僕は両親が小さい頃に離婚して、に引き取られてからずっと二人で、子家庭として暮らしていました。
はパートをしながら必死に働いて、僕を育ててくれていましたが、
今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない、現場作業員の寮の寮として働く事になりました。

寮には十人の作業員がすんでいて、はその作業員達の食事の世話等をしていて、
仕事の割には高いお給料を貰えて、はすごく喜んでいましたが、
実はその高いお給料には、別の仕事の報酬が含まれていたのでした…。
寮で働き始めて一ヶ月程たったある日、僕が塾から帰ってきて-----
玄関に入ると、
この寮に住む五十代から三十代の作業員四人が、僕との住む部屋に向かって歩いていました。

「何だろう…?」
僕はそう思いながら男達を見ていると、四人は部屋のドアをガチャッと開けると、部屋の中へと入って行きました。
すると部屋の中から「きやあぁぁっ!!ちょっと離してっ、何をするんですかっ!!」との悲鳴が聞こえてきて、僕は急いで靴を脱ぐと部屋の前に来て、少し開いたままのドアの隙間から、中の様子を覗いて見ました。

すると部屋の中では男三人が、三角巾を頭に被りかっぽう着姿のに抱き着いて、無理矢理キスをしたり身体を触ったりしていて、その間に残った一人の男が、押し入れから布団を引っ張り出して畳の上に引くと、その上に男達はを押し倒してしまいました。

「いやっ!ちょっと止めてっ、お願いだから止めてちょうだい!!」
悲鳴を上げながら必死に抵抗するの上に、男達は群がるように覆いかぶさると、顔を近づけての顔を舐めたり、切り傷などで荒れたごつい手で胸を揉んだりしていました。

そして一人の男がのスカートを捲くり上げ、パンストをビリビリッと引き裂き、花柄のステッチが入った紺色のパンティが姿をあらわすと、男は両手をパンティにかけてグイッと引っ張り始めると、
「やだぁっ!お願いだからやめてぇっ!!」
泣き叫びながら、足をバタバタさせて抵抗するから、パンティが離れていくと、股間の黒々と生えた陰毛と、周りが赤黒くなったおまんこが丸見えになりました。

「いやあぁーっ!!やっ止めてぇっ、離してお願い!!」
は泣き叫びながら、必死に抵抗しようとしていましたが、男達はまるでの抵抗する姿を楽しむように、ニヤニヤしながら見ていたのです…。
ここで僕はやっとが、作業員達に犯されそうになっている事に気付いたんですが、レイプに強い興味がある僕は、を助ける事なく様子をじっと見ていました…。

パンティを脱がせた男は、おまんこにむしゃぶりつき、ジュルジュルと音を立てながら舐め回していると、他の男が
「おいっお前!早く犯っちまって、俺達に順番を回せよ!!」と焦りながら話すと、男は
「まぁそう焦るなって。俺がクジで一番になったんだから、まずはじっくりと楽しませてもらうぜ。」
と言いながら、作業ズボンとトランクスを下げて、いきり立ったペニスをさらけ出すと、を両手で開き、自分の下半身を割り込ませて、のおまんこに自分のペニスを押し付けました。

「あぁっ…いやっいやぁっいやあぁぁーっ!!お願いですからっ、入れないで下さぃ…」
は男お前達に身体を押さえ付けられながら、挿入しようとする男の方を見て哀願していたが、
男は何のためらいもなく、一生懸命に身体をくねらせて抵抗するのおまんこに、ペニスをズブッと突き刺してしまいました…。

「いやぁぁっ!!止めてっお願い、入れないでっ入れないでぇ…」
の哀願も虚しく挿入を終えた男は早速腰を動かし始めました…。
男が腰を降る度に、玉袋がのおに当たり、パチンパチンという音を響かせながら、布団の上では自分の身体を揺さ振られながら
「うぅっ…もう止めて、お願いだからもう離して」
と泣きながら許しを願っていたが、
「おぉっ…寮さんよぅ、年齢の割には絞まりがいいじゃねぇか…」
男は夢中でハァハァと息を荒げて腰を振り続けています。

と男の性行為を見ていた他の男達が興奮してきて、のかっぽう着と白いシャツの胸元に手をかけて、力いっぱい引っ張ると、ビリィィッと布が裂ける音がして、かっぽう着と白いシャツが引き裂かれました。

中からパンティと同じ花柄のステッチが入った、紺色のブラジャーが現れました。
「いやぁ…お願いだからもう止めて…」
男達は皆でブラジャーに手をかけて引っ張ると、ブラジャーはアッという間に引き千切られてから剥がされました。

少し弛んだ豊満な乳房が出てくると、全員で乳房に手を伸ばし乱暴に揉んだり、口を付けて吸ったりしていました…。
そうして男達は凌辱していると、挿入している男が
「ウゥッ…もうイキそうだ…」
と唸ると腰の動きが早くなりました。

