俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて溜まり場の廃ビルの地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。
そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。
なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか教えてくれなかった。
そのチームのリーダーのA子の前に二人の女が呼び出された。
T美とK子だった。
T美はそのチームの中でかなりかわいくて、狙ってるヤツはいっぱいいたが、特定のヤツと付き合っているという話はなぜかなかった。
T美は特攻にありがちな化粧もしてなくて、チームの中で、ゴマキ的な雰囲気がある娘だった。
A子の前に二人が立たされたあと、A子がチームメンバーに向かって言った。-----
「これから、罰と卒業式を行う。罰はK子。卒業するヤツはT美だ」 K子がビクっとなった。
「まず、K子だ」とA子が言った。
K子はチームのカチコミの時、参加しなかったということで、逃亡とみなして罰を与えるということだった。
まず、K子を全裸にさせた。
K子は激しく抵抗したが、他のメンバーに服を引きちぎられ、無理矢理全裸にさせられた。
罰というのは、坊主にすることだった。
肩まであるK子の髪が事務用のはさみで、無造作に切り取られた。
その間もK子は泣きながら抵抗したが、お構いなしで切り続けられ、最後はバリカンを適当にあてられて、かなりめちゃくちゃな7分刈りになった。
その後、俺達が呼び出された。
A子の指示で、K子の両手両足を押さえつけ、M字開させた。
余った先輩にA子がはさみと髭剃り、クリームを渡して、「K子の陰毛を剃っちまってくれ」といった。
先輩ははさみで青ざめているK子の陰毛を短く切り上げ、丁寧にかみそりでK子のオマ○コをつるつるにしていった。
俺達はK子の手足を押さえつけながら、目はK子のオマ○コにくぎ付けだった。
先輩は毛を剃りながら、K子のオマ○コの中に指を入れたりして楽しんでいた。
そのたびにK子は泣きつつもビクっと反応していた。
「剃られながら、感じてんのかよ、変態だな」と先輩。
K子のオマ○コは子供みたいにつるつるになりメンバーに笑われていたが、俺達は妙に興奮した。
泣きじゃくるK子を脇にやり、次はT美の番だった。
T美も同じことをさせられるのかと思うと、ちょっと嫌だった。
かわいい顔が苦痛にゆがむのを見て興奮するほど変態じゃないし、T美も肩まできれいな髪が伸びていて、その髪が醜い坊主になるのを見るのも嫌だった。
一部始終を見て、おびえていたT美にA子が言った。
「安心しな。K子のは罰だから。同じことはしないよ」 少しほっとしたT美の顔を見て、なぜかニヤつきながらA子がメンバーに向かって言った。
「T美からチームを抜けたいと申し出があった。理由は・・・」 「芸能界にいくんだそうだ」 少し、静まり返ったのち、ドっと笑いがおきた。
俺達もはあ?って感じだった。
T美はスカウトをされ、近くデビューするんだそうだ。
かなり大間抜けな理由だった。
誰でもウソだと分かる。
しかし、かたくなに本当だとT美は言いつづけたため、A子も他の理由を問いただすことをあきらめ、脱退を認めたそうだ。
「ただし!ウチはそんな理由で途中脱退を認めるわけにはいかない。今回は特例ということで、特別な卒業式を行って、T美を送り出すことにした」 とA子が言い、特別な卒業式がスタートした。
まず、俺達が呼び出され、T美の前に立つと、A子が言った。
「T美、服、全部脱ぎな」 「えっ・・・?」 T美はびっくりした表情でA子を見た。
「聞こえね-のかよ!全部脱ぐんだよ!K子みたいに剥ぎ取られて全裸で帰りたくなかったら、さっさと脱げ!」 T美は、ゆっくりと服を脱ぎ始めた。
サマーセーター、タンクトップ、Gパンと脱いでいき、下着姿になった。
初めて見るT美の体。
T美は顔だけでなく体も良かった。
