香織が勤務するZ電機の本社は、香織の住む街からは電車で四十分ちょっとの距離にあった。
駅まで歩く時間を入れると約五十分ほどの通勤時間になる。
 香織は軽めの朝食を終えると、明るめの赤いスーツに身を包み、髪を後で纏めて背中に垂らした。
 赤のスーツはインナーとスカートが一体式でちょうどノースリーブのワンピースの様になっている。
スカートの丈はだいたい膝上十センチぐらいといったところだ。
香織は上着の前をちょうど臍のあたりについた大きめのボタンで留めた。
スーツの赤は香織の白い肌によく合い、その美しさとあいまってハッとするような鮮やかな印象を与える。
 香織は鏡に向かいほんの少しだけ化粧をすると、黒いショルダーバッグを肩に掛け、いつも通り七時四十分に部屋を出た。
 マンションから駅へ歩く十分ほどの間に何人もの男が香織へ視線を釘付けにした。
香織は体に纏いつく男達の眼差しを振り切るように足早に駅へと向かった。
 香織が駅のホームに上がり電車を待っていると、「香織さん、おはようございます。」背後から声を掛けられた。
振り向くとそこにローグの人懐っこい笑顔があった。
「あ、あなた…」香織は言いかけて、驚きと戸惑いにその後の言葉が出てこなかった。
ローグは昨夜とは違い紺のスーツに身を包んでいる。
「昨日、宣言した通りさっそく今日から仕事にかからせていただきます。」「な、何をしようって言うの。」なんとなく不気味な恐怖に顔を強張らせながら香織が訊くと、「それはまあ、後のお楽しみということで…」「ちょっと、それどういう…」「あ、電車が来ましたよ。」香織の言葉を遮ってローグが言った。
振り返ると左手から黄色の電車がホームへと滑り込んで来る所だった。
「それじゃあまた後で。」ローグは香織の耳元でそう囁くと通勤客の列から離れ、さっと後方へ退いた。
どうやら一緒に乗り込んで何かしようという訳では無いようだ。
 香織はホッとしたと同時になんだか拍子抜けしてしまった。
肩越しにローグを振り返ると、スーツ姿の青年は右手を振って見せた。
(一体どういうつもりかしら?)訝しく思う香織の背中を後に並んだ通勤客が押した。
香織は背後のローグを気にしつつも電車に乗り込んだ。
 動き出した電車の中から振り返ると、通勤客の頭の間からホームに立つローグの姿が少しだけ見えた。
 通勤電車を見送ったローグは、さっきまでの賑わいが嘘のように閑散としてしまったホームにポツンと一人たたずんでいた。
そして、「さて、最初が肝心だぞ。」そう呟くとくるりと身を翻し足早に階段へと向かった。
 朝の通勤電車はいつも香織が乗る駅から本格的に混み始める。
香織は乗り込んだドアとは反対側の窓の近くに立った。
電車はまだ身動きが取れないというほどは混んではいない。
香織の前には窓際に寄りかかって新聞を読む背の低い禿げ頭の男がいた。
 電車が発車し、香織がその禿げた男越しに窓から見える東京湾をぼんやりと眺めていると、ヒップのあたりに何かが触れる感触があった。
 それは何度か、触れては離れ、また触れては離れるという動作を繰り返した。
(…もしかして痴漢?)そう思った瞬間、いきなりヒップを鷲掴みにされた。
(!)あまりのことに香織は一瞬パニックに陥った。
何度か痴漢には遭っていたがこれほど大胆にを掴まれたのは始めてのことだった。
 いつもなら触ってくる手を掴んで「止めて下さい。」とはっきり言うところだったが、ショックのため咄嗟に声が出なかった。
男の手は香織が何もしないでいるのをいいことに形良く張り出したヒップをねちっこく揉み上げてきた。
香織はしばらく呆然としていたが、はっと我に返ると左手で男の手首を掴んだ。
 振り向いて声を上げようとすると、今度は香織の右側からまったく別の手が伸びてきてスカートから覗く右の太腿に触れてきた。
(あっ!)驚いた香織は完全に声を上げるタイミングを失ってしまった。