「あぁっお願いっお願いだから!膣内にだけは出さないでっ!!」
は三角巾を乱しながら、頭を左右に激しく振って泣き叫んでいたが、男は、
「もっもうダメだっ~出るっ出るっ!!」
と叫び力いっぱいに腰を打ち付けつけ、身体全体が二、三度震えて、の膣内に精子を放出してしまいました…。

「いやあぁぁーぁっ!!やめっやめてぇぇーっ!!…うぅっお願い…早くペニスを…抜いてちょうだい…」
は泣きながら男にペニスを早く抜くように願うと、男は何度か腰を振って、最後の一滴まで精子を放出しました。
そして、ゆっくりとペニスを引き抜くと、鳴咽を漏らしながら横たわるのおまんこから、白濁の精子がドロッと溢れ出してきました…。

男が満足そうな顔をしていると他の男が、
「おいっ次は俺の番だぞ!早く代われ代われっ!!」
と言って焦りながらの股を開くと、おまんこにペニスを一気に突き刺しました。
「ううぅっ!お願いだからもう止めて下さいっ!!」
の悲痛な叫びも虚しく男は激しく腰を振り、おまんこの中の精子をペニスが掻き混ぜて、グチュッグチュッという音が部屋に響いていました。

その間にも他の男達は、の乳房を激しく揉んだり、強引にキスをして舌を入れると、は苦悶の表情をしながら「うぅっ、むうぅぅっ!」と苦しそうに呻いていました…。
はまた、男の腰の動きに合わせ身体を揺すられていると、腰を振っていた男が、
「ウゥッ寮さん、出るっ出るっ!」
と叫んでの膣内にまたも精子を放出しました。

「止めてっ止めてぇーっ!!」
は足首に紺色のパンティを絡ませながら、をバタバタと振って暴れていたが、やがての動きが弱くなり、そして遂には布団の上に落ちると、ピクリともしなくなりました。

「ウゥッグズッ…お願いだから…本当にもう止めて、離して下さい…」
は再度男達に哀願したが、聞き入れられる事もなく、今度は三人目の男が、
「オイッ寮さん!次は俺の番だぜっ!!」
と言ってを俯せにすると、おを持ち上げてバックから、の精子が溢れ出すおまんこにペニスを突き刺しました。
「あうぅっ、いやぁぁ…」
は弱々しい悲鳴を上げながら、男に後ろからズンズンと突き上げられると、おまんこの中の精子が掻き混ぜてられ、泡立ちながら男のペニスに絡み付いて、グチャッグチャッグチュッと卑猥な音が、部屋じゅうに響いていました。

「うぅっひぐっ…もう嫌ぁぁっ!お願い誰か助けて…〇〇ちゃん…〇〇ちゃんお願い…お母さんを助けに来て…」
は僕の名を読んで助けを願っていたけど、僕はペニスをギンギンにして興奮しながら、レイプされる様子を見ていて、男達に群がれて凌辱されるを、見殺しにしてしまいました。

は男に後ろから突かれると、弛んだ乳房と頭と三角巾を揺らしながら、
「あぐっううぅっ…いやぁ止めて…」
か細い声を漏らしていましたが、
「ハアッハアッ…なぁ寮さんはあんまり男性経験がないんだろ?四十代の割には結構いい絞まりしてるじゃねぇか」
と興奮しながら、男は腰を振り続けていました。

そのとき僕は、を助けるどころか、が父と離婚してからは、僕を育てる為に必死に働いてくれて、男と付き合う暇などなく、セックスをする事もなかった筈なので、おまんこの絞まりがいいんだろう・・・などと考えていました。

男が険しい顔をして、
「ウゥッ寮さん、いいかっ出すぞ出すぞっ…ウックウッハアァッ!!」
と叫び、
「いやぁ…もう中へ出すのだけは許して…お願いだから、外に出してちょうだい…」
が叫んだが、
「出るっウックウゥッ!!」
男は唸り声を上げると、一気にの膣内に、三人目の放出を行ってしまいました…。

「いやぁぁっ!…ひどい…もう中で出さないでって言ったのに……」
は泣いていました。
放出を終えた男がペニスを引き抜くと、ブジュッと音がして、おまんこから三人分の精子が溢れ出してきて、ポタポタと布団の上に滴り落ちていきました。

「酷いっ…酷過ぎるわ…」
と、布団に顔を付けて泣いているに、四人目の男が近づき、
「うわっ寮さんのおまんこ、もうベチャベチャじゃねぇか!じゃあ俺はこっちの穴にぶち込むかぁ」
男はを四つん這いにしておを掴むと、おまんこではなく、アナルにペニスを近づけていきました。
その男のペニスは太さが七、八センチぐらいあって、長さも500ミリリットルのペットボトル程ある、まさしく巨根でした。

「きやぁぁぁっ!止めてぇーっ!!そんな大きいペニスを入れたら裂けちゃうっ!!!」
は男のペニスが目に入ると、悲鳴を上げて逃げようとしたが、他の男達に身体を押さえ付けられてしまいました。

