そんな事をしていると、僕も最初から興奮していたので、あっという間に射精してしまいました。

弱味を握って無理矢理犯すようなシチュエーションも初めてなので、すっごい興奮していた様で、大量の精子がでてしまい、奈々の顔にかかりました。
奈々は嫌がる事無くそのままにしていました。

すると僕は、射精した瞬間に一気に興奮が冷めてしまいました。
前々から計画して、想像して、妄想していた興奮が高まりすぎて、一気に弾けてしまったようです。
そしてもうどうでもよくなってしまい。
「もう帰っていいよ・・・」と言いました。

なんか急に冷め-----
てしまい、ダルく感じてしまいました。
奈々は「えっ」って感じの表情をして、中々動こうとしませんでした。
だから僕は「もういいよ、満足したから帰ってもいいよ。もう呼び出さないし、動画もそれだけだから」と素っ気無く言って、ベッドでゴロゴロしていました。

奈々はしばらくベッドに座っていましたが、ゆっくりと身支度をはじめて、最後は僕の方を見て何か言いたそうでしたけど、帰りました。
僕は満足したので、ホテルでしばらく寝てから帰りました。

そして翌週から何事も無かったように出社しました。
奈々も意外と元気に仕事をしているようでした。
そしてそれから1週間が過ぎた頃、なんと奈々からメールが来ました。
僕は若干ビビっていました・・・ひょっとしたら警察に?
焦りながらメールを見ると、
『本当に動画はこの前ので最後なんでしょうか?コピーとかありません?』
と書いてあった。

僕は『本当に終りです、今後はあなたに何も危害はくわえませんので忘れて下さい。』と書きました。
すると『信じられません。あなたの部屋を調べさせて下さい。』と返事がありました。
僕は意味が分りませんでした。

そんなもの抜き打ちでやるなら意味があるでしょうけど、最初に言ってしまったら隠せばいいだけの話です。
でも、『それで気済むならそうしてください』と書きました。
とにかく僕もビビっていましたので、穏便に済ませたいので、奈々の言う通りにしました。

そして住所がバレると困るので、車で待ち合わせをして目隠しをして来てもらう事で合意してもらいました。
そして翌週末、変装をして奈々を駅で待っていました。

奈々の意図がよく分らないまま当日になりました。
僕は車で駅まで迎えに行きましたが、覆面をするわけにはいかないので、帽子とサングラスにマスクで、かなり怪しい格好で行きました。
そして奈々と携帯で連絡を取り合い、車に乗せました。

まだ残暑が残る季節でしたが、奈々の格好がこの前とは全然違いました!
この前は暑いのにも関わらず、カーディガンにジーパンでしたが、今日はチューブトップにミニスカートで、かなりのエロい格好です。
奈々のムッチリとした谷間が見えて、おっぱいがこぼれそうでした。

僕は薄々奈々の本心に気付きました。
奈々はどうやら犯される喜びに気付いたのではないでしょうか?
この前散々イカされて、さらに焦らしたままパイズリさせて終わっているので、欲求がたまりっぱなしではないのでしょうか?
そして恐く、僕がしつこく追い掛け回したり、何度も関係を強要しないのを知って恐怖心が無くなってきたのだと思います。

僕はそんな奈々の本心に乗ってあげることにしました。
そして車で目隠しをさせてアパートまで行きました。
部屋に入ると奈々は「じゃあ勝手に探させてもらいますから・・・」と言って色々物色していました。
パソコンの中も見ていました。

でも、僕から見てると一生懸命探している感じも無く、何かを待っているように時間をかけてる気がしました。
だから僕は「こんな事して、もし何も出てこなかったらどうするの?許さないよ!」と言いました。

すると奈々は「・・・その時は・・・謝ります・・・」と言ったので、「謝るだけじゃすまないよ!」と言うと「・・・じゃあその時は・・・好きにしてください・・・」と真っ赤な顔で言いました。
奈々はやはりこの前の快感が忘れられないみたいです。
そして奈々はパソコンや押入を物色していましたが、当然動画のデータなんか出てきません。

それどころか押入に入っていたこの前のローターやらロープが出てきて、奈々は顔を真っ赤にして片付けていました。
僕は「何もねーだろ?どうすんだよ!こんな休みの日に家にきやがって!」と言うと「すいません・・・」と言っていました。

明らかに盗撮して犯した僕が悪者なのに、何故か謝っていました。
僕は「約束通り好きにさせてもらうぞ!」と言うと、下を向いて黙ってしまいました。
僕はチューブトップとブラジャーを一緒に掴むように手を入れて持ちました。
そして「いいか?邪魔するなよ!」と言うと一気にお腹までズリ下げました!