一瞬、太腿を撫で上げられる感触に背中を悪寒が走った。
咄嗟に右手で太腿を触る男の手を振り払うが、手はすぐにまたストッキングに包まれた太腿へと戻ってくる。
(何なの、こいつら…)声を上げるきっかけを失った香織は右手で太腿を、左手でヒップを懸命に防御しようと試みた。
が、男達の手は巧みにそのガードを擦り抜け香織の体をまさぐってきた。
 不思議なもので一度タイミングを逃してしまうと、妙に周囲の乗客が気になり声が出しづらくなってしまった。
痴漢達は香織が騒いだりしないのをいいことに、ますます調子に乗ってしつこく触ってくる。
 周りに気付かれないように平静を装う香織の下半身では香織と痴漢達の必死の攻防が繰り広げられていた。
ヒップを揉み回す男は今や両手で香織の滑らかな双丘の感触を楽しみ、太腿に張り付いた手はスカートをたくし上げるように徐々に上へと触る位置を移動させつつあった。
 香織は恥ずかしさと怒りに震えながら痴漢行為をエスカレートさせつつある男達からなんとか身を守ろうと頑張った。
…が、他の乗客に気付かれないようにするためにはどうしても激しい動きは避けなければならず、痴漢達の蹂躙の前にはほとんど為す術が無い状態だった。
 しばらく香織が痴漢達と無言の闘いを続けていると、電車が急速にスピードを緩め始めた。
次の駅が近づいたのだ。
(これで、このケダモノ達から逃れられる。
)香織はドアが開いたらこのいやらしい男達の手を振り払って、ホームに降りて電車をやり過ごすことに決めた。
いつもある程度余裕をみて出勤しているから、電車を一本遅らせるぐらいでは絶対に遅刻することは無いはずだ。
 電車はホームへ滑り込みいよいよ停止しようとしていた。
香織は痴漢達の手を振り解くと、反対側のドアへ移動しようとして……ヒップを揉み回していた男の手がいきなり腹部に巻きついて香織を強引にもとの位置へ引き戻した。
「何するんですか!、離して!」香織は思わず叫んでいた。
こうなっては周りのことなど気にしている場合では無い。
 だが、不思議なことに他の乗客は香織の声に何の反応も示さなかった。
(何故?、何故誰も気が付いてくれないの。
)乗客達は見て見ぬ振りをしているというよりも、香織の声自体がまるで聞こえていないといった風だった。
 香織は腰をがっちりと掴んで離さない男を睨み上げた。
男は三十歳ぐらいで眼鏡を掛けており、どこにでもいそうな平凡な顔をしていた。
男の目が眼鏡の奥で薄笑いを浮かべているのが不気味だった。
 ドアが開き新たな乗客がどやどやと電車の中に流れ込んできた。
香織はたちまち人の波に押され身動きが取れなくなってしまった。
 電車が動き出すと、痴漢達はさっそく香織への玩弄を再開した。
背後の眼鏡の男は先程よりもさらに激しくヒップを揉みしだき、右側から伸びた手は香織の内腿をねちっこく撫で回す。
身動きが取れなくなる程の混み具合では香織も思うように防御できず、ほとんどされるがままの状態であった。
 俯いてじっと屈辱に耐えていた香織は右側の男の手がスカートの裾を掴んで引っぱり上げようとするのを感じて、(あっ!、駄目。
)思わず声を上げそうになった。
慌てて男の手を掴む右手に力を入れる。
(なんて図々しい奴らなの!)香織は怒りに顔を真っ赤に染めて男の手を押し止めようとした。
しばらくは香織と男の一進一退の攻防が続いた。
が、均衡は思いがけないところから崩れた。
 香織の左側から今度は別の手が伸びてきてスカートをたくし上げ始めたのだ。
(えっ?!)香織は愕然とした。
背後の男は依然として香織のヒップを両手で執念深く揉み解している。
ということは三人目の痴漢が現れたことになる。
 香織が呆然としている間にスカートは下着を剥き出す寸前まで捲り上げられていた。
香織は慌ててヒップを防御していた左手を前に回し、新たな痴漢の手首を掴んだ。