男が巨根をアナルに近づけてと挿入を始めると、メキメキッと音を立てながらゆっくりと中へと進んでいきました…。
「キャヤアァァーッ!!痛っ痛いっ止めてーぇ!!」
はあまりの痛さに、悲鳴を上げてもがいていたが、男は
「オォッ、寮さんいいっ、気持ちいいぞっ!!」
と言って、力強く腰を振ると、図太いペニスを差し込まれ、大きく開いたアナルから、ズブブッ、ズブブブッと激しい音がしました。

は前後に大きく身体を揺らされながら
「うぅっ…酷い…こんなの酷過ぎるわ…」
弱々しい声を出して、両手で布団のシーツをギュッと握っていました。
「ハァッ、そろそろイキそうだっ!」
男は声を漏らすと、アナルからペニスを引き抜いた。
そしての両脇に手をかけると、を抱え上げて上半身を起こし、の頭を手で掴むと、自分のペニスの方へ引き寄せた。
そして男は、の顎を手で掴み口を開けさせて、ペニスをの口へ強引に押し込みました。
「ムゥゥッムグッフゴッ!」
と呻きながら、は顎が外れそうな位に口を開いて、太いペニスを無理矢理くわえさせられ、しゃぶらされていました。

「フゴッウググッ…ウゥ!!」
激しく頭を揺らされ、被っていた三角巾が解けて床に落ちても、はペニスをしゃぶらされていました。
「ハァッハァッ寮さん、いいかイクぞっ!ちゃんと全部飲めよ!!」
男はに、精子を飲むように命令しながら、腰を振っていると
「ウゥッウゥッ!クウッ!!」
は唸りながら、涙をボロボロと流し、両手を男の腰にあてて男を引き離そうとしたが、力及ばずついに男は
「ウゥッイクっ!おおぉっ」
と叫ぶと腰が震えて、の口内に精子をドバッと放出してしまいました…。

「ムゥゥッ!ウゥッ!フウウゥゥッ!!」
は目を見開き、涙を流し続けて呻いるなか、口内に精子を流し込まれてしまうと、息ができず苦しそうに
「ゴフッグフッグブゥッ!」
と噎せていたら、放出を終えた男がニコニコしながらの口からペニスを引き抜きました。すると
「グハッゲホッゲホッ!!」
とせて、口から溢れ出した精子が周りに飛び散りました。

そしてすぐに下を向くと
「ゲホッゴホッゴホッ!!」
とむせながら、口内に残っていた精子を、全部畳の上に吐き出していました…。

は精子を全部吐き出して、お腹に手を当てて苦しそうにしていると、急に前屈みになって
「ゲホッグブッ…ウゥッ!オエェェェッ!!…ゲホッグフッ…」
と噎せ苦しみながら、畳の上に嘔吐してしまいました…。
「ウゥッ…ハァッハァッ…」
口の周りを精子と嘔吐物で汚しながら、荒い息をしているを、満足そうな顔をした男達が見下ろしています。

「へへっ寮さん、精子を味わったのは初めてだったのかい?」
「今度の寮さんは、あまり男に抱かれた事が無いみたいだから、味わいがいがありそうだなぁ」
と、楽しそうに話していると、一人の男が
「寮さんよぅ、俺達毎月、性処理代として給料から一万円引かれて、寮さんに渡してるんだからさぁ~、しっかりと俺達を楽しませてくれよ!」
と衝撃的な事を口にしました。

そして男達は部屋を出ていきました。
隠れて見ていた撲は何度もセンズリをしてパンツをビチャビチャにしていました。ひんなに精子が出たのは初めてです。

男達をやり過ごしてから部屋の様子をそっと見ると、は畳の上に吐き出した嘔吐物をシーツでぬぐい、洗濯籠の中に入れていました。
「ウゥッ…私これから…あの俺達に犯され続けなければならないの…」
両手で顔を覆いながら、ボロボロになったかっぽう着姿で、お風呂へと向かって行きました…。

その間に僕は、何食わぬ顔で部屋に戻ると、パジャマ姿の
「あら〇〇ちゃん帰ってたの、塾はどうだった?」
と、優しく語りかけながら、部屋の中に入ってきました…。

…その後僕は、塾が終って急いで帰ってくると
「お願い…もう止めて…」
「寮さんよぅ、もっと腰振って喘いでみろよ!!」
「いやぁ…そんな事出来ないわ…」
「…ウゥッ!寮さんもうダメだぁ~っ出すぞっクウッハァッアアァッ!!」
「いやあぁーっ!!お願いだからっ中だけは、中だけは許してーぇ!!」
などとの声が聞こえてきます。

撲は、がほぼ毎日犯されて白濁の液体を体内に注入されるのを、ペニスを勃起させて楽しみに見ています。

一生懸命僕を育ててくれているには悪いのですが、僕はこのままを助ける気はありません。
そして最近は、僕も男達と一緒にレイプしたいと思っているのです。






-----