲まされました。
私は泣きながらも、その汚い唾液を飲みました。

「同じようにしてやるよ」
と変質者は私を裏返して四つんばいにさせました。
みるとは犬のような格好で主人に貫かれていました。
しかし私は激痛で悲鳴を上げました。変質者は私のワギナではなく、おに太いペニスをねじ込んだのです。
痛さのあまり悲鳴しかでなかったのに、主人がの乳房を優しく揉みながら後ろからを犯しているのを見ていると、私はおを犯される激痛が激しい快感へと変わっていくのを感じました。

変質者は主人と同じように、しかし私には乳首が千切れるくらいひねり上げました。
主人がの背中にキスをすると変質者は私の背中を強烈に噛みました。
主人がの腰を抱え込んでピストンすると変質者は乱暴に私の紙をつかみながら腰を打ち付けてきました。
そして私は狂気のような快楽に・・・おを犯されたままイッてしまいました・・・。
「い・・イク・・・うっつ」
と思わず言葉にしていました。

室内では主人がを正上位にして抱きしめ、激しくキスをしながら腰をすごく動かしていました。
は足を主人の背中にからめ、二人とも絶頂を迎えるようでした。
私も変質者に同じように正上位にされ室内を見ながら、再びイカされそうになりました。
「沢山、出すからな。受け止めれよ」
「なっ・・中にはださないでぇぇ!」
私は叫びました。

でも激しくピストン運動をされ、再び汚い唾液を飲まされ、舌をしびれるほど吸われ、乳首や首筋をきつく噛まれ、私の頭の中は真っ白になっててったのです。
「イクっイクっ!イッちゃうー!!!」
と変質者の腰の動きにあわせておを振っていました。
変質者は「うっ!!出る!」と言うと爆発しました。
私の子宮の中にドクドクといつまでも放っていました。・・・

庭に放置された私は、ぼんやりと室内に目を向けました。
主人がを腕枕にして二人で満たされた表情でソファーに横たわっていました。
のむき出しの充血したワギナがぱっくりと見え、主人の精子が溢れ出ているのが見えます。
痛い体を起こすと、私のワギナからも精液が流れおちました。
家には入らず、その日はホテルに泊まりました。
翌朝帰ってみると主人とはごく普通でした。しかし、その日の午後から主人ととで二人で買い物に行ってしまいました。

私の体中には変質者の歯型やら、縛られた後が付いていました・・・。
しかし主人は気付きません。だって、あれ以来、主人とのセックスは全くなくなり、深夜
になると毎晩、主人は寝室から、姿を消すからです。

一度、深夜の部屋の前を通った時、のあえぎ声が部屋からしていました。
私は惨めに一人で泣きながら寝ています。
主人が仕事のときの外出も目に見えて増え、私が一人で家にいるとき、あのときの変質者が、やってきては私を犯します。 
私も鍵を開けて迎え入れ、惨めな快楽を与えられながら、体を変質者のおもちゃにされています。
生理も止まり妊娠しているのがわかりました。変質者の子供です。主人には、まだ言ってません。もう死にたいです・・・。






-----