両手を懸命に突っ張ってそれ以上スカートを捲り上げられるのを阻止する。
この際、を揉まれることには目をつぶるしか無い。
 だが、背後の男は香織の状態に気が付いたようで、突然香織の両手首を掴むと後へ引っ張って背中で両腕を押さえつけてしまった。
(な、何をするの!)自由になった両側の男達の手はゆっくりとスカートをたくし上げていった。
鮮やかな痴漢どうしの連携プレイに香織はまったく為すすべ無くパンティストッキングに包まれた白いハイレグパンティを剥き出しにされていった。
「くっ…。」香織はあまりの屈辱に思わず小さな声を漏らした。
二十六年間生きてきてこれほどの恥辱を味わったのは始めてのことだった。
あまりの悔しさに、涙が溢れそうになる。
 痴漢達は香織の下半身を完全に剥き出しにすると、股間をめがけて我先にと争うように手を滑り込ませてきた。
腕を背中で押さえられ完全に身動きを封じられてしまった香織は、太腿を固く閉じ合わせて手の侵入を拒んだが、痴漢達の手はそれでもねじ込むように香織の太腿の間に割り込んでくる。
(もうやめて!)香織は心の中で叫んだ。
男達の容赦無い玩弄に頭が変になりそうだった。
 右から伸びた手は強引に香織の太腿をこじ開けると、パンティストッキングの股間の線に沿って指を往復させ始める。
行き場を失った左側の男は責める方向を変え、背後に固定された香織の手をすり抜けて美しいヒップラインをなぞりまわした。
あまりの嫌悪感と屈辱に香織の体はぶるぶると震え上がる。
  これ以上嬲り者にされたら発狂してしまうかもしれないと香織は思った。
心の中までも男達の薄汚れた手に汚されてしまいそうな気がした。
 電車が突然ガタリと揺れた。
一瞬バランスを崩した香織は思わず閉じていたを開いてしまった。
急いでをもとに戻そうとした時には、背後の眼鏡の足が香織のの間に割り込みそれ以上閉じられなくしてしまっていた。
 香織の股間に潜り込んでいた手はかなり自由に動くことが出来るようになって、ストッキングとパンティ越しに香織の陰裂に沿って指を上下させ始めた。
(ああ…)もはやどう足掻いても痴漢達の手から逃れることは出来ない。
手足の自由を背後に立つ眼鏡の男に奪われた状態では、例え抵抗しても痴漢行為を阻止するどころか、ただ周りの乗客の注目を集めるだけだ。
 こうなってしまっては香織にとって痴漢から逃れることよりも、周囲の乗客に気付かれないようにすることの方が重要だった。
香織は抵抗を止めて男達に身を任せた。
 香織の変化を敏感に察知した眼鏡の男はもはや抵抗される心配が無いと見て取り、押さえつけていた香織の手を離した。
両手が自由になった香織は、しかし痴漢達に抵抗すること無くただ拳を握りしめ玩弄に耐えるだけだった。
 眼鏡の両手が背後から香織の脇の下をくぐり豊かな胸を握り締めてきた。
一瞬眉をひそめて嫌悪感を露にした香織だったが、諦めたように体の力を抜いた。
眼鏡はゆっくりと香織のバストを揉み始めた。
 痴漢達にいいように弄ばれながら、香織はひたすら周囲の乗客に自分のこの屈辱的な姿を知られないようにと、ただそれだけを祈っていた……。
 だが、そんな香織の願いをあっさり叩き潰してしまうほどの恐ろしい玩弄が、その先に待ち構えていた…… 痴漢達の愛撫は執拗だった。
香織が抵抗を止めてしまったため、男達はじっくり香織の体を味わうことに専念していた。
滅多に巡り会えない上質のボディだけに、男達の手つきにも自然と熱がこもっていく。
 右側の手は香織の白いパンティに守られた下腹部を蛇のように這いまわり、左側の男はヒップの丸みを楽しむように撫で回した。
そして脇の下から突き出した眼鏡の男の手は、こねるように激しくバストを揉みしだく。
 香織は痛みさえ伴うバストへの蹂躙に激しい屈辱と怒りを感じていた。
今までこれほど強くバストを揉まれたことなど一度も無かった。
