とりあえずスペック。
俺は26歳、相手は28歳と22歳の女。
こないだ職場の仲間で家飲みしたんだけど、その時の話。
よく俺の家で飲み会してたんだけど、その日もいつもの感じで、じゃあウチで飲むか?ってなった。
仕事やらなんやらで遅くなって、結局スタートは12時近かったかな。
いつもその3人てわけじゃないけど、よく飲む面子で、その日もいつもの家飲みって感じ、なんであんな事になったんだろ?今でも謎だ。
三人とも飲めるので、先ずはビールから二三本。
そこから焼酎に移行。
で、朝方まで飲んでて、結局三人で焼酎と泡盛一本づつ空けた。
そしたらみんな結構ベロベロになってて、二人とも泊まるって事になった。-----
ちなみに泊まる事自体は初めてじゃない。
そんでもっておれんちってのが1LDKで、寝室にシングルの布団がある。
で、リビングには1.5人がけのソファね。
で、俺の布団で、28の女、リビングのソファで、もう一人の子、寝室の床で俺が寝る事になった。
もう何処で誰が寝るかとかは全く理由とかなく決まって、とにかく寝る!って感じだったんだけど、28の子が、ねぇ?寒くないと?って聞いてきたとこから色々おかしくなってしまった。
28女とか22女じゃ寂しいので、仮に28女を優子、22女を涼子とします。
で、優子が聞いてきて、「いや、大丈夫だよ」とか答えたと思う。
そしたら優子が、「あたし寒いけん、こっちこん?」とか言う。
冗談だと思って、いいよ?っていって近くまで行った。
ただ布団に入るのはマズイと思って布団の横ね。
で、冗談だと思ってたから、冗談ぽく顔を目の前に近づけてビビらせてやろうとしたら。
「ね、すごいドキドキする」って言われて、あれ?これって?そこまで言われたら、こっちももうその気になるけども、リビングに涼子もいるし。
でも、まぁ寝てるよね?布団に入り込んだ、やっぱり人肌ってあったかいね。
息のかかる距離で、「あったかいね」とか言われたらもう。
んで、もういいや!って感じでキスした。
優子が、んっ、って言ったの思い出すだけでムズムズしてしまう。
そんで服の上からお互い触りっこ。
優子は巨乳で、前からでけぇな。
って思ってたんだけど、やっぱデカかった。
でもこの時点でもやっぱりリビングの涼子が気になって、踏み越える勇気がでない。
けど、優子はヤル気で、チンコ触ってくる。
しかも触り方がかなりやらしい。
ちなみに医療関係の職場で、三人とも医療従事者。
よく看護師はエロいとかいうけど、これはほんと。
先生のこんなに大きくなっとるよ」とかいいながらパンツの中に手が入ってくる。
そんでもう理性とか決壊。
涼子は寝てる!と決めつけて俺も触り返した。
履いてるズボンの上からでもわかる感じで湿ってて、脱がせたらパンツもびしょ濡れ。
「んっ、いやぁ。先生の触り方やらしい笑」またこの言い方がやらしい。
直接触ってみたらちょっとビビるくらい濡れてて焦った。
この頃にはもうすっかり涼子の事は頭から消えてだと思う。
優子が「もう我慢できん」ってフェラしだした、すごい気持ちよかった。
ねっとりしてた。
少し残念な気持ちがするくらい上手かった。
ひとしきりフェラしてもらって、さあやるか。
ところが、ここで問題が。
さっきまでフル勃起だったのにどうも萎えてきた。
入れようとしても、上手く入らない。
焦る。
余計入らない。
優子「お酒のせいかな?いいよ、気にしなくて」物凄く情けない気持ちになった。
「別に私入れなくても大丈夫」言われれば言われるほど、逆にお仕事にならない事が強調される感じで、凹んだ。
で、結局優子は半勃ちのチンコ触ったりしながら添い寝して、気がついたら寝てた。
多分朝7時くらいの話。
そのまま10時くらいになって、目が覚めた。
というか起こされた。
優子?と思ったら、亮子、もとい涼子がいた!!!?てか二人ともいる。
布団は壁際にしいてたんだけど、壁から優子、俺、涼子って並び。
まじで焦った。
さっきの流れで半裸だし、てか優子も半裸やん。
したら優子が「先生もうできる?お酒抜けた?」「え?あ、いや」恐る恐る涼子を見る。
下向いてるけど、嫌そうにはしてない。
「せっかくやけん、三人でしよ?」優子エロすぎわろえない。
涼子は無言。
俺硬直。
「ねぇ、先生こういうの好き?」気になり澤が亮子にキスした。
もとい優子が涼子とキスした。
涼子は相変わらず無言のくせに、ちゃんと応じてる。
レズとか興味なかったけど、すごいエロくて一気に目が覚めた。
しかもフルボッキ。
優子が涼子の手を俺のチンコにあてがう。