胸も大きそうだし、ウエストはくびれ、ケツはでかかった。
かなりエロイ体つきだ。
今まで特攻服しか見たこと無かった俺はひどく興奮し、ズボンの中のチンコはきつきつになっていた。
T美が下着を取ろうとしたとき、T美の動きが止まった。
すぐさまA子が言った。
「どうした!全部脱げっつっただろ!服燃やされて-か!」 観念したかのように、T美は腕を後ろに回し、ブラのホックをはずした。
ぶるんと胸が解放され、T美は落ちそうになるブラを押さえたあと、ゆっくり、ブラを脱いでいった。
あらわになるT美のおっぱい
乳首はピンク色で乳輪も大きくなく、おっぱいの形もロケット型で、今まで見た中で最高のおっぱいだった。
「すげー・・・」「でっけぇな・・・」思わず先輩の口から感嘆のため息が漏れる。
T美の顔は耳まで真っ赤になっていた。
そして、T美はパンティに指をかけた。
ここでもまた動きが止まったが、A子に怒鳴られる前に、少しずつパンティをずらしていった。
少しずつ現れるT美の陰毛
処理をしていたのか、きれいな逆三角形だった。
やがて、パンティが足元まで落ち、T美は胸とアソコを隠し、うつむきながらA子の次の指示を待った。
しばらくしてA子が言った。
「さて、T美には、こいつらに処女を奪ってもらうことにした」 えっ!?という表情でT美はA子を振り返った。
「なんだよ、その反抗的な目つきは!本当なら顔焼いたって構わねーんだよ!」 「芸能界にいくんだろ?だったら遅かれ早かれマネージャーかなんかにヤラレちまうよ!だったらここでやられたって同じだろうが!」 「逃げたら、わかってるね!? マジに顔焼くよ!?」 T美は、絶望的な表情になってまたうつむいてしまった。
「ほら、あんたたち、誰でもいいからヤリな。気の済むまでヤッていいよ」 A子に促されて、顔を見合わせる俺達。
「俺、ヤルわ」と一人の先輩がT美に近づくと、俺達もT美に近づいていった。
まず先輩はT美のおっぱいを揉みだし、乳首を吸い出した。
T美は身をよじらせながら「やっ・・・やだ・・・」と形ばかりの抵抗をする。
「一度でいいからT美のおっぱい吸いたいと思ってたんだよなー、あーすげー幸せ」 先輩は両手でT美のおっぱいをわしづかみにしながら、乳首舐めまわしたり、吸ったりした。
別の先輩もT美の後ろに回り、をなで、の割れ目をなぞりつつ、「ほら、もっと足を広げろよ」と言ってT美を足を広げさせて、の割れ目から、オマ○コの割れ目に指を滑らせていった。
T美は時折、ビクッビクッとしながら、足を震わせ立っていたが、徐々にしゃがみこんでいった。
俺は、T美の顔をこっちに向けさせて、T美とキスをした。
T美の最初の唇は俺が奪いたかったからだ。
T美は唇を震わせていた。
最初は軽いキス
その後舌を入れてディープキスをした。
T美の唇はプルンとして、とても気持ちよかった。
唇を舐め、舌を絡ませているとT美の方も俺の舌を絡ませてきた。
ねっとりとしたキスを続けていくとT美の息遣いが荒くなっていった。
濃厚なキスをしながら、おっぱいとおま○こをいじられ、T美も感じてきたんだろう。
おま○こを弄ってる先輩が「おま○こがぐちょぐちょになってきたぞ。感じてるんだろ、処女のクセに」 と言っていた。
すっかりとろんとした目つきになったT美をシーツを敷いた床に寝転ばせて、俺たちは本格的にT美を責め始めた。
かわるがわる、T美のおっぱい乳首、唇、おま○こ、クリトリスを責め、T美は、だんだんと声を上げ始めた。
「あ・・・あんっ・・・あ・・だめ・・・」 T美のオマ○コは形がよくピンク色で、クリトリスはぷくっとしてかわいかった。
俺はクリトリスを舐めながら、中指をアナルに突っ込んだ。
「ああんっぅ・・!」T美が反応する。
アナルの中で指を動かしながら、親指をT美の膣に入れ、中で二つの指をこすり合わせた。
「あ・・あん・・やっ・・・ああっ!」 T美は息遣いも荒く、身をよじり始める。
先輩達もT美の乳首を責めたり、首筋や耳を舐めたりしていた。
そのうち、T美がカラダをこわばらせ、大きくカラダをびくつかせた。
イったようだ。
T美は再びぐったりした。
(次回へ続く)

-----