香織にはそれほど多くの男性経験があるわけでは無かったが、付き合った男性は誰もが香織の乳房の美しさを称え、いたわるように優しく愛撫してくれた。
優しさのかけらもない荒々しい愛撫は香織にとって侮辱以外の何物でも無かった。
 さらに、下半身を撫でさする男達の手が屈辱感に追い打ちをかける。
香織は痴漢達の手が触れた部分から体が腐ってしまうのではないかと半ば本気で思っていた。
 周りの乗客に気付かれないよう、怒りに身を震わせながらも痴漢達に体を触らせてやっていた香織だったが、次の駅に近づき電車が再び減速を始めると、はっと顔を強張らせた。
(今度の駅ではこちら側のドアが開くはず……、こんな恥ずかしい姿を誰かに見られてしまう!)たちまち顔からさーっと血の気が引いていった。
 香織とドアの間には禿げ頭の男の体があるだけだった。
しかも禿げ頭の男の体は香織を半分しか隠していない。
スカートを捲り上げられた香織の姿は半分だけとはいえ、電車に乗ろうとしているホームの乗客にはっきりと見えてしまうのだ。
 香織は再び抵抗を始めた。
電車のスピードはみるみる落ちていく。
残された時間はあとわずかしか無かった。
 痴漢達は急に抵抗を再開した香織に驚いて手を止めたが、それも一瞬のことだった。
スカートの裾を掴んで押し下げようとする香織の手を懸命に阻止しようとする。
(早くしないと!、時間が無いわ。
)焦る香織の手首が左右の男達の手に掴まれた。
香織はなりふり構わず抵抗したが、再び手を背中に押し付けられてしまう。
 不意に背後の男が香織のスーツの上着を肩から引き剥がすように脱がせた。
上着はボタンを留めてあったため完全には脱げ落ちず背中で香織の腕に絡んでしまった。
(あ!)香織は腕を動かそうともがいた。
…が、絡みついた上着が邪魔をしてまるで思うようにならない。
いっそ上着から腕を抜いてしまおうとしたが、満員電車の中では体が思うように動かせず、剥き出しにされた白く美しい肩がむなしく揺れるだけだった。
慌てる香織の背中を、一筋やけに冷たい汗が流れ落ちて行く。
 電車はいよいよホームに入り、香織の焦りは頂点に達した。
(ああ、どうしよう。
このままじゃ見られてしまう…。
)香織の激しい動揺をよそに、左右から伸びた手がずり下がったスカートを再びたくし上げパンティを剥き出しにした。
 香織はなおも腕を上着から引きぬこうと懸命にもがいたが、背後の男は冷酷にも、ずり落ちて手首のあたりに引っ掛かっていたショルダーバッグのストラップで香織の両手首をぐるぐる巻きにして完全に固定してしまった。
 香織は絶望感に打ちのめされた。
もはや香織にはどうすることも出来ない、ただ恥辱にまみれるその瞬間をじっと待つしかないのだ。
 電車がゆっくりと停止した。
香織はすっかり観念して顔を俯ける。
頬が真っ赤に染まっているのが自分でも良く分かる。
 プシュッ!という音とともにドアが開いていく。
香織にとっては幸運なことに、ホームには若い男女二人の乗客がいるだけだった。
香織は少しだけ安堵した。
パンティを剥き出しにした無様な姿を見られてしまうのは屈辱だったが、見られる人数が少なければその屈辱感も小さくて済む。
 左右の二人の痴漢が香織のスカートから手を離し、電車を降りようとした。
痴漢達の手が離れたスカートは支えを失ってゆっくりと下がっていく。
香織は男達の行動を不審に思いながらもホッとした。
どうやらこの二人はここが降りる駅だったようだ。
 だが痴漢達は香織が考えているよりも遥かにずる賢く悪辣だった。
左右の男に押されて、道を譲るため禿げ頭が一旦ホームへ降りると、背後の眼鏡の男が香織のスカートを盛大に捲り上げた。
(嫌っ!!)香織は心の中で叫んだ。
完全に油断していたためそのショックは並外れて大きく、まるで後頭部をハンマーで殴られたような衝撃を感じるほどだった。
 香織の白いハイレグパンティが完全に露出した。