ここまでの展開で完全に痴女にやられるM男の感じだけど、Sな俺も完全にスイッチが入った「涼子、そーゆー事するのが好きなんや?」涼子恥ずかしそうに頷く。
そうしてる間もずっとチンコ触ってくるし、優子は涼子の服を脱がし始めた。
優子も色白巨乳なんだけど、涼子もそれ以上に色白で、しかも意外と巨乳
で、乳首が最高にエロい感じでたまらんかった。
涼子を押し倒して、乳首いじりながら、「気持ちいいと?」頷く涼子。
「ちゃんと、言って」「気持ちいいです」俺好みの展開です。
ありがとうございます。
しかも今度は優子がチンコ触ってくる。
もう完全に意味不明だったけど、気持ちよかった。
「涼子、どうしてほしい?」無言。
「ちゃんと言わなきゃ、やめちゃうよ?」「下も触って欲しいです」「下って?」恥ずかしそうに首を振る涼子。
もっと引っ張りたかったけど、我慢できなくてパンツ脱がした。
優子ほどじゃないけど、涼子もしっかり濡れてて、「濡れてるよ?」「いやっ」可愛かった。
クリトリス責めまくったら「あんっ、いやぁ、いやっ」って言うし、気持ちいい?って聞いたら「気持ちいいです!!」って。
「どうしてほしい?」「入れてください」「何を?」「先生のおちんちん」恥ずかしそうにそう言われてすげぇ興奮した。
「ちゃんと言わんとわからんよ?」「先生のおちんちん入れてください」「そんじゃあ俺のも舐めて」ここで仰向けになって、優子と涼子が二人でフェラ
あんなの気持ちいいのかねぇ?と思ってたけど、実際の気持ちよさとかなんかより、視覚的な刺激が強すぎるよ。
あれ。
涼子が咥えて、優子が玉を責めてくる。
エロエロな優子も実はMっ気があるみたいで、寝落ちする前と逆に「優子もい入れて欲しい?」って聞いたら急に恥ずかしがりだして、「じゃあ入れない」って言ったら「欲しいです」とか急に敬語になって燃えた。
俺の趣味が言葉攻めなんで、散々そんなやり取りしてた。
ちなみに、この後優子とはセフレになりました。
ええと俺は歯医者で、優子は看護師、涼子は歯科衛生士。
優子に「欲しいですじゃ分からんよ?」優子「入れて欲しいです」「何を?」「先生のおちんちんいれて欲しいです」「涼子も欲しいと?」涼子「はい」で、ここで迷う。
どっちに入れようかな。
優子と涼子についてもう少し詳しく書くと、優子は色白でEカップ。
顔はあんまり似てないけど、佐藤藍子とか似てるって言われるらしい。
涼子はさらに美白な感じであとから聞いたらDかっぷだって。
胸に浮かぶ青い血管がたまらんかった。
んで、すげぇ迷ったんだけど、優子のおかげでこんな展開になったし、優子から入れた。
どういう体位にすればいいかわからんかったけど、ひとまずは正常位で挿入
ぬるっと入った。
「んっ、先生のおっきぃ」嘘でも嬉しいね。
「気持ちいいの?」「気持ちいぃ」涼子はそれ見てじっと待ってるのかと思ったら、「先生、何したらいい?」敬語じゃなく話しかけられてまた興奮した。
んで、乳首舐めてもらってた。
意識を何に集中したらいいか分からなくなってたけど、ひとしきり正常位でついてたら優子が、「ダメ!いきそぅ」だから、動くのやめてあげたえ?って顔の優子。
「ダメなんやろ?」「先生のいじわる」「イキたい?」頷く優子。
「ちゃんと言って」「イキたいです」「だーめ。ちゃんとイカせてください。って言って」「先生、イカせてください」すげぇ可愛かった。
んでまたピッチあげて、イカせたった。
ふぅ、今度は涼子かぁ。
この頃にはかなり余裕も出てきて、状況を楽しんでた。
意識を何に集中したらいいか分からなくなってたって書いたけど、そのおかげか結構持続力があったな。
あんだけ興奮してたらすぐ果てそうなもんだったけど。
んで、涼子にも正常位から挿入
涼子が、「うれしぃ」って呟いたのがマジで萌えた。
でも、少し疲れたし騎乗位にチェンジ。
あんまし涼子騎乗位好きじゃないみたいだったけど、それもまたよかった。
そうこうしてると優子が絡んできて玉をいじったり、涼子の乳首舐めたりしてくる。
もうなんだこれ?って感じ。
涼子は、「んっんっ、やっ」とか小さく喘いでて、可愛らしかったし、優子はどエロな目になっててやらしかった。
んで、俺はバックが好きだから、涼子にバックから挿入
優子は俺に抱きついてきてずっとキスしてくる。
「んっ、んふぅ」って感じで。
優子に乳首もいじられながら、そろそろイキそうに。
「いっていい?」「先生の中にください」(ゴムはしてるけどね)涼子もエロすぎ。
一気に高まって、最高の射精でした。
んで、賢者タイムなんだけど、もうお昼だし冷静に考えたら凄い状況でどうしていいやら。
結局夕方まで三人でごろごろイチャイチャして解散!




-----