奈々のおっぱいが『タップンッ』と飛び出すと、奈々は小さい声で「きゃっ」と言いましたが、言った通り抵抗はしませんでした。
僕は両手で柔らかいおっぱいを力強くクッチャクチャに揉みまくりました。
奈々は真っ赤な顔で涙目になりながら呼吸を荒くしていました。

すぐに乳首がカッチカチに勃起してくると「お前もう乳首たってんじゃねーかよ!」と怒鳴ると、泣きそうな顔で「ハァハァ」言っていました。
どうやら奈々は物凄いドMみたいです。
僕は奈々をベッドに座らせると、「そこでオナニーしろ!」と言いました。
そしてこの前使ったローターを渡しました。

奈々は戸惑っていましたが、「早くしろよ!」と言うと、ゆっくりローターのスイッチを入れました。
僕は「スカートまくって股広げろ!」と言うと、奈々は股を広げました。
すると、何もしてないはずなのに、パンツの部分にでっかい染みが出来ていました。
僕は「おいおい、なんだそりゃ?お前なんで濡れてんだよ?変態だろお前!」と言ってやりました。

奈々は恥ずかしそうで悔しそうな顔をしていますが、この前の憎しみを込めた顔とは全然違います。
僕は「お前犯された男の前でおまんこ濡らしてんじゃねーよ!さっさとオナれよ!」と言うと、奈々は少しづつパンツの上からローターを当てていました。

最初は必死で声を我慢していましたが、太ももをプルプル揺らしながら、次第に声が「あくぅう、あふぅ、あんっ」と漏れていました。
たぶん奈々は、人に強要されて、しかも人に見られながらのオナニーが快感らしくて、陶酔したような真っ赤な顔で感じまくっていました。

僕は乳首を一緒にイジってやると、すぐにイキそうになったのでローターを取り上げました。
奈々はすがるような顔でこっちを見ていましたが、無視して電マを持ってきました。
この前みたいにパンツの上から当ててやると、さっきのローターと違って激しく腰を振り乱して「いやあああ、ダメ、ダメ、ああああああん、あああああ、いやああああ」と気持ち良さそうに叫んでいました。

でも今回はこの前みたいに簡単にイカせません。
すぐに腰をグラインドさせてイク体勢を感じると、すぐに電マを放します。
この前以上にそれを繰り返します。

奈々の表情を見てると、こっちが何も聞かなくても「イカせて下さい」と言い出しそうだった。
もうパンツはすごい事になっていて、染みどころかマン汁で全体が透けていて、ビラビラの形までハッキリ分りました。

僕は「奈々、イカせて欲しかったらパイズリしろ!」って言いました。
奈々は体勢を入れ替えて、僕は服を脱いで大の字になって寝転がりました。
奈々は素直にこの前の事を思い出して、自分でアソコを触り、マン汁を胸に塗り付けました。

そして最初は勝手にしゃぶってからパイズリをはじめました。
この前教えた事もあってか、かなり手際良くやっていました。
相変わらず何も言って無いのに飛び出した亀頭をしゃぶっています。
僕はまたすぐにイキそうになって、何も言わずに大量の精子を奈々の顔にかけるように発射しました。

奈々はビックリしていましたが、全然汚いと思っていない感じでした。
そしてパイズリが済むと前回同様に「もう帰っていいよ!」と言いました。
奈々はすごくびっくりした顔をして、すぐに下を向いて固まってしまいました。

今回は僕も、もう一回は出せる感じでしたが、奈々の本心を暴く為に芝居しました。
やはり奈々はイカせて欲しいようで中々動きません。
僕は「あっ、そうだ、最後に口でちんぽ掃除して帰れよ!」と言うとすぐにちんぽにシャブリつきました。

奈々は一生懸命しゃぶっていて、掃除じゃなくて必死に勃起させてるようにしか思えませんでした。
その証拠に関係ない玉や足の付根まで舐めています。
僕は勃起しそうになったので、「もういいよ!」と言いました。
奈々はまた固まってしまい、中々服を着ようとしませんでした。
そしてしばらくすると・・・


オフィスの女子社員1  2  3  4



-----