 左右の男達はホームへ降りても、出口へは向かわず香織の方を振り返った。
(な、なんてことを…)香織は男達の情け容赦の無い行動に驚愕した。
このいやらしい痴漢達は香織のハイレグパンティを見るためにホームへ降りたのだ。
しかも降りることによって禿げ頭の男を香織の前からどかし、その屈辱的な姿を完全に晒すことまで計算していた。
 ホームに立った五人の視線が一斉に香織の体に集まった。
香織は強烈な恥ずかしさに俯けていた顔を横へ逸らす。
あまりに酷い仕打ちに体が震え、涙が溢れそうになる。
 一瞬、電車とホームの間に異様な空気が流れた。
香織はほんの数秒の時間を永遠のように感じながらパンティを丸出しにして立ち尽くした。
 再び二人の痴漢が香織の両脇に戻って来た。
若い男女は香織の近くを避けて電車に乗ったようだったが、香織には顔を上げて確認する勇気など無かった。
そして…、 禿げ頭の男が香織と向かい合う形で電車に乗り込んできた。
背が低いため、ヒールを履いた香織の胸のあたりにちょうど男の顔があった。
その表情はだらしなくにやけている。
恐らく香織の姿を見て全てを理解したのだろう。
香織はさらにもう一人、自分を嬲り者にする悪魔が増えたことを悟った。
 電車が動き始めて男達の愛撫が始まると、香織の体を微かな甘い感覚が走り抜けた。
(まさか…そんな。
)香織は愕然とした。
嫌悪感は依然として激しく香織を責め苛んでいる。
しかしおぞましい感覚の中に性感の微かな揺らめきが確かに紛れこんでいるのが分かった。
屈辱的な姿を晒したことによる激しい羞恥心が香織の性感を狂わせてしまったのかもしれなかった。
 香織はしだいに燃え上っていく自分の体が信じられず、汚らわしい痴漢の愛撫に感じてしまうことに恐怖した。
 左右から伸びた手は香織のパンティの膨らみを代わる代わる撫で上げ、背後から伸びた手がバストを捏ねまわしていく。
禿げ頭はその胸の谷間に顔を埋め、両手で香織のヒップを撫で回す。
香織はその愛撫のひとつひとつが性感に火を灯していくのをただ黙って見ているしかなかった。
(もう、やめて…)香織は弱々しく心の中で抵抗したが、四人の男に纏わりつかれて一時も休むことなく性感を刺激され、次第に息を荒くしていく。
 眼鏡の手が香織の胸から離れた。
替わって禿げ頭の手が香織のバストに伸びてくる。
香織は滅茶苦茶に揉み上げられる自分の胸元を見下ろしながら動揺した。
バストは痛みや嫌悪感の中にはっきりと痺れるような熱いざわめきを感じ取り、次第に張りを増し始めていた。
(そんなに激しくしないで…)香織は禿げ頭の遠慮の無い玩弄を恐れた。
愛撫が激しければ激しいほど体中に染み渡る快感も大きくなってしまうからだ。
香織はなんとか女としての反応を悟られまいと男達の蹂躙に耐え続けた。
 突然、しばらくなりを潜めていた背後の眼鏡が、ワンピースの背中のファスナーを下げ始めた。
(まさか、そんな…)香織はその意図を察して愕然となった。
満員電車の中で香織のバストを露出させるつもりなのだ。
刻一刻と高まっていた官能の波が一瞬にして引き、かわりに羞恥心と恐怖が香織に襲いかかった。
一斉に噴き出した汗が背中や脇を伝い落ちていくのが分かる。
「やめて…、バカなことはよして。」香織は男達だけに聞こえるぐらいの小さな声で囁いた。
だが、香織の願いが聞き入れられるはずもない。
ドアの間際で痴漢達に取り囲まれた状態では、他の乗客に見られることはほとんど無いが、それでも電車の車内で胸をはだけるという異常な事態に、香織の心は恐れおののいた。
 ファスナーが腰のあたりまで下ろしきられると、眼鏡の手が肩紐にかかる。
香織は心臓が破裂してしまいそうな程の緊張感に震え上がる。
男の手はワンピースになったインナーのストラップをゆっくりと外した。
そのまま香織の細い腕に沿ってストラップを引き下ろしていく。
 いつの間にか周りの痴漢達の愛撫が止んでいた。
彼らは香織の豊かな胸が白日のもとに晒される瞬間を見逃すまいと香織の体を貪るのを止め、脱がされていく様子をじっと見守っていた。
 香織はストラップレスのブラジャーをしていた。
そのためワンピースの肩紐が無くなると、たちまち白くなだらかな肩がすべて露わになる。
男達のギラギラした視線が、剥き出しにされた肌に容赦無く突き刺さった。
(嫌っ!、やめて)なんとか抵抗しようとするがまるで身動きが取れず、ワンピースは今や香織の胸に辛うじて引っ掛かっている状態だった。
 背後から伸びた手が、あくまでゆっくりとワンピースの胸元を摘んだ。
眼鏡の男はまるで壊れ物を扱うように慎重に胸から生地を剥がしていく。
三人の男が固唾を飲んで見守る中で行われるその行為は、まるで何か厳かな儀式が執り行われているようであった。
(あ、駄目…) 香織は純白のブラジャーが剥き出されるのを、恥辱に震えながらただ黙って見ているしか無かった。
禿げ頭の男が香織の胸のすぐ目の前という特等席で、露わにされていくブラジャーを至近距離から食い入るように見つめている。
両側の男達も首を突き出し、涎を垂らさんばかりに香織の胸を覗き込んでいた。
 香織のブラに包まれた形の良いバストが完全に姿を現すと、男達の口から次々にため息が洩れた。
香織は恥ずかしさに真っ赤になった顔を背け、襲いかかる屈辱に耐えた。
次には今とは比べ物にならないほどの羞恥に耐えなければならないのだ。
 だが、ふと気が付くと香織の胸はどういう訳か恥辱にまみれながらも不思議と疼くような昂ぶりを覚えていた。
(……変だ、わたし…まさか期待しているの?、こんな酷いことされて…昂奮してるの?)香織は自分の不可解な心の動きにひどく動揺してしまった。
男達の放つ熱気が香織の理性を狂わせ、突き刺すような視線が徐々に性感を刺激していく。
 高まる男達の期待感の中で、いよいよブラジャーの背中のホックが外された。
押さえつけられていたバストが開放される感触に、香織の胸の疼きはさらに大きくなり、甘い戦慄が体中を駆け巡る。
 眼鏡の男の手は香織の体の前にまわると、手の平でそっとブラのカップを包み込んだ。
香織は強烈な羞恥心に苛まれながらも背けていた顔を戻すと、何かに吸い寄せられるように胸元へ目を落とした。
(ああ、とうとう胸を直接見られてしまう…)満員電車の中でバストを剥き出しにするという異常な行為に、沸きあがってくるのが羞恥心なのか昂奮なのか、香織にはもう分からなくなってしまっていた。
 ブラジャーのカップが外されゆっくりと下へずらされていくにつれて、香織の眩いばかりの美しい乳房が徐々にその全貌を現していった。
頂きへと向かう滑らかなスロープ、そして淡いピンク色の乳首、豊かに張ったバスト下部の付け根…。
 ブラが完全に取り払われるまでの一部始終を、香織は痴漢達とともにしっかりと見届けた。
香織の意識は心臓が止まってしまう程の羞恥心に見舞われたが、それは同時に押さえ切れない強烈な昂ぶりを運んで来た。
 ブラジャーが取り去られると、香織の豊かに張った美しい乳房が余すところ無く白日の元に晒された。
 香織はゆっくりと痴漢達を見まわした。
男達は露わになったバストのあまりの美しさに、しばらくはただ呆然と見入っていた。
そして、他にも近くにいた何人かの乗客が香織をいやらしい目付きで見つめている。
(ああ…、こんなに大勢の人に見られてる…) 香織は男達の放つ賛美の視線を浴びて、何かむず痒さにも似た甘美な感覚が乳房全体に行き渡るのを感じた。
想像を絶する異常な体験に香織の体は狂い出し、乳首を固く尖らせていってしまう。
 ようやく眼鏡の男が香織の乳房に手を這わせてきた。
下からすくい上げるようにバストの下半分をやさしく包み込む。
 香織はまるで、それを待ち焦がれていたように乳房を男の手に預けていった…。